胸 の 真ん中 が 痛い。 最近寝起きに胸の真ん中に痛みを感じます。

急に胸が痛くなり続いています。心臓や肺の病気でしょうか?|一般社団法人日本呼吸器学会

胸 の 真ん中 が 痛い

経過から胸椎椎間関節症による肋間神経痛の可能性が高いです。 胸椎は背骨、上下の胸椎同士のつなぎ目が椎間関節、その関節が悪くなるのが胸椎椎間関節症です。 この箇所の痛みは胸に響きます(放散痛)。 咳やくしゃみの衝撃、深呼吸や笑う事や背骨を動かす動作で椎間関節がすれて、痛みが生じます。 原因は、肥満、運動不足、猫背などの悪い姿勢、咳やくしゃみです。 胸で起こった寝違い、あるいはぎっくり腰みたいなものです。 椎間関節の障害はX線写真に写らず、血液検査でもとらえることが出来ません。 そのため医療関係者の間でも認知度は低いです。 最前の治療法は椎間関節内への局所麻酔薬の注射(椎間関節ブロック)です。 しかしこの技術を持っている医者は多くはいません。 恐らく痛み止めと湿布の治療になると思います。 >今回だけ痛くなるようなことはありえますか? 持ち上げ方によってはありえます。 >2~3日で治るんでしょうか? 1週間程度はかかるでしょう。

