車 コーティング 必要。 【疑問】車のコーティングって必要??? : 乗り物速報

新車コーティングは必要か?ディーラー、専門店|おすすめはどちら

車 コーティング 必要

おすすめは圧倒的に専門店です、迷うことなく専門店でどうぞ。 新車時のコーティング施工はなぜ専門店がおすすめなのか。 確実に効果があるコーティングで お客様との相性と安心を大切にしているのはどちらでしょうか、同じお金をかけるならきちんと知りたいですね。 専門店とディーラーのコーティングの具体的な違いとは ディーラーと専門店でのコーティングなにが違うのでしょうか?ここでは詳しくそれぞれの作業や金額の違いを説明します。 ディーラー使用のコーティングはつるし商品が多く、性能よりも作業性を求めるコーティングが多い傾向、 一般的価値観の方向け。 多くは汎用的なコーティング剤が多く専門店レベルの技術者が施工するのではなく内製コーティングが主になります。 また部材供給している会社には濃色車のムラムラなどの施工失敗が多いクルマのために、リカバリー部隊がいますが専門店レベルには及びません。 ディーラーで新車コーティング、どんなコーティング? 新車を購入するとデフォルトで注文書にはチェックマークが入り、カーコーティングが注文されていることが多いですね。 いろいろな国産車や外車ディーラーやインポーターがいる中で新車コーティングはいったいどこで誰が行うのでしょうか? ディーラーなどの多くに見られる軽く洗車後に塗ってすぐ拭き上げて約2時間で完成のコーティング・・・ きちんと下地処理をやり1週間前後をかけ良い環境で新車コーティングをしてる専門店でのコーティング・・・ 賢明な貴方ならもうどちらのコーティングがお得なのかおわかりですね! ディーラーコーティングはどこの誰がやるの? いろいろなケースがあります。 コーティング施工歴30数余年の私が知っていることをお伝えいたします。 ディーラー内製化により営業マンや整備士さんが施工する事もあります 各ディーラーの営業や整備士さんが講習を受けて洗車後にコーティングを塗っている。 これはどういうことか? これはもう単純な話しで外注に出して儲けを少なくするよりは内製にしてもっと儲けちゃえ!といい単純な話しです。 外注を使う時があるとすれば面倒なクレーム作業や自分たちで解消出来ない作業。 最高に都合の良いアウトソーシングなのである。 内製ではなく外部専門業者の出張作業 専門店や板金屋さんによる外注業者の 出張作業のアウトソーシング。 所長やサービスフロントの知り合いなどが多く、場合によってはそのディーラーを卒業をして開業した専門業者がなれ合いで出張作業をしている場合もあります。 メリットは車を移動する必要がなく(陸走車で運ぶ必要が無い)社内で全て完結が出来るので安心。 部材の提供をするかしないかはそれぞれのディーラーの裁量により決まります。 常駐している外部の専門業者による施工 外車ディーラーによく見られる施工。 洗車からコーティングまで常駐の専門業者から来ている方がいる、その場合は2パターン Aは全部ディーラーが提供されたものを使用して作業をする。 Bは全てお任せで材料等も専門業者が用意して行うもの。 ディーラーにとっては点検や納車の際に洗車をするときも営業マンは楽ができるので優遇されている。 がしかし外部専門業者の単価は安いと聞く。 ディーラー専任社員による作業 ディーラーで整備士などが立候補もしくは落ちこぼれて、コーティング専任となるため外部での講習を受けてディーラーのネットワークの中を動く事。 最近は少ないのかもしれないが一時期4駆に強い国産ディーラーが行っていたのを聞いたことがある。 ディーラーもしくはメーカー集中センター作業 トヨタやマツダの場合は新車点検センター内で行われるコーティングがあります。 コーティング専任の方が行うので上記1,2,3,4,より業態的にはひとまず安心。 エアロパーツ取り付けも最近ではこちらで行われるというが、TRDやモデリスタなどは傷が多い場合が散見出来る。 台数を追われてやるので、「愛情を注ぐ」作業は出来ないでしょうね、おそらく。 新車購入後、ディーラーでのコーティングを断ったはずが・・・ ディーラーでのコーティングはいりません!