起きる と 背中 が 痛い。 朝起きると背中が痛い

朝起きる時に背中が痛い・治し方

起きる と 背中 が 痛い

寝起きで背中が痛い場合。 ただの血行不良が原因なら良いのですが、内臓が原因している背中痛は放っておくと危険です。 背中が痛いと言って急死した有名人さえいます。 寝起きに引き起こす背中の痛みは、一般的に背中の血行不良が原因と言われていますが、実は内臓や骨などが原因の場合もあります。 一体、自分はなぜ背中が痛いのか、寝起きに起きる背中痛は血行不良でしょ、そう決めつけて放っておくと痛い目を見るかもしれません。 目次はこちら• 寝起きに背中が痛い理由 まず背中の痛みは筋肉によるものと内臓によるもの、大きく2つに分けることができます。 肩こり、骨格の歪み、加齢、更年期障害など、最も身近なものが何かしらの理由で筋肉の機能がおかしくなってしまい、血行不良や炎症を起こして寝起きに背中の痛みを感じてしまいます。 一般的には姿勢が悪い人や運動不足、ストレスが溜まっている人が寝起きに感じやすい症状だと言えます。 寝起きに背中が痛いのは内臓 消化器系の疾患で胃潰瘍がありますが、背中や腰の痛みを訴える人もいます。 通常の背中の痛みと違うのは食事と関連して出やすいこと。 十二指腸潰瘍はお腹が空いた時に背中や腰が痛くなります。 肝臓で分泌される胆汁の貯蓄をする胆のうが寝起きに背中が痛くなる原因になることも。 胆汁の成分が固まってできる胆石や、発熱が起きる胆のう炎でも背中の痛みや腰痛が起きてしまいます。 すい臓は、炭水化物や脂質、タンパク質を分解するすい液消化酵素を分泌する臓器ですが、臓器内の細胞破壊で背中に痛みが発生するすい臓がんなども考えられます。 心筋梗塞や大動脈解離などでも背中が痛む事があり、急に激しい痛みに加え、息切れも起きます。 寝起きに背中が痛い!特に真ん中が 寝起きに背中の真ん中が痛い場合は、すい臓の病気(膵臓癌)、胸郭出口症候群や胸椎前方変位が考えられます。 すい臓の病気(膵臓癌) 食欲不振、体重減少、上腹部痛、腰背部痛などの症状があります。 上腹部のもたれや痛みがある、痩せてきて背部痛や腰痛がある、中年以降に糖尿病を発症した・糖尿病のコントロールが難しくなった、といった事柄に該当する人は、早期の検査が望まれます。 また、自覚症状がなくても、60歳以上の好発年代になったら定期的な検診が勧められます。 胸郭出口症候群 胸郭出口症候群とは、上腕や肩の運動や感覚に深くかかわる神経や動脈が障害を受け、肩、腕、手のしびれや痛み、手の動かしにくさなどを自覚するようになる状態です。 肩こりとして自覚されることもあります。 胸郭出口症候群はなで肩の女性に多くみられますが、筋肉を鍛えた男性に発症するタイプもあります。 発症には日常生活に関連した動作にも関与していることから、規則正しい健康的な生活スタイルを確立することが重要といわれています。 胸椎前方変位 背骨に圧迫感や、胸に激しい痛みがあります。 それに加えて、仰向けで寝れない、深呼吸をした時の痛みなどの症状があります。 背中の痛む場所別のリスク• 背中の左側から左下、左脇腹上部の痛み 膵炎(すいえん)の可能性があります。 背中の左側から左下の痛み、腹部の痛み 胃炎、神経性胃炎の可能性があります。 背中の左側から左下の痛み、腹部の痛み 胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍の可能性があります。 背中の左側から左下の痛み、腹部の痛み 胃がんの可能性があります。 背中の左側から左下の痛み、みぞおちから左胸にかけて胸の痛み、胸からのどにかけて、または左肩、左腕などの痛み 狭心症の可能性があります。 背中の左側から左下の痛み、胸の前部に圧迫感を伴う激痛が走り、痛みが30分以上続く 心筋梗塞の可能性があります。 