次の

最近寝起きに胸の真ん中に痛みを感じます。

胸 の 真ん中 が 痛い

5つの胸の痛み方のパターン 鈍痛 鈍痛とは、にぶくて重苦しい痛みを指します。 耐えられない程の激痛ではないが、胸にどこか違和感を覚えたり痛みを感じたりが長く続く状態です。 こんな場合にも鈍痛が! 二日酔いなど飲みすぎた日の翌日、胸に鈍痛がする場合は、 胸やけを起こしている可能性もあるようです。 胸やけとは胃袋が軽い炎症を起こしている状態のことなのですが、胃袋ではなく胸が痛むと勘違いしている人も多いようです。 激痛 激痛とは、耐えられない程の激しい痛みを指します。 カラダに電気がはしるような痛さであったり、キリキリと刺すような痛みであったりする状態です。 胸だけでなく、全身にかけて痛みを感じることが多くあります。 また、痛みだけでなく冷や汗をかくなどの症状も見られるようです。 鋭痛 鋭痛とは、鋭く痛むことを指します。 カラダの中で痛みを抑制しようとする力が働くため、長時間にわたって痛みが続くことはありません。 締め付けられるような痛み 締め付けられるような痛みとは、 息苦しいなどといった圧迫感がある痛みのことです。 心臓や肺の病気が原因で、胸にも締め付けられるような痛みを感じている場合があるそうなので、病院で一度診察してもらった方がよいかもしれません。 こんな痛みも… 筋肉痛 胸には大胸筋という筋肉があります。 だから、筋肉痛で胸に痛みを感じている場合もあるんです。 骨折やヒビ 胸骨や肋骨 (ちょうど胸の真ん中にある骨)が骨折していたり、ヒビが入っていたりすると、呼吸をするだけでも胸に痛みを感じます。 表面的な痛みであったり、すぐに収まる痛みや一瞬だけの痛みであったりする場合は、大きな病気を心配をする必要は少ないようなのですが…。 胸の痛みは緊急性や危険性を伴うことが多くあるので、少しでも症状が気になる場合は、受診した方が良いでしょう。 胸の痛みから考えられる病気 ・狭心症 ・心筋炎 ・解離性大動脈瘤 (かいりせいだいどうみゃくりゅう) ・気胸 (ききょう) ・胃腸炎、胃潰瘍 ・胃十二指腸潰瘍 (いじゅうにしちょうかいよう) ・逆流性食道炎 ・肺結核 ・心臓神経症 ・心筋梗塞 ・大動脈解離 などが考えられます。 症状は様々ですが、 胸全体がギュッと締め付けられるような圧迫痛や、息苦しさを感じるのが特徴のようです。 息苦しさを伴う痛みが数十秒から数分続きますが、病状が悪化していくほど痛む頻度や度合いがさらに増します。 自律神経失調症 自律神経とは、無意識のうちにカラダの機能を動かしてくれている神経のことです。 例えば、自分が意識をしなくても勝手に心臓が動いているのは、自律神経のおかげなんです。 自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることで起こるカラダの不調を表します。 痛む箇所としては、胸の真ん中であったり、左胸であったりと、広範囲ではなく一部が集中して痛むようです。 原因としては、生活習慣の乱れやストレスだと考えられています。 胸が痛むだけでなく、だるさや動悸・不眠といったものから、イライラや憂鬱感・不安感などといった精神的な症状まであります。 心筋炎 ウイルスなどが原因で、心臓の筋肉 (心筋)に炎症を起こした状態のことです。 胸の痛みだけでなく、熱や咳など風邪に似た症状を伴います。 また風邪のような症状がでた後には、動悸のような症状が現れることも多いようです。 気胸 (ききょう) 気胸とは、肺に穴が開いてしまい、空気が肺の外に漏れてしまう病気です。 胸の真ん中が痛むだけでなく、胸が全体的に痛むことがあります。 胸の痛み以外にも、咳や呼吸困難などの症状もあるようです。 逆流性食道炎 逆流性食道炎とは、胃酸が食道へ逆流することによって、食道に炎症を引き起こす病気です。 