お飾り いつ 飾る。 【2020】こいのぼりはいつからいつまで?飾る時期や年齢は?【体験談あり】

正月飾りはいつ出す?仏滅や大安などの六曜や時間は関係ある?

お飾り いつ 飾る

五月人形はいつからいつまで飾るもの? 端午の節句とは? 端午の 「端」とは「はじめの」、「午」は「午(うま)の日」という意味で、もともと「端午」は、5月限ったものではなく、毎月5日のことをさしていました。 それが時代が流れるとともに、「午」と「五」の音が同じことから、五(午)の重なる日を特別な日として5月5日を祝うようになったとされています。 本来、端午の節句は 厄除の行事が行われる日で、強い香気で邪気を払うとされる 菖蒲を使い無病息災を願う日でした。 その後、時代が武家社会に変わり、武士の間では「菖蒲」の葉を刀に見立て、また同音異字である「勝負」や「尚武(武を尊ぶ)」に通じることから、男の子の厄除けと立身出世を願う男の子の節句に用いられるようになり、「端午の節句」は「菖蒲の節句」とも呼ばれるようになりました。 五月人形を飾るのはなぜ? 節句に兜や鎧を飾るのは、武家社会から生まれた風習です。 兜や鎧は、武士にとっては 自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての 精神的な意味のある大切な宝物でした。 端午の節句では、 「身体を守る」という意味が重視され、赤ちゃんに降りかかろうとする 病気や事故などの厄災を代わりに引き受けてくれるようにという願いを込めて飾るようになりました。 また、桃太郎や金太郎などの人形や、戦国武将などの武者人形を五月人形として飾るのは、これらの人物のように 強くたくましく育ってほしいと願いをこめて飾ります。 こいのぼりが飾られるようになったのは、江戸時代の町人階層生まれた風習といわれています。 激しい流れの滝を登った鯉が、龍になって天に登った「登龍門」という中国の伝説が日本に入ってきたことや、清流だけでなく沼や池など 様々な環境で生きられる鯉の生命力にちなんで、 「苦しい環境にも負けずに、立派に成長するように」と立身出世の願いを込めてこいのぼりを飾るようになったとされています。 五月人形はいつから飾るものなの? 大切な願いを込めた五月飾りを飾りはじめる時期ですが、女の子の節句である桃の節句に飾るひな人形とは違い 明確に決まっていません。 一般的には、 春分の日から4月中旬ぐらい、 遅くとも4月29日(昭和の日)までに飾るのがいいとされています。 また、飾る日柄にも決まりはありませんが、大安や友引などを日がいい日を選んで飾るのが一般的になっています。 五月人形を片付ける時期ですが、飾る時期と同じように「この日まで!」といった 決まりはありません。 しかし、5月は時期的に梅雨の時期が近く、梅雨入りに近づくにつれ天気も不安定になりますので、片付ける場合はできるだけ早い時期に片付けるようにしましょう。 五月人形を片付けるときの注意点はあるの? 五月飾りを片付けるときは、 空気の乾燥した天気の良い日を選ぶのがポイントです。 雨の日など湿度の高い時期に片付けると、 兜や鎧の金属部分がサビたり、布にカビが発生してしまいますので、片付ける時期は天気の良い日を選ぶのが長持ちさせるコツです。 片づける際は、柔らかいはけなどを使いホコリを取り、金属部分などには、手の跡なども残さないように乾いた柔らかい布でよく拭き、わらかい紙や布に包んでから箱に入れて保管しましょう。 また、防虫剤は金属が錆びてしまうので使用は控えてください。 こいのぼりは屋外に飾るものですので、汚れがある場合はしっかり落とし、十分に乾燥させてから片付けるようにしましょう。 このように片付けるときに、キチンとしておけば来年も再来年も状態の良い凛々しい五月飾りを飾ることができます。 五月人形は出したままでもいいの? こいのぼりなどの五月飾りは、季節感が出過ぎてしまいますので、端午の節句が過ぎてからも飾り続けるのは難しいですが、兜や鎧、武将人形などは、インテリアとして飾ることもできます。 また、五月飾りは子供を守護してもらうものですので、通年で飾る方も多くいます。

次の

正月飾りはいつ飾るのがベスト?縁起物として何をいつまで飾るべき?

