こんにゃく 開封 後。 こんにゃくの保存方法と保存期間【常温・冷蔵・冷凍】最適なのは?

こんにゃくの賞味期限切れは食べていい?正しい保存方法で長持ち!

こんにゃく 開封 後

こんにゃくは低カロリーでダイエットに最適なヘルシー食材、かつ、さままざまな料理に活用しやすい食材です。 日々の食卓でも登場しやすい こんにゃくですが、賞味期限が切れていても半年から1年くらいは保存できるという話は本当なのでしょうか?こんにゃくはなんとなく 長期保存できる食材、賞味期限が長い食材というイメージがあるかと思います。 今回は こんにゃくが賞味期限を切れても食べられるかどうかについて、未開封、開封後とそれぞれの状態において詳しく調べてみました。 また、美味しく食べられる期間である 「賞味期限」をより長く延ばすための保存方法の工夫についても紹介しています。 本記事を参考にこんにゃくの賞味期限と上手に付き合えるようになりましょう。 こんにゃくの賞味期限は製造日から30日~90日程度ともともと長いほうですが、未開封なら半年から1年くらい過ぎていても食べられると聞いてもなんとなく不安を覚える人もいるかもしれません。 未開封のこんにゃくなら1年過ぎても本当に食べられるのでしょうか? 答えは、未開封のこんにゃくなら賞味期限を1年過ぎても「 食べられる、しかし食味を損なう」です。 実はこんにゃくは未開封の状態にあっても賞味期限を過ぎると徐々に水分が抜けていきます。 水分が抜けることを「離水」というのですが、この離水の結果、 こんにゃくは痩せていき食べるときにやや硬い食感となってしまうのです。 また、覚えておきたいのは 絶対に腐らないとは言えないという点です。 未開封で賞味期限を過ぎて1年程度であっても、開けた時に例えば 異臭があったりぬめりがあるような場合は腐敗している証拠ですのでくれぐれも注意しましょう。 賞味期限を過ぎたこんにゃくは、自分の目でみて腐っていないかどうかしっかりと確かめる必要があるということです。 未開封のこんにゃくなら保存状態さえ良ければ賞味期限を半年から1年過ぎていても腐ることはない、そう言える根拠はどこにあるのでしょうか? スーパーで普通に売られているこんにゃくはすべて梱包されています。 市販のこんにゃくは製造時に加熱殺菌された状態で衛生的にパッキングされていますので、未開封であれば空気を遮断し腐りにくいのです。 これらのことから、 未開封かつ高温でないなど環境的に正しい保存状態であれば、賞味期限が1年程度過ぎていても腐敗しにくいと言われています。 とはいえ、重ねて言いますが賞味期限を過ぎたこんにゃくが本当に腐敗していないかどうか、しっかりと自分の目で確かめる必要があります。 見た目だけでなく見た目にも注意してチェックしましょう。 こんにゃくの賞味期限を延ばす正しい保存方法については後述しますが、ここでは簡単に 開封後の保存方法についてどのような方法があるのか紹介しましょう。 