義母と娘のブルース 正月 感想。 【義母と娘のブルース正月SP】の視聴率とネタバレ!竹野内豊の正体と「続きはパラビ」にモヤる

義母と娘のブルース

義母と娘のブルース 正月 感想

2週間の無料体験で人気のドラマが見放題。 無料期間中に解約しても料金は一切なし。 継続利用でも、月額はたったの1,017円 税込。 一日あたり、たったの34円安心&ノーリスク。 話題のドラマが見放題で楽しめる レンタル作品も有り• TBS系、テレ東、WOWOWなど、国内外の人気ドラマ、映画・アニメ・音楽など豊富なコンテンツ。 オリジナルコンテンツ、お笑い・バラエティーも多数。 亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。 亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。 女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。 サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。 ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。 すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。 まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。 「これは一体どうしたことでしょう!」 こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。 「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。 周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。 そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。 このドラマは、 一生懸命義母になろうとした 元キャリアウーマンと、 その愛を受け取った娘、 そしてその家族を支えた人間たちの 愛の物語である。 tbs. 予告では何かと意味深な内容だったので一体どんな話になるのかとワクワクしていました。 亜希子さんの全くブランクを感じさせない完ぺきな仕事っぷりには惚れ惚れする程でしたし、みゆきちゃんのあののんびりとした雰囲気は、今時の女の子風と違って素直で真っ直ぐなところにとても好感が持てます。 今回は思わぬことから赤ちゃんの面倒をみることになり、それをヒントに新しいビジネスの提案へと結び付ける辺りは「ナイス!亜希子さん」と言ってしまいました。 また、それは今の時代が抱えている問題提起とも受け取ることが出来、本当にこのようなビジネスを国が立ち上げ、若い人たちにとって子育てがしやすい環境を整えることが将来の日本にとって良いことだとドラマを観ながら思わず考えさせられました。 「孤育て」ではなく、「子育て」であってほしいものです。 それにしても、ベーカリー麦田の店長の亜希子さんへの想いはいつか通じる時が来るのでしょか?通じてほしいと思いながらも「それは無いか」と今回のSPでも残念ながら思ってしまいました。 それからもしかしたら、これが今回の一番の見どころとも言えるかもしれない最後の終わり方が気になります。 亡くなった良一さんに似た人物の登場は、続編を期待してしまいました。 あの終わり方では私のように感じた方も多いのではないかと思われます。 きっと「ぎぼむす」ファンならまだまだ続編が見たいと思うはずです。 再び、亜希子がバリバリ働く姿と、みゆきや麦田との温かい触れ合いを見ることができました。 亜希子が仕事をくびになったり、ベーカリー麦田に捨てられた赤ちゃんをみゆきたちが育てたりと、ショックな話から始まりました。 が、赤ちゃんの父親が見つかり、足りないのは助けだと気づき、亜希子が子育て支援の提案をすることにつながるのです。 しっかり現代の問題も取り入れているのがこのドラマの良い所です。 麦田は相変わらずイケメンの愛されキャラで和みました。 今回、語りがみゆきから良一になっていて、竹野内さんが謎の男として登場したのがとても気になっていましたが、最後にどんでん返しがありました。 亜希子が子育て支援で立て直しをしようとしてした会社のゴルディックが買収されそうになり、その相手が竹野内さんだったのです。 とても驚きました。 しかも名前が良治です。 また続きがありそうな終わり方でした。 亜希子とみゆきのきずなが深まる会話は、親子愛や人間愛を感じさせてとても良かったです。 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」という国連サミットで採択された事柄で「すべての人に健康と福祉を」はその3番目にあたる。 お母さん方の「ちょっと見てくれる人がほしい」との願いは切実であり、また現在の日本の家庭環境ではなかなか叶えることは難しい。 ワンオペ育児ではどんな人もノイローゼになるのが当然だから、常にソリューションを探索する亜希子が人間にしかできない仕事としてそこに目をつけたのも納得だ。 捨てられた赤ちゃんにとって福祉とは何か。 親探しか。 それも一つの方策だが、血縁よりもかかわるいろんな人間の愛情が大事かもしれない。 「いろんな」というところが子育てのポイントだ。 母親だけに愛情供給の役を押し付けてはいけない。 誰しも思い返せば「他人」の言葉や思いやりに救われたことがあるはず。 フランスは個人主義の国と思われているかもしれないが、「子供は社会で育てるもの」という考え方が浸透していて子連れでバギーを抱えていればすぐ助けの手が差し伸べられるという。 ところで始終思わせぶりにウロウロしていた宮本良一にクリソツな男は何者だ?と思いながらずっと見ていた。 なるほどね。

次の

義母と娘のブルースの正月編ラストからの続編はある?放時期はいつか考察

義母と娘のブルース 正月 感想

名前:佐藤健• 生年月日:1989年3月21日 30歳• 出身地:埼玉県• 血液型:A型• 身長:170cm• 所属事務所:アミューズ 「義母と娘のブルース」で6話から ガッツリレギュラーとして出演されていました。 1話から登場はあったのですが、親の代からのパン屋を引き継ぐ事に抵抗があり、職を転々としていました。 親孝行のために「ベーカリー麦田」の店長となったものの、お店の評判は悪く賃貸料の支払いも滞っていた時、求人に応募してきた 亜希子を雇います。 麦田のバカっぷりww こーゆー役も違和感なくこなす佐藤健すごいわ — まりえ mailie0721 麦田、愛すべきバカすぎて大好き あと佐藤健やっぱかっけぇ~な — イヌ dodonper 麦田のアホっぽさが佐藤健度ゼロ。 さすが佐藤健。 ・今の時代は関わりが減っていることがドラマを見て良く分かった所 とても勉強になりました。 そして、この終わり方は続編あるよね!? よろしくお願い致します。

次の

義母と娘のブルース正月スペシャル動画の見逃し配信無料視聴はこちら!

義母と娘のブルース 正月 感想

名前:佐藤健• 生年月日:1989年3月21日 30歳• 出身地:埼玉県• 血液型:A型• 身長:170cm• 所属事務所:アミューズ 「義母と娘のブルース」で6話から ガッツリレギュラーとして出演されていました。 1話から登場はあったのですが、親の代からのパン屋を引き継ぐ事に抵抗があり、職を転々としていました。 親孝行のために「ベーカリー麦田」の店長となったものの、お店の評判は悪く賃貸料の支払いも滞っていた時、求人に応募してきた 亜希子を雇います。 麦田のバカっぷりww こーゆー役も違和感なくこなす佐藤健すごいわ — まりえ mailie0721 麦田、愛すべきバカすぎて大好き あと佐藤健やっぱかっけぇ~な — イヌ dodonper 麦田のアホっぽさが佐藤健度ゼロ。 さすが佐藤健。 ・今の時代は関わりが減っていることがドラマを見て良く分かった所 とても勉強になりました。 そして、この終わり方は続編あるよね!? よろしくお願い致します。

次の