味噌汁ファスティング やり方。 味噌汁ファスティング4日間

塩分ファスティングでむくみとサヨナラ!塩分ファスティングの効果とやり方を解説します

味噌汁ファスティング やり方

ファスティングダイエットは簡単にいえば「断食ダイエット」! ファスティングとは「断食」のことをさします。 現代の日本人の食生活は食べるものに恵まれているので、24時間のコンビニ・レストランで小腹がすいたなと思えば、すぐに食べてしまう経験が誰にでもあるでしょう。 小腹が空いたら食べることで胃腸は休みなく分解・消化・吸収・解毒といった消化活動で動き続け内臓を酷使し、傷つけていることになります。 しかも体の中では毒素も溜まりに溜まっている状態に・・。 そこでファスティングダイエットで数日間固形物を食べずに水分だけで過ごすことによって身体機能の回復・体質改善ができます。 ファスティングダイエットは断食ではありますが、最近の主流は酵素ドリンクや発酵ドリンクと組み合わせて行います。 酵素ドリンクとは主に• ビタミン• ミネラル• アミノ酸 が含まれていて栄養たっぷりです。 ファスティングダイエットのやり方3ステップ まずファスティングダイエットを行う日数ですが3日間が最適です。 1、2日間では体重が減ったとしても痩せる細胞、いわゆる「脂肪酸」の生産が追いつきません。 ファスティングダイエットはいきなり3日間普段の食事とガラッと変え、固形物を何も食べない!というのはストレスがたまり、失敗するだけではなくリバウンドの可能性が高まってしまいます。 そこで準備期間・終わった後の回復期間が大事ということをよく覚えておきましょう! 準備: ファスティングダイエット3日間に備えて前3日も少し食事の量を減らす ファスティングダイエットの前3日は普段の食事の6〜8割に抑えるようにするようにしましょう。 これによって、本番の3日間を迎えるまでに少しずつ胃が小さくなるので、空腹によるストレスが軽減されます。 この期間は本番の練習のようなものなので、ファスティングダイエットを成功させるためにも必ず行うようにしましょう。 1日1回、酵素ドリンクと置き換えて鳴らしていくのも効果的です。 本番:ファスティングダイエット3日間 ファスティングダイエット3日間、3食全て酵素ドリンクに置き換えます。 3日間酵素ドリンクの他にしっかり水分を同時に取るようにしましょう。 水分を取る目安は200ml以上を5回以上に分けるのがベスト! 酵素の働きが強まり空腹も抑えるので、ファスティングダイエットが成功する近道になります。 固形物が口にできないのはストレスにもなりますが、3日目には食欲が激減したという実際の口コミも多いのでとにかく1日目と2日目を乗り越えることを目指しましょう。 本番後:回復食で胃腸を休ませながら食事を戻していく ファスティングダイエットでは本番3日間が終了した後の食事がとても大事です。 3日間のファスティングで胃腸はかなり収縮されている状態なので、その状態でいきなり固形物を胃の中に入れると体調を崩してしまう恐れがあります。 また、せっかくデトックスされて綺麗な体内に、油まみれのものや高タンパクのものを入れてしまうことは泥水を流し込んでいることと同じことです。 このことからファスティング本番が終わった後最低3日間は「回復食」と言われるヘルシーで消化のいいものを食べるようにしましょう。 8キロしか痩せてない 。• ファスティングダイエットに関するQ&A集 Q1: ファスティングダイエットは継続して行った方がいい? ファスティング自体は痩せることもそうですが、体質改善が期待できることから、健康な身体を保つためにも定期的に行うことがオススメです。 最も健康的に行える周期は1ヶ月に1回! 1ヶ月に1回体の中の余分なものや毒素をしっかりデトックスすることにより、より太りづらく、また病気をしにくい体つくりができます。 1ヶ月に1回も辛い思いをしなくてはいけないの?と思われる方もいるかもしれませんが安心してください。 