お飾り いつ 飾る

お正月飾り【しめ縄・門松・鏡餅】はいつからいつまで飾るの?飾り方は? 12月は師走と呼ばれるように、何かと忙しい月ですよね。 サラリーマンの方であれば仕事納めと忘年会が続いて連日午前様が当たり前となります。 さらに年末ともなれば年越しの準備に年初めの用意、それにクリスマスも一大イベントとされるため、本当に目も回るような忙しさを味わう事になります。 そのような慌しい中では、ついつい年初めの用意は後回しになってしまいがちですが、 お正月はやご先祖様が我が家にやってくる、とても大切な日です。 クリスマスのケーキも重要ですが、やはり日本人であるならば、昔から続く お正月飾りの用意も抜かりなく行いたいものです。 門松は、一般的には家の門や玄関前に2本を左右対称に飾りますが、実はこれは決められているわけではありません。 昔は庭先に1本のみを飾って神様への印としていたのですが、日本では昔から神社などに左右対称の守り神が祀られていた事などから、いつしか門松も2本を対で飾るようになったようです。 次に門松を飾る時期ですが、現在では クリスマスが終わってから28日頃までに飾るようになっています。 29日は「苦が待つ(末)」という事から避けられ、また31日では「一夜飾り」となって神様に大変失礼とされています。 このような事から、28日まで飾る事が出来なかった場合は、30日に飾るのがよいとされています。 また、門松を下げるのは「」と呼ばれる 1月7日まで、とされています。 しかしこれは地域性があり「松の内」が1月15日までの地域の場合は1月15日まで飾っている場合もあるようです。 お正月飾り【しめ縄・門松・鏡餅】の由来と豆知識 お正月飾りと呼ばれるものをざっと並べてみると、 門松・しめ縄・玉飾り・・鏡餅・羽子板などがあります。 その中でも現代に色濃く受け継がれているのが、門松、しめ縄、鏡餅ではないでしょうか。 では、それらの由来については詳しくご存知でしょうか? 門松の由来 門松は、簡単に言うと神様が家を探す時の目印となるものです。 お正月になると普段は天にいる神様が地上へと降りてきて各家へとやって来ますが、その際に門松を飾って「私達の家は神様を迎い入れる準備が整っています」というのを教えていたとされています。 この場合の神様とは、農作物の豊作や家内安全を司る神様を指し、ここにご先祖様も含まれます。 ではなぜ〝松〟を飾るようになったのかと言うと、元から常盤木には神様が宿るとされ崇められてきました。 そんな常盤木の中でも、松には「祀る」という意味や神様を「待つ」という意味を受け取れる事から、門松には松を飾るようになったようです。 しめ縄の由来 は、悪さばかりをする弟に怒った天照大神が、岩屋へ閉じこもってしまった事が発端とされる神話が元になっています。 天照大神は太陽の神様であるために、隠れてしまうと世の中が真っ暗になってしまい、数多くの神様が困り果ててしました。 そこで天照大神を外に引っ張り出すために、岩屋の前で宴会を行って天照大神の気を引く作戦を企てたのです。 そして見事その作戦に引っ掛った天照大神が、岩屋の戸から身を乗り出したところを引っ張り出し、もう二度と閉じこもってしまわないように 岩戸にしめ縄を巻いて開けられないようにしたというのが、しめ縄の由来となっています。 鏡餅の由来 昔から鏡には神様が宿ると言われ、神事には欠かす事の出来ない道具として大切に使われて来ました。 関連記事:の由来は、まさにその鏡から来ています。 鏡と言うと現代の薄い物を思い浮かべますが、太古の時代の鏡というのは青銅で出来ており、鏡餅のように厚く丸い形をしていました。 これらの事から、 お正月にやってきた神様の居場所として、鏡の代わりに姿形がよく似た鏡餅を用いるようになったと言われているのです。 また、鏡餅にはこの他に「己を鑑みる」から、 鑑餅=鏡餅となった説もあります。

次の

五月人形の飾る時期と飾り方。しまう時期としまい方はいつ?

