テレホン カード 払い戻し。 テレホンカード、オレンジカードなどの払い戻し方法とは?

テレホンカードによる電話料金のお支払いについて

テレホン カード 払い戻し

先日、家の片付けをしていたら、未使用のテレホンカードが大量にでてきました。 何々記念等の頂き物が殆どで、価値のありそうなもの(レアもの、プレミアもの)は含まれておらず、最近は電話も携帯電話ばかりで、公衆電話でテレホンカードを使って電話することも皆無の状態です。 ですので、こういった使い道のないテレホンカードをもっていても仕方ないので、どうにか有効利用しつつ処分できればと考えておりますが、プライベートな内容のカードも多く含まれているため、簡単に金券ショップで換金することもできず、処分に困っています。 そのまま捨ててしまうのも忍びないですし・・・。 そこで、こういった使い道のないテレホンカードの賢い有効活用術や処分方法を教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。 プライベートな内容が入っていて、金券ショップで換金できない……まさに我が家が、3ヶ月前に遭遇したことです。 20枚以上ありました(爆) テレホンカードで支払いを充当させることが出来るお店で使う方法もありますが、やはり金券ショップと同じで、使うのに抵抗がありますよね。 ということで、仕方ないですが、NTTの支払いに使うのが良さそうです。 我が家はそうしました。 窓口に行かなくても、116番に電話して、「未使用テレカで、固定電話の通話料の支払いをしたいんですけどー」と言うと、申請用紙を送ってもらえます。 必要事項を記入して、未使用テレカと一緒に送り返せばOKです。 ここで知っておかなければいけないのは、 ・1枚につき50円の手数料が「別途」必要 (50度数テレカの場合、450円分の通話料になるのではなく、500円分の通話料になるが、その他に手数料50円を取られるということです。 実質的には450円分が浮くことになりますが) ・送り返す際、配達記録で郵送するよう指示されている。 取り扱い窓口が近い場合は、面倒でも窓口に行った方が、安くなることもある。 (郵送費>交通費の場合) ・通話料にしか充当できない。 (基本料には充当できない) 最近は、携帯電話ですぐ通話できますし、地下にもぐっても圏外にならない事も増えてきましたよね。 でも、全ての場所で携帯電話が使えるとは限らないし(電波が届かない地域、深い地下などあります)、病院でも基本的には携帯電話は使えません。 何枚かは、そういう場合の予備として、テレカを残しておくことをお勧めします。 ご回答いただいたすべての皆様、大変ありがとうございました。 家の固定電話の利用状況としては、殆ど「基本料+ネット」ですので、通話料のみということですと、まとめてど~んと使うこともできませんね(悲)。 また、もう一つの方法として、入院中の家族、知人等へのプレゼントに関しても、あてがないし・・・(これは幸せなことですけどね)。 ちょっと前ならば、外出先からの電話等、本来の使い道もあったのでしょうが、時代が変わってしまうと、こんなものの使い道一つで悩まなくてはいけないなんて、悲しいですね。 ということで、固定電話の利用頻度の期待できる家族(実家くらいしか思いつかないけども・・・)に、皆様からのアドバイスとともに、プレゼントして有効利用してもらうことにしたいと思います。 A ベストアンサー どうやらブックオフには2種類あり、ブックオフコーポレーション株式会社が運営する店と、 株式会社ハードオフコーポレーションが運営する店があるようです。 bookoff. hardoff. hardoff. htmにあるのは、 それらのうちハードオフコーポレーションが運営するブックオフの方だけの情報のようです (一番下の方に明記されています)。 つまり、ビール券やテレホンカードで買い物ができるのは ハードオフコーポレーション運営のブックオフだけということではないでしょうか。 私はブックオフコーポレーション運営のブックオフにはよく行きますが、 そんな話は一度も聞いたことがありません。 hardoff. htm 私がざっと見た限りでは、ハードオフコーポレーション運営のブックオフは 新潟県にしか見当たりません(本社所在地だからでしょうか)。 ややこしいことに、ブックオフコーポレーション運営のハードオフもありますが、 こちらは特にそういうことができるという情報は見当たりません。 bookoff. bookoff. hardoff. hardoff. htmにあるのは、 それらのうちハードオフコーポレーションが運営するブックオフの方だけの情報のようです (一番下の方に明記されています)。 