オセロニア アレス デッキ。 【オセロニア】我が手のひらで踊れ!罠・コントロールデッキの戦術・テンプレ

【オセロニア】我が手のひらで踊れ!罠・コントロールデッキの戦術・テンプレ

オセロニア アレス デッキ

【闘化】罠を再使用でき吸収もできる万能キャラ 「アレス(闘化)」は、使用済みの罠スキルを3つ未発動の状態にし、戻した罠スキルの数に応じて700の最大2100吸収することのできる「リペア」をもっています。 通常攻撃に依存する罠である「」や「」などと非常に相性がよく罠駒がバレてしまっているとはいえ、大きなプレッシャーを与えることができます。 さらに、おまけとして最大2100の吸収も出来るため 新章開幕の壊れ性能として大きく評価できます。 アレスのおすすめデッキ 進化:[城壁の破壊者]アレス 闘化:[狂乱の戦神]アレス アレスのおすすめクエスト アレス(進化)のおすすめ決戦 おすすめのクエストはありません。 アレス(闘化)のおすすめ決戦 おすすめのクエストはありません。 アレスの入手方法 超駒パレード ガチャイベント「」で入手可能です。 アレスのステータス 進化:[城壁の破壊者]アレス 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 アレスから進化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1932 1395 スキル スキル 破滅の魔槍 【効果系統】「ダメージ」 【最大Lv3】特殊ダメージ:盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン1500の特殊ダメージを与える。 進化素材 進化素材 必要数 闘化:[狂乱の戦神]アレス 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 アレスから闘化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 2012 1315 スキル スキル 騒乱の愉悦 【効果系統】「リペア」 【最大Lv3】リペア:スキル発動時の盤面で自分の待機状態でない罠スキルをランダムで3つ待機状態へ戻す。 コンボスキル 惨禍の狂喜 【効果系統】「リペア」 【最大Lv3】リペア:スキル発動時の盤面で自分の待機状態でない罠スキルをランダムで3つ待機状態へ戻す。 闘化素材 闘化素材 必要数 ・ ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1546 1116 スキル スキル 破滅の魔槍 【効果系統】「ダメージ」 【最大Lv2】特殊ダメージ:盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン1500の特殊ダメージを与える。

次の

【オセロニア】かなりオススメ!?罠・カウンターデッキが想像以上に強かった件!

オセロニア アレス デッキ

は、DeNAがリリースしたiOS・Android用である。 2016年2月4日に配信され、現在もユーザーを増やし続けている。 DL数としては2月中に100万DLを達成しておりジャンルはドラマチック逆転バトルとなっている。 基本プレイは無料であり、アプリ内課金ありである。 そのゲーム内容は、オセロを進化させたものと言え、一発逆転の心地よいゲームとなっている。 友達や全国のライバルとリアルタイムで対戦することができる。 対戦にはクラスマッチ、練習バトル、コロシアムの3つが用意されている。 またキャラやデッキごとにスキルやコンボスキルがセットされており、これらをどうやって駆使していくかがゲーム攻略の鍵となる。 また属性がセットされているのでそれらの相性を考えて臨むことが大事になっている。 新興のゲームながら大きくプレイヤー数を伸ばしており、今後のアップデートやイベントコラボによってさらにプレイヤー数が増えてくることが予想される。 のようなアプリは、やがある。 逆転オセロニアについて 逆転オセロニアのおすすめポイント は、DeNAがリリースしたiOS・Android用である。 他のゲームアプリにはあまりないオセロで戦うという斬新なシステムで、人気を博している。 は、オセロがあんまり得意では無い人もオセロが得意という人も楽しめる作品である。 マルチプレイ系のイベントが多いのでCPU相手じゃ満足出来ない人にもオススメです。 のシングルプレイは、コマを置くまでの時間制限が無くゆったり考えつつ出来るので練習に向いている。 また無料石がかなり多くもらえるので、無料でクリア可能である。 ノーコンティニュークリアで必ず1個無料石を手に入れることができるので、頻繁にガチャを回すこともできる。 通常ガチャは5個1回50個11連ですが、ガチャは一日一回、1個ガチャや新ガチャ初回11連石30個で引けるなどお得なタイミングがある。 単色デッキがオススメだが、特殊コマもあるので色々な戦術を組むことができる。 例:【神属性駒】自分のデッキが全て魔属性の時スキル発動など。 は、かなり頭を使うゲームだがタイトルの「逆転」の通り逆転のスキルが決まって勝つとかなり気持ち良い作りとなっている。 おすすめのゲームアプリである。