と断ったはずなのに ツルツルのボディになっていることが多々ございます。 何故でしょうか。 いろいろと考えられますが• 何かしらの問題があった(少々の傷があり磨いたので全体簡易コーティング)• 初期クレームを無くすために洗車機撥水を行った(好意で洗車機の撥水コーティングを行った)• 大きな問題があったのでコーティングをした(板金塗装などがあったので全体を調整しコーティングをした)• 売れ筋なので強制的に簡易コーティングをされて出荷されている(アルファードなどの売れ筋) 外車などの場合は多く見られることで 船でドンブラコドンブラコと数ヶ月かけて港に届きPDIを経て各ディーラーに届きますのでその間に何か起きた場合(キズ付きとか板金等)は補修が入ります。 その際に全体のバランスを整えて板金跡を出来るだけ他の部位との差異を無くすためにコーティングや磨きWAXなどを行う場合があります。 ローバーなどは販売注文書の段階でそのディーラーでコーティングを行わないと売ってくれないとも聞いたことがあります。 先日も報道でありましたがBMWなどは大量に入荷した車の保管があまりよろしくなく状態が悪い場合もあるとのことです。 総じて外車の多くの場合は国産車よりも傷んでいることが多くある程度は覚悟がいるでしょう。 保管状態が悪かったり、手荒な扱いを受けて傷がついた場合もは磨きとか板金塗装などの補修も入ります。 その際には国産車と同じくその跡を見えにくくするためにコーティング(どういうものか不明)をされる場合があります。 ですので新車ご購入の際には「通常の納車が出来る場合はコーティングは行わないでくださいね、何か問題があったらきちんとお伝えください」と伝えても良いでしょう。 我々のような専門店がちょっと見たり触ったりすれば何かをされている場合にはすぐにわかります。 WAXなどの比較的除去しやすいものに関しましてはあまり問題になることは少ないですが、シリコン系のしつこい液剤などの場合は除去がとても困難な場合もございます。 剥離が困難な場合はそのディーラーさんに除去剤を求めてみてもいと思います。 除去剤がないコーティングはとても怖いものになり研磨しか方法がなくなります。 その場合は大切な塗装を削り塗装を薄くせざるを得ません。 ご注意ください。 値引きの代わりにボディコーティング?! 新車購入時に金額で値引きが目一杯の時に良く使われる手ですがー 最終値引き交渉の際に 「現金値引きはもう一杯一杯なのでコーティングを半額では如何ですか?」 「現金値引きはもう一杯一杯なのでコーティングを タダでは如何ですか?」 などなど 商品を値引きに当てる場合があります。 1例ですが欧州車Cセグメントセダンの場合は外注業者による施工の場合1万円前後の外注費と液剤の原価、それから工場などの電気代などがおおよその原価になります・・・ これを知ってしまったら コーティングを値引きに当てる事は皆さん希望されなくなりますね(笑) ひとまず注意事項を、良く頭に入れて下さい!!• 整備士さんが行うコーティングはしないでくださいね• ディーラーで行う場合、店舗を持たない出張専門の外注業者さんではしないでくださいね• お値引きの代わりのコーティングはしないでくださいね ディーラーコーティングのメリットデメリット メリット• 会社規模が大きいのでまずは安心• 同じ車種の施工ががおおいので安心• 定期点検時に相談はできる• 値引きや無料交渉ができる デメリット• 施行者が専門技術者でない場合がある• 施工環境が専門店と比べると劣る• 施工後の保管環境が屋外保管の場合がある• 外注作業の場合がある ディーラーコーティングの金額は? ディーラーコーティングのラインナップはピンからキリまで安価なものから超高価なものまであり、収益の屋台骨になっているようです。 ですので金額は5〜6万から40万円前後と専門店と同レベル、もしくは高額なのが実情です。 価格は年を追う毎に高価になっていく一方です。 専門店はどんなコーティング? 専門店では一台ずつ、車種・メーカー・お乗りいただく走行駐車環境に応じて下地処理の選択します、の調合・種類・特殊施工方法で、ディーラーコーティングを圧倒します。 