こんにゃくといっしょに包装されていた アク水に浸けるのが一番よいですが、水道水でも大丈夫です。 水を毎日替えれば開封後のこんにゃくも数日は傷むことなく保存できます。 水に浸けたこんにゃくであればこんにゃくの離水を防ぎ、ある程度状態を保ったまま保存することが可能です。 ただし、再度使う場合は見た目と匂いを確認してこんにゃくが傷んでいないかチェックしてから使うようにしましょう。 こんにゃくを1枚丸ごと使わず、使い切れないこんにゃくを保存する人も多いかと思います。 その際に 水に浸けておくとより賞味期限を長く延ばすことが可能です。 こんにゃくと一緒に封入されていたアク水があれば、それを使いましょう。 アク水はこんにゃくと同じ濃度のアルカリ水であり、こんにゃくの状態を保持する成分が含まれているためです。 アク水がない場合は水道水に浸しても大丈夫です。 こんにゃくがしっかりと被るように水に浸けます。 こんにゃくを浸けておく水道水は毎日替えてください。 開封後のこんにゃくは2日から3日で使い切るのがベストですが、 保存状態が良ければ1週間から1か月程度保存することも可能です。 こんにゃくの状態を確かめて使いましょう。 一度 冷凍したこんにゃくは、解凍すると牛すじのような硬い食感に変化します。 これを利用してあえてこんにゃくを冷凍し、レシピに活用することもできます。 冷凍こんにゃくを作るなら、 保存する前に下ごしらえをしておきましょう。 まず適当な大きさに切ったこんにゃくを1~2分程度茹で、アクを抜きます。 ざるにとって水気をとったらフリーザーバッグなどに移して冷凍しましょう。 解凍は自然解凍するか、流水に当てながら解凍します。 解凍後はしっかりと絞ってこんにゃくの水分を出して下ごしらえは完了です。 画像のように炒め物に使っても良いですし、煮物にしても味がしみこみやすく美味しく仕上がります。 また、 肉のような食感を利用して唐揚げにするのも美味しいです。 鶏肉のから揚げよりもヘルシーに作れます。 冷凍こんにゃくの賞味期限は1か月程度が目安です。 賞味期限が切れそうなこんにゃくを冷凍しておくのも料理の幅が広がり良いかもしれません。 こんにゃくが腐っているかどうかを見極める方法、まずは見た目に注目しましょう。 未開封の場合なら包装されているパッケージごしに、こんにゃくの端を触ってみてください。 ぐにゃりとした感触がしたらこんにゃくの腐敗が進んでいる証拠ですので要注意です。 未開封で袋に入っている場合、 浸けている水が濁っていたり、袋自体が膨張していたりしていてもアウトです。 また、開封後にボウルやタッパーに移し水を張って保存する際も、その 水に膜が張っていたり、ぬめりが見られるようなら傷んでいる証拠ですので食べてはいけません。 次に見た目以外にも、 匂いでこんにゃくの腐敗が分かるケースもあります。 こんにゃくは腐敗すると強烈な悪臭を放ちます。 ツンとした匂いがしたらそのこんにゃくはもう腐っているという意味ですから、決して食べないようにしてください。

