米津玄師 歌詞 馬と鹿。 米津玄師の『馬と鹿』の歌詞の内容とその魅力とは

馬と鹿の歌詞

米津玄師 歌詞 馬と鹿

スポンサーリンク 米津玄師が「馬と鹿」を制作した背景 米津玄師さんがドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌「馬と鹿」についてインタビューに答えています。 そこから見えてくる背景を考察してみます。 米津玄師が「馬と鹿」を制作したきっかけ 制作のきっかけはドラマの依頼を受けてからでしたが、このときには米津玄師さんの長年の夢でもあった映画「海獣の子供」の主題歌「海の幽霊」を制作したことで、 燃え尽き症候群のような状態になってしまったんだとか。 そこで、「海獣の子供」とは対象的な題材でもあるドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌を制作することに。 「ノーサイド・ゲーム」は池井戸潤原作の ラグビーや企業スポーツが題材のドラマ。 企業に就職したこともなければ左遷したこともない米津玄師さんは悩んだそうですが、スポーツが共感の一致だったそうです。 米津玄師さんがこの感情を持てたきっかけが、Amazon Prime Videoの「オール・オア・ナッシング」というドラマだったそうです。 ラグビーのノーサイドのように試合ではしのぎを削りながらも、試合後のロッカールームではお互いを讃え合う。 そんな愛情を表現しようと思って制作したのが「馬と鹿」だったんですね。 だから 愛情といっても男女の愛情というよりも、仲間との愛情をテーマにした曲なのではないでしょうか。 米津玄師が「馬と鹿」を制作した音楽的なポイント 「馬と鹿」はとてもキャッチーながら、曲の構成を分析するとかなり難易度が高いです。 個人的には米津玄師さんの他の曲も同様に感じていて、米津玄師さんの曲の特徴だとも思います。 米津玄師さんは曲制作時は、燃え尽き症候群になってから 今までと違う新しい何かを探していたそうです。 JPOPとしてはかなり特徴的で一見分かりづらくもありますが、中毒性がとても高い曲です。 また米津玄師さんは「馬と鹿」は ドラマの主題歌だからこそできると思ったそうです。 米津玄師さんがインタビューで 逆境に折れることなく、這い上がろうとしている様子が見て取れますね ここの歌詞もリスタートを切る決意をしているのではないしょうか。 まだガムの件から「まだ終わっていない!」という主人公の気持ちを感じます。 エリート街道から外れて冷めて諦めたいけど、 心の何処かでまだ熱を持っているんだと。 失ったモノがあって納得いかない気持ちを抱きつつも、また歩き出そうとしているんだと思います。 辛く険しい道程も愛する人や仲間が傍にいれば、痛みがあろうとも進んでいける。 そのことを主人公は左遷されてラグビーチームに関わるまで知らなかったんだ、ということを表現しているように感じます。 花というのは 「人との絆」なのではないでしょうか。 大切な人との絆、仲間との絆。 その絆が自分が我を忘れるくらいの熱情を引き起こしていることを実感した、と表現している気がします。 人との絆が愛ということなのかもしれませんね。 たった一つ大切なモノとは大切な人なのかチームなのか。 それとも信念や人との繋がりなのかもしれないですね。 ここで君と僕という表現がされていますが、僕(主人公)と君(大切な人あるいは仲間)とした時、 同じ傷を持つ者同士、良い時をポジティブに捉えればまだ続いていくから、先に進んでいこう。 そんな感情を表現していると思いました。 主人公にとって大切な人あるいは仲間が唯一無二であり、その感情が絆であり愛であるということを表現しているんではないでしょうか。 そんな主人公にとって唯一無二の人がいるからこそ、我を忘れるくらいの歓喜と熱情をもたらしてくれるのだと思います。 そんな人をあるいはその人との絆を守るという願いは決して消えないし、止むことはないと主人公が前に進んでいく気概を感じます。 たぶん難しいですね。 何よりこの世界観は米津玄師さん唯一無二でしょう。 苦しく痛みも伴う逆境でも、愛する人や仲間と共に乗り越えていく様がドラマティックに表現されている曲ですよね。 力強くもあり感動的でもある曲調は、主人公・君嶋が、低迷するラグビー部を再起していくドラマ「ノーサイド・ゲーム」の世界観をより盛り上げてくれそうです。 最後に 米津玄師の『馬と鹿』の歌詞の意味や内容を考察してみました。 米津玄師のコメント TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 米津玄師『馬と鹿』は、 馬鹿な世界でも愛する人達がいれば馬鹿のように頑張って行ける そんな想いも感じた一曲でした。 ドラマ「ノーサイドゲーム」を見れば、より『馬と鹿』の世界観も分かってくる気がしますね!.