ポリッシュファクトリーでは独自開発されたコーティングを使用してるので艶・光沢・持続性・防汚性どれをとっても最高品質です。 コーティング選びで迷ったら 簡単な質問に答えて無料コーティング診断をしてみませんか コーティング専門店のメリットデメリット メリット• 施工者が専門技術を持つので安心• 個々の状態に応じたオーダーメイドの施工は安心• 取り扱うコーティング液の調合や種類でディーラーを圧倒• 見過ごされるような細かい部分に対し几帳面にこだわり抜いた作業• 大型店でおろそかにされる施工環境、清潔な空間を作ることにも徹底 デメリット• 中小零細企業が多いので倒産などによりメンテナンスが心配• ディーラーなどとくらべるとアフターが心配• 多少料金が高め 専門店コーティングの金額は? ディーラーよりも多少高めですがコーティング内容と施工環境などによるものです。 専門店では一台ずつ車種・メーカー・お乗りいただく環境に応じて下地処理の選択します。 作業時間・作業環境・保管環境・専任施行者のこだわりはディーラーにはありません。 そもそも新車にガラスコーティングは必要なの? クルマの塗装の役目はボディ外板を長期間錆などから守るため、コーティングの役目は クルマの塗装を錆などから守るためなのです。 塗装には汚れ固着の抑制効果はありません。 ほっとくとウインドーもボディも水垢や雨シミなど、さまざまなが汚れがギッシリと固着します。 塗装はボディの外板を守るため、コーティングは塗装を守るためです• コーティングは 長期間新車の塗装などのピカピカを保つため• 水垢や汚れの固着、色あせ等を防ぎ 洗車などが楽になること 新車の塗装は放置すると水垢・汚れが固着します、塗装の寿命をのばし洗車を楽に出来る事がクルマのコーティングの目的です。 新車キレイなはず、ワックスもコーティングも必要無い?! 多くの方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。 新車を買われた方でご気分を害されるかもしれませんが本当に申し訳ありません。 多かれ少なかれ新車には微細な傷がついていたり時には大きく見える線傷があります。 新車に付いている小傷や付着物(鉄粉や雨シミ等)を一般のお客様は「新車だから完璧な状態」と思われている方がほとんどではないでしょうか。 新車でも傷や汚れ鉄粉が・・・それを解決するには? 新車の塗装は一番キレイな状態なはず、傷なんてあるはずがありません? 「何故キレイな新車にコーティングをするんですか?」「何故キレイなのに下地処理が必要なのですか?」このように思われている方がほとんどではないでしょうか。 コーティング専門店技術者が新車を見たらどう見えるか? 新車の塗装の表面には本当に問題があるのでしょうか? 我々のような車のコーティング専門店の熟練のスタッフが専門の環境や照明でで拝見すると、微細な傷や、ワックス等のムラ、鉄粉の付着でボディがザラザラになっていたりします。 しかも輸入車の場合は再塗装などもあったりもするのです。 それは何故でしょうか?納車時に目の前にある新車の愛車はさっき作って納車されたホヤホヤではないからなのです。 工場出荷から納車されるまでの間に劣化が起きる? 新車は工場で生産をされて広大なモータープールで保管され、新車専門の陸走車で各ディーラーまで運ばれます。 ディーラー到着後は屋根付きのモータープールのみではなく屋外で雨にさらされて保管されたりとさまざまな状況に置かれることもあります。 その際にディーラーオプションの取り付けなどが有る場合はモータープールから工場まで運転をされて工場内で作業をうけてまた保管場所に戻されて納車まで待つこともあります。 その際はボディに保護シートが貼られているのですがそれを剥がすタイミングは各社さまざまです。 ボディ保護シートが剥がされるタイミングによってなのですが剥がされて屋外保管で雨があたる環境ですとそこで雨シミや線傷が出来てしまったりもします。 さまざまな劣化が始まっているのです。 輸入車の新車は塗装面に問題は有るの? 例えば輸入車の高級スポーツカーなどでも同じ事が起きていて保護シートによる塗装の劣化が起きているのです。 