つまり、... 当時は、お金を出して購入した事を覚えています。 とっても勿体ないです。 良く観てみると、プレミアが付いてもおかしくなさそうなテレホンカードまであります。 全く未使用が22枚使用して残高が残っている物が9枚全部で31枚くらいあります。 >良く観てみると、プレミアが付いてもおかしくなさそうなテレホンカードまであります。 私もあります。 電電公社時代のカードとか富士通のPC絵柄(最盛期には、1枚30万円程で売買)のカードなど色々あります。 当時、売っていれば良かった!? >どうしたら良いと思いますか?持っていた方が将来値打ちがつきますか? 持っていても、値打ちは上がらないでしよう。 ただ、東北の震災・人災で「公衆電話の見直し」が起きましたよね。 携帯電話は、災害時には通じなくなる。 阪神淡路大震災でも、公衆電話の必要性が議論されました。 そこで、私の場合「常時、カード入れに2枚を入れて持ち歩き」をしています。 >出来れば換金できないのでしょうか? 金券ショップで売却すれば、プレミアムものなら額面前後で買い取ってくれます。 が、一般カードだと80%前後の価格で買い取ってくれれば万々歳。 固定電話の通話料支払に、テレホンカードを用いる事ができます。 質問者さまが固定電話をお持ちなら、通話料支払に利用して下さい。 以前は、わざわざ金券ショップで安くテレホンカードを購入してから、そのテレホンカードで通話料を払っている方もいました。 私の場合ですが・・・。 「箪笥の肥やし」として、持つ事にしています。 もし、NTT東西が「テレホンカード廃止」を決断するると「未使用に限って、額面で現金と交換(手数料不要)」しますからね。 テレホンカードは、商法・会計上「商品券」なのです。 昔あった「音楽券(カード)」も、廃止に伴い「未使用に限り、額面での買い取り」が行なわれています。 「テレホンカードは廃止した。 もう、関係ない!」とは、NTT東西は法的に言えません。 鳩山由紀夫・菅直人両首相経験者は「総理を辞めたので、もう関係ない!」と、責任を放棄する事が出来ますよね。 (笑) が、民間企業は最後まで責任を持つ義務があるのです。 >良く観てみると、プレミアが付いてもおかしくなさそうなテレホンカードまであります。 私もあります。 電電公社時代のカードとか富士通のPC絵柄(最盛期には、1枚30万円程で売買)のカードなど色々あります。 当時、売っていれば良かった!? >どうしたら良いと思いますか?持っていた方が将来値打ちがつきますか? 持っていても、値打ちは上がらないでしよ... A ベストアンサー オークションとか無い頃 アニメイトで貰ったアニメテレカ 要らないので10枚ほど売りに行きましたら、 デザイン関係無しに 500円が300円で買取されました。 次の日、店をのぞいてみると、 【マニアテレカ 600円】と。 なんだかなぁ、と思いました。 なお、#2氏の言われるように、テレカでNTTの【通話料のみ】払えます。 基本料とか付加機能料とかは払えないんですよ。 その上、1枚50円の手数料が取られますし。 取扱窓口も、携帯電話の窓口と違って、縮小の嵐のうえ平日のみ営業で土日祝日休み。 通話料が払えるといっても、他社の回線使った方が通話料は安いですからね。 結局メリットは殆どありません。 貴重なものがあればともかく 普通のはチケット屋に売ってしまうのが得策でしょう。 A ベストアンサー 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。 昭和30年~昭和33年:穴無し 昭和34年~昭和41年:穴有り となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年 以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。 おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。 (状態によって価格差有り) その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り) 額面通りの価値 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う 「エラーコイン」です。 一般的なものは下記です。 ・角度ズレ 表裏の角度がずれているもの。 ・穴ズレ(昭和34年~昭和41年) 穴が中心になく、ずれているもの。 穴の縁が切れる程ずれていれば確実。 少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。 ・穴なし(昭和34年~昭和41年) 穴が無いもの 前述の二つよりも評価が高い。 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。 (価値もピンからキリまでです。 ) 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。 1.古銭屋さん 買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。 当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。 2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん 古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。 リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。 通常は高値の期待はしない方が良い。 3.インターネットオークション 熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。 (出品方法に一工夫が必要) 自分だったらこの方法を選びます。 4.フリーマーケット 安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、 値付けが難しい。 手間を考えると個人的には絶対にしません。 5.銀行 プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。 こんな所でしょうか。 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。 昭和30年~昭和33年:穴無し 昭和34年~昭和41年:穴有り となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年 以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。 おおよそ500... A ベストアンサー オレンジカードで購入したきっぷも、規則上は現金で購入したきっぷと同じ扱いです。 未使用で有効期間内であれば払戻しは可能ですが、所定の手数料(乗車券・自由席特急券などの場合は210円)がかかります。 券売機で現金で買ったきっぷの場合、窓口で手数料なしで払戻しをしてくれることがありますが、これは間違って購入した場合は区間変更をしたを発行する規則になっていますが、それをせずに払い戻して買い直してもらうという便宜措置を取っているだけです。 手数料なしの払戻しは本来の措置ではありませんので、オレンジカードを換金する目的だと疑われたりするとやってくれません。 私も何枚かオレンジカードを持ってますが、JRグループ6社全てで使えますので、JR東海エリアなどのSuicaが使えないところで使ったりしています。 Suica・パスネット・バスカードという、ふだん使う交通カードは財布とは別のカードホルダーに入れているのですが、先週そのカードホルダーを家に忘れて出かけてしまい、財布の方に入れていたオレンジカードできっぷを買ったこともありました。 オレンジカードで購入したきっぷも、規則上は現金で購入したきっぷと同じ扱いです。 未使用で有効期間内であれば払戻しは可能ですが、所定の手数料(乗車券・自由席特急券などの場合は210円)がかかります。 券売機で現金で買ったきっぷの場合、窓口で手数料なしで払戻しをしてくれることがありますが、これは間違って購入した場合は区間変更をしたを発行する規則になっていますが、それをせずに払い戻して買い直してもらうという便宜措置を取っているだけです。 手数料なしの払戻しは本来の措置ではありませ... Q 未使用テレフォンカードの使い道 未使用のテレフォンカードが66枚(約3万円ちょっと分)あり、使い道に困っています。 次のうちどの方法が良いものか考えあぐねています。 1.NTTのダイヤル通話料に使用する。 これは一枚につき50円の手数料がかかるのと、NTTの窓口が近隣にもう無いため、郵送する書留め料がかかります。 何より、今は携帯を主に使用しているし、IP電話にもしているので、NTTダイヤル通話は現在の所「0」です……。 0を4回押してNTTダイヤルを使用することも考えていますが、3万円分となると十数年分かもっとかも……。 2.金券ショップで売ってしまう。 500円のテレカが340円の買い取りになるとショップで言われました。 ダイヤル通話料に使うのに比べて6~7千円の損にはなりますが、手軽に現金化できるという気楽さはあります。 