首 の 付け根 痛い。 首の付け根に激しい痛み! 病院に行くべき?|整体・骨盤ジャーナル|整体・骨盤矯正(骨盤調整)のカラダファクトリー

首の付け根が痛い時はここをほぐそう!オススメのツボ3選

首 の 付け根 痛い

ある日突然首の後ろ側の付け根から肩にかけて激痛が・・・!! ぼくは30代後半の男ですが、どうも最近 首が痛くなることがあります。 その痛みは、 寝違えをかなり酷くしたような感じで、首を前後左右に少しでも動かすとかなり激しい痛みを感じます。 いや、むしろもう何もしていなくても痛いです。 ズキズキというよりは、ぎゅうううとツルような痛みというか、張るような痛みと言いますか・・・。 朝の寝起き時が一番酷くなりやすく、朝方痛みで目が覚めたり、酷い日は自分で起き上がることができないこともあります。 あまりの痛さに、 首を上げて上半身を起こしてベッドから出る、というこの行為ができないのです。 仰向けの状態から頭だけ上げるということがまったくできません! 5分くらいかかって、痛みの少ない体勢を探りつつ、 自分の後頭部を自分の手で持ち上げて何とか起き上がるというような状態で、あまりの痛さに、 「あぁぁぁ・・・うぁぁぁ・・・イタタタタタタタタタタ!! 」と唸ってしまうほどです。 過去に寝違えの経験も何度もありますが、いつも1週間もあれば引いていく痛みが、3週間も1ヶ月も続きます。 さらにこれが3ヶ月から半年に一度くらいの頻度で起こるようになってきており、 「これはさすがにおかしいぞ・・・! 」と思ってきたので、先日病院へ診察に行ってきました。 今回はその診断結果をお伝えしたいと思いますので、現在あなたも同じような症状にお悩みであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね! それでは行ってみましょう! contents• 病院の診断結果は? 頚椎症(けいついしょう)と診断されました。 やはり寝違えとは違ったようです・・・。 行ってきたのは 整形外科です。 首や肩、腕などの痛みはとりあえず整形外科に行けば診てもらえます。 触診やレントゲンの結果、(身体の)内的な疾患と判断されれば内科へ、神経系なら脳神経外科など、必要に応じて紹介してくれますので、ぼくのような症状の場合、初めの窓口としては整形外科で問題ないでしょう。 頚椎症とは? 背骨と頭部を繋ぐ首の部分の骨は縦に 7段に分かれていて、それぞれの骨の間には 椎間板(ついかんばん)というクッションの役目をしているものがあります。 (腰痛の時にもよく聞きますよね) どうやらこれが徐々に潰れてきているようで、変形してきていると診断されました。 診察は首から肩にかけてのレントゲンを、横や斜め前から4枚ほど撮り、それを見ながら医師と話をします。 ぼくの場合、7段ある骨の5段目と6段目の所の椎間板が、やはり通常より薄くなっているということで、レントゲン写真を見ても確かに他の正常な椎間板と比べて厚みが少ないように見えました。 このように椎間板が変形したり、潰れ、ひびなどで正常ではなくなってくる病状のことを 頚椎症と言います。 (と、冷静に解説していますが、オイオイマジかよ・・・と結構へこんでおりますよ。 ただ、ひとまず腫瘍や神経の病気ではなさそうなので、そこはほっとしています。 ) スポンサードリンク 頚椎症は老化現象!? ぼくが医師に聞いて驚いたのは、骨と骨の間でクッションの役目をしている椎間板は、 20歳を過ぎたころには老化現象が始まり、早い人は20代前半でもこの症状が出るとのこと。 え、老化現象ですか? 老化現象ですか? と2回聞いてしまいましたね。 30代も後半になれば、まあいろいろ出てくるか・・・。 と納得せざるを得ないようですが、やはり仕事がら、長時間上や下を向いて作業する人や、パソコン業務が中心の人、他にも猫背気味の人や普段の姿勢が悪い人などはなりやすい傾向にあるといいます。 