バレー 鍋谷 めがね。 女子バレー鍋谷友理枝がゴーグルを付ける理由やメーカーは?

【楽天市場】【送料無料】スワンズ ゴーグル SWANS SVS

バレー 鍋谷 めがね

KOBATA, Mako• JTマーヴェラス• 1992-08-15• 8-5から相手エースのスパイクを止められず4連続失点で逆転を許す。 10-10からは新鍋選手のスパイクや鍋谷友理枝選手のサービスエースなど5連続得点、18-15から鍋谷選手が得点を重ねて突き放した。 終盤に連続失点を喫したが、鍋谷選手のスパイクでサイドアウトを奪うと、途中出場の黒後愛選手のスパイクを含めた連続得点でセットを先取した。 <第2セット>:立ち上がりで3連続失点したが、新鍋選手を中心に得点を重ね追い上げる。 石井選手がアタックとサービスエースで連続得点をあげて6-6で同点に追いついたが、相手サーブに苦しみ再び3連続失点。 石井選手を中心に攻撃して食らいつき、21-23から石井選手のアタックと奥村麻依選手のブロックなど3連続得点でセットポイント。 ジュースにもつれ込んだが、25-25から途中出場の黒後選手のアタックと石井選手のサービスエースでセットを連取した。 <第3セット>:石井選手のスパイクで先制。 相手のミスも重なり5-0と好スタートを切ったが、反撃を許して5-4。 石井選手を中心に攻撃し、中盤はサイドアウトの応酬が続く。 14-16で鍋谷選手に代えて石川真佑選手を投入、17-19からはその石川選手のアタックなど4連続得点で逆転に成功。 新鍋選手のアタックなどで点数を重ね、24-23とマッチポイントをつかんだが、相手の強打に3連続得点を許し、惜しくもセットを失った。 <第4セット>:序盤からサイドアウトの応酬となる。 4-4で鍋谷選手に代わり石川選手がコートへ。 8-10から石井選手の連続得点で追いつくと、その後も石井選手や石川選手を中心に攻撃を展開する。 14-13からは石川選手のアタックや奥村選手のサービスエース、相手のミスもあり4連続得点。 そこから相手エースのパワフルなスパイクに連続失点したが、石川選手が力強いスパイクを放ち得点を重ねる。 23-21から石井選手、石川選手が連続得点をあげてこのセットをものにし、最終戦に勝利。 5位で大会を終えた。 埼玉上尾メディックス• 1991-01-08• サイドアウトの応酬が続き、12-11から3連続失点、15-16からも3連続失点で追う展開となった。 17-21からは、長内選手や途中出場の黒後愛選手のスパイクなど5連続得点で逆転し、24-24で同点に追いつかれるも、最後は鍋谷選手が連続得点を決めてセットを先取した。 <第2セット>:鍋谷選手と古賀紗理那選手のスパイクで3-0と好スタート。 4-2から芥川愛加選手のクイックと長内選手のスパイクが決まり、ブロックも飛び出して連続得点。 相手の強烈なスパイクとサーブをしのいでサイドアウトを取り、鍋谷選手や長内選手らを中心に得点を重ねる。 10-7から古賀選手のバックアタックなどで3連続得点、14-10からは4連続得点で突き放した。 その後も芥川選手のクイックなど多彩な攻撃を繰り出し、大差でセットを連取した。 <第3セット>:序盤から古賀選手を中心に得点を重ね、岩坂名奈主将のブロックなどで6連続得点。 長内選手の力強いスパイクや鍋谷選手の技ありのアタックが決まってリズムを作った。 15-9からは長内選手のスパイクなどで得点しリードを広げると、21-13以降は相手のミスも重なり3連続得点で試合を決定づけ、そのまま押し切ってストレートで勝利を収めた。 JTマーヴェラス• 1992-08-15• 5-6から3連続失点、13-17からも連続失点を喫してタイムアウトを要求すると、途中出場した鍋谷友理枝選手のバックアタックや奥村麻依選手のブロックポイントなどで反撃。 17-20で黒後愛選手が今大会初めてコートへ入り、その黒後選手の得点もあって19-21としたが、追撃及ばずセットを失った。 <第2セット>:立ち上がりは鍋谷選手のスパイクで先制するも、相手のミドルブロッカーに苦しめられて6連続失点。 芥川愛加選手の機動力を生かした攻撃で9-11と追い上げるが、相手の高いブロックに捕まり、ミスもあって徐々に点差が開いていく。 16-20から3連続失点。 17-24から鍋谷選手のサービスエースや石井選手のスパイクなど4連続得点で追い上げたが、このセットも21-25で落とした。 <第3セット>:序盤は相手に連続得点を許し2-6とリードされるが、石井選手のスパイクや鍋谷選手のバックアタックで徐々にリズムを取り戻すと、芥川選手のブロックやブロード攻撃が決まり、10-10の同点に。 10-12からは石井選手の技ありのアタックなど3連続得点で逆転。 中盤以降はサーブで相手のレシーブを崩し、ブロックで仕留める場面が増えたほか、ラリー中に佐藤美弥選手が芥川選手を絡めた攻撃を演出し得点。 最後も連続得点でセットを取り返した。 <第4セット>:序盤から芥川選手と奥村選手がスピード感あふれる攻撃と堅実なブロックで得点を重ねる。 10-9から鍋谷選手のスパイクとサービスエースの連続得点でリードを広げ、15-13からは奥村選手のブロード攻撃と鍋谷選手のスパイクなど4連続得点。 20点台に達してからは、相手にブロックなどで追い上げられたが、石井選手が冷静に得点を重ねてセットを連取した。 <第5セット>:序盤に奥村選手のブロックポイントや芥川選手のサービスエースなど3連続得点で4-1とリード。 その後も新鍋理沙選手のスパイク、佐藤選手のツースパイクなど再び3連続得点で突き放した。 奥村選手のブロード攻撃や石井選手のバックアタックなどで流れをつかみ、10-6からは相手のミスも重なって5連続得点でこのセットを勝ち取り、逆転勝利を収めた。 JTマーヴェラス• 1992-08-15• 石井優希選手や古賀選手らのつなぎで粘り強さを見せたが、12-13からラリーで決められず6連続失点。 途中出場した長内美和子選手の強打や古賀選手のバックアタックで連続得点をあげたが、サーブレシーブやスパイクでのミスも重なり、14-19から再び6連続失点でセットを先取される。 <第2セット>:このセットから入った石川真佑選手に序盤からトスが集まる。 2-4から奥村麻依選手のブロード攻撃や石川選手のバックアタックなど3連続得点で逆転し、石井選手が強弱をつけたアタックで連続得点をあげてリードすると、中盤からは奥村選手の機動力を生かしたアタックと石井選手のスパイクからリズムを作った。 しかし17-15から相手のブロックに捕まるなどして4連続失点。 新鍋理沙選手や石川選手が得点して食らいつくが、20-20から相手のブロックポイントや、攻撃でのミスも重なって連続失点し、反撃及ばずセットを落とした。 <第3セット>:新鍋選手や石川選手のスパイクなどで序盤に4連続得点。 パワフルで多彩なブラジルの攻撃に対し、奥村選手や石井選手のブロック、石川選手のスパイクでサイドアウトの応酬が続く。 12-12と追いつかれてから相手の連続ミスでリードしたが、16-13からサーブで崩され16-16。 その後は新鍋選手のアタックや奥村選手のブロード攻撃でリードしたが、22-21から連続失点を許すと、石井選手の力強いスパイクによる追撃も届かず、25点目を奪われて敗れた。 JTマーヴェラス• 1992-08-15• 9-7から長内選手のアタックに始まり、石川真佑選手のサーブで相手を崩すなどして5連続得点をあげ引き離すと、その後も石井優希選手や、途中で入った鍋谷友理枝選手が得点を重ねた。 19-11からミスもあって連続失点を喫したが、流れを失うことなくセットを先取する。 <第2セット>:古賀紗理那選手と山岸あかね選手が入った。 相手の粘り強い守備からラリーが続くが、最後は相手のミスもあって8-8から3連続得点を奪った。 中盤以降は古賀選手、石井選手、長内選手らアタッカー陣が得点を重ね、18-17からは長内選手のアタックや石井選手のサービスエースなどでリードを広げる。 石井選手のバックアタックで24-19と先にセットポイントを迎え、そこから相手の強烈なスパイクなどで3連続失点したが、最後は途中出場の芥川愛加選手が得点して振り切った。 <第3セット>:石井選手のスパイクで先制点。 3-3から古賀選手の強弱織り交ぜたアタックなどで3連続得点し、9-6から芥川選手のスピード感あふれる攻撃とサービスエースなどでリードを広げる。 相手のパワフルな攻撃を前にサイドアウトの応酬が続くが、石井選手や途中出場の鍋谷選手らアタッカー陣を中心に得点を重ねた。 相手のミスもあり、リードを保ったままセットポイント。 そこから相手の粘りで3連続失点したが、芥川選手のアタックでゲームセット。 3勝目をあげた。 JTマーヴェラス• 1992-08-15• その後はリードしたまま進み、18-17から相手のスパイクとブロックで逆転を許したが、石井優希選手のスパイクや相手のミスで21-20と再びリード。 