右肩や背中の痛み、みぞおちや肋骨の下あたりの痛み 胆嚢炎(たんのうえん)の可能性があります。 背中の右側の痛み 肝炎・急性肝炎、肝臓がん、胆嚢がん・胆管がんの可能性があります。 右肩から右背中にかけて響くような痛み 胆石症の可能性があります。 阿藤快 氏の急死前に背中が痛いと言い残す 「なんだかなー」で知られる阿藤快 氏。 死の直前まで働き、ゴルフを楽しんでいたが、最近は「背中が痛い」と予兆ともいえる症状を訴えていた 死因は大動脈瘤(りゅう)破裂胸腔内出血。 阿藤さんの場合、背中の痛みは相当、ひどかったはず。 マッサージなどではなく、一刻も早く医者にかかっていれば、人工血管で治る可能性もあったそう。 大動脈瘤は動物性脂肪分やアルコールの大量摂取、喫煙などによる動脈硬化が原因で血液の流れが悪くなり、大動脈にできるこぶのことです。 そのこぶが破裂して胸腔内に大量に流れこんでしまい呼吸困難になったと考えられています。 寝起きに背中が痛い人たち口コミまとめ 私も朝、起きた時、腰が痛くて、熟睡できてないせいか、日中もだるいし、眠いし。 主人に勧められて、整骨院に行ったら、腹筋が弱いと言われました。 「まずは、複式呼吸から始めましょう。 」と言われました。 背中の痛みって結構怖いから少し悩んでいました。 痛いけど時間が経てば治る。 原因が分からない。 しかもこの痛み、 時間以外に和らげる方法が無い!酷い時は呼吸も辛く、着替えるのも辛いです。 同じ姿勢をずっーと取るとこの痛みが発生するようです。 以前旦那の腰痛を治してくれた治療院で教わったストレッチです。 朝痛いなあと思って目がさめたら、横向きになります。 そして、下の方になった手で出来るだけ頭を高く支えます。 足は綺麗にピッタリ重ねて少し膝を曲げます。 そして(ここがポイント)上になった手を後ろにダランとたらします。 痛い背中や腰の筋が、じわ~っと伸びるのが分かると思います。 以前は起床後2,3時間痛みが取れなかったのに、このストレッチをすると30分位で痛みが消えるようになりました。 寝起きに背中が痛くなりにくい方法(筋肉) 寝起きに背中が痛い場合、筋肉の疲労や血行不良が原因で背中に痛みを感じる場合、家でも簡単にできる以下のような方法が効果的です。 温浴(お風呂に入る) これは温熱療法(ハイパーサーミア)とも呼ばれ、ガンの治療法としても認知のある方法で、ヨーロッパや日本で古来より健康長寿をもたらすものとして人々に受け継がれてきたのが温浴。 温浴によって得られる温熱効果や末梢循環亢進作用を利用するのが最も手軽で効果的です。 自宅の浴室が広くない場合は公衆浴場などを利用する、サウナを代用するなど自分でリラックスできる環境にアレンジするのも手。 半身浴や温冷交代浴なども組み合わせると更に効果的です。 ストレッチ 寝起きに背中が痛い場合、筋肉によるものであれば、寝起きのストレッチが有効的です。 寝起きのストレッチ方法はこちらの記事で詳しく説明していますので興味があれば下記リンクよりどぞ。 マットレスが硬すぎたり、逆に沈み過ぎたりすると、からだの一部に圧力が集中し血行不良となって、寝起きに背中が痛くなったりします。 やはり、自分に合った(出来るだけ負担の少ない)マットレスにすることがお金はかかりますが即効性のある対策です。 寝起きに背中が痛い時の病院選びや診察 複数の疾患が関係している場合、専門の診療科でも原因が特定できないまま、十分な医療を提供できないケースも考えられます。 総合診療科は内科や外科など様々なアプローチから原因を探り、痛みのある場所以外の異常も見つけてくれるので非常に便利です。 寝起きに背中が痛くなる原因が特定できれば、自分の状況に合わせて生活環境(習慣)の改善や治療が出来るので効果的。 まとめ.

