ダンスウィズミー大コケ。 「大コケ映画」「ドラクエよりまし」三好彩花『ダンスウィズミー』、10位発進に厳しい指摘

ダンスウィズミー : 作品情報

ダンスウィズミー大コケ

『ダンスウィズミー』の主演を務めた三吉彩花 『スウィングガールズ』 04 の矢口史靖監督によるコメディミュージカル『ダンスウィズミー』 8月16日公開 で、日本中からのオーディションでヒロインに選ばれた、女優でモデルの三吉彩花。 ダンスシーンでは、スレンダーな彼女の長い肢体が、大いに映える。 本作は歌って踊れる女優、三吉のポテンシャルを最大限に引き出し、コメディエンヌとしての才能も開花させた。 「これまで演じたなかで一番苦労した役」と言う三吉に、本作に懸けた想いや女優としての展望について聞いた。 三吉が演じるのは、一流商社に務めるOL、鈴木静香。 「プレッシャーで極限状態まで追い込まれました」 ミュージカルが何より苦手なOL鈴木静香 三吉彩花 [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 クランクインの2か月前から、歌や踊りを猛特訓したという三吉は、「極限状態まで追い込まれました」と告白する。 「主演のプレッシャーと、初めてのコメディミュージカルということで、いろいろな方がすごく期待をしてくださっている作品だったので、いい作品にしなければいけないと思いつめてしまって。 また、本作で披露するダンスもヒップホップからポールダンスまで多岐にわたっていたので、自分のスキルがまだまだ足りないと痛感していました」。 その結果、三吉はクランクイン前に体調を崩してしまった。 「その時は歌ったり踊ったりできないので、どういうふうに気持ちを保っていけば良いのかといろいろ考えました」。 そんななか、静香と共に旅をする斉藤千絵役のやしろ優や、ストリートミュージシャンの山本洋子役で演技に初挑戦したアーティストのchayと現場で意気投合し、次第に撮影を楽しめるようになっていったそうだ。 「皆さんとの共演シーンが増えていくと、自分は1人じゃないという安心感が出てきて、気持ちが切り替えられるようになっていきました」。 結婚式でサプライズで歌を披露する静香たち [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 三吉はやしろたちとすっかり仲良くなり、撮影がない日も会ったりしていたそうだ。 「3人とも職業や雰囲気は全然違いますが、実は、すごく性格が似ているんです。 いい意味で、人に対してまったく干渉をしないタイプで、いつも他愛ない話をしていました。 すごく波長の合う3人だったので、良かったです」。 自身が演じた静香と三吉は共通点があまりなかったが、だからこそ演じやすかったそう。 「自分に重ね合わせられる役だと演じづらい、というわけではないのですが、自分だったらどうするか?と考えすぎてしまうんです。 だから、自分と近しい役の時、三吉彩花として考えているのか、それともその役がそう思っているのかがわからなくなってしまうことがあります。 実際、そういう経験が過去にあって悩みました。 でも、今回は矢口監督が思い描く静香に近づけることだけを考えてお芝居をしていきました」。 「大勢でやるダンスシーンはかなり大変な撮影でした」 矢口史靖監督の演出について語った三吉彩花 ダンスシーンは実にバリエーション豊かだ。 ロマンティックにステップを踏むシーンから、大勢でのヒップホップダンス、魅惑のポールダンス、アクロバティックなアクションと、三吉は曲に合わせていろいろなパフォーマンスを繰り広げる。 「レストランや会議室など、物がたくさんある中、大勢で撮影するシーンも多かったので、かなり大変な撮影でした。 例えば、静香が務める会社の会議室でのシーンでは、社員の人たちも巻き込んで一緒に踊りだしますが、最終的に机の上にシュレッダーの中の紙をぶちまけるシーンがあって。 一度OKが出ても、また別のアングルで撮らなければいけないので、全員がばらまかられた紙をかき集め、毎回掃除をしてから再度、最初から撮り直さなければいけなかったんです 笑。 また、マンションの中でモップを使って踊るシーンも、テーブルやソファの高さや長さによって、当日少しずつ振り付けが変わったりしたので、皆さんと臨機応変にやっていきました」。 高級レストランでのシーンも強烈なインパクトを放つ。 山本リンダのヒット曲「狙いうち」に合わせてのダンスだが、三吉が艶っぽい目つきで身体をしならせ、ギャラリーを挑発していく。 その後、テーブルクロス引きを3連発で行うが、なんと三吉は1テイクで成功させたようだ。 「レストランでのシーンは4日間くらいかけて、ブロックごとに撮っていきました。 クロス引きは先生に教えていただきましたが、やってみると『ああ、こういうふうにすれば誰もができるんだ』と納得し、意外とできました。 躊躇なく斜め下に引けば、大丈夫です 笑 」。 また、ワインを飲みながら歌い、踊っていくシーンは、撮影後のアフレコが難しかったという。 「歌いながら飲んでいるというシチュエーションなので、飲むタイミングなども考えなきゃいけなかったんです」。 レストランでいきなり踊りだす静香 [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 なかでも目を見張るのは、後半でシャンデリアにぶら下がり、レストランを左右にぶんぶんと飛び回る、空中ブランコさながらのシーンだ。 「あれはワイヤーで吊るされましたが、自分の力だとどれくらいの高さで振れるかと、研修を受けてから臨みました。 実は私、高いところが苦手なんです。 ジェットコースターの高さくらいまでいっちゃうと大丈夫なですが、公園のブランコなどちょっと浮いている感じもダメなほうなので、ちょっと苦労しました」。 今回、初めて仕事をした矢口監督については「こんなに役者に寄り添って演出してくださる監督には出会ったことがないです。 本当に優しい方ですし、演出はとてもわかりやすかったです」と心から感謝する。 「役者さんやスタッフさんに対して、すごく言葉を選んでくださる監督で、誰も傷つけないように言ってくださいます。 また、ご自身が撮りたい画を忠実に教えてくれますし、表情やリアクションなどを、監督自身が1回やって見せてくださることもあります。 とにかく演出が非常にわかりやすいんです」。 矢口監督自身の印象については「最初は、一体監督は、なにを考えているのだろう?と全然わからなかったんですが、撮影が終わったあと、印象がまったく変わりました」と言う。 「本当にピュアで少年のような方。 ごはんや服なども好みがはっきりしてらっしゃって、好きなパターンがあるようです。 大御所の監督ですが、ちょっとかわいいなと思ってしまう少年っぽさがあります」。