ファスティングは回数を重ねるごとに胃が少しずつ収縮し空腹と戦うことに慣れてきます。 また1回では目に見えて痩せた!というのがわかりにくいですが何回か続けるうちに確実に目に見えてあなたの体型が変わって見えてくるでしょう。 Q2: ファスティングダイエット中に飲んでいいものと飲んではいけないものは何? ファスティングダイエットを成功させるためにも水分をしっかりとることは必須です。 飲み物をこまめにとることによって、酵素の働きをより活性化させたり、空腹感がまぎれるとも言われていますが、飲み物ならなんでも飲んでOKというわけではありません! 飲んでいいものと避けたほうがいいものをしっかり把握しておきましょう 飲んでいいもの• ハーブティー• 野菜ジュース・フレッシュジュース(砂糖・人工甘味料不使用のもの)• 具なしの味噌汁やだし汁 避けたい飲み物• コーヒー(どうしてもの場合は1日1杯)• アルコール飲料(ノンアルコール含む)• 牛乳・豆乳 避けたい飲み物の中に、アルコールがありますが、お酒好きの人にとっては少々辛いですよね。 代わりになるものも残念ながらありません。 酵素を温存し、免疫を高めるためにはどんなアルコールでも避けるのが必須です。 毎日のお酒がやめられないという方もせめてがスティング中は断酒するようにしましょう。 Q3: ファスティングダイエット中さらに効果を上げる方法は? ファスティングダイエットは体質改善が主な目的なので数字では体重が食べない分落ちても、見た目のダイエット効果はあまり感じられないかもしれません。 そこでさらにダイエットとしての効果を上げる方法をご紹介します。 1つ目は入浴や半身浴・足湯で身体を温め発汗をさらに促すこと! ファスティングとは体内の毒素の排出を促すことですが、発汗によってさらに排出され代謝もアップしますし、むくみも軽減します。 これだけ?というくらいに初歩的なことですが、睡眠中は新陳代謝が活発になります。 要するに寝ているだけで痩せている、ということですね。 また翌日の体内酵素を睡眠中に生産するので睡眠時間は長ければ長いほどいいんです。 寝すぎということはありませんのでたくさん寝るようにしましょう。 くれぐれも体調を悪化させるような寝不足ということがないように、スケジュールに余裕があるときにファスティングダイエットを決行するようにしましょう。 Q4: ファスティングダイエットには副作用はある? ファスティングダイエットは人によっては副作用が生じる場合があります。 よくある副作用は• 吐き気• むくみ• 倦怠感 などです。 特に多いのは便秘・下痢で、ファスティングダイエットの口コミの中には、このどちらかに悩まされたという人も少なくありません。 副作用が起きるということは体からなんらかのサインが発せられています。 続けることができそうにない状態であれば無理をせず、一旦中止か完全に中止をしましょう。 くれぐれも自己流でファスティングダイエットは行わず、不安なことがある場合は医師に相談したり、事前にしっかり注意事項を確認してからダイエットを行うようにしましょう。 Q5: ファスティングダイエットが向いていない人はどんな人? ファスティングダイエットは軽い飢餓状態を体に起こすことから体質上向いていない人もいます。 例えば• 胃腸に障害がある人• 過食症やけ食傷などの摂食障害を持病に持つ人• 妊娠中・授乳中の人 など。 もし実行するにあたって不安がある人は、自分で勝手に判断せず、医師の指示を仰ぐようにしましょう。 Q6: 回復食のオススメは? 回復食は三日続けて消化のいいヘルシーなものを食べましょう。 Q7: ファスティングダイエットを始めるのに最適な時期は? せっかくダイエットを行うのなら最適な時期に効率よく痩せたいですよね。 特に女性の体はホルモンバランスによって体調も日々様々です。 ファスティングダイエットの場合、痩せるのに最適な時期は生理後! 生理後は卵胞ホルモンの分泌量が増加し、新陳代謝が促進されるため、脂肪が燃えやすい時期と言われています。 