胸が痛むだけでなく、胸やけや胸が締め付けられるような痛みがあります。 胃酸が逆流する原因には、食生活の乱れや偏りなどが考えられるようです。 心臓神経症 心臓神経症とは、心臓に異常がないのにも関わらず、胸にチクチクとした痛みを感じたり、動悸や息切れが起こりやすかったりといった症状です。 主にストレスや過労が原因で起こる病気であり、疲れやすいといった症状やめまいの症状も見られます。 心臓神経症は、女性に多く見られる症状のようです。 心筋梗塞 (しんきんこうそく) 心筋梗塞とは、心臓の筋肉(心筋)に血液を送る冠動脈が完全に塞がってしまい、心筋に血液が流れなくなった状態を指します。 激しい痛みだけでなく、吐き気や冷や汗などの症状にも見舞われるようです。 胃潰瘍 (いかいよう) 胃潰瘍とは、胃の粘膜がただれて傷ついた状態のことを指します。 主に、ストレスや過度なアルコール、喫煙などが原因と考えられるようです。 解離性大動脈瘤 かいりせいだいどうみゃくりゅう 大動脈は3層構造(外膜・中膜・内膜)になっています。 内側にある内膜になんらかの理由で裂け目ができてしまい、裂け目の部分に血液が流れ込んで、大動脈が裂けてしまうこと症状です。 胸の激痛の他にも、背中やお腹にまで激痛を感じます。 また、症状がひどい人は 手足が麻痺してしまう場合もあるようです。 肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう) 肋間神経痛は、くしゃみや伸びをしただけでも、 肋骨に沿ってチクチクとした激痛が生じます。 胸を囲むように肋骨はあるので、肋骨神経症は胸にも痛みを感じるんです。 原因は、加齢や生活習慣の乱れ、ストレスと考えられています。 自分で試せる対処法 生活習慣に気をつける 胸が痛む病気は、動脈硬化が原因になっている場合があります。 動脈硬化を予防するためには、生活習慣を正すことが大切になるんです! 例えば、 ・食生活を改善する(肥満はNG!) ・適度な運動を取り入れる ・禁煙する ・過度なアルコールは控える などに気をつけてみましょう。 動脈硬化とは? 動脈硬化とは、 動脈が固くなることで血管がもろくなってしまうことです。 動脈が固くなると、血液をうまく臓器に送れなかったり、血管が破れやすくなったりしてしまいます。 病院で診てもらう 「突然、胸が痛む!」というのは、もしかすると大きな病気のサインかもしれません。 胸の痛みだけでなく、めまいや吐き気がするなどといった状態によっては、命に関わる場合がある恐れがあります。 激痛ではないからと油断をせずに、突然の激痛でない場合でも病院で診察してもらいましょう。 ストレスを溜めない 胸が痛むことから考えられる病気には、ストレスが原因になっている場合も多くあります! (例えば、心臓神経症や食道炎など) 人間はストレスを溜め込みすぎると、無意識に呼吸が浅くなってしまう傾向があるようです。 呼吸が浅い状態だと、心臓に負担がかかり息苦しくなり (過呼吸のように)胸にも痛さや圧迫を感じることがあります。 また、 ストレスが原因で引き起こす病気もたくさんあるので、ストレスを溜めないようにしましょうね。 胸の締め付けをやめる 胸周辺が下着によって締め付けられていると、血行が悪くなり、肩こりや病気の原因にもなりえます。 だから胸が痛いからといっても、必ずしも病気だとは限りません。 しかし「胸の真ん中が痛いけれど、痛みはすぐに収まる」からといって油断しないようにしましょう。 胸の痛さを対処したり、症状がでないように気をつけたりするには、 ・食生活の改善 ・適度な運動を取り入れる ・禁煙する ・過度なアルコールは控える ・ストレスを溜め過ぎない などにも、気をつけることが大切です。

