東京 アラート。 東京アラートを初発令。赤のライトアップが「エヴァ感ある」と話題 【新型コロナ】

東京アラートを初発令。赤のライトアップが「エヴァ感ある」と話題 【新型コロナ】

東京 アラート

「東京アラート」が発令され、赤色にライトアップされたレインボーブリッジ=東京都港区で2020年6月2日、手塚耕一郎撮影 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から25日で1カ月となった。 東京都が6月に入って発令した警報「東京アラート」も既に解除されているが、都内は24日に55人、25日も48人の新規感染者が確認されるなど収束にはほど遠い。 都は経済活動が萎縮することへの懸念からアラート再発令に慎重で、発令基準も変える方向で検討中だ。 「何のためのアラートだったのか」と疑問の声も上がっている。 「アラートが出てお客が一気に減った」。 文京区の居酒屋の男性店長(52)は言う。 5月25日の宣言解除から客は戻り始めたが、6月2日のアラート発令を境に予約キャンセルが目立つ。 アラートに営業自粛などの拘束力は一切ないが、「回復の兆しが消え、店は安定していない」と話した。 都内の1日あたりの新規感染者数は4月17日にピークの206人を記録してから減少傾向が続いたが、宣言が解除された前後から増加に転じた。 ホストクラブなど「夜の街」に関係する感染が目立つようになり、都はアラートを発令。 東京湾にかかるレインボーブリッジや、都庁舎が真っ赤にライトアップされた。 その後も歌舞伎町などの歓楽街を抱える新宿区で多くの若者の感染が確認されたが、都は発令10日目の11日、発令の目安とする3指標が基準を全て下回ったとして、アラートを解除。 同日、休業要請の緩和をカラオケ店などにも広げる最終段階「ステップ3」への移行も決めた。 小池百合子知事は「数字も落ち着いてきており、東京アラートの役目も果たしたのかなと思う」と説明した。 このタイミングで解除した理由について、都の担当….

次の

東京 新たに34人感染確認 「東京アラート」出す方向で調整

東京 アラート

「再要請」基準、「アラート」より厳しく 東京都公式サイトの「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」によると、東京アラートの発出基準は、 (1)新規陽性者数が1日あたり20人未満(直近7日間平均) (2)新規陽性者における接触歴等不明率(感染経路不明率)が50%未満(直近7日間平均) (3)週単位の陽性者増加比が1未満(直近7日間平均) の3つだ。 都はいずれか1項目以上が基準を越え、「その他の指標も勘案して警戒すべき状況と判断される場合」にアラートが発令されるとしている。 しかし、(2)は5月27日から6月1日まで6日連続、(3)は5月28日から6月1日まで5日連続で超えていたが、アラートは出されなかった。 2日の新規感染者数は34人。 上の目安に当てはめると、(1)は16. 3人となり基準を満たさない。 (2)は2日17時時点で未発表のためわからないが(3)は2. 15となり基準を超える。 また3日の感染者数が仮に37人以上となれば(1)の基準も満たすことになる。 「自粛」再要請、新規感染者数は「1日あたり50人」目安 都は東京アラートが発令された場合、レインボーブリッジと都庁舎を夜間に赤くライトアップし、都民に警戒を呼びかけるとしている。 一方、アラート発令後に外出・休業自粛を再要請する目安として、 (4)新規陽性者数が1日あたり50人(直近7日間平均) (5)新規陽性者における接触歴等不明率が50%(直近7日間平均) (6)週単位の陽性者増加比が2 といった基準も設けられている。 これらの基準を複数上回った場合は「必要な外出自粛・休業を再要請し、感染拡大防止を徹底」するとしている。 2日時点で(6)がすでに条件を満たしている。 また前述のとおり、(5)も5月27日から6月1日まで6日連続で50%を上回った。 一方、(4)を明日3日で満たす場合は新規感染者数が247人を超える計算となる。

次の

「東京アラート」でもレインボーブリッジの色が変わるだけ? 都民への警鐘、どう受け取るか

東京 アラート

スポンサーリンク 東京アラートとは 緊急事態宣言が解除されたためレインボーブリッジがレインボーにライトアップされています! 感染状況が悪化して「東京アラート」が発動されると赤くライトアップされます。 このまま赤くなりませんように! — 中谷幸司 bluestylecom 東京アラートとは東京都が指針にしている新型コロナウイルスに対するロードマップの中のポイントの一つです。 東京都が打ち出している感染対策のロードマップは5つのポイントがあります。 緊急事態宣言下においては、外出自粛等の徹底を通じて、感染を最大限抑え込む• 適切なモニタリング等を通じて、慎重にステップを踏み、都民生活や経済社会活動との両立を図• 状況の変化を的確に把握し、必要な場合には「東京アラート」を発動する• 今後、発生が予想される「第2波」に対応するため、万全の医療・検査体制を整備する• ウイルスとの長い戦いを見据え、暮らしや働く場での感染拡大を防止する習慣 =「新しい日常」が定着した社会を構築する この5つのポイントの中の3番目が東京アラートの発動についての項目となります 3番目のポイントの詳細ですが、 感染拡大の兆候を把握した場合には、「東京アラート」を発動して都民に警戒を呼び掛けます。 そして、それでも再要請の目安を上回った場合などは、必要な外出自粛・休業を再要請し、感染拡大防止を徹底します。 つまり、 東京アラートは東京都民に警戒を呼びかけるモノなわけですね。 東京アラートが発動されたら、緊急事態宣言の一歩手前といった感じでしょうか。 東京都が打ち出しているロードマップのイメージ図が以下 上の図を見ると、 東京アラートは感染の第一波が収束してから第二派に備えるためのモノのようですね。 東京アラートが発動された時 東京アラートが発動された時には、レインボーブリッジや東京都庁舎のライトアップが変化します。 現状は7つの指標を象徴する7色のライトアップがされています。 東京アラートがが発動された時には、赤色のライトアップに変化します。 ライトアップの時間:毎日20時~24時 19時~20時のライトアップはブルーのライトアップになっていて、これは医療関係者等に感謝を示し応援するためなんだそうです。 スポンサーリンク 東京アラート発動の3つの基準 東京アラートの発動には3つの基準があり• 1日あたりの新規感染者が20人未満• 新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満• 週単位の感染者増加比が1未満 この上記3つの基準のうち1つ以上の数値が基準を超えた時、他の指標も視野に入れて警戒すべき状況と判断した場合に東京アラートが発動されます。 東京アラートは意味がない? 東京アラートは意味がないという声が少なからず聞かれます。 Twitterの反応を見ると こういうタイミングで東京アラート出さへんねやったら、その制度意味ないで。 現状で東京アラートを素早く発動しないことに、疑問と不信感を持っている人が多いようです。 東京アラートって結局なにするの? 赤くライトアップするだけ? 緩和禁止とかじゃないと意味ないと思うんだけど、経済活動的に厳しいんだろうな。 — J! — れじぇんど 予定は消える。 東京アラート自体は何の強制力も無く、警鐘の目安としてのものなので効果的には 都民の危機意識の上昇 だと思います。 ですが、「東京アラートにどれだけの効果があるのか?」と疑問を持つ人もおおいですね。 またテレビやインターネットで見れるとは思いますが、レインボーブリッジと都庁のライトアップだけ、しかも音も無いようなので(6月2日時点)・・・ 最後に 東京アラート自体には何か強制力が起こるようなものでも無く、あくまでアナウンス的な意味合いのものです。 なので、東京アラートが発動された場合には、再度「緊急事態宣言」が発令される可能性があるということを意識するべきかもしれまんせんね。

次の