反対に最も向いていない時期はホルモンのバランスが乱れている生理中や生理直前の時期です。 この時期にファスティングダイエットを行っても数字にはあまり成果は出ないばかりか、体調不良や肌荒れなどが起きる原因につながります。 しっかり事前に自分の生理日を把握し、ファスティング当日の前後のスケジュールも確認してから行いましょう。 8 どうしてもファスティングダイエット中に食事したくなったら? どうしても何か食べたくなってしまった時は具なしのお味噌汁を飲むのがおすすめ! 今までの努力が台無しになってしまわぬよう、具なしというところは必ず守りましょう。 食欲が湧いてどうしようもなくなってしまった時は水分でお腹を満たすようにしましょう。 筆者も実際に3日間ファスティングに挑戦してみましたところ1. 6キロの減量に成功! 実際に私も3日間ファスティングに挑戦してみました! 結果からお伝えすると、私の場合は3日間で1. 案の定、スカートはパツパツ!笑 ファスナーは閉まるものの屈むのも辛いし、タイトスカートがかわいそうになるくらい肉で埋れていました・・。 今となっては事前に食事の量を減らしたりしっかり準備ができていなかったからだと思っています。 2日目が一番辛かったのですが3日目には食事のことなんか忘れて無になっていたので、これからファスティングを始められる方には「辛いのは1日目と2日目だけ!」ということを伝えたいですね。 ファスティングを終えて、見た目の変化でいえば一番変化を感じたのは頬のラインが心なしかシュッとしたように感じました。 頬のラインが引き締まったのはむくみが取れたのだと思いますが、顔のラインが少し変わるだけでも目がぱっちり空いているように見えたり鼻筋が通って見えたりと、全体的な印象も変わります。 筆者も実際に試してみて、思ったよりも苦しくなかったことや、想像以上の効果、達成感を感じることができたのでとっても満足です。

次の

ファスティングの簡単なやり方と手順をまとめてみた。準備食・回復食について

味噌汁ファスティング やり方

現代人は 食べすぎにより体に様々な不調が起きているということ。 それが様々な 病気の原因になってしまうらしいです。 それを解決するためには、 体に残っているいらないものを宿便として出してあげるのが有効的。 「じゃあ、普段からうんち出してるんだから食を断つ必要はないんじゃない?」 こんな風に思うのではないでしょうか。 しかし、食べたものを吸収するのに体は莫大なエネルギーを使うので 体をきれいにするためのエネルギーが残っていない。 体のお掃除が追いつかない状況になっています。 そこで有効なのが ファスティング。 固形物の摂取を控えることで、 食べ物を消化する期間を休ませて、お掃除の時間を作ってあげようということです。 これは社会人で忙しく働いている人に例えるとわかりやすいです。 平日は忙しいから土日にまとめて掃除しようと思っていても、 休日にも仕事が入ってしまったり、外出する用事ができてしまいます。 こうなると、掃除する時間がないので 部屋もどんどん散らかってしまう。 これが私達 現代人の食生活です。 なので、 仕事を休んで掃除する時間を確保しようということです。 味噌汁ファスティングを選んだ理由 僕は、ファスティングの方法として味噌汁ファスティングを選びました。 一般的には 酵素ドリンクというものを使用します。 ただ、この酵素ドリンクが 馬鹿みたいに高い!!! 一回の断食で一日に350mlぐらい使用するのですが、 500mlで 1万円〜5000円します。 いやいや 高すぎる!! 社会人ならまだしも学生の僕には手が出せません。 ちなみに 安いものもあるのですが、 酵素がかなり薄まって入ってたりもするので しかっりファスティングしたいのなら結局 高額なドリンクになるみたいです。 これを知り僕は「ファスティングをあきらめようかな〜」 と思っていたのですが 味噌汁ファスティングというものを見つけました。 