次の

胸の真ん中の痛みや違和感、圧迫感はストレスが原因?

胸 の 真ん中 が 痛い

痛みがマシになっているとのことで安心しました。 自然気胸という病気であれば、確かに肺にできた穴が小さいときは自然に治ってしまい、病院にいっても安静や運動を控えるといった、ひどくさせない対処療法で様子観察になります。 もちろん息切れとか痛みが続けば入院治療になります。 ただ、またいつか起きるかも知れないということと、本当に自然気胸かどうか確認しておかないと、ほかの病気と混同して間違った判断をしない(大丈夫とタカをくくって受診しない!)ことが心配です。 また、本当に自然気胸なら、たとえばダイビングとか、登山なんかで肺に圧力がかかるレジャー・急に呼吸困難になった時に対処が難しい運動は控えたほうがいいといった注意が必要です(単なるランニングとか、球技・水泳なんかの学校での運動はすぐに休んだり、病院に行けるので大丈夫です)。 そういった正しい注意を確認しておく必要がありますので、今回まだ胸に違和感があるなら受診してください。 もしまったく症状がなくなってしまったら、仕方ありませんが、そのときは今度同じ症状が出たら必ず受診してください。 繰り返し起こす人もおられますので、できればネットで自然気胸について確認して、説明文を見て納得できないことがあれば受診を考えてください。 特に熱が出るとか動悸がするとかあまり自然気胸で起きない症状があればほかの病気の可能性があります。 ほかの方のように本当に心配な人は「大丈夫、病院いかなくてもいいよ」とは言いません。 僕も基本的なキーワード「若年、胸部上方の急な胸痛、息切れ」で導き出される病気が自然気胸なので説明しましたが、本当に診断するためには胸の音を聞いたり、写真を撮ることが必要です。 やはり自己判断で気をつけてください。 お大事にしてください。 もう病院には行かれましたでしょうか? たぶん10から20代のお若い方と思います。 心身症のようなストレスで生じる病気でなければ、一番疑うのは自然気胸です。 健康な方でも生じる病気で、ふつうの呼吸や簡単な咳で、肺に小さな穴が開いて、息がしにくくなる状態です。 肺は風船で、それに小さな穴が開いたと考えてください。 ビニールの風船なら穴をふさがない限り治りませんが、人体なので傷は自然にふさがります。 漏れた空気は胸の中にたまってしまいますが、これもわずかなら自然に吸収されます。 しかし大量にたまっているといつまでも肺がしぼんだままになりますのでたまった空気をチューブで外に出してやる必要があります。 レントゲン、出来ればCTをとればすぐにわかります。 少し痛みは収まってきたかもしれませんが、息苦しいなら必ず病院に行かれてください。 A ベストアンサー おっぱいの痛みを訴える人のほとんどが背景に乳癌の不安を抱いています。 おっぱいが痛いと思っていても実は狭心症であったり肋間神経痛であったり することもたまに見受けられます。 実際におっぱいの痛みの場合、その痛みの原因が乳癌でないことを除外 診断することが一番大事です。 おっぱいの痛みの多くは良性変化である 乳腺症によることが多いです。 乳腺専門医を受診し正確に診断してもらうことが重要になります。 逆に考えれば、痛みという症状が折角出たので良い機会だから、 乳腺専門医を受診して診察してもらう事が安心に繋がりますし、また自分 の乳房に関心を持つきっかけになれば、なお、良いとも考えられます。 脇の下はリンパでしょう。 私も生理前はリンパは触れないほどいたくなりますししこりもありますが 毎年の検査で乳がんは見つかってません。 胸には乳腺がありますので、よく胸も痛みます。 良い機会ですから、年齢がわかりませんが、受診して不安は解消しておきましょう おっぱいの痛みを訴える人のほとんどが背景に乳癌の不安を抱いています。 おっぱいが痛いと思っていても実は狭心症であったり肋間神経痛であったり することもたまに見受けられます。 実際におっぱいの痛みの場合、その痛みの原因が乳癌でないことを除外 診断することが一番大事です。 おっぱいの痛みの多くは良性変化である 乳腺症によることが多いです。 乳腺専門医を受診し正確に診断してもら... Q 接骨院、整形外科に行っても原因が分かりませんでした。 どなたかご存知の方がみえましたら教えて下さい。 症状は1年程前からです。 しばらく座っていたり寝転んでいたりすると、胸の中心辺りの骨が痛いんです。 胸を反らすとポキッと骨が鳴って、多少痛みは治まります。 重い物を持ったり、咳やあくびをするだけでも痛みます。 痛みの程度は、我慢できる範囲です。 我慢強くはない私でも耐えられる範囲です。 ただ、運動などして体を動かすと痛みは治まります。 胸を反らして骨を鳴らすのは数分しか効果はありませんが、運動はしばらく楽な状態が続きます。 大きな病院に行って、血液検査・レントゲン・CTスキャンをしても原因が分かりませんでした。 骨の歪みが原因なのかとも思いますので、今度整体にでも行ってみようか検討中です。 どなたかご存知の方、どうかよろしくお願い致します。 A ベストアンサー ご質問からすでに3ヶ月近く経ちますのでもう治ってられるかもしれませんが・・・ はっきりとは言えないのですが、なんとなく、胸の辺りの筋肉痛ではないかと思います。 というのも、そもそも、骨とは痛みを感じないんものです。 その周辺の筋肉、神経系が刺激されて、脳が痛みを感じるんですね。 例えば、風邪をひいて、とてもたいへんな咳が出たとしますよね。 そうしたら、胸の辺りがしんどくて痛みます。 