台湾ドーナツ コンビニ。 台湾のコンビニおすすめグルメ12選!お土産!飲み物!お菓子!

巣ごもり中の糖分補給はコレ!ローソンとデイリーヤマザキが狙う次のブームは「台湾〇〇〇」?

台湾ドーナツ コンビニ

こんにちは。 すじえもんです。 SNSで話題になってるローソンの新商品「 台湾ドーナツ」です 早速レビューしていきましょう! ローソン 台湾ドーナツ (120円)税込 台湾ドーナツとは? 外側はザクザク生地、内側はふんわり生地の上に、練乳風味のチョコと粉糖をトッピングしたドーナツです。 ガブッと豪快に噛むとジュワッと油と砂糖が溢れ出すのが人気のヒミツ!台湾で食べられているドーナツを再現しています。 E)、イーストフード、着色料(カロテノイド、V. B2)、V. 5g、脂質19. 6g、炭水化物25. 8g、糖質25. 2g、食物繊維0. 6g、食塩相当量0. 4g<推定値> 商品レポート ドーナツ生地の表面はたっぷりの粉砂糖です。 素手で持つと完全に粉砂糖まみれになってしまう。 ベースは揚げドーナツになっています。 裏面を見てみるとこんな感じです。 表面を触るとかなりしっかりと揚げられておりザクザク感が伝わってきます。 粉砂糖は厚みが出来るくらいかなり多めです。 特盛シュガードーナッツって感じです。 さらにもうひとつの特徴になってる練乳風味チョコレートもたっぷり。 このトロっと垂れている感じが食欲をそそりますね。 実食しましょう! 切ってみると、ザクッとした感触で表面はかなり堅めですが、中はしっとりとした生地の印象がありますね。 思ったよりそんなに油っぽくないです。 中の生地はふんわりとしています。 しっかり厚みのある生地で食べ応えありそうです。 120円という価格から見るとかなりコスパ的には良い気がします。 では早速食べてみましょう!.

次の

話題の「台湾ドーナツ」がスーパーに降臨︎! 山崎製パンやってくれたな︎!

台湾ドーナツ コンビニ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 例年なら海外渡航する人が多かったであろう5月の連休。 そんな海外気分の盛り上がるタイミングを狙っていたのかいなかったのか、ローソンとデイリーヤマザキ5月の新商品は「台湾ドーナツ」! 現地の「台湾ドーナツ」を食べたことはないのですが、アジアン雰囲気を楽しむべく、両商品を食べ比べてみました。 練乳味のチョコと粉糖をトッピングした超甘いドーナツです。 独特な風味という印象はなく、シュガードーナツって感じです。 デイリーヤマザキの「台湾ドーナツ」はデイリーホット扱いで、店内で焼きたてパンを作って販売している店舗に限られているようです。 なので、よくある山崎製パンの包装ではなく普通にラッピング袋に入っていました。 ローソンの「台湾ドーナツ」と比べると、甘さは控えめで食べやすいですね。 手作りなのか、練乳シュガーの乗り具合にバラツキがあるからかもしれません。 いかがでしたか? ローソンとデイリーヤマザキから登場した「台湾ドーナツ」。 大胆な味の違いはありませんが、もっちりとしたドーナツ生地と甘さが印象的で、糖分摂りたい時に手元にあると嬉しいドーナツですね。 事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

次の

【ローソン】SNSで話題!ローソン台湾ドーナツに注目!ザクふわ食感で素朴な味にハマる人が続出中!

台湾ドーナツ コンビニ

日本のコンビニで「台湾ドーナツ」を買ったと、幼馴染がメッセージをくれた。 スイーツのレベルの高さに定評のあるコンビニだから、この商品の話を聞いた時「現地のものとは違う方向でも、美味しそう?」と私も興味を持った。 当分日本へ行くのは難しそうだし、食べるチャンスがあるかは、わからないけれど。 でも、SNSでは「こんなん違う」という意見をちらほら見かける。 台湾で「台湾ドーナツ」の現物を食べたことがある人にとっては、不味くは無くても所詮まがい物、「台湾」を名乗られるのは、我慢ならないのかもしれない。 随分前に、日本のファストフード店で「マカオエッグタルト」を期間限定販売していた。 一緒に東京へ遊びに行った香港人の友達がそれを見つけ、食べたいという。 一抹の不安があったものの、私は「止めておきなよ」とは言わず、一緒に食べた。 先に一口食べた友達は英語のFワードを静かにつぶやき、「そんなに?」と恐る恐る口にした私も「これでマカオを名乗るのは、身の程知らずだわね…」と、落胆した。 本物を食べて好きになったから、海外で再現したものに「これじゃない」と反発してしまう。 日本人の口に合うように改良したとも言えないシロモノには 「やいやい、このレベルでマカオを名乗るんじゃねえやすっとこどっこい、一昨日来やがれ」 と啖呵を切り、どうか本物を食べて欲しいと悶絶する。 「私の愛する美味しいものが、この程度だと思われたくない」 一種の悔しさなのかな。 日本で売っている「台湾ドーナツ」を、私は食べたことがない。 だから頭ごなしに「そんなの違うに決まってる」「現地の美味しさには足元も及ばないはず」と切って捨てる資格はない。 ただ、味が違っても、「台湾で本物を食べてみたいな」と、旅に出るきっかけになればいいなと思う。 一度台湾へ遊びに来てくれた幼馴染も、わかっているみたいだった。 「味は現地のと違うと思うけど、台湾気分になれるのが嬉しいよ」 そう言ってくれる気持ち、また台湾へ行けるようになったら本物を食べてみたいと思ってくれる気持ちが、とても嬉しかった。 前回台北に来てくれたのはマンゴーの季節だったから、一緒にかき氷を食べた。 火鍋にも行ったし、小籠包も食べた。 今度会える時には、出来立ての台湾ドーナツを食べに行こう。 他にも色んな、美味しいもの。

次の