実はインポーターもそういう現象については理解はしているのでしょうが対処はしていないことがほとんど。 その後我々コーティング専門店に入庫した段階で処置をすることがほとんどなのです・・・残念ながら。 コーティング専門店だから出来る色々な塗装への対応 自動車メーカーにより塗装の方法から保護方法、配送までさまざまな方法がとられています。 塗装の厚みも変わりますし、塗装表面の保護方法まで色々な方法がとられています。 大きく変わったのは環境保護の観点により油性塗料から水性塗料に変わった時期です。 変革の時期には手探りということもあり色々と障害があったものの現在では10年以上経過したので大部問題はなくなりました。 新車なのに塗装のお手入れが必要? 相変わらずですが自動車マニュアルには「塗装のお手入れ」という項目が有り、定期的にWAXをかけて下さいとの明記があります。 昔と変わらず塗装保護のためには何らかの方法が必要だということなのです。 ですので新車であっても劣化のスピードを最小限にしてキレイに長く乗れますようにされた方が良いのですね。 新車だからこそ専門店での適切なコーティングをされた方がオススメなのです。 新車はコーティング無しで大丈夫なのか? 何もしない塗装面や黒い樹脂部は必ず劣化します。 では劣化を促進させる原因は何でしょうか?下記で詳しく説明いたします。 塗装の劣化の多くの原因は下記の3つ 「 紫外線」・「 熱」・「 カーケミカル」が引き起こす劣化が多くの原因です、詳しく見ていきましょう。 紫外線が引き起こす劣化 紫外線による劣化は皆さまが考える以上に凄まじい攻撃性をもっています。 自動車屋などではタイヤの広告などが蛍光灯や窓からの紫外線を受けて、色が抜けセピア色になるほど強烈な攻撃性をもっている事がわかります。 クルマのボディの塗装部分も 「紫外線劣化」します、晴れば必ず紫外線を受けその劣化は徐々に進むので気がついたとき劣化は進んでいます。 熱が引き起こす劣化 熱による劣化は気温とエンジンの熱で塗装・樹脂部・配線は痛みます。 夏にガレージに入れた時はボンネットを開ると将来劣化を何倍も防げます。 夏の高速道路連続走行後の休憩時にエンジンを止めた後の熱による劣化は積年の痛みになりますので、長く乗る方はボンネット開けると良いでしょう。 色々なケミカルが引き起こす劣化 WAXは熱に弱く何でも良いから良さそうなケミカルを塗り重ねていったり、下地処理なしで塗っても効果が低いばかりか酸化膜でくすんでいきます。 ワックスやポリマー製品などケミカルの種類よっては塗装面に対して弊害のある溶剤を使っていたりもしますので注意が必要です。 劣化はいつから起きるか 塗装劣化は紫外線があたる駐車環境の場合、 早ければ2年前後で超微細なクリアーの割れ(マイクロクラック)が生じて塗装を大きく痛める場合もあります。 保管環境が良くてもクルマは外を走りますので太陽光による紫外線や熱の攻撃は避けられません。 それをできるだけ防ぐには新車のうちに紫外線や熱に強いコーティングを塗装に施工すること。 また駐車環境が悪い方はコーティング後も定期的にプロに適切なメンテナンスをされる事をおすすめします。 コーティングの溶剤や脱脂処理溶剤がクリア塗装に攻撃をしてマイクロクラックになる場合がありますので注意が必要です。 当社ではそのような有機溶剤等の心配はありません。 ほぼマイクロクラックから始まった損傷と思われる痛みです。 クリアー塗装が割れてしまったら大変です。 マイクロクラックを防ぐには新車時の適切なコーティングが必要なのです。 DIY、自分でコーティングについて Amazonなどで販売されているコーティング、オーナー自身で施工出来るコーティング剤の効果はどうなのでしょうか。 専門店などと同じように下地処理などが出来る場合は一定の効果があります。 一般的価値観の方で施工に適した環境があり定期的に行える方は十分ではないでしょうか。 近年では洗車そのものやWAX、DIYコーティングが健康増進に一役買っているという話しも耳にするようになりました。 洗車は立ったりしゃがんだりととても良い健康増進運動です! 独居老人も増えており洗車で健康増進が出来る事は素晴らしいことです。 