次の

2019夏映画の興行収入ランキングと成績まとめ!<あの映画は成功?爆死?>|深淵のサルベージ~アニメ・漫画・映画をとことん楽しむブログ~

ダンスウィズミー大コケ

矢口史靖の新作がミュージカルらしいと聞いた時から胸騒ぎを覚えていたものの、いざ作品のフタを開いてみればその内容はどこまでも矢口史靖な映画で、変わってないなあという懐かしさと喜びと微笑みで胸がいっぱいになった。 これはきっと矢口や周防のようにマイペースに時代を駆け抜けてきた監督の作品でしか味わうことのできない感覚であろう。 矢口作品では出演者に試練を与え、本人がそれを克服することで役柄を自分のものとする。 今回その試練がミュージカルなわけだが、「なぜ踊るのか?」という究極の問いへの答え(解決法)を求めてロードムービーヘと転じていく様が、定番とはいえ、痛快だった。 「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」の主人公と同じく、ヒロインは多少遅れてやってきた青春をカラダ全体で謳歌している。 その笑っちゃうくらいの懸命さ。 軽快さ。 そして友情の清々しさ。 このようなタイプの映画と久々に出会えた気がした。 欧米ではダンス自体が日本より身近で、ミュージカルを自然に楽しめる下地になっている。 一方、大抵の日本人にとって不自然に感じられるミュージカル場面だが、催眠術にかかり「音楽が流れると否応なく歌い踊る」体になったという着想で納得させる点がまず秀逸。 三吉彩花の歌と踊りのパフォーマンスも期待以上。 歳の近いモデル出身女優としては広瀬すず、小松菜奈、中条あやみらに差をつけられていた印象だが、三吉が才能と魅力を発揮した本作により、今後は映画・ドラマでの主演作が増えるのでは。 矢口史靖監督作としては「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」と同様、若い演者らが難題に挑戦し、見事なパフォーマンスを披露する点も共通する。 ただし、前述2作が登場人物らの成長物語と演者らの奮闘が絶妙にシンクロしていたのに対し、本作では主人公の成長とミュージカル的達成が直接は関係しない点が惜しい。 この点が感動の弱さの一因か。 ネタバレ! クリックして本文を読む かれこれ最初に知ってから鑑賞に至るまで約一年。 レンタル店に並んでからも、 今一ぱっとしない印象だったので いつも借りないでスルーしてた作品。 やっぱり映画はまず観てなんぼだね。 色んな意見がありますが、 矢口監督らしさがあり、 予想外の展開あり。 そして何よりメインの二人の両極端なキャラクター設定や田舎感溢れる舞台・演出。 大好きな下妻物語を彷彿させる魅せ方に、終始楽しませて貰った109分だった。 締めの『タイムマシンにおねがい』が何よりも良かった気がする。 あの楽曲のチョイスはマジで最高。 休みの前の日など、 テンションが上がるときにぜひ観てみてください。 とても良い気分で休日を迎えられるはず! 昨年公開時には観に行けず、WOWOWで鑑賞。 そして今作はミュージカル嫌いの主人公が音楽を聴くと勝手に歌って体が踊りだすという設定にしたことで、ミュージカルの魅力を思いっきり引き出した作品に仕上がっていました。 自分はミュージカルは好きな方ですが、嫌いな方ももちろん楽しめます。 全ての発端は宝田明さん演じる、マーチン上田。 彼を追って、ショーのサクラや借金取りと共に北へ。 トラブルだらけの旅だけれど、そこで発見することも多々あって、意外と話が思わぬ方向に行くこともあり、 ドタバタな展開に音楽がマッチしていて、非常に面白かったです。 キャスト欄にやしろ優、chayと書いてあったので、どうなることやらと思っていましたが、ムロさん含めどの登場人物のクセがすごい。 そして、演技も上手かった。 流石です。 そして、なんといっても、主役は三吉彩花。 三吉さんは名前と顔は知っていたものの、実際に演じられているところを見るのは初めてでした。 パンチラも堂々と披露するなど、これからの活躍に期待が持てる良い演技。 物事をはっきり言えるヒロイン静香にぴったりで、音楽が流れると耳を塞ぐシーンなんか割と好きです。 彼女が歌う名曲の数々も聴き落とせません。 ラストシーンはちょっと感動できました。 主要キャスト以外のキャストも豪華ですよ。 ゴールデンウィークに、新しく買ったノートパソコンから、Windowsストアで、何気なく、VODでいくつか鑑賞しようと思い、海外作品が多い中、目についたのがこちらの作品。 パッケージのスタイルのいい主演女優が印象的で、「スウィングガールズ」を楽しんだ自分には矢口史靖監督というのも縁がありました。 主演女優は、三吉彩花。 切れがある美人顔、特に視線と眉毛が良いです。 劇中のダンスと、歌も本人ということで、初期の「さくら学院」にいたというキャリアが活かされているかまでは不明ですが、作品の良さに厚みを加えています。 