これは 関 由佳さんという医師が推奨しているファスティングです。 つまり 味噌汁は酵素ドリンクなのです。 もちろん、ファスティング期間中は具なしの味噌汁になるわけですが、 温かい味噌汁は満足感が高いということもあり、おすすめされています。 * ちなみに味噌は 赤味噌 か 豆味噌が糖質も少なくコクがあるということで推奨されています。 お手軽で満足感も高くて体も温まる。 これはやるしかない!ということで実践することにしました。 ファスティングで重要な準備期と回復期 意外とファスティングで見落とされがちなのが、 準備期と回復期 まずは、 準備期について 「じゃあ、明日からファスティングやるぞ!」といって 急に実践するのは 失敗してしまう可能性があります。 というのも体はこれまでの食事で慣れているわけですから、 急に食べ物が入ってこなくなったら びっくりします。 そうなると、 異常な空腹感に襲われます。 それに、気持ち的にもこれまでの食べていたものが 全く食べられなくなるわけですから、 かなりきついです。 そうならないためにも、 準備期は余裕を持って 1日〜2日程度がおすすめです。 その期間は 脂質の高いものや 炭水化物はなるべく控え、 豆類や海藻、野菜を中心に少量の炭水化物に徐々に移行していくと ファスティングが始まっても そこまできつくならないです。 続いて、 回復期 ここはものすごく重要な時期です。 この時期の体に食べ物は入っていません。 つまり 飢餓に近い状態です。 この時期の吸収力は異常に高くなっています。 体が 生命の危機を感じてるわけですから、 いつもより吸収しようとしてるのも納得できると思います。 つまりここで、いきなり高カロリーなものを解禁すると 脂肪や炭水化物をいつもより吸収して体重は一気に増えます。 それに、 体調も崩してしまいます。 そうならないためにも、準備期で摂っていたような食事を心がけ 徐々に普通の食事に戻していくことがひつようです。 実は、この回復期が一番きつい時期と言われています。 「お腹が空いているときに、ちょっとだけ食べたら余計にお腹が空いてきた」 こんな経験があるのではないでしょうか。 この時期はそんな感じが続きます。 一回食べ物を口にしてしまうと、 どんどん食べたいものが脳内を駆け巡ります。 からあげ、ラーメン、カレーライス、ハンバーガー・・・・ どれも高カロリーなものばかりw だって美味しいんだもん! とにかく、この時期をいかに乗り越えるのか 作戦を立てておくことをおすすめします。 味噌汁ファスティング実践日記(1日目) おまたせしました。 ここからが本題の実践日記です。 前置きが長くなってしまいましたw 僕は、ファスティング(何も食べない期間)を 約 3日間に設定しました。 約3日間というのは3日目の夜から回復期に入ったからです。 そして、準備期は1日だけにしました。 その日は ご飯はお茶碗の半分だけにして 納豆や豆腐、野菜などを中心に食べていました。 夜から炭水化物を抜きました。 ちなみにこの日の夜に体重を計ってみたら 80.5kgでした。 ここから体重もどのように変化するのか楽しみですね。 それと、僕は筋トレもしているのですが この時期は 激しい運動は厳禁とのことで 筋トレは完全にオフです。 筋肉はどのぐらい落ちるのかも気になるところです。 ファスティング期間中は 学校もバイトもないタイミングでやりました。 初めての試みで、自分の体がどうなるのか分からなかったので 完全にオフという状態でやってみました。 (ちなみに実家です) そして、迎えた翌日。 正直、午前中は全く問題ないだろうなと思っていました。 というのも、僕は朝にしっかり食べるというのが 苦手なので午前中は余裕で乗り切れました。 それに味噌汁の満足感も高かったのでつらくはなかったです。 そんな感じで昼食も味噌汁で難なく乗り切ったのですが、 一番つらかったのは午後3時頃。 特別 空腹感というものはほとんどないのですが 何かを口にしたいという衝動が強く出てきました。 