なるほど、ぼくは全部当てはまっています。 しかも老化現象となると、これからさらに長い付き合いになりそうな気がしてたまりませんね。 治療はどうするの? この日は痛み止めと湿布を出してもらうことになりました。 あとは ビタミン錠剤です。 朝晩服用するようにということです。 ちなみにぼくは湿布を貼るとすぐにかぶれますので、その旨を伝えたところ、塗るタイプの軟膏を出してもらいました。 ビタミン剤の服用で3週間ほど様子を見て、まだ痛みが引かないようなら、 漢方薬の服用や、MRIによる精密検査もしていきましょうということでした。 あとは日常生活で姿勢に気をつけてということと、無理のない程度のストレッチ体操を取り入れるようにアドバイスをもらいました。 ストレッチは難しいものではなく、肩の上げ下げや手を組んで頭の上に伸ばすなどの軽いもので、肩こりにも良いみたいですよ。 この辺りの治療方法についてはその人の症状の具合によって判断されることと思いますので、あくまで参考程度に考えておいてくださいね。 おわりに 今回のぼくの診断結果は頚椎症というものでしたが、頚椎症の中にも進行段階があったり、他にも 頚椎椎間板症、頚椎捻挫、頚椎椎間関節症、頚椎椎間板ヘルニアなどなど、首の周りにはたくさんの病状があることを知りました。 これらに関してはまた別の記事でまとめていきたいと思いますが、率直な感想は、 「こりゃあ素人判断はやばいな・・・」と感じたことです。 脊髄などがあるので首の病気は怖いよ。 といわれますが、確かに 原因不明では不安にもなりますね。 また、首の後ろだけじゃなく頭痛が伴う、目の奥が痛いなどというときには、 くも膜下出血などの病気の可能性もあるということですので、十分注意してください。 ただの肩こりかな? 寝違えかな? と安易に考えずに、 「どうもおかしいぞ」と思ったら早めの受診をおすすめします。 病気って結構自分の 「これはいつもと違うな・・・」という感覚が頼りだったりしますからね。 これからぼくもじっくり治療にあたります。 あなたもどうぞお大事にしてくださいね! ^^ こちらの記事も合わせてお読みください。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 たいちさん ご連絡ありがとうございます。 参考になるかはわかりませんが、こちらの記事は読んでいただいておりますでしょうか。 僕が発症してからおよそ半年が経過したころの状況を書いています。 今、さらにそれから4か月ほど経過し1年近くが経ってきていますが、今のところ再発はしていません。 僕の場合あくまで治療法は痛み止めで様子を見て、さらに悪化するようであれば、MRIなどの精密検査を行っていきましょうということでしたが、最初の診察から2週間程度で痛みが引き、その後は順調に来ていますので、特に再治療は受けておりません。 ただ、今もまくらや睡眠時の姿勢にはかなり気を付けています。 今思えば、当時はスマホをしながらそのままうつ伏せで寝てしまったり、布団ではなくソファで寝ていたりということが多く、知らず長時間首に負担(緊張)をかけていたのかもしれません。 しかし、僕の場合はめまいや吐き気の症状はなかったですし、同じ病気とは限りませんので、とにかく気になるところは専門医にご相談ください。 万が一、内部の疾患(腫瘍など)が原因の場合、下手に痛み止めで緩和させ続けて治療が遅れるなどということがあってはいけませんからね・・・。 とにかくお大事にされてくださいね。 人気記事一覧• 142件のビュー• 60件のビュー• 39件のビュー• 32件のビュー• 27件のビュー• 20件のビュー• 20件のビュー• 20件のビュー• 18件のビュー• 18件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

