鬼滅 おもしろ。 アニメ『鬼滅の刃』がおもしろすぎる! 神作画なOPに戦闘シーン、尊い兄妹の絆、長男力が高い炭治郎、すべてが好き!!

live.t4g.org: シャレもん 鬼滅の刃 コスプレ グッズ 【 おもしろ Tシャツ (滅) 】 フィギュア 日輪刀: 服&ファッション小物

鬼滅 おもしろ

今回、アニメ『鬼滅の刃』の魅力を全人類へ伝えるべく、『鬼滅の刃』の連載が始まった2016年11号から2018年52号までの約3年間における「週刊少年ジャンプ」での本作の掲載順をグラフにまとめた。 資料集めのために国会図書館に丸々3日ほど通う必要になったが、その甲斐あってか興味深いデータが取れたと思う。 アニメの魅力を語ったあとにこのデータを踏まえて、 アニメ『鬼滅の刃』を見てくれ! という布教をしていく。 とりあえずここでは、『鬼滅の刃』は 話が進むほどにおもしろさが爆発的に加速していく、ということだけ心の片隅に入れておいてほしい。 圧巻の描写力! オープニングの波と雷で震えた アニメ1話開始直後、作品の世界にグっと引き込まれる感覚に陥った。 (画像はより) (画像はより) 炭治郎の息遣い、雪を踏みしめる足音、揺れる視界、吹雪で包まれる雪山の情景……描写に対する気合の入りかたがまるで別次元。 ただただ圧倒されてしまう。 さらに個人的にもっともシビれたのが本編終了後に差し込まれたオープニングアニメーション。 オープニングテーマ「紅蓮華」を歌うのはLiSAさん。 これを目にした瞬間、鳥肌が立った。 和風テイストの強い本作、まさかこういう見せかたをしてくれるとは。 ヤバい。 (画像はより) (画像はより) さらに、善逸が雷を纏って斬撃を放つシーン。 雷の動きがかっこいい。 完全に原作ファンを殺しにきている。 一応ネタバレを避けるためこれらの表現がなにを指すのかにつて言及はしないが、なんなのか知らなくても純粋に「すごい」と息をのむような作画であるし、もし原作ファンだったならその100倍くらいテンションが上がるシロモノ。 具体例を挙げると 弟や妹を何度も「よしよし」をする場面だ。 これは原作では描かれておらず、アニメ独自のシーンとなっている。 まず、本作の大きなテーマとして、 炭治郎と禰豆子との兄妹の絆がある。 これがとにかく尊い。 (画像はより) (画像はより) とくに、アニメ2話で描かれた炭治郎の独白シーンは、花江夏樹さん迫真の演技と合わさって 愛しさと切なさマシマシ。 これまで弟妹のためにいろいろ我慢してきた禰豆子、そんな彼女の幸せを心から願う、自分の手で叶えるという意思を確固たるものにするという、炭治郎の意思が伝わってくるようだった。 まだアニメでは描かれていが、このときの彼の長男力はかなりのもの。 本人は至って真剣なところも彼の天然っぷりを引き上げている。 いや、そうに違いない。 ふとそんな考えが頭をよぎり、思わずニコっとしてしまった。 『鬼滅の刃』の魅力はこんなもんじゃない と、ここまでアニメ『鬼滅の刃』1話褒めちぎるだけ褒めちぎってきたわけだが、ちょっと待ってほしい。 『鬼滅の刃』のおもしろさはまだまだここから先加速していく! 1話2話で満足しないでこの先の物語まで刮目してくれ!! このことを全人類に伝えたいがためにこの記事を書いたと言って過言ではない。 原作をリアルタイムで読んでいたのだが、最初から『鬼滅の刃』はおもしろかった。 だが、おもしろさが爆発したのは少し話が進んだ単行本4、5巻くらいだった記憶がある。 そう、あくまで個人的な所感だが、『鬼滅の刃』の魅力はアニメを数話見ただけでは味わい尽くせない。 まだまだこんなものではないのだ。 上記のグラフは、冒頭でも紹介した『鬼滅の刃』の連載が始まった2016年11号から2018年52号における「週刊少年ジャンプ」での本作の掲載順をグラフにまとめたもの。 ここから見て取れることは、 ・2017年、2018年と徐々に掲載順が巻頭に近づいている ・幹部クラスの敵とのバトルが描かれている時期に掲載順が前へ ・同時にアニメオープニングにも映る猛者っぽい方々が登場するタイミングでもある ということ。 (画像はより) もちろん、 掲載順=人気(盛り上がり)に直結するわけではないのは重々承知だ。 しかし、「週刊少年ジャンプ」を代表する人気漫画『ONE PIECE』の掲載順が1~3番目に集中していることや、連載終了する漫画の掲載順がページの後ろのほうにある傾向があるのもまた事実。 この記事では、掲載順を作品のひとつの盛り上がり度として仮定して考えてみた。 というわけで、このグラフで掲載順が巻頭に近づいていく単行本4巻5巻付近のストーリー、ここがおもしろさの大きな波のひとつだと個人的に思う。 戦闘描写はもちろん、オープニングにあった波や雷のようなエフェクト、もちろんキャラどうしの掛け合い、もう全部期待しててくれ! アニメの話数、進行ペース、オープニングアニメーションの描写から、今回のアニメで描かれるのはほぼ確実。 放送されるのを心待ちにしてほしい。 (画像はより) アニメ1話はニコニコチャンネルで無料で見れるし、最新話はニコニコ生放送でも上映される……この際ニコニコ関係なくどの媒体でもいいから『鬼滅の刃』を見てくれ。 見続けくれ。 そしてできれば原作も買ってほしい。

