瞬間 接着 剤 特許。 プロフェッショナル ツールズ

接着剤の種類と適切な選び方・使用法とは?

瞬間 接着 剤 特許

アロンアルフアを作っている東亞合成の創業時の名前は、矢作工業。 その社名にちなんで「矢」を形どったトレードマークを使用していました。 これに「アルフア」を組み合わせたのが です。 また、ギリシア語で「最初」「出発点」という意味があり、新しい市場の開拓を目指したパイオニア精神のあらわれでもあります。 ところで、ご存じでしたか? 「アロンアルフア」の最後の「ア」は大きな文字が正解です! アロンアルフアの開発のきっかけになったのは、1958年に米イーストマン・コダック社が発売したシアノアクリレート系瞬間接着剤「イーストマン910」でした。 当社技術者たちが、この瞬間接着剤が日本で初めて工業生産に成功した当社製品「アクリル酸エステル」に化学構造がよく似ていることを発見したのです。 1960年から本格的な研究に着手し、イーストマン・コダック社製の商品と比較してさらに接着速度が速く様々な材質に対して強い接着力をもつ化合物を開発しました。 しかし、瞬間接着剤は「すぐに固まる」という特長がある故、品質を安定的に保管することが課題となり、すぐに商品化することはできませんでした。 それでも当社技術者たちが開発に力を注いだ結果、品質を安定させる製造工程、品質管理方法などを見出し、1963年に工業用アロンアルフアとして商品化を実現させたのです。 家庭用アロンアルフア誕生のきっかけとなったのは「釣り具用アロンアルフア」です。 釣同好会の方から工業用アロンアルフアを仕掛けづくりに使ってみたら便利だったという話を聞いたことがきっかけでした。 その「釣り具用アロンアルフア」の発売にたどり着くまでには大きな苦労がありました。 その理由は、アロンアルフアの保管の難しさ。 アロンアルフアは水・光、熱に反応しやすい性質です。 工業用や医療用の製品は適切な品質管理が行われていたため、問題はありませんでした。 一方、家庭で使う釣り具用は保管方法が統一されていません。 そこで容器に乾燥剤を入れるなど、家庭でも長く品質が安定させられるように工夫を行い、「釣り具用アロンアルフア」として販売を開始しました。 発売当初は順調に販売が伸びたものの、しばらくするとクレームが発生し返品の山となってしまいました。 品質にばらつきがあって、短期間で固まったり、短期間で性能が劣化していたのです。 品質への影響が考えられる原因の検討に総力をあげた結果、アロンアルフアの品質は水分量により大きくばらつくことが判明しました。 そこで、製造工程で水分が混入しないよう条件管理を厳しくする一方、容器の改良にも努めました。 そして完成したのが、アロンアルフアの原型となる二重容器・乾燥剤入りのロケット型容器でした。 そして、ようやく1971年に家庭用アロンアルフアを上市したのです。 アロンアルフアの海外進出は日本国内で発売された流れと同様に工業用からスタートしました。 国内で工業用に発売を開始した4年後 1967年 、まずはヨーロッパへの輸出を開始し、その後まもなく1969年にはアメリカでの販売を開始しました。 家庭用の海外進出も比較的早く、日本国内で家庭用の販売を開始したわずか2年後 1973年 に、アメリカでの販売を開始しました。 「Krazy Glue」は国内同様にインパクトのあるTVCMによる広告戦略によって「クレージー」の名のとおり全米に驚きをもって受け入れられ、現在に至るまで多くのお客様に愛されています。 その後、アジアでも販売を開始するなど着実に海外展開を進めてきました。 1990年代に入ってからは、営業拠点を香港に、生産拠点をアメリカ・オハイオ、中国・珠海に設立して現地法人化を進め、現地のニーズに合わせた商品ラインナップを増やし、海外展開を積極的に進めています。 アロンアルフアは1971年に家庭用商品の販売を開始してから、お客様のニーズにこたえるべく接着剤・容器の改良に努めて製品ラインナップを拡大し、現在では約20種類を販売しています。 家庭用アロンアルフアとしては最も歴史が長いアロンアルフア「一般用」 1971年発売。 実は「一般用」で接着が推奨できる素材は「プラスチック」「合成ゴム」「金属」の3種類のみでした。 推奨できる素材の範囲を広めるため、粘度を高めて「木材」「陶器」にも接着できるよう改良したのが、1978年に発売した「木工用」です。 当時、瞬間接着剤一液で木材を接着することは不可能と考えられていましたので、画期的な商品でした。 