それは筋肉痛なんです。 胸を反らしてボキボキするということは、 筋肉を引っ張ってストレッチをした状態だと考えられます。 また、運動すれば楽になるということは、 身体が温まって筋肉が動いて楽になったと考えられます。 ただ、症状が一年以上も続いていることが気がかりですが、 整体、カイロ、マッサージで楽になることはあると思います。 Q 初めまして。 昨晩から、喉から鎖骨の下…心臓より少し上?? あたりが痛いです。 普通にしているときは違和感はありますがそこまで気になりません。 しかしゲップみたいな空気が入ったり、飲食で飲み込んだ時に痛くなり、特に鎖骨の下? の胸の上部 名称が分からなくて分かりずらい表現でごめんなさい。 食べ物を詰まらせた時にドンドン叩くところって感じです が痛み、違和感があります。 因みにその痛みは私が今まで風邪で経験した喉の痛みとは違う感じがします。 痛み方は、飲み込んだとき喉の奥が痛み、その痛みが喉仏? あたりを通って鎖骨の下まで広がっていく感じです。 あと、くしゃみ等で刺激? が加わる時は喉は痛まずに鎖骨の下あたりのみ痛いです。 関係ないかもしれませんが、最近首のこり、肩こりも激しく痛みます 特に病院等に診てもらってないです。 それで、この喉~の痛みについて少し様子を見ておこうかなとも思ったのですが、食事中痛くて痛くて…。 病院で診てもらった方がいいと思ったのですが…、、診療科は耳鼻咽喉科、内科等のうちどこが適していると思いますか???? また、もし同じ体験をなされた方がおられましたら是非体験談をお伺いしたいです。 長文申し訳ないです、宜しくお願いします。 初めまして。 昨晩から、喉から鎖骨の下…心臓より少し上?? あたりが痛いです。 普通にしているときは違和感はありますがそこまで気になりません。 しかしゲップみたいな空気が入ったり、飲食で飲み込んだ時に痛くなり、特に鎖骨の下? の胸の上部 名称が分からなくて分かりずらい表現でごめんなさい。 食べ物を詰まらせた時にドンドン叩くところって感じです が痛み、違和感があります。 因みにその痛みは私が今まで風邪で経験した喉の痛みとは違う感じがします。 痛み方は、飲み込んだとき喉の奥が痛み、... A ベストアンサー こうとうがい と言う部分が、喉の奥にあります。 こうとうがい は食べ物を食道に送り、 空気を気道に送る仕分け係を担当しています。 yamaguchi-redcross. jpg この こうとうがい にインフルエンザなどのウイルスが侵入し、 炎症を起こした状態に似ています。 耳鼻咽喉科、内科、どちらでも診てもらえます。 ただ、こうとうがい ではなく、 食道の炎症の場合は内科が専門になりますから、 どうせなら内科で診察を受けてください。 こうとうがいの炎症は放置しておくと腫れがひどくなって、 窒息死を起こす場合も有りますから、 症状が軽くても病院へ行くことをお勧めしますよ。 Q 今日のお昼過ぎくらいから、急に痛くなり、ずっと痛みが続いています。 場所は胸の真ん中というか、鎖骨の中央の下辺りというか、その辺です。 最初は動かなければ痛みはなく、体を丸めるようにしていれば大丈夫だったのですが、 横になった状態から起きるときに激痛でなかなか起きれず、無理に起きたところ、 それから動いていなくても少し痛みがあるようになってしまいました。 普通に動くだけでも痛いのですが、肩甲骨を寄せるような感じで胸を張ると激痛です。 痛い場所を押すと、なんとなく痛いという程度に痛みます。 普通の呼吸では痛みませんが、深呼吸は少し痛いです。 調べた中で一番近いのは肋間神経痛ですが、 長時間痛みが続くことはないとも書いてあり、合致しません。 この症状で考えられる病気を教えてください。 また、明日の様子を見て病院に行くつもりでいるのですが、何科がいいでしょうか。 なんでも診てくれるような町医者でもいいでしょうか。 Q 30歳男性、171cm、63kg(体脂肪約15%)です。 本日の夕方頃から食道につまりのようなものを感じ始め、徐々に痛み(食道を絞められているような痛み)に変わってきました。 痛みは定期的なものと、ものを飲み込む時のものと2つあります(痛み方は同じです)。 他に気づいた点ですが、呼吸と痛みに関係はないようです。 胸以外に痛みはなく、熱、呼吸、脈等も特に問題ありません。 また、痛む部位を押しても痛みが増すことはありません。 先ほどから痛みの周期が長くなり、痛みも少しだけ軽くなってきましたが、まだまだ痛み、非常に不安です。 過去の質問等を参考に調べてみました。 食道内部の炎症かと思うのですが、心筋梗塞の症状にも似ている気がします。 病名や、病院に行く際に何課を受診したらいいかなどのアドバイスをいただけますでしょうか。 よろしくお願いします。 また、心疾患よりも消化器・食道系またそれらの血管系の可能性も感じます(特定は出来ませんが)。 ==診療科については== 内科で結構でしょうが、専門外来で消化器外来があればそちらから初診を受けられてはいかがでしょうか? ==いづれにしても== 恐れる必要は不要ですが、一つしかない大切なからだの事です(ご家族や守る方があれば一層)。 いつもと明らかに違う痛み・症状を感じたときは、お時間を創ってでも医師の診断を是非お勧めします。 ==蛇足ですが== アクセスにIDが不要なサイトの消化器・食道疾患のページが参照URLです。 homeunix. htmlをご参照下さい。 banyu. また、心疾患よりも消化器・食道系またそれらの血管系の可能性も感じます(特定は出来ませ...

次の