次の

米津玄師「馬と鹿」の発売日と歌詞全文『ノーサイドケーム』主題歌|米民たちの集い

米津玄師 歌詞 馬と鹿

Contents• 間違っているところ、聞き取れなかったところもあります。 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩くと 体の奥底で響く 生き足りないと強く また始まるさ 噛み終えたガムの味 きれないままの心で ひとつひとつ無くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただひとつだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい oh 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間結えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに oh これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れぬままに 花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が綺麗だ ???? 完全不意打ちでファンも騒然! 「海の幽霊」リリースから約一ヶ月だったのでまさかここで新曲があるとは思っていませんでした。 それも突然。 SNSでも大変話題になっていましたよね。 トレンドランキング1位でした。 それもそのはず、ドラマの終盤にいきなり米津さんの声が流れ出してびっくり。 ちょっとパニックになりました。 池井戸潤さんと米津玄師さんのコラボ…夢のようです。 池井戸潤さんの作品といえば音楽は服部隆之さん。 全員豪華ですね。 ドラマの主題歌は事前に発表されていなかったこと、池井戸潤さんが手がけるTBSのドラマは主題歌がないこともあるので今回も無いと思われていました。 それがまさか米津玄師さんだったとは…。 こんな解禁があるんですね。 最高のサプライズでした。 まとめ ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のために書き下ろされた、米津玄師さんの新曲「馬と鹿」は歌詞とサビの力強い米津さんの歌声がとても素敵でした。 池井戸潤さんの作品の特徴でもある逆境から這い上がる姿、見ている人に勇気と見終わったあとスカッとした清々しい気持ちにさせてくれますよね。 今回のドラマも主演の大泉洋さん演じる君嶋がエリート街道を進んでいた大手自動車メーカーを左遷され、左遷先の会社のラグビーチームを再建していくとうお話です。 そんな逆境の中で奮闘していくドラマにピッタリな今回の新曲。 米津さんもTwitterの中で「逆境の中をひとつひとつ進んで行く様をどうにか音楽にできないかと探っていた末にこの曲が出来ました」とおっしゃっていました。 君島がどうやって這い上がっていくのかも気になりますし、ドラマと合わせてこの曲が流れると更に感動するものになると思います。

次の

米津玄師の『馬と鹿』の歌詞の内容とその魅力とは

米津玄師 歌詞 馬と鹿

スポンサーリンク 歌詞の内容について 米津玄師の歌詞は、孤独や生きていくことの難しさを表現しているものが多いように感じます。 だからこそ生きることに悩む人々の、心に響く楽曲を提供することが出来ているのでしょう。 今回の『馬と鹿』についても、このような部分の歌詞があります。 そして、この曲の中では様々な視点から歌詞が書かれているところが、特に印象的と言えるでしょう。 自分目線であったり、友達目線、恋愛目線など。 曲の中に様々な角度から、人を見ている主人公が感じられます。 この中でも、人を信じたいそして愛していきたいという願いが強く伝わってくるのです。 ドラマに沿うような形でもあるので、ドラマを観ることにより更にこの曲の魅力を感じることができるかもしれません。 実際に米津玄師自身が、ドラマに沿うように曲を作ったと語っているのです。 こう考えると、自分の世界観だけに偏らず、ドラマの内容についても深く考えて作られた曲であることが、想定できるのではないでしょうか。 痛みを感じながら歩いてきた自分。 でもまだ熱い心が残っているのです。 そして、残ったものが、愛ではなければなんなのか。 このように心に問いかける自分がいるのでしょう。 たったひとつの存在、それが愛するべき対象なのでしょう。 なぜ馬と鹿なの? タイトルに対して、気になる人はとても多いはずです。 歌詞の中に踵や鼻先というものが出てくるところから、動物の馬と鹿に対しての思いを感じる人は多いでしょう。 馬と鹿の関係性。 これについてはミステリアスな部分があるかもしれません。 普通に考えると「馬鹿」なのですが、これだけを意味しているわけでは決してないはず。 馬と鹿のそれぞれの持つ魅力やどのような関係性があるかを、この曲を通して伝えたいと米津玄師は思っているのではないでしょうか。 どちらも本来は、神秘的な動物として表現されている可能性があるのです。 米津玄師の世界観に圧倒される! 毎回どのような曲を私たちに届けてくれるのか、その期待を良い意味で裏切るような米津玄師。 今回の曲についても、さすが米津玄師だと思わざるを得ないような素晴らしい仕上がりを感じます。 今後も、更に磨かれていく感性に対して、ついていきたいと思う人は増えていくことが想定されるでしょう。

次の