僕はまだ実家暮らしなのですが、 家族が普通に食事をしていると結構辛いですw もちろんこのことを話してあるので、気を使ってくれてはいたのですが やっぱ見ると食べたくなってしまいますねw ただ、そう思ったら 味噌汁をちょっとずつ飲む というのを繰り返して夜までなんとか過ごします。 映画を見ているときや、 本を読んでいるときは 気が紛れて空腹感も感じませんでした。 そして、夜になり体重を計ってみました。 一日食べなかっただけで、ここまで体重って落ちるのかと衝撃でした。 このときにはお腹はもう ぺったんこでした。 ちなみに筋肉はそこまで落ちたという感じはしなかったです。 そして、夜が何気にきつかった。 僕は起きていたら何か食べたくなると思ったので この期間は 早めの就寝を心がけていました。 なので 9時半には布団に入っていました。 9時半の就寝なんて、小学生以来でしたw ただ、 まったく眠れない。 いつもより眠るのが早いということもあるのですが、 空腹だと眠れないというのは本当みたいです。 そして、おそらく12時頃やっと眠れたと思ったら 2時頃に緊急地震速報に起こされましたw ファスティング期間中は五感が冴え渡ってくるので、ちょっとのことで起きてしまいますw 匂いにも敏感になるので、ハイエナみたいになるw そんなこんなで1日目は終了しました。

次の

味噌汁ファスティングのやり方!実践日記(1日目)

味噌汁ファスティング やり方

「そろそろダイエットを始めないとなぁ…」と思っても、たくさんあるダイエットの中からどれを選んだらよいものか迷いますよね。 いざダイエットを始めてみても、思ったよりも手間がかったり、長く続けなければならなかったりとすぐに挫折してしまいがち。 そんなあなたには、ファスティングダイエットをおすすめします! 耳になじみのない方でも大丈夫! ファスティングダイエットについてじっくり学んでいきましょう。 [1]ダイエットに効果的なファスティングの驚くべき美容効果とは? みなさんは『ファスティング』というダイエット方法をご存じですか? よくメディアでも取り上げられ、注目を浴びているこのダイエット方法ですが、いつもダイエットに挫折しがちな方にとてもおすすめなのです。 それでは、『ファスティング』について詳しく解説していきます。 つまり、ファスティングダイエットは一定期間、食事をとらないダイエットのことなんです。 しかし、ファスティングダイエットは宗教的な意味合いの断食とは違って、一切飲食をしないというわけではありません。 ファスティングダイエットの場合は一定期間、固形物は一切口にしませんが、その代わりに野菜エキスの入った 『酵素ドリンク』などで必要な栄養を摂取していきます。 また、水分は ミネラルウォーターなどでしっかりと摂取することが大切です。 短期間で痩せるというメリットがあり、長期的なダイエットに挫折しがちな人におすすめのダイエット法と言われています。 その他にも、『痩せたいけど運動はちょっと…』なんていう人にもおすすめされているダイエット方法なんです。 ファスティングをするとどのような効果が期待できるのかチェックしていきましょう。 ・体内環境を整えてくれる 内臓が疲れてくると病気になりやすいと言われています。 それは、体の中の毒素を排出する機能が衰えてしまうからです。 そこで、ファスティングで疲れた内臓を一定期間休ませることで 毒素の排出機能を回復させ、体内環境を整えることが期待できます。 ・胃腸の働きを整えてくれる 通常の食生活を送っていると、朝昼晩の食事に加え、間食をしてしまいますよね。 もしかするともっと食事の回数が多い人や、胃腸に負担の掛かる食生活を送っている人もいるかもしれません。 そうなると、胃や腸は休む暇がありません。 それも毎日の繰り返しですからなおさらです。 ファスティングをすると疲れた胃が休まり、腸の中もリセットされます。 それによって 胃腸の働きが整い活性化され、便秘などの困った症状も解消できると言われています。 ・肌がきれいになる ファスティングをすると体内の毒素や老廃物が排出され、デトックス効果を得られます。 そのため、 肌がきれいになるとも言われています。 腸内環境が整うことでニキビや肌荒れの改善にも期待できます。 ・代謝が上がる 胃腸を休めることによって、それまで消化に使われていたエネルギーが細胞を再生するためであったり、修復するために使われるようになります。 そのため、代謝が活発になって、 痩せやすい体につながります。 ・感覚が研ぎ澄まされる ファスティングを行うと、いつもより味覚が敏感になったり、視覚や聴覚が研ぎ澄まされると言われています。 また、空腹時は集中力が上がるとも言われています。 ファスティングダイエットの注意点は以下の通りです。 注意点を踏まえた上で安心で安全なダイエットを行いましょう。 ・ファスティングダイエットをやらない方がいい人 ファスティングダイエットは、成長期である16歳以下の方や、体力が衰え始めている60歳以上の方にはおすすめしません。 成長期に必要な栄養が摂取できないと十分な発育ができなくなってしまいますし、体力のない人の体には大きな負担になってしまうからです。 その他にも、持病があって薬を服用している方や、妊娠中の方も、ファスティングダイエットはおすすめできません。 ・ファスティング中の体調異変には注意して ファスティングダイエット中は、 『好転反応』という体調の変化が起こる人が多い傾向にあります。 好転反応は、体内から排出された毒素が血液中に押し出され、一時的に汚れた血液が全身に回ることで起こる体調不良と言われています。 つまり、好転反応が出るということはファスティングが成功している証拠です。 しかし、あまりにも酷い症状の場合は、好転反応によるものではない恐れもあるので、直ちにファスティングを中止してください。 好転反応による症状はさまざまですが、以下のような症状が起きやすいと言われています。 ・頭痛 ・肩こり ・腰痛 ・吐き気 ・めまい ・喉の腫れ ・ニキビなどの肌荒れ [2]半日から1週間と期間もさまざま! ファスティングダイエットの失敗しない方法 ファスティングダイエットと言っても、ただ食べなければいいわけではありません。 どんなダイエットにも言えることですが、間違ったやり方をしてしまうと失敗したり、リバウンドの原因につながります。 また、期間もざまざまなので自分に合ったものを選ぶことが大切です。 そこで、ファスティングダイエットの失敗しない方法を交えながら、正しいファスティングダイエットの方法をご紹介していきます。 しっかりと計画を立て、無理のない方法で試してください。 先ほども述べたように、ファスティングは好転反応を伴う場合が多いです。 仕事をしている方は特に、ファスティングをする期間を選ばないと過度のストレスにつながったり、挫折の原因になります。 ファスティングをする期間によっては、仕事が落ち着いている時期や長期休暇の時を見計らって始めるのがいいでしょう。 また、生理の時も体調を崩しやすいので避けるのが無難でしょう。 無理のない計画を心がけること大切です。 ・痩せやすい期間に行う 女性の体の仕組みとして、 生理後の約1週間が痩せやすい時期と言われています。 女性の方ならよくご存じの通り、生理が終わって約1週間くらい体調の良い日が続きますよね。 生理の期間から一転、気分もスッキリし、肌の調子も良くなります。 これは、女性ホルモンの『エストロゲン』が関係していると言われています。 エストロゲンは中性脂肪の代謝を促進する働きがあり、自律神経も整えてくれます。 したがって、体調が良く、痩せやすく、気分もバッチリなこの時期にファスティングダイエットを行うのが成功の秘訣なのです。 ・準備期間と回復食期間が大事 ファスティングダイエットは、ただ食べないことが重要なわけではありません。 ファスティングの期間中を我慢しても、終わった途端に脂っこい食べ物や甘い食べ物をたくさん食べてしまっては、せっかくの我慢が台無しです。 