おひつ や 豊橋。 会社案内:フライパン倶楽部

「ほっとい亭」さん~豊橋市美味しい山芋・自然薯料理のお店~

おひつ や 豊橋

おひつのご飯がおいしい理由 伝統的な木のおひつは、ご飯が温かいうちは余分な水分を吸収し、冷めてくると今度はご飯がオパサパサにならないように水分を補います。 これは、おひつに使われている「木材」に理由があります。 すし桶やおひつに使われている木材は「柾目(まさめ)材」と言い、木の木目同士の幅が狭く並行に並んでいる木材が使われています。 そのため、柾目(まさめ)材は均等に水分を吸収して放湿してくれ、中に入れたご飯の水分を吸収しつつ逃しません。 柾目材の木のおひつは程度な水分調整ができるんですね。 温かいご飯を入れた時 余分な水分をおひつが吸収するから 程よく蒸されておいしいご飯に!• 冷やご飯を入れた時 おひつが水分を放出するから 冷めてもご飯が固くなりにくい! もちろん、おひつで保存したごはんは、徐々にその温度を低下させます。 しかし、冷めた後でも、炊き上がったときに木が吸収した水分を、優しく少しずつ放出し、ごはんの水分量も適正に保ってくれるため、ごはんがパサパサにならずおいしく頂けます。 夜に炊いたごはんを、次の日の朝までおひつで保管し、美味しくいただくことも十分に可能です。 炊飯器と比較して硬くなりづらいですから、お弁当用に使うのもオススメ。 周囲の環境が良ければ、2~3日ほどごはんを保管できることも珍しくありません。 ほんのりと木の香りが漂うごはんは、冷めたままでも美味しいもの。 一度おひつのご飯を味わったら、もう手放せないという声も多く寄せられています。

次の

おひつや叶山(地図/豊橋/食堂・定食)

おひつ や 豊橋

おひつのご飯がおいしい理由 伝統的な木のおひつは、ご飯が温かいうちは余分な水分を吸収し、冷めてくると今度はご飯がオパサパサにならないように水分を補います。 これは、おひつに使われている「木材」に理由があります。 すし桶やおひつに使われている木材は「柾目(まさめ)材」と言い、木の木目同士の幅が狭く並行に並んでいる木材が使われています。 そのため、柾目(まさめ)材は均等に水分を吸収して放湿してくれ、中に入れたご飯の水分を吸収しつつ逃しません。 柾目材の木のおひつは程度な水分調整ができるんですね。 温かいご飯を入れた時 余分な水分をおひつが吸収するから 程よく蒸されておいしいご飯に!• 冷やご飯を入れた時 おひつが水分を放出するから 冷めてもご飯が固くなりにくい! もちろん、おひつで保存したごはんは、徐々にその温度を低下させます。 しかし、冷めた後でも、炊き上がったときに木が吸収した水分を、優しく少しずつ放出し、ごはんの水分量も適正に保ってくれるため、ごはんがパサパサにならずおいしく頂けます。 夜に炊いたごはんを、次の日の朝までおひつで保管し、美味しくいただくことも十分に可能です。 炊飯器と比較して硬くなりづらいですから、お弁当用に使うのもオススメ。 周囲の環境が良ければ、2~3日ほどごはんを保管できることも珍しくありません。 ほんのりと木の香りが漂うごはんは、冷めたままでも美味しいもの。 一度おひつのご飯を味わったら、もう手放せないという声も多く寄せられています。

次の

【閉店】おひつや叶山 (おひつやキョウザン)

おひつ や 豊橋

おひつのご飯がおいしい理由 伝統的な木のおひつは、ご飯が温かいうちは余分な水分を吸収し、冷めてくると今度はご飯がオパサパサにならないように水分を補います。 これは、おひつに使われている「木材」に理由があります。 すし桶やおひつに使われている木材は「柾目(まさめ)材」と言い、木の木目同士の幅が狭く並行に並んでいる木材が使われています。 そのため、柾目(まさめ)材は均等に水分を吸収して放湿してくれ、中に入れたご飯の水分を吸収しつつ逃しません。 柾目材の木のおひつは程度な水分調整ができるんですね。 温かいご飯を入れた時 余分な水分をおひつが吸収するから 程よく蒸されておいしいご飯に!• 冷やご飯を入れた時 おひつが水分を放出するから 冷めてもご飯が固くなりにくい! もちろん、おひつで保存したごはんは、徐々にその温度を低下させます。 しかし、冷めた後でも、炊き上がったときに木が吸収した水分を、優しく少しずつ放出し、ごはんの水分量も適正に保ってくれるため、ごはんがパサパサにならずおいしく頂けます。 夜に炊いたごはんを、次の日の朝までおひつで保管し、美味しくいただくことも十分に可能です。 炊飯器と比較して硬くなりづらいですから、お弁当用に使うのもオススメ。 周囲の環境が良ければ、2~3日ほどごはんを保管できることも珍しくありません。 ほんのりと木の香りが漂うごはんは、冷めたままでも美味しいもの。 一度おひつのご飯を味わったら、もう手放せないという声も多く寄せられています。

次の