次の

【鬼滅の刃】ジャンプの巻末コメントがおもしろすぎる【きめつのやいば】

鬼滅 おもしろ

自分の周りで鬼滅の刃にはまっている人の特徴として共通していたことは、王道と言われるような展開の漫画をあまり読んだことがなかったということと、アニメを見てハマったということの2つでした。 設定や展開の斬新さで売っていく流れが主流になりつつある流行の中で、王道を行く鬼滅の刃は連載当初は目立ちませんでした。 理由はあなたが思うように、漫画好きで今まで沢山の作品を読んでいるような、漫画家が1番のターゲットとすべき人たちにとっては内容が薄く、ワンパターンだったからです。 普通ならば、漫画をよく読む人の目には止まらなかった場合は、もちろん漫画を普段読まない人の目にも止まることはありませんが、鬼滅の刃は違いました。 むしろ漫画をあまり読まない人にドンピシャにヒットしたのです。 理由の一つは、アニメの漫画と比べての見易さがあるでしょう。 鬼滅の刃はアマゾンプライムなどのVODで配信されていますから、大勢の人が気軽に見ることができます。 二つ目の理由は先程あげた、「内容が薄く、ワンパターン」だということです。 これは裏を返せば、「分かりやすい、理解しやすい」ということになります。 この特質がアニメの見易さと相まって、王道パターンを知らない人達に感動を与え広まっていったのです。 それだったら昔の数ある王道パターンの漫画が流行ったって良いじゃないかと思うかもしれませんが、それらが流行したのは人昔前のことであり、すでに話数が重なっているため新しく読む人は手がつけにくくなります。 まとめると、鬼滅の刃が流行った理由は原作の面白さというよりかは、その特質により多くの人に見るきっかけを与えたから、というわけです。

次の

【楽天市場】【楽天1位】 マスク ( 洗える 立体 マスク )(選べる5柄)( 大人用・子供用 男女兼用 ) ( 市松模様 麻の葉模様 鱗模様 亀甲柄 ) 男性 女性 子供 メンズ レディース キッズ プレゼント 雑貨 グッズ ひんやり 涼しい 夏 ポリエステル素材 鬼滅の刃 が好きな方に人気:おもしろTシャツ ファニーティ

