アサヒ ビール 株価。 【アサヒグループホールディングス】[2502] 株主優待情報

【アサヒグループホールディングス】[2502] 株主優待情報

アサヒ ビール 株価

沿革 [2503]キリンホールディングスの沿革です。 起源は、1870年に アメリカ人 ウィリアムが、日本で初めて大衆向けにビールを醸造・販売した企業「スプリング・バレー・ブルワリー」です。 幾多の変遷を経て、1907年に 三菱財閥傘下の日本国籍会社「麒麟麦酒(ビール)」として新発足しています。 戦後に生産量を伸ばし、日本のビール事業の草分け的企業として、 年間庫出量でトップシェアを獲得し、国内ビール企業の地位を確固たるものにしていました。 現在では、アサヒビールの「アサヒスーパードライ」の台頭などによりその差を詰められ、日本のビール業界は、 キリン・アサヒ・サントリー3社でビール業界首位を争う状態となっています。 2007年に持株会社制に移行しています。 ビール飲料以外でも、戦前から 「キリンレモン」の製造・販売が始まるなど(後のキリンビバレッジに移管)、日本の飲料メーカーとして業界を引っ張ってきています。 キリンHDの子会社 [2503]キリンホールディングスの子会社の一例です。 麒麟麦酒株式会社(ビール事業)• キリンビバレッジ株式会社(清涼飲料水)• 協和キリン株式会社(バイオなどの製薬)• 小岩井乳業株式会社(乳製品・食料品の製造販売) 三菱グループの一員• AGC株式会社• キリンホールディングス株式会社• 東京海上日動火災保険株式会社• 株式会社ニコン• 日本郵船株式会社• 三菱地所株式会社• 三菱自動車工業株式会社• 三菱重工業株式会社• 株式会社三菱総合研究所• 三菱電機株式会社• 三菱マテリアル株式会社• 三菱UFJ信託銀行株式会社 ビール業界での順位 [2503]キリンホールディングスのビール売上高の 業界順位を見てみます。 サントリー、に次いで、 業界第1位となっていますがその差は大きくなく、激しくシェア争いをしている状態です。 順位 企業名 売上高 億円 1 キリンHD 10,238 2 サントリーHD 10,159 3 9,194 4 2,508 [2503]キリンホールディングス 株価 ( 2020/06/13時点) [2503]キリンホールディングスの 株価は、 2236円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約22.4万円です。 1年チャート 5年チャート [2503]キリンホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [2503]キリンホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/13時点) 配当金 [2503]キリンホールディングスの 1株当たりの配当金は、 65円です。 100株保有の場合、 年間6500円の配当金が支払われます。 配当利回り [2503]キリンホールディングスの 配当利回りは、 2.91%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 2. 79685= 2. 32% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [2503]キリンホールディングスの 権利確定月は、 6月・12月です。 配当性向 [2503]キリンホールディングスの 配当性向は、 48%です。 [2503]キリンホールディングス 配当金まとめ 株価 2236円 年間配当 65円 最低購入額(100株) 約22.4万円 年間配当(100株) 6500円 利回り(税引き前) 2.91% 実質利回り(税引き後) 2.32% ( 2020/06/13時点) [2503]キリンホールディングス 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [2503]キリンホールディングスの 配当金支払い実績です。 増配傾向が続いています。 年ごとの増配率は10%以下でそこまで高い上昇率ではありません。 配当利回りの推移 [2503]キリンホールディングスの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、1~2%台の間で推移しています。 配当性向の推移 [2503]キリンホールディングスの 配当性向の推移です。 配当性向は、おおむね50%以下で推移しておりますが、100%超えの年もまれに見られます。 継続して利益が出なかった際、配当金支払いが経営の足かせとなることが想定されます。 [2503]キリンホールディングス 業績 売上高 [2503]キリンホールディングスの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [2503]キリンホールディングスの 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [2503]キリンホールディングスの 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [2503]キリンホールディングスの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [2503]キリンホールディングスは、国内を代表する飲料メーカーであり、近年の増配傾向も魅力の企業です。 配当利回りは、非常に高いとは言えませんが、安定性と増配傾向から、投資を検討していきたい企業です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

アサヒグループホールディングス (2502) : アナリストの予想株価・プロ予想 [Asahi Group Holdings]