「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」よりも、ミュージカルを無理やり話しの主軸に据えるために、ファンタジー的な設定が、意外でしたが、自分も主人公と同じように、ミュージカルに違和感を持つタイプなので、それに同意なので、すんなり楽しめました。 とはいえ、最初は、概要にあったあらすじで不幸になるというのが印象に残っていたので、展開にハラハラしました 笑 が、やしろ優さん、ムロツヨシさん、Chayさんや、各地の人たちとの絡みが、あきさせませんでした。 宝田明さんは、実年齢は感じさせますが、ノスタルジックなマジシャン・催眠術師がマッチしていました。 「トゥナイト」と言えば、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」のエンディングという固定観念を、ノスタルジックにして壊してくれました 笑。 気になる部分もありますが、ファンタジーと思えば、単純にハートフルな映画として、楽しめると思います。 ネタバレ! クリックして本文を読む Amazonプライム・ビデオでレンタルして鑑賞。 全体的なことを言えば、矢口史靖監督作品の中で、いちばん面白くなかった…。 「テラスハウス」観てたし、「あなたに恋をしてみました」は好きな歌ですし…。 てか、一晩中トランクの中に隠れてたんかい??? 笑 気になったこと 殆どchay関連… 笑 をつらつらと書きましたが、ミュージカルシーンは総じて楽しく観ることが出来ました。 確実に、三吉彩花の功績に足るところが大きい! 歌唱もダンスも吹き替え無しで、ひるがえったスカートからのパンチラもなんのその。 根性のある女優やなと思いました。 すらっと伸びた手足はさすがモデルさんですが、ダンスのときにそれが画面に映える…。 美しさを醸し出す…。 歌声もなかなかのかわいらしさで、聴いてて心地好かったです。 センス抜群やなと思いました。 20代の私も知ってて、かつ口ずさめる歌ばかり…。 気付いたら歌ってました 笑 トラウマをかかえてミュージカルが嫌いな主人公が、ひょんなことから音楽がなるとダンスせずにはいられないという催眠術にかかったというお話。 周りも一緒にダンス始めるのをみたときは、ちょっと驚き。 本人だけじゃないの?って。 舞台が東京だけじゃなく、新潟や秋田、札幌までうつっていく。 途中に出てくる路上シンガーのchayもいいキャラしてるけど、まさかそういう展開だとは分からなかった。 ちょっと怖い。 ちなみに札幌のホールが、羽生市産業文化ホールだった。 ロビーがあまりにも似てるから、もしかしてと思ってみていたら、外の道路が見えた段階で確信。 一応エンドロール確認したら、やっぱり羽生でした。 札幌が舞台だから、埼玉の羽生で十分だろうという考えですかね。 一緒に見てたツレは、どちらかというと時間の無駄だったかもしれない、というぐらいの評価だそうで。 テンポが悪いってさ。 あと、ミュージカルシーンの日常シーンの音量の差が大きすぎて、いちいち音量変えなきゃいけないのは非常にストレスでした。 うちの学校と関係があると知る前から、 これは観に行こうと思っていた作品。 どう贔屓目に見ても、フツーに面白かったです。 練りに練った脚本、お約束の展開ですが、 そのど定番に安心します。 そして今回、女優・やしろ優にびっくり。 やるねー! 自分の容姿を生かした役、よかったです。 主役の三吉さんも、相当の練習量をこなしてのダンスと歌だったと思います。 無理やりこの作品で腹をくくった感が伝わります。 良い女優さんになってね。 さて、おそらく今回一番ギャラが高かったであろうムロツヨシ、 故意に抑えたのか、やる気半分だったのか不明ですが、 私としてはドラマ大恋愛で急上昇した査定ががっくり下がってしまいました。 もっと大メジャーの曲をどんどん使ったりは出来なかったのかな? タイムマシーンにお願いとか、いまのアイドルとか歌えばいいのにね。 世代を超えて、ノリノリの曲だけで作り上げてもよかったのかも。 なんだかわからないけど、劇中で突然踊りだすミュージカルって変だよね? みんながなんとなく思うところを催眠術という案で、説得力を持たそうとしてるのはわかるけど、上司もノリノリで踊って最後キスまでくれようとしてるのはいったい笑 食事のシーンでのミュージカルシーンでは実際ニュースになってるシーンとのギャップで、あー妄想なんだなあとはわかるけどそれでもなんだかなあ 三吉さんは長身でダンスは映えるんだけど、シチュエーションなり場所なりが現実感がありすぎてどうも見てるこちらが赤面してくるような恥ずかしさを覚える。 ちょいちょい微妙なパンチラがこれまた恥ずかしい こーゆーミュージカルはまだ海外の映画のが気にならずに見れるかな 内容的には北海道までいくのは完全に間延びしてる。 chayが個人的には1番面白かった、狂気!オチも良かった。 コメディにら佐藤二郎とムロツヨシみたいな風潮なのか最近邦画で頻繁にみるけどそろそろお腹いっぱい。