新車など車のコーティングのおすすめ店は 専門店での新車コーティングはベスト! コーティングを施工出来るお店は沢山有りますね ディーラー、量販店、ガソリンスタンド、フランチャイズチェーン店のコーティング店、コーティング専門店までさまざまな業者が存在します。 施工内容やコースはお店により費用も変わってきます。 下地処理方法や、施工環境、施工者の拘りにより仕上がりが大きく変わってくるのです。 最高の施工環境なら専門店がおすすめ 例えば施工環境について。 多くのコーティング専門店では外気に晒させないように密閉環境の中での作業をします。 ガソリンスタンドや洗車専門店などで道路から丸見えの作業場では外気、ホコリに晒された状態での作業になります。 専門店ではクリーンな施工環境で施工するので安心ですね。 コーティング専門店ならではの最高の機材と環境 さらに専門の照明と磨き機材について。 施工環境の要素として傷や痛みなどが良く見えるための特殊照明機材など多くの種類の取りそろえがあります。 クルマの状態に合わせて緻密な作業が出来る為の機材が豊富ということは専門店の証とも言えますね。 コーティング専門店では専任の施工技術者が行います 専任の担当者が最初から最後まで責任施工! 洗車専門店やガソリンスタンドでは専任の技術者ではなく複数のスタッフで行うこともあります。 完全予約制のコーティング専門店では専任の技術者が施工を始まりから終わりまで施工します。 短期間での預かりしか出来ないショップですと流れ作業になり時間を潤沢に使用した作業が出来ません。 コーティング専門店では長期間のお預かりもできますので施工時間などを気にせずに丁寧に且つ専門技術をふんだんに使用した作業をフィニッシュまで行えるのです。 輸入車でも国産車でも新車時にある塗装の傷や汚れをリセット後に行うコーティングが最適な時期です。 新車時に行うコーティングは密閉環境で洗車から下地作業、そしてコーティング、完了後も安心の環境でお預かり出来るところがオススメです。 新車コーティングまとめ• おすすめは圧倒的に専門店• 一般的価値観感覚の方はディーラー施工でも充分です• 新車納車後できるだけ早めの施工がおすすめです• 施工後の保証制度があるお店が安心• 雨天納車が出来るお店がおすすめ 愛車購入前によくお読みいただきいつまでもキレイな状態を保てますようにお祈りしております。 キレイなクルマは人生を豊かにします。 専門店でのコーティングは塗装を汚れにくくして寿命を長くします。 最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はコーティング一筋を本業とする専門店として約30年、株式会社グッドの及川がお届けしました。 自然災害もどんどん増えて行く昨今、クルマを購入するならある程度荷物が積めて悪路も走れそうな車でしかも何年経ってもリセールが良さそうな車をローンで買われる方が多くなっています。 資産価値の高いクルマを綺麗に乗られる事はごく自然な行為です、是非新車時に長くキレイを保てるコーティングをされて資産を守りましょう。 家族のためにも人気のあるリセールバリューの高いクルマを是非! 好きだからといって2足3文になるような車は出来るだけ買わずに少し我慢するときっと家族から愛されます。 お一人様の人生でも歳をとり病気になったときに換金できる車は心強いです。

次の

ホイールコーティングは必要か?効果と耐久性を詳しく解説

車 コーティング 必要

新車にコーティングをかけるだけでずっと綺麗な状態が続く• 汚れがつかないから洗車をしなくても良い• 一度コーティングをかければメンテナンスは要らない 等と考えている方も多いのではないでしょうか? もし、コーティングを上記のように考えていて、 新車購入時にかけようと思っているのであれば 一旦考え直したほうが良いでしょう。 ハッキリ言って、そんな魔法のようなコーティングは存在しません。 そもそもコーティングとは? コーティングというのは、簡単に言えば塗装の 上に膜をつくり、保護するためのものです。 塗装の上に膜をつくるわけですから、 紫外線などによるダメージをコーティングが 引き受けてくれることになり、コーティング していない車よりは確かに塗装は守られます。 