どちらの方法が良いでしょうか。 また他にもいい案があるでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 1. 病院 一般的に病院の中では携帯電話は使用できませんので、病院の中で働いている人や入院患者の方なら公衆電話の使用機会は多いかもしれません。 そういう方とどうやってお友達になるか... という新たな疑問もありますが、知り合いに入院した人がいたら差し入れてみるのもひとつの手かもしれません。 外国人 短期滞在の外国人は携帯電話まで契約はしないかな... と思うので、近場に外国人の集まる観光地でもあれば少し値引いて売買の交渉をしてみる。 但し外国人が日本語のわかる人とは限らないのである程度の語学力と、電話のかけ方の説明などは必要になるでしょう。 身近に外国人留学生でもいれば、ほしいという外国人を探してくれたり、意外な使い道のヒントをくれたりするかもしれません。 過疎の町、圏外 携帯電話は全国を完全に網羅している訳ではありません。 山奥や離島、トンネルや地下などは圏外となってしまうこともあるので、そういうところに在住在学在勤している人だとテレホンカードの使用率は高いかもしれません。 これもそういう方をどうやって捜し出すかは新たな疑問となってしまいますが。 競売 競売サイトなどで売却する。 絵柄がきれいなものにほぼ限定されますが、わたしが挙げた中では一番現実的かと思います。 聾唖者 懸賞のダブルチャンスでテレホンカードが当たってしまったときなどの聾唖者が抱える悩みと一致しそうです。 聾唖者の方にどのようにして処理したのかを訊いてみると参考になるかもしれません。 過去の回答でもそうしてきたのですが、他の方々があまり考えつかないようなものをあれこれ知恵を絞って考えてみました。 現実的に難しいものが多いかもしれませんが、意外な視点から新たなヒントが得られれば幸いです。 病院 一般的に病院の中では携帯電話は使用できませんので、病院の中で働いている人や入院患者の方なら公衆電話の使用機会は多いかもしれません。 そういう方とどうやってお友達になるか... という新たな疑問もありますが、知り合いに入院した人がいたら差し入れてみるのもひとつの手かもしれません。 外国人 短期滞在の外国人は携帯電話まで契約はしないかな... と思うので、近場に外国人の集まる観光地でもあれば少し値引いて売買の交渉をしてみる。 但し外国人が日本語のわかる人とは限らないので... A ベストアンサー 何の価値も無いと言っておられますが、価値はまだ有りますよ。 安いですが、金券ショップで売れます。 オークションに出品すれば、アイドル物は意外と高く売れたりします。 そして最後にNTTの電話代の支払いに充当できます。 一枚につき50円の手数料を取られますが、1000円のテレカだと(オマケの50度数は無視となります)950円として、NTTが引き取ってくれて、翌月の電話代からその分を引いてくれます。 ただしこれはダイヤル通話料だけが適用となります。 基本料やその他のサービス料金には適用されません。 この手続きはNTTの窓口で行うことができますが、最近は経費削減でNTTの窓口が無くなっています。 近くに無い場合は116に電話してください。 そしてテレカを郵送することで、この手続きをすることができます。 あとテレカは携帯のdocomoの支払いに当てることはできません。 テレカはNTTが発行しており、テレカを買った代金はNTTに入ります。 docomoには一切お金は入らないので、当然ながら携帯の代金に当てることはできないのです。 それより私は公衆電話で使ってしまいましたよ。 以前の公衆電話はICテレカに変わってしまい、普通のテレカは使用出来なくなりましたが、このICテレカが不評で広まらなかったため、またNTTはテレカが使える公衆電話に戻して、ICテレカを廃止にしてしまいました。 なので電話をする時には辺りを見回して、公衆電話があればテレカを使って電話するようにしていました。 そうしているうちにテレカ全部を使い切ってしまいましたよ。 何の価値も無いと言っておられますが、価値はまだ有りますよ。 安いですが、金券ショップで売れます。 オークションに出品すれば、アイドル物は意外と高く売れたりします。 そして最後にNTTの電話代の支払いに充当できます。 一枚につき50円の手数料を取られますが、1000円のテレカだと(オマケの50度数は無視となります)950円として、NTTが引き取ってくれて、翌月の電話代からその分を引いてくれます。 ただしこれはダイヤル通話料だけが適用となります。 基本料やその他のサービス料金には適用されませ...