次の

背中の痛みに関する体験談 〜 具体的な症状と原因となった病気や障害

起きる と 背中 が 痛い

突然起きる背中の痛み、こんな状況に遭遇したことはありませんか。 体を動かした瞬間、急に背中が痛くて動けなくなった• 背中や腰が痛いし、なんだか寒気もする• 背中や腰の痛みに加えて、足のしびれがある など、背中の痛みにも色々あります。 背中の痛みと関係のある病気には、どのようなものがあるのでしょうか。 背中の痛みと関係のある病気 背中の痛みと関係のある病気には、内臓に関係しているもの、骨や関節に関係しているもの、それ以外のものなどがあります。 背中の痛みの原因となる内臓の病気 背中の痛みを起こすことのある内臓の病気には以下のようなものがあります。 いずれも、症状が強い場合には急を要することが多いのが特徴です。 心臓の病気 心臓の病気でも背中が痛むように感じることがあります。 たとえば、や、大動脈解離、などです。 激しい胸の痛みや息苦しさなどを伴うことが多く、肩や首など他部位に痛みが出ることもあります。 特に、心臓から背中への血管が裂ける大動脈解離では安静にしていても引き裂かれるような強い痛みが生じ、痛みが移動するという特徴があります。 いずれも急を要する病気です。 症状が激しいときには救急要請を含めて検討しましょう。 膵炎・胆嚢炎など は膵臓から分泌される膵液によって、膵臓周囲や膵臓自体に炎症が起きる病気です。 主な症状は、みぞおちや背中の痛みです。 多量に飲酒する人、の人などはかかるリスクが高いといわれています。 胆嚢炎は、何らかの原因で胆嚢に炎症が起きる病気です。 主な症状は右上腹部の鈍い痛みですが、吐き気・嘔吐、背中の痛みが現れることもあります。 ・胆嚢炎共に早期の治療が必要な病気のため、激しい痛みがある場合には早期の受診を検討しましょう。 尿路結石 とは、尿管などの尿の通り道に石ができる病気です。 年代としては30~50代、女性よりも男性に多い傾向にあります。 の症状は石が詰まった場所によって異なりますが、背中や腰回りの痛みは比較的多い症状です。 背中や脇腹に激しい痛みを伴うこともあるため、そのような場合には早めに受診を検討しましょう。 腎盂腎炎 とは、やなどが原因で腎盂(腎臓の一部)に細菌などが感染し炎症を起こす病気です。 主な症状は、寒気、発熱、背中や腰の痛みですが、頻尿や排尿時の痛み、嘔吐などが現れることもあります。 早期の治療を必要とする病気のため、早めに受診を検討しましょう。 背中の痛みの原因となる骨や関節の病気・けが 椎間板ヘルニア 背骨は椎体という骨がいくつも連なってできていますが、この骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が潰れたり、変形して飛び出したりした状態がです。 背骨のどこでが起こっているのかにもよりますが、背中や腰の痛み、手や足のしびれなどが主な症状です。 尿や便が出にくい、両足に力が入らないときなどは注意が必要です。 圧迫骨折 圧迫とは、骨が負担に耐え切れずに潰れてしまうで、主に背骨で起こります。 特に骨がもろくなっている高齢者で多いで、少ししりもちをついただけなのにずっと背中や腰の痛みが続くなどの場合、実はしていたなども珍しくありません。 急性腰痛症 ぎっくり腰 は何らかの動作をきっかけに突然腰が痛くなる病気で、とも呼ばれます。 ただし、まず、上記のようなほかの病気やけががないか検査する必要があります。 運動習慣のない人や、重いものを持ち上げる機会の多い人に起こりやすいとされています。 主な症状は腰や背中を中心とした痛みです。 痛みの程度には幅がありますが、ひどい場合には動けなくなることもあります。 背中の痛みの原因となる皮膚の病気 皮膚の病気が原因となって背中の痛みを感じることもあります。 帯状疱疹 とは、過去ににかかったことがある人の体内に潜んでいたウイルスが、何らかのきっかけで再び活性化した状態です。 とは症状が少し異なり、皮膚の一部分にピリピリとした痛みを感じ、水疱を生じます。 背中から脇腹にかけてはが比較的できやすい範囲のため、注意が必要です。 基本的には体の右側のみ・左側のみなど、片方に横方向に広がることが特徴で、両側や上下方向に広がることはあまりありません。 受診の目安とポイント 激しい痛みがある場合にはなるべく早期に受診の検討をしましょう。 痛みが長引く場合や繰り返す場合、発熱などほかの症状がある場合にも早めの受診を検討しましょう。 そのため、救急要請を含めて検討しましょう。 受診先は原因によって異なりますが、痛みのほかに手足のしびれがある、転んだ・重いものを持ち上げようとしたなどのはっきりしたきっかけのある場合には整形外科が適しています。 また、背中の皮膚に水疱ができている場合には皮膚科を受診を検討しましょう。 それ以外の場合や、発熱などの体の症状を伴う場合、もしくは自分ではよくきっかけが分からないような場合には、まず近くの内科やかかりつけの医療機関で相談するのがよいでしょう。 受診の際には、いつから・きっかけとなる出来事があったかどうか、背中の痛みのほかに症状があるかどうかなど、できるだけ詳しく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の習慣などが原因で背中が痛むこともあります。 長時間の同じ姿勢 長時間同じ姿勢をとり続けると筋肉が緊張してこるため、背中に痛みを感じやすくなることがあります。 長時間同じ姿勢が続いたら ストレッチなどの軽い運動をして、こりをほぐしましょう。 両手を上にあげて背筋をのばしたり、肩を大きく回したりするだけでも効果的です。 また、入浴などで血流をよくすることも、背中のこり解消に役立ちます。 急な運動 急な運動により背中の筋肉を傷めたり筋肉が疲労したりすると、背中に痛みを感じることがあります。 体を動かす前には 体を動かす前にはストレッチングなどでウォーミングアップをしましょう。 まずは、全身の筋肉をのばしてほぐします。 足は肩幅よりやや広め、両手は組んで頭の上にあげ、手のひらを上にむけてのびをするように全身をのばしましょう。 続いて背中のストレッチングです。 全身のストレッチングが終わったら、ひざを軽く曲げます。 そのまま腰から背中を丸めながら両手を前に押し出しましょう。 このほか、軽く散歩やジョギングをして体を温めておくのも効果的です。 難しい場合には、その場で足踏みをしてもよいでしょう。 よくならないときには 自分でできる対策をしても背中の痛みがよくならない場合には、一度受診しましょう。 思いもよらない原因で背中の痛みが出ている可能性もあります。