しかし、 このコーティングによる被膜は 永久的なものではありません。 新車購入時にコーティングの種類を選べる ところもありますが、 長くても3年~5年程度の期間しか持続しません。 さらに、ダメージが大きければその分 コーティングは早く劣化しますので、 何もしなければどんどん劣化していきます。 洗車もしないで放置し続ければ、3~5年 効果があると言われるコーティングでも1年持たないでしょう。 この時点で、新車にコーティングを かけるだけでは、ずっと綺麗な状態が 維持できるという訳ではないことがわかります。 一度コーティングをかければメンテナンスは要らない? 新車購入時に勧められるコーティングには、 『メンテナンスフリー』を謳っているものも 多いですが、 コーティングにメンテナンスは必要です。 このような誤解が生じてしまうのは、 『メンテナンスフリー』という言葉は同じでも、 業者側とユーザー側の認識が違うことが原因ではないでしょうか。 これは、車業界だけに言えることではありません。 多くの場合『メンテナンスフリー』という言葉は、 メンテナンスが楽になるとか、耐久性が長いと いった場合に使われます。 つまり、新車時にコーティングをかけておけば、• 新たにワックスや他のコーティングをかける必要がなくなる• 汚れが定着しにくくなり、日頃の洗車が楽になる というのが『メンテナンスフリー』という言葉の本当の意味です。 間違っても洗車をしなくても良いなんて勘違いしてはいけません。 コーティングをかけても走っていれば普通に 車は汚れますし、鉄粉や油汚れがつくこともあります。 そんな状態で長い間放置してしまえば、 コーティング被膜はひとたまりもありません。 コーティングをかけることで汚れが定着しにくく、 洗車時に洗い流しやすいのは確かです。 しかし、車を綺麗な状態で保つためには、 定期的なメンテナンス、つまり 洗車が 必要不可欠であることは理解しておきましょう。 新車にコーティングをかけるメリット、デメリット 結局洗車をしなければいけないのであれば、 新車にコーティングをかけるメリットがない と思う方もいるかもしれませんが、新車に コーティングをかけるメリットはあります。 通常、コーティングをかける前には 下地の処理(磨き)が必要になりますが、 新車の状態であれば、基本的に 塗装面に 汚れやくすみなどはありませんので、 下地処理は必要ありません。 コーティング業者によっては、より輝きを出す ために新車であっても下地処理を行う場合もあります。 これは新車であっても塗装面は凹凸があったり 納車までの過程でついてしまった細かいキズがあったりするからです。 ただ、 新車の状態をキープするのが目的であれば、 下地処理をする必要はないでしょう。 下地処理が不要であれば、その分コーティング にかかる費用も安くなります。 この先コーティングをかけるつもりがあるなら、 新車時にかけるメリットはあるでしょう。 また、コーティングの費用は意外と高額なので 新車購入時であれば一緒にローンへ組み込むことができたりします。 これも考え方によってはメリットとなる1つです。 コーティング専門業者に直接依頼した方が安い場合も・・・ 新車購入時にディーラーへ頼む場合は 費用に対するメリットが失われる可能性もあります。 なぜなら、ディーラーは車の販売や メンテナンスが主な業務であり、 コーティングは外注している場合も多いからです。 その場合、通常の料金にディーラーの利益が 上乗せされていることも少なくありませんので、 直接コーティング専門店などに依頼するより割高になってしまいます。 割高になるといっても、自分で業者を探したり、 車を直接持っていく手間を考えれば、 必ずしもデメリットになるわけではありません。 とは言え、近くにコーティング専門店が あるのであれば、一度見積りをして比較してみると良いでしょう。 新車購入時にコーティングをかけるデメリット 新車購入時にディーラーへコーティングを 依頼する場合、価格の面だけではないデメリットが他にもあります。 それは、 業者を自分で選ぶことができないというデメリットです。 