その後、1987年にはさらに粘度が高く、多孔質のものや垂直面にも使用できる「ゼリー状」を発売し、瞬間接着剤の用途を拡大してきました。 また、容器の改良も続けています。 ライトユーザー向けの使い切りタイプ、ノズル先端がスティック状に細くなっていてピンポント塗布が可能なスティックタイプ、プッシュ部分が大きく押しやすいプッシュボトルタイプなど、お客様のニーズに応じて使い分けいただけるよう、様々なタイプの容器を展開しています。 「アロンアルフア」と聞いて、多くのお客様から「あの有名なTVCMの商品ね」と言っていただけるほど、アロンアルフアの代名詞ともなったTVCM。 TVCMの放映を開始したのは家庭用アロンアルフアを発売した5年後、1976年のことでした。 当時、「アロンアルフア」は日本で初めて発売された家庭用の瞬間接着剤であり、お客様にとって全くなじみのないものでした。 そこで、当社はアロンアルフアの認知を向上させつつ、商品特長である「瞬間・強力接着」をお客様に伝えるため、商品を使った実証実験によるTVCMを制作し放映しました。 インパクトが強いその映像は瞬く間にお客様から好評を得ることができ、とくに1980年代後半から1990年前半にかけて放映した「コマ編」「バイク編」「ダーツ編」などは国際的に著名なコンクールで次々に広告賞を受賞いたしました。 現在はとくに若い世代の方の認知向上を目的とした新たな広告展開にも取り組んでいます。 詳しくはに記載していますのでぜひご覧ください。 私たちはお客様によりよい商品をご使用いただくため、アロンアルフアの商品改良に努めています。 時代の流れとともに販売を終了した商品もありますので、ご紹介いたします。 アロンアルフアは筆記具に形を似せたペン型容器の商品をいくつか発売していました。 そのなかでも最も細身で手にフィットしやすくさせたものが「プチペン」でした。 キャップをあけて、そのまま接着面に軽く押し付けるだけで塗布可能で、まさにノック式のペン感覚で使っていただける商品でした。 また、「アロンアルフアは指つくから苦手・・・」という声にお応えしたのが「ハンディライト」という商品です。 従来のアロンアルフアと比べて指と指がはがしやすくなっていたため、アロンアルフアを使い慣れていない方にもご愛用いただていました。 1971年に誕生した家庭用アロンアルフアは、黄色いロケット型の容器に入った商品です。 付属の画びょうについた針を刺すことで容器を開封し接着剤を出すという仕組みでしたが、お客様の「視力が落ちて穴が開けにくくなった」「子どもには危ない」との声を受け、2004年に上市した「EXTRA」シリーズは針での開封が不要なタイプの容器に改良しました。 ただ、それでも問題点がありました。 プッシュ部分を誤って押してしまい、接着剤を出しにくいとのご意見をいただくようになりました。 そこで、プッシュ部分を大きくし、さらに誤ってプッシュ部分以外を押しても、中身が出るように改良。 こうして2017年にが誕生しました。 *新容器の入替えと同時に、家庭用アロンアルフアは全て「針なし容器」にリニューアルしております。 2017年、「アロンアルフア」は商品の顔とも言える台紙デザインをリニューアルしました。 2002年以来、実に15年ぶりのことです。 アロンアルフアのイメージカラーともいえるイエロー。 そのイエローと、強力・瞬間をより強く印象づけるブラックを組み合わせた台紙デザインは、お客様からもアロンアルフアの顔としてしっかり認識いただいており、今回のリニューアルでも継承しました。 一方で、お客様が商品を選ぶ際に必要な情報となる「用途アイコン」は、より読みやすく、分かりやすいデザインに変更しました。 また、豊富なラインナップを誇るアロンアルフアの商品特長をより分かりやすく伝えるため、商品のキャッチコピーをより大きく、そして、写真などで視覚的に表現しています。 アロンアルフアはより多くのお客様に便利に使っていただくため「より速く・強く」「より使いやすい容器」を追求しながら日々商品を改良しています。 また、国内のトップブランドとして瞬間接着剤の用途拡大や啓蒙活動に取り組んでいます。 私たちはアロンアルフアがお客様の身の回りのものの修理や補強を可能にし、大切なものを長く使い続けることに役立つことを願っています。 また、2018年に公開したweb限定ムービー「君に、くっつけ!」ではアロンアルフアを使うことで、ものだけでなく絆もくっつけるという新たなメッセージを伝える試みにチャンジしています。 今後もアロンアルフアはさまざまなことに挑戦・発信し、お客様から信頼を得られるより良いブランドを目指していきます。