次の

こんにゃくの保存方法。袋の保存液と白いざらざらの正体もあわせて。

こんにゃく 開封 後

fuji-yanさんが書かれている「得体の知れない膜」は私も経験があります。 こんにゃくに限らず食べきれずに保存しておいたものが大丈夫か?と悩むことは結構ひんぱんにあります。 私は自分で感じる「食べても平気か?」という直感で対処することが多いです。 aki-pさんが書かれているように、保存状態によっても状況は変わってくると思うし、冷蔵庫に入れていても季節によっても違うのではないか?と私は思っています。 「ちょっとアヤシイかも?」と思った食品に対しての私の対処法は、酒を多めに入れるのと多めの加熱です。 (加熱した時に変なニオイがしてくるものもあります) 全然関係ないですが、こんにゃくを冷凍するとプリプリの食感はなくなるけど、長期保存できるということです。 高野豆腐のような感じになるようです。 今度あまったら試してみてはいかがでしょうか。 賞味期限とは適切な保管方法で未開封の場合の期限になりますので 開封後はこの限りではありません。 下記サイトによれば「開封後は数日以内に食べて下さい」ということですので おそらく長くても1週間以内かな?と思います。 キレイに使っている冷蔵庫でも多少なりとも雑菌がありますし こんにゃく自体、調理の際に素手で扱っていると思いますので 雑菌が繁殖してる場合もあると思います。 どうしてもというのでしたら止めませんが2週間前の物ということでしたら 出来ればやめた方がいいかな?と思います。 私はなるべく使い切りサイズを買って残さないようにしていますが どうしても残ってしまった場合はタッパーで保存しておきます。 ただし2日以内には食べきるようにしています。 あまり長く置くとやはり食感も悪くなるようです。 参考URL: A ベストアンサー 私は36週の検診で子宮口が3cm開いていると言われました。 で、37週で3センチのまま、38週で5センチ、39週で5cmで 子宮口も柔らかくなっていると言われました。 結局産まれたのは、39週3日目でした。 子宮口が開いていても柔らかくならないと産まれて こないみたいで、早く産みたかったので 39週の検診のときに柔らかくする 薬を入れようと言われたのですが、内診ですでに 柔らかくなっているので薬はやめました。 その3日後に破水から出産になりました。 私も3cm開いていると言われてからは、 いつ陣痛がくるかとドキドキしていました。 36週の頃から推定体重も2500グラムを超えていて いつ産まれてもいいと言われていて よく歩いてねーと先生に言われて散歩してましたよ。 でもなかなか出てきてくれませんでした(笑) 陣痛がきても子宮口がなかなか開かず苦しい思いを する方もいるのですでに開いてると少しはラクかもしれ ませんよー 私は初産でしたが2時間で産まれました。 本当に辛い陣痛からは1時間で産まれてきてくれて 超安産と言われました。 あと少しで赤ちゃんに会えますね。 頑張ってくださいね。 私は36週の検診で子宮口が3cm開いていると言われました。 で、37週で3センチのまま、38週で5センチ、39週で5cmで 子宮口も柔らかくなっていると言われました。 結局産まれたのは、39週3日目でした。 子宮口が開いていても柔らかくならないと産まれて こないみたいで、早く産みたかったので 39週の検診のときに柔らかくする 薬を入れようと言われたのですが、内診ですでに 柔らかくなっているので薬はやめました。 その3日後に破水から出産になりました。 私も3cm開いていると言われてからは、...

次の

こんにゃくの未開封と開封後の賞味期限は?

こんにゃく 開封 後

スポンサーリンク 3、未開封、開封後のこんにゃくを長持ちさせる方法を教えます 先ほどもかきましたが未開封の場合、30日~90日まで一般的なようです。 賞味期限というのは「おいしくたべられる期間」という期間です。 すぐに腐るというものではありません。 ちなみに こんにゃくにはいっている水はアルカリ水です。 アルカリ水には殺菌採用があるのでこの水につけておくと保存が長くできます。 どんな防腐剤よりも効き目があります。 校風後、余ってしまうこともありますよね。 最近は一人暮らし用の使いきりサイズなどがありますが余ってしまった場合は、少しでも長くもたせたいですよね。 そんなときに使える2つのやり方を紹介したいと思います。 水を捨てちゃった場合は普通の水道水でもかみませんが数日に1度水を変えてください。 じゃないと水が腐ってしまいますからね。 タッパーがないときはボウルでもかいまいません。 または、こんにゃくの袋にいれて100均などで売っている食品の袋をパチンと止めるクリップでとめて冷蔵庫のポケットに入れておきましょう。 しかし、こんにゃくは90%以上が水分のため、解凍するとスポンジ状になって食感が変わってしまいます。 なので、普段たべてるこんにゃくとは別物になってしまいます。 しかし、冷凍こんにゃくの食感が好きという人もいて、わざと冷凍こんにゃくにする人もいます。 また、水分が抜けた分、味が染みておいしくなります。 なので、ダイエットの中の方のお肉代わりとして「氷こんにゃく」というものがあります。 5、冷凍こんにゃくのレシピ 冷凍こんにゃくのレシピを紹介したいと思います。 分集め(1cmくらい)に切っておくとより、よりお肉感が出ます。 一晩寝かせてください。 6、まとめ こんにゃくって冷凍できるんですね。 あとあの水はアルカリ水だったんですね。 こんにゃくは長期保存できるんですね。 私はあまりこんにゃくを使った料理は作りませんがこれならあまっても大丈夫そうですね。 いっぱいこんにゃく料理作ってやせるぞ!.

次の