ファスティングによって休んでいた内臓にいきなり負担がかかり、返って調子を崩す事態になりかねません。 したがってファスティングダイエットには、 『準備期間』と 『回復食期間』が大切になってきます。 準備期間は、ファスティングに慣れるための大事な期間になります。 この時期は、まだファスティング期間ではないからと言って、消化に悪いものや脂っこいものを食べるのは厳禁です。 この時期にそのような食生活をすると、ファスティングの効果が半減してしまうと言われています。 この期間は消化に良いものはもちろん、 体に優しい野菜を中心としたものを摂取しましょう。 そして、ファスティング期間を終えた後の回復食期間では、好きな物をたらふく食べたい気持ちを抑え、 おかゆやみそ汁など消化に良いものから摂取しましょう。 お腹いっぱい食べるのもおすすめしません。 胃腸の機能を少しづつ回復させてから、徐々に固形物を摂るようにしてくのがベストです。 回復食期間で暴食をすると、リバウンドにつながる恐れがあるので十分に気を付けましょう。 ファスティングを成功させるには、必ず準備期間と回復食期間を正しい方法で行ってくださいね。 ・酵素ドリンクがおすすめ ファスティング期間中は何も口にしないのではなく、 酵素ドリンクを摂取するのがおすすめです。 酵素ドリンクはダイエット中の必要な栄養をサポートしてくれるだけでなく、ダイエットに差しさわりない程度の程よい糖分で空腹感を軽減してくれます。 酵素ドリンクについては、後ほど詳しく説明していきます。 まずは、本格的なファスティングダイエットとなる『1週間』のファスティングダイエットのやり方です。 個人差はありますが、ファスティングの中で一番体重が減少しやすいのがこの1週間行う方法だという声が多く聞かれました。 短期間で本格的に体重を落としたい人におすすめです。 ファスティングを始める前日は、1日消化に良いものを摂るよう心がけ、暴飲暴食、脂っこい食事や甘い物、高カロリーの物は控えます。 ファスティングに向けて体を慣らす準備日にしましょう。 6日間、酵素ドリンクと水だけで過ごします。 水は1日2リットルの摂取が好ましいと言われています。 最初はおかゆやみそ汁を摂取し、5日間かけて徐々に固形物を摂取していきます。 くれぐれもいきなり暴飲暴食をしないようにしてください。 6日間のファスティングほどではありませんが、しっかりとファスティングの効果が期待できます。 3日間の場合のスケジュールは以下のようになっています。 1週間の時と一緒で、前日は1日消化に良いものを摂るよう心がけ、暴飲暴食、脂っこい食事や甘い物、高カロリーの物は控えます。 ファスティング期間は3日間。 こちらも1週間の時のように酵素ドリンクと水だけで過ごします。 回復食期間は、ファスティング期間と同じ期間であるのがベストです。 期間が短いからと言って1日ほどで済ませず、3日かけて消化に良いものから徐々に固形物を取るようにしてください。 しかし、減少した半分程度は水分なので、実際は500g~600gほどの体重減少だと言われています。 「その程度!?」と驚くかもしれませんが問題ありません。 1日ファスティングダイエットの場合、繰り返し行うことで効果が実感できます。 週末などを利用して、ぜひ定期的に行ってみてください。 1週間や3日と同様。 1日酵素ドリンクと水だけで過ごします。 1日ファスティングダイエットの場合、1週間や3日のコースほど消化しやすいものに重点を置かなくても問題ありません。 しかし、暴飲暴食をしたり、脂っこい食事や甘い食べ物、高カロリーのものは避け、体に優しい食事にするのがベストです。 急激に食事の量を増やすのもおすすめしません。 例えば、玄米や白米に豆腐の味噌汁と梅干としらすおろし…このくらいの食事から始めましょう。 半日と言っても18時間のファスティングをする必要があります。 しかしこの場合うれしいのが、睡眠時間を含めた18時間でよいことです。 これならストレスもあまり感じず、すぐにでも始められそうですね! 