次の

瞬間接着剤の原理・メカニズム|どうしてすぐくっつく?ノリとの違いは?

瞬間 接着 剤 特許

はみ出た接着剤を拭き残してしまうと、 浸透系塗料(オイル塗料・ステイン塗料など)を使用し塗装する場合、拭き残し部分に塗料が染みこまずに跡が残ってしまいます。 タジフ手早く拭き取るのは勿論ですが、拭き残し無いよう丁寧に作業する事が大切です。 隅の部分などは拭き取りにくいので、スクレーパーなどを使用してしっかりと拭き取ります。 圧着後、12時間以上動かさずに放置しておくことでしっかり接着する事が出来ます。 注意点。 酢酸ビニル樹脂エマルション接着剤は凍結してしまうと使えなくなってしまいます。 保管は冷暗所(メーカー・製品によって気温の条件は異なります。 酸性のため金属を錆びさせます。 道具や電動工具は金属の物が多いので、付着してしまったら速やかにふき取ってください。 耐水性が低いので水のかかる場所や屋外での使用には適しません。 木工業界のプロの間ではスタンダードな水性木工接着剤として使用されています。 大きな特徴は、 初期接着力が強力で硬化速度が速いという事です。 白ボンドの場合硬化するまで時間がかかりますが、タイトボンドは圧締時間が30分~1時間程度と短く作業効率が各段にアップします。 タイトボンド・オリジナルは、毒性は無く耐熱性・耐溶剤性・防カビ性に優れています。 使用法。 接着する物には、木材・金属・ガラス・プラスチック・タイル・コンクリートなど様々な素材があります。 素材を分類するには 吸水性の有無・凹凸の有無・硬さ・重さ・耐溶剤性 を見分ける必要があります。 吸水性の有無は、乾燥型接着剤や化学反応型の水分と反応して硬化するタイプを使用する際には注意が必要です。 乾燥や反応がうまくいかず接着不良になる場合があります。 凹凸がある場合は、充填接着が可能な接着剤を選ぶ必要があります。 硬さの硬い素材の接着には、硬化被膜の硬い接着剤(エポキシ樹脂系)を使用し、柔らかい素材には硬化被膜が柔らかい接着剤(酢酸ビニル樹脂系・ゴム系)を使用するのが基本です。 重さが重たい素材の接着には、硬化被膜が柔らかい接着剤だと剥離やズレを生じてしまうので硬化被膜の硬い接着剤(エポキシ樹脂系)を使用するのが基本です。 プラスチックなどの接着時に注意するのが 耐溶剤性です。 接着剤には溶剤が含まれている物も多く、素材を溶解してしまう可能性もあるので、溶剤との相性を確認する事が重要です。 用途・使用環境によって、接着剤に求められる性能が変わります。 耐水性・耐熱性・耐寒性・耐衝撃性・耐候性、どんな性能が必要か、しっかり確認してその性能を持ち合わせている接着剤を選んでください。 まとめ いかがでしたか? 今回はDIYにおいて主に使用される接着剤の種類と適切な選び方・使用法について説明しました。 接着剤は新たに開発された商品が次から次へと出ていて、様々な種類があり、何を選んだらいいのか悩まされるところです。 接着剤の硬化の仕方を理解し、接着する素材は何か?用途は?使用環境は?というポイントを押さえれば適切な接着剤を選ぶことが出来ます。 参考にしてみてくださいね。

次の

プロフェッショナル ツールズ

瞬間 接着 剤 特許

5日が過ぎてご入金の確認がとれない場合は、キャンセル処理をさせて頂きます。 予めご了承下さい。 発送をスムーズに行う為、予めご了承下さい。 ご注文承諾メールでご確認下さい。 ご入金確認後のご案内になります。 また在庫切れで入荷未定の場合はキャンセル処理をご案内をさせて頂く場合が御座います。 予めご了承下さい。 日本国内の配送のみとなります。 Copyright ガンサ企画. All Rights Reserved. 商品の返品及び交換は承っておりません。 ご注文と異なる商品や不良品が万一届いてしまった場合、商品到着後7日以内にご返送下さい。 ただし、不良品以外は未開封に限ります。 また、お客様の元で破損・汚れ等が生じた場合は、返品に応じかねます。 7日以上経過後、ご使用後の保証はいたしかねますのでご了承下さい。 お客様の個人情報または、お客様が弊社サイト上でご記入いただいた際の情報等につきまして、以下にまとめました、ガンサ企画(以下、弊社)の個人情報取扱指針に基づき、弊社にて細心の注意をもってお取り扱い致します。 また、さらに当指針は今後、適宜改善をしながら充実を図ります。 個人情報は、一般の利用者がアクセスできない安全な環境下に保管しています。 予めご本人の同意を得た場所及び、法令で定められた場所を除き、その他の目的のために利用致しません。 以下省略 詳細は、をご覧下さい。 ガンサ企画 通販shop TEL 0884 24-9768 情報管理責任者 岩佐 孝則 以上 にも記載しております。

次の