次の

テレホンカード(テレカ)の使い道。お得な活用方法や換金方法。

テレホン カード 払い戻し

最新のはずのICテレホンカードはいつの間にかなくなっていた テレホンカードは昔からの磁気タイプのものと新型のICテレホンカードの2種類がありました。 ところが新型のはずのICテレホンカードはすでに終了し、2016年9月末で磁気テレホンカードとの交換も終了しています。 なので、現在利用できる(使用できる)のは旧型の磁気テレホンカードのみということになります。 こちらには有効期限は設定されていません。 ちなみに、今でもNTTカードソリューションによってテレホンカードは販売されています(買う人っているんでしょうか……) テレホンカードは払い戻しできないのか? まず、テレホンカードの払い戻しはできません。 これは「」でも紹介しましたが、テレカに限らずほとんどのプリペイドカードに共通していることですね。 将来的にNTTがテレホンカードを廃止するとした場合には払い戻しということになるかもしれませんが、絶対にしないでしょう。 ということでテレホンカードは使うか、金券ショップを含めた第三者に売却する(買い取りしてもらう)ということになります。 中には希少価値の高いレアなテレホンカードが高値で売れるケースもありますが、買取相場としてはかなり厳しいといわざるを得ないです。 実際のところ、価値はあるけど、使えない(使う必要がない)という金券というので高く評価されません。 未使用のカードもやまほどありますし……。 レアなテレホンカードってどんなテレホンカード? テレホンカードの中でも一部のカードにはプレミアムが付いているものがあります。 代表的なのはアイドルのテレホンカード。 特にキャンペーンや懸賞などのために発行された発行枚数が少ないものです。 その他として、自動車や電車などのテレカですでに絶版となったものや、アニメやゲーム関係でも発行枚数が少なく人気のあるものであればプレミアが付いているものもあります。 「」などでは登録すれば過去の取引情報を見ることができるので、こちらを利用してみるのも一つの手かと思います。 テレホンカードの活用方法 じゃあ、なんとかテレホンカードを使えないかということでいくつか方法をまとめてみました。 NTT東西の電話料金として使う 実はテレホンカードは未使用品(50度数、100度数)に限り、NTT東西の電話料金に充当させることができます。 なお手数料としてテレカ1枚につき50円(税別)が必要となります。 これは意外と知らない方も多いのではないでしょうか。 ただしいくつか条件があります。 対象となる回線(NTT東日本の場合) 加入電話、ISDN、ひかり電話(電話サービス)、ひかり電話オフィスタイプ(電話サービス)(ひかり電話ビジネスタイプ・ひかり、電話オフィスA(エース)は除く) 対象料金 請求書に計上される、NTT東日本とNTTコミュニケーションズの、「ダイヤル通話料」、「INS通話料」「ひかり電話通話料」、「ひかり電話オフィスタイプ通話料」及び「携帯電話・PHSへの通話」に限ります。 つまり基本料金のような固定料金の支払いには利用できず、テレホンカードと同じようなNTT回線を使った純粋な通話料金の部分だけに使えるということになります。 個人利用の方であれば電話料金で50度数(500円)、105度数(1000円)を超える料金をバンバン使うというケースは少ないかもしれませんが、法人で営業電話などをする機会が多いところなどはメリットがあるかもしれませんね。 そもそも、前述の通りテレカの中古市場は崩壊レベルで安いので、会社や事務所の電話代節約になるかもしれませんね。 なお、そうした目的で購入する場合は1枚50円の手数料がかかることを考えると105度数の方がお得になりますね。 なお同じNTTでもNTTドコモの利用料金への充当はできません。 あくまでもNTT東日本とNTT西日本の2社だけです。 手続きとしては116に電話をして「未使用のテレホンカードで固定電話の支払いをしたい」と伝えれば申請用紙を送ってくれます。 >> >> 寄付する どうしても使い道がないし、今後も使わないだろうという方は寄付をするという手もあります。 経済的なメリットはありませんが、必要とする人に使ってもらった方がいいという考えの方にはお勧めです。 特に寄付を求めて理うのは児童養護施設などです。 こうしたところでは子どもたちに携帯電話を持たせることができず、今でも電話連絡に公衆電話を使うことがあるそうです。 そうした子どもたちに持たせるためのテレホンカードの寄付を募集しています。 なお、実際に利用する目的のため残高があれば使用していてるテレホンカードもOKです。 お得な活用方法や換金方法を紹介しました。