コーティング専門店には、コーティングのことを 熟知したスタッフがいますので、コーティングの 技術はもちろん、その後のメンテナンスや ちょっとした疑問なども詳しく対応してくれるでしょう。 しかし、新車購入時にコーティングを 依頼した場合、窓口はディーラーになります。 ディーラーの担当者もある程度の知識はあると 思いますが、その多くはコーティングを販売するための知識です。 専門的にコーティングを行っている方と比べて しまえばやはり劣ってしまいます。 また、直接コーティングを依頼する時に比べて ディーラーを経由する分時間もかかります。 早く新車に乗りたくて、納車が待ち遠しい という方にとっては、納車の時期がやや遅く なるということもデメリットになるでしょう。 結局新車にコーティングはかけるべき? 冒頭にも言いましたが、新車にコーティングを かけるべきなのかどうかは、車に対して どのような価値観を持っているかによっても変わってきます。 車を大切にしていて、汚れていると気になる• 少しでも長く綺麗な状態で乗りたい という方であれば、新車にコーティングを かけることをおすすめします。 車のコーティングは、定期的に洗車を することによって、本来の効果が最大限発揮できます。 細かい傷も付きにくくなり、コーティング被膜も 長持ちするので、高いお金を払うだけの価値はあるはずです。 また、コーティングをかけることにより、 傷だけでなく汚れも付きにくくなります。 上記のような価値観を持ちながらも、 洗車をする頻度や手間を減らしたい という方には特におすすめです。 洗車の頻度も少なくて済むようになるので、 ・洗車はしたいけどなかなか時間がとれない ・大きい車で手間を少しでも減らしたい と考えているのであれば、コーティングをかけてみてはいかがでしょうか? コーティングの種類によっては自分でも簡単にかけられる! 一般的に車のコーティングと言われている ものにはいくつかの種類があります。 大きく分ければ、比較的自分でも簡単に かけられる 樹脂系(ポリマー)コーティングや ガラス系コーティング、施工が難しいと 言われる ガラスコーティングの3つです。 コーティングの種類については、 こちらでも詳しくまとめてありますので参考にして下さい。 コーティングの費用を抑えたいのであれば、 自分でコーティングをかけるというのも選択肢の1つです。 コーティングの出来を大きく左右するのは 下地処理なので、新車時であれば例えガラス コーティングであっても比較的簡単に施工できます。 とはいえ、自宅で完全硬化する本格的なガラス コーティングをかけるのはとても難しいです。 専門店などと違って設備も無いので、施工中に 小さいな埃などがついてしまう可能性があり、 正直なところあまりおすすめできません。 そこでおすすめなのが ガラス系コーティングで、 DIYでも簡単に施工できます。 特におすすめのコーティング剤は楽天でとても 評判の良いリボルトです。 コーディング剤部門で1位を獲得したこともあり、 実際に全国に店舗のあるコーティング専門店が 販売している商品なので信頼度が違います。 耐久性は本格ガラスコーティングに劣りますが、 艶や撥水性などは抜群で、施工もクロスに吹き 付けて拭き取るだけです。 カー用品店などで売っているものとは 一味違うので、洗車好きな方は是非お試し下さい!• 車は単なる移動手段• 多少汚れていてもそれほど気にならない• 洗車は嫌いだからできればしたくない• 車は2、3年毎に乗り換える という価値観を持っている方であれば、 新車にコーティングをかける必要性は低いと思います。 コーティングをかけたから付加価値がつく というわけでもありませんし、 コーティングにかかる費用は高額です。 定期的に洗車をしなければすぐに 劣化してしまうので、せっかくコーティングを かけても無駄になってしまいます。 洗車が面倒なのであれば、 コーティングに払う お金を洗車にあてて、ガソリンスタンドなどで 手洗い洗車をしてもらうほうがおすすめ です。 定期的な洗車さえしていれば、塗装が傷む ことはそう簡単にはありませんし、洗車時に 簡易的な撥水コートやポリマーなどを 施工すれば、数カ月はその効果が持続しますよ。 