次の

逆転オセロニアのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

オセロニア アレス デッキ

面白いデッキって、、、? 実はオセロニアンの仲間内で「ネタデッキを作って戦おう!」という話になったんです。 いわゆる 「おもしろ系のデッキ」です。 それで完成したデッキがこれから見せるデッキです。 ただ、面白いデッキとかいう言い方をしちゃうと、「な〜んだっ。 そんなもんかよ。 シャイターンはコストが「30」とかなり重量級で、これまでは運用をやや敬遠していたんですけど、試しにいい機会なので使ってみたらこれが ヤバイくらい強い。 w さあ!簡単なお話はここまでにして、詳しくはここからお話ししていきます! スポンサードリンク 実況もどき さあ!バトル開始です! 相手のリーダーがで、HPが26242となっています。 なんとなく神駒が中心で間に何枚か魔駒あるいは竜駒が混じっているのかな?っていう感じですね。 私は後攻で開始手駒はこんな感じ。 可もなく不可もなくの手駒です。 相手の1ターン目。 相手はアズリエルを配置してきました!初手でアズリエルです! アズリエルの猛毒が3ターンも序盤で飛んでくると、大きくHPアドバンテージを相手に取られてしまうので、当然私としても早い段階でひっくり返したいですね。 私の1ターン目。 配置する駒はダークアサシンとは最初から決めていました。 置く場所が普通なら右から2列目の上から2列目のマスに置きに行くところなんですが、今回も同じようにそのまま置きに行くと横1列に黒を伸ばされて結局アズリエルを返せずじまいに終わる気がしたので、 仕方がないので 初手からバトルの行く末をも大きく左右するくらいの賭けに出ることにしましたw そうです。 「X打ち」です。 配置する駒は引いたばかりのトゥーミエです。 もう何も考えずに無心で角に配置します。 中央下にフェアリーフェンサーを配置してきました。 結構強力なA駒ですよね。 わかりますわかります。 配置しただけで2500近いダメージを飛ばしてくるんですから確かに強いです。 相手のアズリエルが強いので私も負けじと中央上部にアズリエルを配置。 この時点で私のアズリエルはひっくり返されることはありません。 w さあ、さらにどんどん相手の置ける場所を無くしていきますよ〜?? 相手の4ターン目。 相手は私のアズリエルの下に神闘化L(エル)を配置してきました。 神闘化Lは盤面で表になっている間かなり強力なデバフスキルが発動しているので、すぐにでもひっきり返したいところですね。 ただ、配置された場所が私にとっては好都合な場所なので問題ナッシング!w 私の4ターン目。 アゲハを先ほどトゥーミエのコンボスキルで変換された魔強化マスに配置していきます。 すかさずアゲハをポーリュプスで返してきました。 ポーリュプスはただのカウンター駒で特殊ダメージは発生しないので、ここは残念ながらアゲハのスキルは活かせず。。。 この シャイターンがねえ、ほんっとうに強い。 素晴らしい。 笑 相手の6ターン目。 私のアズリエルの左にヴィルニーを配置してきました。 臆病者の私は、「一気に削りに行って下手に相手のHPを残してしまうことで大逆転負けする」という事態を防ぐために、ヴィルニーの右にルキアを配置。 シャイターンの左にオキクルミを配置。 オキクルミが来た時は本気で焦りました!!!オキクルミは2枚返しのところだとめっちゃ強いんですよ。。 というわけでこのターンで勝負を決めます。 ルキアの3つ下に、ジルドレをシャイターンとコンボを組んで配置。 相手のターンなのにダメージを与えられることが多い 罠やカウンターは特定の条件を満たしたり相手の駒にひっくり返されることで、 「自分が受けるダメージを増幅させて相手に返す」ということが多いです。 これによって、自分のターンにその駒を配置した時の通常攻撃に加え、相手ターンでも攻撃に応じてかなりのダメージを与えることができます。 相手に思ったように駒を置かせず、翻弄できる 罠駒 罠駒は盤面に配置されると相手には「?」マークの駒で表示され、どんな発動条件で発動するキャラなのかわからないので、 相手ははうかつに大きなダメージを与える駒を置くことができなくなります。 通常攻撃を返すのか、特殊ダメージを返すのか、あるいはその両方を返すのか。 いったいどんな条件で発動するのか。 そのため、相手は場合に応じてそのカウンター駒をひっくり返すのを避けることもできますし、攻撃力が低い駒でひっくり返してダメージを低く抑えることもできます。

次の