アシタカ せっ 記 楽譜。 【必ず弾ける】アシタカせっ記【ギターアンサンブル楽譜】/久石 譲 (ギター重奏,初〜中級) クラギ楽譜屋

【音楽家紹介】AKI

アシタカ せっ 記 楽譜

皆様こんにちは! 今回は弊社より楽譜出版をしているアーティストの1人である「AKI-C あきしー 」さんについて紹介させていただきます。 AKI-Cさんは鳥取県米子市出身のトロンボーン奏者です。 10代の頃よりスタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、2004年には既に自身のリーダーバンドでデビューし、レコーディングやライブサポート等数多くの経験を重ねて来ました。 そんな彼の特徴は、トロンボーン奏者以外にも様々な顔を持っている、という事です。 作詞家、作曲家、編曲家、演奏指導、歌唱指導…いわゆる音楽家としてのあらゆる活動に精力的に取り組むのはもちろん、レコーディング・エンジニア、ライブ・コンサートの企画立案等々、音楽に関係があるさまざまな事柄に精通しています。 これらを加味した上で必ず伝えなくてはならないのが、AKI-CさんはYouTuberとしての活動も展開している事です。 先に述べた多彩な音楽スキルを活用し、全てのパートを多重録音した自作自演スタイルのトロンボーンアンサンブルを作成。 これをYoutubeに投稿したものが数万回単位で再生され、少しづつ、しかし確実に人気を獲得していきました。 弊社で取り扱っている楽譜は、これら動画内で特に人気がある作品から厳選したものであり、既に多くのご購入をいただいている注目の作品です。 長年の経験と技術に裏打ちされた1エンターテイナーとしてのAKI-Cさんの今後の活動には目が離せません。

次の

アシタカせっ記|ヤマハミュージックデータショップ(YAMAHA MUSIC DATA SHOP)

アシタカ せっ 記 楽譜

「せっ記」 セッキ とは「草に埋もれながら人の耳から耳へと語り継がれていく物語」を意味する宮崎駿監督による創作漢字で、PCには入っていない漢字であるために、「アシタカせっ記」と表記される場合が多いです。 宮崎駿監督は「もののけ姫」の正式タイトルを「アシタカせっ記」としようと考えていましたが、鈴木敏夫プロデューサーが「もののけ姫」で押し通したというエピソードがあります。 解説2 学校でみんなで1つの曲を完成させたら、どんなに素晴らしい経験になるのでしょう?「音楽」をみんなで作る喜びを感じてもらいたい。 そんな想いから、みんなで「合奏」をやさしく楽しくできるように、日本で初めてのシリーズを完成させました。 このシリーズでは子供に大人気の曲や誰でも知っている曲が発表会やコンサートで使えるように、さらに全員が楽しく演奏できるように難易度を下げてあります。 状況に合わせて 学年別で選べます。 リコーダーで使用する音階を「3-4年生」で習う 音域でアレンジしているので、無理なく演奏出来ます。 リコーダーで使用する音階を「5-6年生」で習う 音域でアレンジしているので、やりがいのある演奏が出来ます。 ………………………………………. 耳から音楽を覚えて合奏に参加 することができます。 ………………………………………. それぞれの楽器 ごとに聴いて練習ができます。 ………………………………………. ………………………………………. 人気のアニメの曲やJ-POPの曲、 誰でも知ってるクラシックの曲等、様々な曲が演奏できます。 編成 フルスコア ソプラノリコーダー 1 ソプラノリコーダー 2 鍵盤ハーモニカ1 鍵盤ハーモニカ2 鍵盤ハーモニカ3 低音楽器 ピアノ 木琴 鉄琴 鈴 小太鼓 大太鼓 合わせシンバル ウィンドチャイム.

次の

【楽天市場】[楽譜] アシタカせっ記(映画「もののけ姫」より)【5

アシタカ せっ 記 楽譜

「もののけ姫」というタイトル、これは宮崎駿の望んだタイトル名というわけではありませんでした。 映画の制作の終盤に、宮崎駿が鈴木敏夫に「アシタカ聶記(せっき)」にタイトルの変更を希望しました。 主人公はサンではなくアシタカであるため、宮崎駿の中では「もののけ姫」がしっくりこなかったようです。 しかし、鈴木敏夫は「アシタカ聶記」がどうしてもしっくりこず、「もののけ姫」の方がインパクトあると判断しました。 さらに日本テレビ担当者も過去の宮崎駿の作品は全て『の』の字が入っていたと、鈴木敏夫を後押ししたため、 宮崎駿に内緒で「もののけ姫」のタイトルを強行発表してしましました。 映画の宣伝がテレビで放送されたタイミングで宮崎駿が知ることになり、どうして出したのかと鈴木敏夫に宮崎駿は詰め寄りますが、『はい、出しましたよ』と平然と答える鈴木敏夫に宮崎駿は何もいえなかったといわれています。 鈴木敏夫の名碗(豪腕!? )ぶりが垣間見れるエピソードです。 本記事では、宮崎駿一押しの「アシタカ聶記」のタイトルの方がよいか、鈴木敏夫一押しの「もののけ姫」の方がよいかを考察し、最後に『【もののけ姫】のタイトルはどちらがしっくりくる?「もののけ姫」VS「アシタカ聶記」』というアンケートの結果を紹介します。 宮崎駿の長編アニメ作品には前作まで全て「の」が付いておりました。 結局引退作品の「風立ちぬ」以外全て「の」が付いており、その法則を商業的にも重要視したのがプロデューサー鈴木敏夫です。 スポンサーの日本テレビ担当も味方につけ、強引に映画の宣伝で発表してしまい「もののけ姫」というタイトルになりました。 次に「もののけ」という意味を深く考えてみましょう。 「もののけ」とは、「人にとりついてたたる死霊・生き霊・妖怪の類」のことです。 つまり、「人間ではない」ということ。 では「もののけ」は一体何を指しているのでしょうか。 「もののけ姫」は「自然」と「人間」の戦いとして描かれており、タイトルの一部の「もののけ」は「自然」のことをさしていると思われがちです。 確かに「シシ神」を筆頭にイノシシの神様や人語を操る山犬たちを「もののけ」とすることに間違いありません。 しかし、宮崎駿は「もののけ」を人間達にも掛けています。 「タタラ場」にいるハンセン病の人たちや戦争で売られた女など、人間に排除された(=人間として認められていない)人たちが、まさに「もののけ」に該当します。 つまり、人ではない者(もののけ)は「自然」にも「人間」にも存在しており、「もののけ姫」は「自然」と「人間」の戦いの裏に、「もののけ」同士の生き残りをかけた戦いでもあったということがわかります。 そこまで読み解くと、タイトル「もののけ姫」は、キャッチコピーの「生きろ」にすごくマッチしており、よいタイトルと考えることができるでしょう。 【もののけ姫】のタイトルはどちらがしっくりくる?のアンケート 「もののけ姫」というタイトル、これは宮崎駿の望んだタイトル名というわけではありませんでした。 映画の制作の終盤に、宮崎駿が鈴木敏夫に「アシタカ聶記(せっき)」にタイトルの変更を希望しました。 主人公はサンではなくアシタカであるため、宮崎駿の中では「もののけ姫」がしっくりこなかったようです。 しかし、鈴木敏夫は「アシタカ聶記」がどうしてもしっくりこず、「もののけ姫」の方がインパクトあると判断しました。 さらに日本テレビ担当者も過去の宮崎駿の作品は全て『の』の字が入っていたと、鈴木敏夫を後押ししたため、宮崎駿に内緒で「もののけ姫」のタイトルを強行発表してしましました。

次の