半日ファスティングダイエットも1日の場合と同様、繰り返すことで効果を実感できます。 「ちょっと食べすぎたかな」なんて時に試してみる手軽さが魅力的です。 今までと同様。 前日の夕食を早めに済ませて、睡眠時間を含めた18時間を酵素ドリンクと水だけで過ごしてください。 半日の場合は体力の温存を考える必要がないので、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れるのもいいでしょう。 空腹感を紛らわすこともできます。 1日ファスティングダイエットの場合と同様。 [3]ファスティングダイエットで失敗しない酵素ドリンクの選び方 [2]で紹介した通り、ファスティングダイエットを失敗しないためには酵素ドリンクがポイントです。 しかし、酵素ドリンクといってもいろいろな種類があり、どのようなものがファスティングダイエットに向いているのか分かりませんよね。 間違った選び方をしてしまうと効果が半減してしまったり、全く効果が出なかったりとファスティングダイエットの失敗にもつながります。 そこで、酵素ドリンクを選ぶ際のポイントを簡単にご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 酵素には、代謝を上げ痩せやすい体にする効果が期待できます。 その他にも、便秘解消や美肌効果があると言われていて、酵素ドリンクはダイエットにはもってこいのドリンクなのです。 ファスティングダイエットで摂取する酵素ドリンクの場合は、あくまでもダイエットが目的なので、次の点を注意して選んでください。 ・酸や熱に強いものかどうか 通常酵素は、 酸や熱に弱いという特性があります。 しかし、 『エンザミン』という酵素は酸や熱に強い特殊な酵素で、質の良い酵素ドリンクなどによく使われています。 エンザミンで作られた酵素ドリンクは酸や熱に強く、しっかりと体の中に吸収されるので、ファスティングダイエットには特におすすめです。 ・無農薬で安心な原材料かどうか 酵素ドリンクを選ぶ際は、無農薬で安心な原材料かもしっかりと確認する必要があります。 また、原産地も確認して安全な国のものであるかどうか見極めましょう。 原産地が明記されていないものもあるので、そういった酵素ドリンクよりも明記された酵素ドリンクの方が信頼性が高いです。 ・無添加かどうか 体の中の酵素は、添加物によって破壊されてしまいます。 また、ファスティングによって空っぽになった体というのは添加物を吸収しやすくなっているので気を付けなければなりません。 酵素ドリンク自体に 保存料などの添加物が入っている場合があるので、よく確認してから購入しましょう。 ・果汁や甘味料で薄めていないものかどうか 酵素ドリンクの中には、酵素原液が薄められているものがあります。 『植物発酵抽出物』や『野草発酵エキス』と明記されている場合、 酵素原液が薄められている場合があるので注意しましょう。 植物原料100%、つまり薄めていないものは、原材料だけが明記 大根、キャベツ、ニンジン、トマトなどそのままの明記 されているのが通常です。 ・飲みやすいかどうか 酵素ドリンクは、ファスティング中に何度も口にするものです。 ファスティング中は味覚も敏感になっているので、飲みやすいかどうかもポイントになってきます。 ここで、飲みにくいものを選んでしまうとファスティングダイエット自体が苦痛になってしまうので、ダイエットの失敗にもつながりかねません。 サンプルやトライアルキットで試してからの購入がおすすめです。 [4]自分に合ったファスティングスタイルで無理のないダイエットを いかがでしたか。 ファスティングダイエットは無理な運動が必要なく、期間もさまざまなので、自分に合ったスタイルで無理なく始められそうですよね。 「すぐにでもダイエットの効果を実感したい!」というそこのあなた。 ぜひファスティングダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

次の