首の付け根が痛い時はここをほぐそう!オススメのツボ3選

首 の 付け根 痛い

Contents• 首こりや首のスジの緊張、特に前頸部のコリを取るのに最適なツボを2点と、これまたコリやすい首と頭の後ろの付け根のコリを取るツボを2点ご紹介いたします。 特に首こりに効くツボであり、自分でも圧しやすいツボです。 ツボの詳しい場所や圧し方を解説していきますので、首こりでお困りの方は写真や解説を頼りに自分で首こりのツボでセルフケアしてみてください。 首は大事な血管や神経が束になってあり、特に前頸部は頸動脈が走行しています。 ここでは自分でできるツボ圧しをご紹介していきますが、自分でツボを圧す時は、長く圧しすぎず(3秒くらいが丁度いいです)強く圧しすぎないようにしてください。 自分ではダメージを与えるほど強くは圧せないと思いますが、気持ちいい程度にツボを圧してください。 読まれていない方は、まずこちらをご参照ください。 ツボの探し方、圧し方について学べます。 ツボ基礎知識• 首の前から横にはたくさんの経絡が走行しており、前頸部には大腸経、胃経、首の後ろは胆経、三焦経、膀胱系です。 自分で圧しやすいのは大腸経、胃経のツボです。 同じ首の症状でもどの経絡の問題(虚実)かにより治療するツボも異なります。 食べ過ぎなど消化器の問題で起こる首こりであれば胃経、胆経ですし、人的ストレスなら膀胱経、事故などのショック、外的ストレスなら三焦経です。 どの経絡の問題(虚実)かによって症状の原因まで何となくわかってしまうのが東洋医学のいいところですね。 急所でもある首 首は経絡も神経も血管も集中している部分です。 だから体の一番の急所で、武道では積極的にこの部分を攻撃したりします。 また先ほどのマニアックな骨、舌骨などは死因の判定(舌骨の骨折など)にも使われます。 しかし、東洋医学では急所は癒しのポイントでもあるんです。 首にはツボもたくさんありますが、ツボも急所でありまた癒しのポイントでもあります。 ご紹介するツボも施術などで心無く施術するのはNGです。 自分で自分のツボを圧す分には自分にダメージは与えにくいのですが、施術となると首のツボは正確に施術しなければなりません。 施術家さんの為の首のツボの圧し方は、下記記事をご参考ください。 首こりのツボ圧しのコツ 先ほどの首の横のスジ、胸鎖乳突筋がコっていたり緊張して首が痛いときは初めにご紹介するツボを2点、順番通りに圧していってください。 首のツボを圧した後は、そのまま腕のツボと手のツボを圧すとさらに効果的です。 ツボ圧しは体幹部から手足の末端にかけて圧していくのが基本で、首のツボだけ圧して腕のツボを圧さないと上半身の気の滞り「のぼせ」を招きやすいのです。 のぼせを解消するためにも、腕のツボ、手のツボを圧していってください。 また首の後ろ側がコッている、首の後ろのスジが痛いときは後頭部のツボが効果的です。 このツボは後頭部と肩甲骨をつなぐスジ上にありますので、後頭部のツボと肩甲骨のツボを圧していくとこのスジのコリがほぐれやすいです。 上腕の内側、肘の上方にあります。 動悸や息切れ、喘息、胸の苦しさをとるのに使われるツボですが、首から腕にかけての気の滞りもとります。 好転反応を防ぐためにも首のツボの後に圧していきます。 ツボの場所 肘をぶつけるとしびれてしまうことがありますよね。 英語では肘の内側の神経が出ているところをfunny boneといいます。 写真のように手を当て拇指で探っていくと、前腕~小指にかけて響く、ツ~ンとするツボが探せると思います。 ツボの圧し方 写真の状態のまま上腕の骨に向かって圧します。 少し下から上に向かって圧すと上手く圧せます。 手のツボ おまけに手のツボを圧して更に気の滞りを取りましょう。 手足の末端のツボは全体的な気の滞りを取るのに最適なのです。 体幹のツボを圧したら末端のツボまで圧すのが大切です。 ツボの場所 薬指と小指の間の薬指側にツボがあります。 手の甲の薬指と小指の間、薬指側に腕~手の気の滞りを取るツボがあります。 薬指側の骨を圧していく感じになります。 ツボの圧し方 写真のように手を当て拇指で薬指の骨を圧していきます。 骨の谷間を圧していく感じになります。 ここのツボもとても気持ちが良いところです。 基本的に体幹近くのツボは痛く、末端のツボは気持ちがいいという特徴があります。 頭と首の付け根が痛いときのツボ 寝違えや一般的な首コリの場合は上記のツボが効果的ですが、首の後ろが痛い、後頭部から肩にかけてコっているとき、首~肩のコリで頭まで痛い、そんなときには後頭部と肩甲骨のツボが効果的です。 後頭部のツボ このツボも自分で圧しやすいツボです。 写真のように手を当てをツボに当てて圧していきます。 このツボは目や頭に響くこともあり、目の疲れや脳の疲れをとるのに有効です。 肩甲骨のツボ 写真のように指を当て、肩甲骨上部の骨の際を圧します。 背中側なので少し圧しにくいかもしれませんが、肩甲骨の上部のきわの曲がり角の辺、骨自体を圧していくとこのスジ沿いに響くツボが見つかると思います。

