とくダネ 伊藤 アナ 休み。 『とくダネ!』伊藤利尋アナが大失言|エンタMEGA

情報プレゼンター とくダネ!

とくダネ 伊藤 アナ 休み

『とくダネ!』公式サイト フジテレビ系『とくダネ!』でサブMCを務める伊藤利尋アナウンサーが、専業主婦を卑下するような発言をしたとして、大炎上している。 その一つとして、専業主婦の妻からプレゼントを渡された夫が、「俺のお金で買ったんだよね?」と言い放ったというエピソードが紹介された。 この夫の発言に対し、山崎夕貴アナウンサーは「最悪! 最低! 最低ですよね、これ」と激怒。 小倉智昭も「これは絶対言っちゃダメ。 働いてなくてもそれだけのことはやってるんだから、家庭で」と妻の気持ちを理解していた。 しかし、伊藤は「いやいや、でも、そうなんでしょ? そうなんですよね? 実際、俺のお金なんでしょ? ですよね?」「高い物を買われちゃうと、ちょっと、なんかねえ……」と夫側に共感するような発言を連発。 これに共演者から反論意見が飛ぶと、「ちょっと待ってください。 僕が言ったんじゃないです。 つい言っちゃったんだろうなって……」と弁明していた。 ネット上では、「伊藤アナの奥さんと子どもがかわいそう」「まだこんなこと言ってる人いるんだ」「俺様が食わしてやってるって思っちゃってるんだろうな」「本音が出ちゃったね」「モラハラ臭がプンプンする」といった声が相次いでいる。 なお、伊藤は6年の交際をへて、2004年に1歳年下の一般女性と結婚。 現在は2児の父親だという。 「伊藤の発言に不快感を示す女性視聴者が続出。 これまで伊藤アナの好感度は高く、オリコンが発表している『好きな男性アナウンサーランキング』でも、フジで唯一の上位常連だった。 しかし、多くの女性を敵に回したことで、好感度は駄々下がり中です」(記者) ふと、時代錯誤な一面が露呈してしまった伊藤。 今後、挽回できるだろうか?.

次の

伊藤利尋アナがとくダネ!で不用意発言し炎上。主婦層からモラハラ夫と批判殺到し好感度急落…

とくダネ 伊藤 アナ 休み

膀胱(ぼうこう)がんにより膀胱の全摘手術を受けることを明らかにしたキャスターの小倉智昭氏(71)が6日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)を欠席。 番組冒頭では、小倉氏への視聴者からの激励メッセージが紹介された。 小倉氏は前日5日の放送で、膀胱の全摘手術を受けることを公表。 6日から9日まで番組を休養して検査入院し、今月下旬に予定している全摘後は長期休養に入る。 同局の伊藤利尋(46)、山崎夕貴(31)両アナウンサーの2ショットで番組はスタート。 伊藤アナが「きのう小倉さん自身から病気の報告がありました。 検査をするために今週金曜日までお休みすることも言葉にありました」と小倉氏の欠席を報告すると、続けて、前日放送直後から視聴者から多くのメッセージがあったことも伝えた。 「無事に番組に復帰されて、山崎アナと(社会学者の)古市(憲寿)さんと冗談めいた掛け合いをされること楽しみに待っています」との40代主婦の言葉や、乳がんサバイバーだという女性からの「自身の言葉で力強くご説明くださったことに感謝します。 こころより応援しております」といった声を紹介。 最後は、伊藤アナが「留守を預かるわれわれとしては、精いっぱい番組を務めさせていたくことに尽きると思います。 引き続きご覧いただければと思います」と呼びかけた。