次の

【2019年最新】テレフォンカード高額買取ランキング!安く買い叩かれないための方法も

テレホン カード 払い戻し

最新のはずのICテレホンカードはいつの間にかなくなっていた テレホンカードは昔からの磁気タイプのものと新型のICテレホンカードの2種類がありました。 ところが新型のはずのICテレホンカードはすでに終了し、2016年9月末で磁気テレホンカードとの交換も終了しています。 なので、現在利用できる(使用できる)のは旧型の磁気テレホンカードのみということになります。 こちらには有効期限は設定されていません。 ちなみに、今でもNTTカードソリューションによってテレホンカードは販売されています(買う人っているんでしょうか……) テレホンカードは払い戻しできないのか? まず、テレホンカードの払い戻しはできません。 これは「」でも紹介しましたが、テレカに限らずほとんどのプリペイドカードに共通していることですね。 将来的にNTTがテレホンカードを廃止するとした場合には払い戻しということになるかもしれませんが、絶対にしないでしょう。 ということでテレホンカードは使うか、金券ショップを含めた第三者に売却する(買い取りしてもらう)ということになります。 中には希少価値の高いレアなテレホンカードが高値で売れるケースもありますが、買取相場としてはかなり厳しいといわざるを得ないです。 実際のところ、価値はあるけど、使えない(使う必要がない)という金券というので高く評価されません。 未使用のカードもやまほどありますし……。 レアなテレホンカードってどんなテレホンカード? テレホンカードの中でも一部のカードにはプレミアムが付いているものがあります。 代表的なのはアイドルのテレホンカード。 特にキャンペーンや懸賞などのために発行された発行枚数が少ないものです。 その他として、自動車や電車などのテレカですでに絶版となったものや、アニメやゲーム関係でも発行枚数が少なく人気のあるものであればプレミアが付いているものもあります。 「」などでは登録すれば過去の取引情報を見ることができるので、こちらを利用してみるのも一つの手かと思います。 テレホンカードの活用方法 じゃあ、なんとかテレホンカードを使えないかということでいくつか方法をまとめてみました。 NTT東西の電話料金として使う 実はテレホンカードは未使用品(50度数、100度数)に限り、NTT東西の電話料金に充当させることができます。 なお手数料としてテレカ1枚につき50円(税別)が必要となります。 これは意外と知らない方も多いのではないでしょうか。 ただしいくつか条件があります。 対象となる回線(NTT東日本の場合) 加入電話、ISDN、ひかり電話(電話サービス)、ひかり電話オフィスタイプ(電話サービス)(ひかり電話ビジネスタイプ・ひかり、電話オフィスA(エース)は除く) 対象料金 請求書に計上される、NTT東日本とNTTコミュニケーションズの、「ダイヤル通話料」、「INS通話料」「ひかり電話通話料」、「ひかり電話オフィスタイプ通話料」及び「携帯電話・PHSへの通話」に限ります。 つまり基本料金のような固定料金の支払いには利用できず、テレホンカードと同じようなNTT回線を使った純粋な通話料金の部分だけに使えるということになります。 個人利用の方であれば電話料金で50度数(500円)、105度数(1000円)を超える料金をバンバン使うというケースは少ないかもしれませんが、法人で営業電話などをする機会が多いところなどはメリットがあるかもしれませんね。 そもそも、前述の通りテレカの中古市場は崩壊レベルで安いので、会社や事務所の電話代節約になるかもしれませんね。 なお、そうした目的で購入する場合は1枚50円の手数料がかかることを考えると105度数の方がお得になりますね。 なお同じNTTでもNTTドコモの利用料金への充当はできません。 あくまでもNTT東日本とNTT西日本の2社だけです。 手続きとしては116に電話をして「未使用のテレホンカードで固定電話の支払いをしたい」と伝えれば申請用紙を送ってくれます。 >> >> 寄付する どうしても使い道がないし、今後も使わないだろうという方は寄付をするという手もあります。 経済的なメリットはありませんが、必要とする人に使ってもらった方がいいという考えの方にはお勧めです。 特に寄付を求めて理うのは児童養護施設などです。 こうしたところでは子どもたちに携帯電話を持たせることができず、今でも電話連絡に公衆電話を使うことがあるそうです。 そうした子どもたちに持たせるためのテレホンカードの寄付を募集しています。 なお、実際に利用する目的のため残高があれば使用していてるテレホンカードもOKです。 お得な活用方法や換金方法を紹介しました。

次の