アンビエント 表示 と は。 Androidスマホでスリープ状態の画面に時刻などを表示する方法

Androidスマホでスリープ状態の画面に時刻などを表示する方法

アンビエント 表示 と は

この点に関してはXperia XZ3から全然進歩していないです。 Xperia 1 SO-03L, SOV40など では4K HDR対応の6. 5インチ有機ELパネルを採用しており、そのディスプレイの美しさが一つの大きな魅力となっていますが、高画質な写真や動画をたくさん楽しむためには、電池の持ちも気になるところです。 Xperia 1に搭載されたバッテリーの容量は3200mAhであり、スマホの電池として小さい方ではないものの、 特別に大容量・電池の持ちが良いスマホというほどではありません。 参考記事: ドコモの基準によるXpeira 1 SO-03L の 電池の持ちの目安はおよそ100時間です。 これは他のドコモスマホに比べても若干短い結果となっており、高処理を実現するSDM855とディスプレイパネルでの消耗が影響しているようです。 そんなXperia 1ですが、実際に購入して使ってみると、旧モデルと同じく有機ELパネルを採用した多くのスマホで使える アンビエント表示(Always On Display)機能をオンにしてしまうと、電池が短時間で減少する現象が起きます。 アンビエント表示をオンにするとスリープ時にも時計や通知情報を表示させ続ける事が出来ます。 時計の種類もシンプルな数字だけのデジタル時計から、大きな文字で表示させるSony時計・アナログタイプなどが選べます。 さまざまなイラストやテクスチャを選べる「ステッカー」では、上記のようにカラフルな絵柄を表示させておく事もできますし、選択した写真を表示することも可能です。 この「スマホ画面の常時表示」は、有機ELパネルの特性である黒色表示・同じ画像を表示させ続けた場合に消費電力が小さいことを利用しており、頻繁にスリープを解除・画面を確認する場合に比べて電池の消耗が小さくなるという効果を謳うことがあります。 しかし、やはり「常時パネルに情報を出す」ためには、相応の電池消耗が発生してしまいます。 Xperia 1のアンビエント表示時の電池減り具合 Xperia 1 SO-03Lにおいて、実際に常時待受(デフォルトの時計・通知のみ)をさせて放置し、電池の減り具合を追跡してみました。 上記スクリーンショットの矢印で示した部分がアンビエント表示オン(常時表示)させた場合の電池消耗です。 アンビエント表示機能を使う前に比べて、明らかに電池状態を表すグラフの傾きが急になっていることが分かると思います。 アンビエント表示を使って4時間で6%の消耗なら、8時間で12%・12時間で18%・24時間で36%ほどの待機による減少が発生するということです。 これを 「電池の減りが早い」と感じるか、「これだけ持てば十分」と感じるかは、アンビエント表示による恩恵をどれくらい重要視するか次第です。 「スマート表示」を選ぶと、スマホを持ち運んでいる時・ポケットから取り出した時などの動作をセンサーで感知して、必要なときだけアンビエント表示が点灯します。 「機器を持ち上げたときに起動」を選ぶと、その名の通りスマホを持ち上げた動作を感知してアンビエント表示を出します。 このどちらかにしておけば全くスマホを触ってない時間(夜間や仕事中にスマホに長時間触れない時間帯)に無駄に電池を消耗すること無く、常時表示時に比べて電池の持ちは劇的に改善するはずです。 ちなみにアンビエント表示を利用した場合の電池の消耗具合はXperia XZ3でもほぼ同じ傾向がありました。 参考記事: 待機だけで1時間で1%以上の消耗を気にしない人以外には、常時点灯はあまりオススメしません。 画面を点灯させ続けるためには、省エネな有機ELパネルを使っても多少の電池消耗は避けられないようです。 電池の持ちを優先するのであれば、 アンビエント表示オフ>持ち上げたときだけ>スマート表示>常時オン この順番で電池の消耗具合と通知表示を確認する実際の頻度・利便性を考えて設定を変更してみましょう。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 192• 164• 132• 132• 1,053• 318• 260• 117• 2 最近の投稿• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

新型Apple WatchのAlways On(アンビエント表示)はこう使う

アンビエント 表示 と は

どうも!Maya太郎です。 巷で大好評?の「あるある質問シリーズ」 第四弾。 質問 Arnoldでレンダリングすると アンビエントライトは無視されるようですが、 これを有効にする方法はありますか? 回答 Maya アンビエントライトとヴォリュームライトはサポートされておりません。 前提としてArnoldは物理的に正しい絵が出るよう設計されています。 そのためアンビエント光といった物理に基づかず、 明るさを均一に持ち上げるといったハックは推奨されません。 Maya太郎の見解 Arnoldは他のレンダラーよりも標準ライトとの相性がいいような気がします。 というのも、以前のバージョンではArnoldメニューのライト作成に Maya標準ライトも含まれていたぐらいです。 しかし、 Arnoldで使えるのは下図の四種類のライトのみです。 アンビエントライトやボリュームライトは含まれていません。 現バージョンはArnold用ライトしか表示されなくなりましたが、 こちらの表示の方が 「使える標準ライト」が判り易くて好きだったんですけど… (出来れば戻して欲しいぐらい) ボリュームライトの代用としては ボリュームスキャタリングという機能があります。 同じように扱えるわけでもないし、 コントロールも難しいけど うまく使えばかっこいい表現が可能です。 アンビエントライトはGI(グローバルイルミネーション)レンダリングが主流で無かった時代に シーン全体への擬似間接光として使っていたので Arnoldを利用する場合は、ディレクショナルライトが地面オブジェクトに反射させた間接光や スカイドームライトでの照明で代用する表現方法を探究するのがよいと思います!! では!.

次の

Ambi

アンビエント 表示 と は

Android 5. 0 以上を搭載した一部の機種で利用できる「アンビエント表示」の利用の幅を広げる新アプリ「Ambi-Turner」がリリースされました。 Android の標準機能である「アンビエント表示」は、端末がスリープ中に通知を受信すると、暗い背景の画面に時刻と通知を表示する特殊な表示機能のことで、基本的にはデフォルト有効です。 アンビエント表示が発動するのは、スリープ中に通知を受信した場合とデスクなどに置いた端末を持ち上げた場合で、Ambi-Turner ではさらに、ポケットから取り出した時にも表示するように動作をカスタマイズできます。 アンビエント表示をサポートした端末であっても Pixel や Pixel XL などの一部の機種は持ち上げでの表示をサポートしていません。 その場合、Ambi-Turner を利用すると、持ち上げでの表示を有効にすることができます(後述するように、持ち上げでの表示は有料ライセンス必須です) アプリの無料版はポケットからの取り出し機能のみをサポートしていますが、100 円の有料ライセンスを購入すると、持ち上げ・チルト動作での表示やバッテリー残量の表示といった標準ではサポートしていない機能を利用できるようになります。 「」(Google Play) アーカイブ• 186• 235• 146• 109• 103• 128• 444• 443• 523• 378• 118• 106• 346• 690• 758• 690• 778• 802• 840• 922• 815• 830• 765• 782• 811• 832• 921• 886• 774• 775• 773• 785• 673• 618• 656• 594• 564• 561• 637• 570• 544• 497• 587• 679• 557• 599• 691• 674• 712• 621• 650• 539• 627• 630• 575• 589• 546• 508• 472• 472• 431• 415• 437• 407• 399• 371• 367• 387• 354• 371• 379• 357• 349• 335• 321• 337• 330• 344• 371• 394• 475• 425• 399• 378• 369• 359• 316• 290• 296• 338• 355• 359• 308• 290• 249• 177• 144• 133•

次の