アサヒ ビール 株価

9 212. 0 1. 0 238. 5 1. 6 297. 3 2. 5 276. 5 3. 0 243. 0 2. 79 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

アサヒビール(2502)の配当・優待について。株価も分析|株で生活を豊かにする

アサヒ ビール 株価

沿革 [2503]キリンホールディングスの沿革です。 起源は、1870年に アメリカ人 ウィリアムが、日本で初めて大衆向けにビールを醸造・販売した企業「スプリング・バレー・ブルワリー」です。 幾多の変遷を経て、1907年に 三菱財閥傘下の日本国籍会社「麒麟麦酒(ビール)」として新発足しています。 戦後に生産量を伸ばし、日本のビール事業の草分け的企業として、 年間庫出量でトップシェアを獲得し、国内ビール企業の地位を確固たるものにしていました。 現在では、アサヒビールの「アサヒスーパードライ」の台頭などによりその差を詰められ、日本のビール業界は、 キリン・アサヒ・サントリー3社でビール業界首位を争う状態となっています。 2007年に持株会社制に移行しています。 ビール飲料以外でも、戦前から 「キリンレモン」の製造・販売が始まるなど(後のキリンビバレッジに移管)、日本の飲料メーカーとして業界を引っ張ってきています。 キリンHDの子会社 [2503]キリンホールディングスの子会社の一例です。 麒麟麦酒株式会社(ビール事業)• キリンビバレッジ株式会社(清涼飲料水)• 協和キリン株式会社(バイオなどの製薬)• 小岩井乳業株式会社(乳製品・食料品の製造販売) 三菱グループの一員• AGC株式会社• キリンホールディングス株式会社• 東京海上日動火災保険株式会社• 株式会社ニコン• 日本郵船株式会社• 三菱地所株式会社• 三菱自動車工業株式会社• 三菱重工業株式会社• 株式会社三菱総合研究所• 三菱電機株式会社• 三菱マテリアル株式会社• 三菱UFJ信託銀行株式会社 ビール業界での順位 [2503]キリンホールディングスのビール売上高の 業界順位を見てみます。 サントリー、に次いで、 業界第1位となっていますがその差は大きくなく、激しくシェア争いをしている状態です。 順位 企業名 売上高 億円 1 キリンHD 10,238 2 サントリーHD 10,159 3 9,194 4 2,508 [2503]キリンホールディングス 株価 ( 2020/06/13時点) [2503]キリンホールディングスの 株価は、 2236円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約22.4万円です。 1年チャート 5年チャート [2503]キリンホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [2503]キリンホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/13時点) 配当金 [2503]キリンホールディングスの 1株当たりの配当金は、 65円です。 100株保有の場合、 年間6500円の配当金が支払われます。 配当利回り [2503]キリンホールディングスの 配当利回りは、 2.91%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 2. 79685= 2. 32% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [2503]キリンホールディングスの 権利確定月は、 6月・12月です。 配当性向 [2503]キリンホールディングスの 配当性向は、 48%です。 [2503]キリンホールディングス 配当金まとめ 株価 2236円 年間配当 65円 最低購入額(100株) 約22.4万円 年間配当(100株) 6500円 利回り(税引き前) 2.91% 実質利回り(税引き後) 2.32% ( 2020/06/13時点) [2503]キリンホールディングス 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [2503]キリンホールディングスの 配当金支払い実績です。 増配傾向が続いています。 年ごとの増配率は10%以下でそこまで高い上昇率ではありません。 配当利回りの推移 [2503]キリンホールディングスの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、1~2%台の間で推移しています。 配当性向の推移 [2503]キリンホールディングスの 配当性向の推移です。 配当性向は、おおむね50%以下で推移しておりますが、100%超えの年もまれに見られます。 継続して利益が出なかった際、配当金支払いが経営の足かせとなることが想定されます。 [2503]キリンホールディングス 業績 売上高 [2503]キリンホールディングスの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [2503]キリンホールディングスの 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [2503]キリンホールディングスの 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [2503]キリンホールディングスの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [2503]キリンホールディングスは、国内を代表する飲料メーカーであり、近年の増配傾向も魅力の企業です。 配当利回りは、非常に高いとは言えませんが、安定性と増配傾向から、投資を検討していきたい企業です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の