次の

首の付け根が痛いときの原因6つ!意外な病気の前兆かも?

首 の 付け根 痛い

もくじ• 首のリンパを押すと痛いのはなぜ? 首のリンパを押すと痛い場合に考えられる原因は、次の通りです。 主な原因 リンパ節炎(風邪、インフルエンザ等の感染症) 風邪ウイルスや細菌に感染した場合等にリンパ節炎症が起こる状態です。 リンパ節の腫れ(リンパ節周辺も)、押すと痛い、倦怠感、発熱等の症状が現れます。 扁桃炎 扁桃部に炎症が生じる疾患です。 首のリンパの腫れ、扁桃が腫れる(痛みを伴う)、発熱(38度以上)、倦怠感、頭痛、関節痛等の症状が現れます。 リンパの腫れやしこりを伴う場合 リンパ節炎では、 リンパ節やその周りが赤く腫脹する(痛みを伴う)等の症状が現れるケースがあります。 また、リンパ節において、 リンパ球や白血球が外敵と闘った結果、しこりができるケースがあります。 自然治癒する? 首のリンパを押すと痛い症状は、重篤な病気が原因の場合もあります。 化膿性リンパ節炎 怪我や傷口から細菌が侵入することが原因となります。 リンパ節内で、白血球の攻撃を打破した細菌が増殖を始めると、 リンパ節の腫れが大きくなり、痛みや発熱を伴います。 発熱、咽頭痛、首のリンパ節の腫れ、倦怠感、肝障害等の症状が現れる場合があります。 膠原病 自己免疫疾患で、体内の血管と結合組織に慢性の炎症が生じる疾患の総称です。 関節痛、リンパ節の腫れ、発熱、咽頭痛等の症状が現れる場合があります。 川崎病 乳幼児(4歳以下)に起こるとされる血管炎の一つです。 首のリンパ節の腫れ、不定形発疹、口唇の発赤、イチゴ舌、両眼結膜の充血、高熱が5日以上続く等の症状が現れる場合があります。 慢性疲労症候群 原因不明の疲労が慢性的に続く状態です。 首のリンパ節の腫れ、筋肉痛、頭痛等の症状が現れます。 次のような症状が現れた場合は、医療機関を受診しましょう。 発熱がみられる場合(リンパ節炎、細菌感染などの疑い)• リンパ節が激しく痛む場合(リンパ節炎の、細菌感染などの疑い)• リンパ節から膿が出ている場合(リンパ節炎、細菌感染などの疑い)• リンパ節が直径2,5㎝以上になっている場合(悪性腫瘍の疑い)• リンパ節が硬くなっている場合(悪性腫瘍の疑い)• 短期間にどんどん大きくなっているが痛みは伴わない場合(悪性リンパ腫の疑い)• 2~3か月以上リンパ節が腫れている場合(亜急性壊死性リンパ節炎の疑い) 何科を受診? 耳鼻咽喉科、内科を受診するケースが多いです。

次の