また、上記の価値観とは真逆ですが、 車が好きで洗車などにかかる手間を惜しまない という方もコーティングは必要ないと思います。 磨きでより艶を出したいという場合は別ですが 自分でワックスがけやポリマーコーティング などを定期的にかけていれば、わざわざ高い コーティングをかける必要などないからです。 洗車が面倒なら洗車機を使っても良い! 地域によってはセルフのガソリンスタンドが 殆どを占めていて、近くに手洗い洗車を やっているところがないという方もいるかもしれません。 その場合でも洗車機を利用して定期的に 洗車をすれば、かなり綺麗な状態を維持できます。 今の洗車機はかなり進化していて、 傷も付きにくく、簡単なコーティングもできてしまいます。 ポリマーなどのコースを定期的にかけていれば 汚れも付きにくく、艶のある状態を保つことができるはずです。 1度ではそれほど効果はありませんが、 繰り返し洗車することでコーティング被膜も 厚くなり、塗装もしっかり保護できるので、 洗車が嫌いな方にもおすすめです。 また、コーティングをかけているからといって 洗車機を利用してはいけないわけではありません。 コーティングをかけているのに洗車をしない のであれば、洗車機を利用した方が遥かに良いです。 コーティングの種類によっては洗車機の メニューの中には不向きなものもあるので、そこだけ気を付けましょう。

次の

新車へのコーティングは必要かどうかを解説!

車 コーティング 必要

新車のコーティングは必要です。 何故ならば、車の塗装は紫外線や酸性雨、虫の死骸、鳥フン、排気ガス、黄砂、花粉、熱などの影響で日々劣化しています。 コーティングとは ・紫外線カット効果が得られる ・耐熱効果を得られる ・防汚 ぼうお 性能が得られる ・日々のお手入れ 洗車 が楽になる コーティングを行うことによって様々な効果を得ることが出来ます。 せっかくの綺麗な新車を買ったなら、長期間新車の状態を維持させたいと誰しもが願うはずです。 1-2 新車でコーティングしないと劣化が進む コーティングは様々な効果を得ることができるとお伝えしましたが、次に塗装の劣化について解説していきます。 塗装面の劣化原因とは? ・紫外線による劣化 ・酸性雨による劣化 ・油膜汚れ 花粉、黄砂、油膜 による劣化 ・スクラッチ傷による劣化 まずは、紫外線による劣化についてお伝え致します。 紫外線による劣化の種類 新車時のコーティングをする際にディーラーで施工しようか専門店に頼もうか迷っている方も少なくないと思います。 ここからは、メリット、デメリットをお伝えしていきます。 もしくはする方 ・洗車が好きな方 ・圧倒的な効果を求めている方 以上が、ディーラーと専門店のコーティングのメリット、デメリットでした。 続いては新車時にコーティングをする際にベストなタイミングをお伝えします。 新車のコーティングでよくいただく質問をまとめました。 7-1 Q,新車でコーティングをする時は何を選べばよい? A,新車のコーティングと言っても、お車の色や駐車環境、洗車頻度によって最適なコーティングが異なります。 一度専門店でプロの意見を聞いてみることをおすすめ致します。 7-2 Q,新車のコーティングは早めの方が良い? A,塗装面が汚れていない新車の出来るだけ早い段階でコーティングをすることをおすすめします。 汚れが付着してしまったり、小傷 スクラッチ傷 が付着してしまうと下地処理を追加でしなければならないため別途料金がかかってしまうケースがあります。 7-3 Q,新車のコーティングをDIYで考えています A,DIYコーティングなら材料費だけで施工することが出来るので自分で出来る方ならおすすめです。 DIYコーティングを行う時には正しい施工方法を理解した上で、効果の高いコーティング剤を選ぶことを推奨します。 7-4 Q,自分でやる際の新車の下地処理について A,下地処理の有無でコーティングの密着性が異なります。 新車の塗装面でも下地処理を行い、コーティングを塗布することで効果や持続性が高まるのです。 下地処理の方法については下記の記事をご覧ください。

次の