次の

海老原優香がとくダネ降板?わずか半年で?不評の理由は何?|ニュースポ24

とくダネ 伊藤 アナ 休み

「インフルエンザワクチン」の話を持ち出し... 2020年3月12日朝放送の「とくダネ!」は、WHOによる「パンデミック(世界的な大流行)に相当する」宣言を受け、東京五輪・パラリンピック開催の是非などの問題を取り上げた。 開催問題について伊藤氏は、グローバルな影響や「日本人が何を共有するか」を考える必要があり、そのためには「現実のリアルなデータが出てこないといけない」として、「無理だったら撤退するのも世界のためになると思っている」と述べた。 ここで、番組の「スペシャルキャスター」でもある古市氏が、 「でも伊藤隼也さんがデータとか言っても、ちょっと何か信じられないのは、なんかインフルエンザワクチンとかにも反対してるじゃないですか」 と「インフルエンザワクチン」の話を持ち出し、以降、次のような反論と再反論のやりとりが続いた。 伊藤氏「僕はインフルエンザワクチンには反対してないです」 古市氏「でも、それは... 」 伊藤氏「僕がこういう場でインフルエンザのワクチンに反対してるって言ったことがないので」 古市氏「ツイッターで言ってましたよね?」 伊藤氏「ツイッターでインフルエンザのワクチンに反対してる、とは言ってません」 古市氏「効果がないってことを言ってましたよね?」 伊藤氏「僕がやらないと言ってるだけです」 古市氏「効果がないって言ってましたよね?」 伊藤氏「効果がないとは言ってないです」 古市氏「ちょっと伊藤さんの言うデータ、科学的っていうのは、ちょっと分かんないんですけど... 」 と、ここまで、新型コロナではなく「インフルエンザワクチン」に関するやりとりが繰り広げられた。 この間、互いに相手の発言が終わるのを待つことなく、発言後半から反論・質問を始めるという、緊迫感のある展開となっていた。 伊藤利尋アナが「ちょっといいですかね」と中断 ここで伊藤氏は話題を転じ、 伊藤氏「いや、僕は治療現場から話を聞いてるんで、古市さんみたいに何のデータもないところで『安全だ』と言うことの方が問題だと思います」 古市氏「僕も勿論、根拠があって言ってますけど」 伊藤氏「じゃあ、どんな根拠ですか?言ってください」 古市氏「それこそ専門家会議で発表された情報... 」 伊藤氏「専門家会議はちゃんと言ってますよね、4日が2日になって翌日でもいい、PCR検査が必要だ。 根拠だと仰るんであれば古市さんの言ってることは... 」 古市氏「PCR検査が必要ない、って僕言いました?」 伊藤氏「PCR検査を多くの人がやる必要ないって... 」 と、ここで伊藤利尋アナが「ちょっといいですかね」とやりとりを中断し、スタジオに来ている医師に話を促した。 この際、スタジオには笑いが漏れていた。 この後の番組内では、古市・伊藤両氏による直接バトルは再開されなかった。 PCR検査と「安全だ」をめぐる両者の指摘はかみ合わないところもあり詳細不明だが、古市氏が指摘した「インフルエンザワクチン」をめぐる伊藤氏の過去ツイートに関しては、「インフルエンザワクチン効果無し!」(2019年1月18日) などのツイートがあることを、複数のツイッターユーザーが番組後に指摘している。 J-CASTニュース編集部が検索したところ、12日午後時点で同様のツイートが確認できた。 2010年4月から利用)で 「古市くん勉強した方が良い」 として、「健康な成人に対するインフルエンザ予防のためのワクチン」というタイトルの資料へのリンクを張った。 資料を見てみると、「Cochrane(コクラン)」サイトに掲載された「和訳レビュー」だった。 コクランは医療論文の「システマティック・レビュー」を行っており、自身のサイトについて、「医師、看護師、患者、介護者、研究者、資金提供者に関係なく、コクランが提供するエビデンスはあなたの医療知識と意思決定をより良いものにする強力なツールとなります」などと説明している。 伊藤氏が示した「健康な成人に~」は、2018年12月公表の「Demicheli V」らが著者のレビューの和訳(このエビデンスは16年12月31日現在のもの、との注記あり)で、「要点」部分には、 「不活化ワクチンは、インフルエンザやインフルエンザ様疾患を患う健康な成人(妊婦を含む)の割合を減少させるが、その影響は軽微なものである。 インフルエンザの流行期におけるインフルエンザによる労働時間の減少やインフルエンザの重篤な合併症に対する不活化ワクチンの効果はわかっていない」 と書いている。 一方の古市氏のツイッターは12日夕現在、伊藤氏に対する反応らしきものは見当たらない。 「とくダネ!」での2人のやりとりについてはツイッターで、 「古市憲寿と伊藤隼也の口喧嘩ヤバかったな」 「口論やばすぎ」 といった指摘が出ていた。 中には、2人の「対決」の決着を見たかったのか、途中で割って入った伊藤利尋アナに対し、「愚行」「イケてなかった」と不満をもらす人もいた。

次の