次の

「大コケ映画」「ドラクエよりまし」三好彩花『ダンスウィズミー』、10位発進に厳しい指摘 (2019年8月21日)

ダンスウィズミー大コケ

ヒットメーカーの矢口史靖監督作品としては、興行的には大コケしたと言われる。 確かに自分も公開から1週間経った頃劇場に行きましたが、客席は既にガラガラの状態でしたね。 理由は分かる。 純然たるミュージカル映画かと思ったら、意外とミュージカル・シーンが少なく、骨子はロードムービーだったという訳である。 見る者の期待と内容の齟齬(自分もそう感じた)が大きかったのだろう。 また、客を呼べるスターが出ていなかったことも大きな要素だろう。 主演の三吉彩花はオーディションで選ばれているが、一般的には殆ど無名。 彼女に次ぐヒロインがやしろ優というのも微妙、彼女は物まねタレントと認識されており女優ではない、監督が選んだのだろうが、ここはセンスがずれている。 宝田明は往年のスターの貫禄はさすがに持っているが、御齢85歳で客を呼ぶのは無理だ。 一番旬なのは、ムロツヨシだがあくまでも脇で力を発揮するタイプである。 三吉彩花の容姿は魅力的だったが、本当にもう少しミュージカル(妄想だが)シーンを多く入れて欲しかった。 しかし、ラストは出演者全員出てのハッピーエンドの大団円ミュージカルシーンになったのは良かった。 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の