鬼滅 おもしろ

普段はアニメを見ない人、漫画を読まない人でも、『鬼滅の刃(きめつのやいば)』というタイトルは聞いたことがあるのではないでしょうか。 『鬼滅の刃』は、2016年から『週刊少年ジャンプ』で連載している漫画。 もともと人気の作品でしたが、2019年にアニメ化されたことで爆発的にヒットします。 世代を問わず人気を集める本シリーズの累計発行部数は、2020年1月には4,000万部を突破。 アニメの放送が終わった10月以降は、各地の書店で品切れが続出。 『オリコン年間コミックランキング 2019』では作品別で堂々の1位を獲得しました。 本記事では、そんな『鬼滅の刃』についてご紹介。 作品自体の紹介というよりは、「なぜこれだけ人気が出たのか」という理由を探ります。 アニメ『鬼滅の刃』が話題になった、3つの理由 一部の報道では「社会現象」と評されるほどに注目を集めている『鬼滅の刃』。 これほどまでに爆発的な流行となった大きなきっかけとして、2019年4月から9月にかけて放映されたアニメ版の存在があります。 アニメーション制作を担当したのは、ufotable。 ですが、ただ「クオリティが高い」だけでアニメが流行するとは限りません。 本作がこれほどまでに注目されるようになった理由としては、いくつかのポイントが挙げられます。 ここでは、その要素の一部をかいつまんで取り上げてみましょう。 2019年の紅白歌合戦でも歌われた、アニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ『紅蓮華』です。 オリコンランキングで軒並み1位を獲得したほか、YouTube上でも大勢にカバーされている人気曲。 国内外の人気YouTuber・VTuber・歌い手が、この曲を歌った動画を投稿しています。 この曲で作品を知ったという人も少なくありません。 そういった楽曲単体の人気はもちろんのこと、アニメ映像があわさるとさらにかっこいい。 また、梶浦由記さん、椎名豪さんという2人の人気作曲家が劇中の音楽を担当しており、物語を彩る音楽全般も高く評価されています。 「口コミでじわじわと視聴者を増やしていった」のも間違いありませんが、一方で、何度かバズったこともありました。 たとえば、アニメ第4話が放送されたときのこと。 この回には「手鬼」という敵キャラが登場したのですが、彼が発した「年号が変わっている!」というセリフがにわかに話題になりました。 これは、彼が「明治から大正に年号が変わっていたことを知らなかった」ことを叫んだセリフです。 この第4話が放送されたのが、2019年4月29日のこと。 ——そう、ちょうど5月1日に元号が「平成」から「令和」へと変わる、直前のタイミングだったのです。 その5月1日には公式アカウントがそのシーンをTwitterに投稿し、約5万RTされるほどにバズりました。 また、全26話の中でも特にネット上で話題になったのが、第19話『ヒノカミ』。 驚異的な強さを持つ敵の鬼との戦闘シーンが、「とてつもなくすごい」と話題に。 何度も見返す人が続出し、Twitterでは絶賛の声が途切れることなく流れていました。 原作者の吾峠呼世晴先生も「作画、演出、音楽、全てが凄すぎてボロ泣きし、第19話を20回ほど繰り返し視聴しました」とコメントを寄せたほか、中国の動画配信サイト・bilibiliでは、配信中の視聴回数が3億回を突破したそうです。 「男性の人気声優が多く参加しているから」「シリアスとギャグのバランスがいいから」「世界観や物語に入り込みやすいから」といった切り口で説明されています。 たしかに、これらも人気の一因となってはいそうですが、「これ!」と断言できるものはありません。 おそらく、いくつもの要因が重なって今の人気になっているのではないでしょうか。 実際に身近な女性ファンの声を聞いた印象としては、「魅力的なキャラクター」と「人間ドラマ」に惹かれている人が特に多いように感じました。 悲劇に直面しつつも、「自分は長男だから」と何度も何度も言い聞かせ、妹のために戦い続ける炭治郎。 臆病でネガティブな性格ながら、いざという時は仲間や他人のために命を懸けられる善逸。 粗暴だが打たれ弱い、仲間と交わる中で情緒豊かになっていく伊之助。 アニメで主要キャラとして登場していた彼ら3人はもちろんのこと、個性豊かな鬼殺隊の面々や、さらには「敵」である鬼が好きだという人も少なくありません。 一人ひとりが個性と背景を持つ"生きた"キャラクターであり、その心中や境遇に共感してしまう。 そんな彼ら彼女らが織りなす人間模様が、魅力的でないはずがありません。 人も鬼も含めた「ドラマ」が描かれているからこそ、物語としての奥行きが感じられ、一喜一憂させられてしまう。 それが、『鬼滅の刃』という作品の魅力なのではないでしょうか。 まとめ 以上、『鬼滅の刃』の魅力と人気の理由を紹介させていただきました。 あれこれと説明してきましたが、本記事でふれたのは『鬼滅の刃』という作品の一部に過ぎません。 実際に見てみたら違った印象を抱く人もいるでしょうし、別の部分に魅力を感じる人も多いはずです。 漫画第1巻の試し読みや、アニメ第1話の無料視聴ができるサイトやアプリもありますので、まずは一度、『鬼滅の刃』の世界にふれてみてはいかがでしょうか。

次の