次の

ここ1ヶ月ほど朝起きると背中が「ズ~ン」と痛む。このまま放っておいて大丈夫?

起きる と 背中 が 痛い

背中、腰の痛みで悩んでいるkokisaと申します。 同じような経験をお持ちの方、アドバイスをお願いします。 もう半年以上、夜中(明け方)に背中と腰の痛みがあります。 明け方、痛みで目が覚めてしまい、寝不足です。 現在通院中でで鍼(はり)、マッサージもやっていますが、効果ありません。 ベッドのマットレスを変えたり、お風呂、体操やウォーキングなどやれることは試してみたのですが…。 昨年出産し、子供を抱っこする時などの体勢がよくないのかもしれません。 こういう症状に対して、どんな治療ができるでしょうか?この痛みは、一生背負っていくものなのでしょうか? 早く快適に目覚める生活がしたいです。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 2,3時間で消える痛みですか? 私は35過ぎた頃から、朝痛みで目がさめるようになりました。 体が硬くなって来たんだなあと老化を意識しました。 涙 もし同じ様な痛みなら、これを試してみては?(本当は運動で鍛えた方が良いとは思うんですけど、、、) 以前旦那の腰痛を治してくれた治療院で教わったストレッチです。 朝痛いなあと思って目がさめたら、横向きになります。 そして、下の方になった手で出来るだけ頭を高く支えます。 足は綺麗にピッタリ重ねて少し膝を曲げます。 そして(ここがポイント)上になった手を後ろにダランとたらします。 この状態で、うつらうつら5分くらい寝ぼけています。 痛い背中や腰の筋が、じわ〜っと伸びるのが分かると思います。 気持ちいいですよ。 逆向きも同じく。 以前は起床後2,3時間痛みが取れなかったのに、このストレッチをすると30分位で痛みが消えるようになりました。 たぶん体が硬くなって来た証拠だと思っているので、今後この痛みが自然に無くなるとは思っていません。 本当は運動で直したほうが良さそうですけどね。 ユーザーID:• かなり参考になりました。 何人かの方がレスされているのと同じく、私も背筋・腰筋が弱くて朝の腰痛に悩まされていました。 目覚めると腰がバリバリにこわばっていて痛くて、思うように動けない有様。 朝忙しいのに困るので、鎮痛剤を毎朝飲んでしのいでいました。 でも鎮痛剤を飲まなくても2時間ぐらいで緩和されるので、病院にも行っていませんでした。 ある時、美容目的で腰の筋肉を鍛える運動を毎晩3分やるようになったら、朝の腰痛が随分楽になったのです。 鎮痛剤を飲むこともなくなりました。 でも体操をさぼって数日経つと痛くなるので、体操を続けざるを得ない状況です。 こういうタイプの人って、全身の筋肉がひ弱で、同じ姿勢を長時間続けるとすぐ腰や背中が痛くなる人ではないでしょうか?私だけかな? 寝ている間同じ姿勢でいるために筋肉が疲労して痛みとなっているようです。 ぜひ、背筋・腰筋を鍛えてください。 ユーザーID:• トピ主です。 トピ主のコキサです。 私は腰痛で何度も医者に行きましたが、はっきりいって、それでよくなったということはない気がしています。 鍼(はり)やマッサージも気休めというか、その場でリラックスできただけでした。 医者いわく、続けるのがいいそうですけど。 今は、毎日腹筋背筋を鍛えるトレーニングをしています。 (ストレッチのようなもの)少しだけ、痛みが軽減されてきました。 朝起きると、腰痛はありますが、痛みで目が覚めることはなくなりました。 腹筋背筋の運動や、布団を変えてみる(やはりせんべい布団がいいそうです)など、生活の中でできることをまずやってみる方がいいと思います。 それにしても、イヤですよね…朝の腰痛。 ユーザーID:• 私もそうでした.

次の