お飾り いつ 飾る

お正月飾りの意味は? 日本の代表的なお正月飾りと言えば、 「門松」、 「しめ飾り」、 「鏡餅」などがあります。 これらは、 なぜお正月の時期に飾るのでしょう? 昔、正月にはどの家にもその年の神様である 「歳神様(としがみさま)」が降りてくると考えられていました。 正月飾りは 歳神様を迎え、祀るために整えるのです。 門松の意味は? 門松は、正月に家の門の前などに立てられる一対になった松や竹の正月飾りで、 「松飾り」とも言われます。 門松は、 歳神様の依代(よりしろ)で、天から降りてきた歳神様のよりどころ、目印と考えられていました。 そもそも門松は、平安時代の宮廷儀礼である 「小松引き」がルーツと考えられています。 「小松引き」とは、正月初めの 「子の日」に、外出して小さな松の木を引き抜いてくる貴族たちの遊びの一種で、この 「子の日の松」を長寿祈願のため愛好する習慣から変遷したものだと言われています。 現在でも 「根引きの松」と呼よばれ、関西地方の家の玄関の両側に白い和紙で包み金赤の水引を掛けた根が付いたままの小松が飾られていたりもします。 ですので、「門松」の名の通り、本来は 「松」を飾っていたものが、歴史と共に装飾が変化し、中心に竹を飾るものが多くなりましたが、ちゃんと松も飾られているんですよ。 本格的な門松は、三本の竹に松と梅をあしらい、根元をむしろで巻いて荒縄でしばった形のものが多くなっています。 なぜ松竹梅? 「松」は 「祀る」につながる樹木であることや、 寒さが厳しい冬でも青々としていることから、生命力・不老長寿・繁栄の象徴とされ、「竹」は、 まっすぐに伸びている様子と地面にしっかり根を張っている様子から子孫繁栄の象徴、そして「梅」は 冬に気高い香りと共に花を咲かせる強さから気高さや長寿の象徴と考えられたことから、 「縁起が良い」ものとして受け継がれ、1年のはじまりである正月には、縁起のよい「松竹梅」すべてを飾りつけたものが人気となり、現在に至るとも言われます。 スポンサーリンク 一重ね(大小二個)の丸餅にゆずり葉、うらじろ、だいだいをあしらいます。 他にも鏡餅の飾り方は様々なものがあり、地方によっても変化します。 基本的に飾るのは 「床の間」で、三方に奉書紙か半紙を敷いて置くようにします。 お正月飾りはいつからいつまで飾るの? 正月の飾りつけは、本来、今年1年のホコリやすす祓いなどの 大掃除が終わった後に飾りつけます。 歳神様を迎えるにあたって、汚い場所は失礼だとして家の隅々まで掃除するもので、 「大掃除」も正月を迎える大切な行事とも言えます。 一般的には、 12月27日くらいから飾り始めますが、 「29日」と「31日」に飾るのは避けるのがしきたりとされています。 「29日」は「9=苦」に通じるところから、「苦待つ」などと言って嫌われます。 また、「31日」は、「一夜飾り」になって不吉とも言われますので、 その2日の日を避けた日付に飾りつけるようにします。 お正月飾りはいつまで飾るの? 正月飾りのなかでも「門松」と「しめ飾り」は、 「松の内」が過ぎたら外し、「鏡餅」は 1月11日の鏡開きの日に歳神様からのお下がりとして、おしるこなどにして食べます。 「松の内」の期間は、地域によって様々で、関東では「1月7日」関西では「1月15日」など違いがありますが、現在では、 「1月7日」を基準に外すところが多くなっています。

次の