相手の強烈なスパイクで22-24とされてから相手のミスと荒木絵里香選手のブロックで同点に戻したが、最後はブロックに捕まりセットを落とした。 <第2セット>:石井選手を中心に得点しサイドアウトの応酬が続く。 15-15からは相手の連続ミスや新鍋選手、石川選手のアタックで7連続得点、その後も石井選手と新鍋選手が得点を重ねて24-18とセットポイント。 しかし相手のアタックやブロックなどで3連続失点し、宮下遥選手と長内美和子選手を2枚替えで投入したが、流れは切れず24-22となる。 続くプレーで長内選手のスパイクがアウト判定となるが、チャレンジが成功して25点目。 セットを取り返した。 <第3セット>:序盤に4連続失点を喫したが、石井選手と石川選手を中心に得点し食らいつく。 11-13から佐藤選手のツースパイク、石川選手の攻撃、石井選手のサービスエースと3連続得点で逆転する。 しかし、コートの幅を大きく使った相手の多彩な攻撃に押されて15-14から3連続失点すると、その後は追う展開に。 19-24から奥村選手のクイック、石井選手のアタックで連続得点をあげたが追撃及ばず、このセットを失う。 <第4セット>:開始早々、相手のミドルブロッカーにクイックとブロックを決められるなど4連続失点を喫し、タイムアウトを要求した。 仕切り直しを図り、石井選手や石川選手を中心に攻撃を展開。 セット中盤までサイドアウトの応酬が続いたが、13-15から石川選手、新鍋選手がブロックに捕まり、リードを広げられる。 16-20で宮下選手と長内選手を2枚替えで投入。 20-23から長内選手の得点や相手ミスも重なり4連続得点で逆転し、最後は石川選手がスパイクを決めてこのセットを奪い返した。 <第5セット>:開始から3連続失点を喫してタイムアウトを要求したが、相手のブロックやスパイクのミスで0-5とリードを許す展開。 石井選手のスパイクで連続失点を止めたが、その後も相手の高い打点からのスパイクや多彩な攻撃をはね返すことができない。 4-11から相手のサーブミスと荒木選手のアタックで連続得点したが、追撃及ばず。 フルセットに持ち込んだが、惜しくも勝利はできなかった。 JTマーヴェラス• 1992-08-15• しかし、相手の高いブロックに苦戦を強いられて逆転を許し、12-18で宮下遥選手と鍋谷友理枝選手をコートに送りこむ。 相手の強烈なスパイクを粘り強く拾って奮闘するも、中国の勢いを止めることができず、17-25でこのセットを失う。 <第2セット>:新鍋理沙選手がライトからスパイクを決めて幸先よく得点するも、サーブレシーブが乱れて8連続失点し2-9と大きく点差を離される。 宮下選手と長内美和子選手の入る2枚替えや荒木選手のサービスエースなどで流れを変えようとするが、相手の高さのある攻撃を封じることができず6-13。 その後も7-15から守備が崩れ、5本のサービスエースを含む連続失点で7-23。 途中出場した石川真佑選手の得点で追いすがるも、10-25でセットを落とした。 <第3セット>:石川選手がそのまま入ってスタート。 相手の高いブロックに捕まったほか、ミスが相次ぎ、2-6と序盤から中国に主導権を握られる。 中盤、新鍋選手のブロックアウトや荒木選手のブロード攻撃、石川選手のフェイントなどで応戦。 その後も積極的にメンバーチェンジを行いながら食い下がるが、高く速い相手のクイックに苦しめられ、ストレートで敗れた。 埼玉上尾メディックス• 1991-01-08• 3-3から荒木絵里香選手のクイックや石川真佑選手のスパイクなど4連続得点でリードしたが、9-7から相手のブロックやバックアタックなどで4連続失点し逆転を許す。 それでも石井選手と石川選手を中心に得点を重ねて追い上げ、20-20から佐藤美弥選手が連続でサービスエースを決める。 先にセットポイントに到達すると、最後は石井選手が得点し、セットを先取した。 <第2セット>:序盤から石井選手が強弱をつけたアタックで得点を重ねるが、相手の多彩な攻撃とブロックに苦しみ、先行される展開が続く。 中盤には2枚替えで宮下遥選手と長内美和子選手を投入すると、長内選手が力強いアタックを決めて徐々に流れを引き寄せた。 その後も石川選手と新鍋理沙選手のスパイクで得点し追い上げたものの、相手のサーブとブロックを攻略できず、最後は4連続失点でセットを落とした。 <第3セット>:岩坂名奈主将のフェイントで先制するも、相手のライト側からのスパイクを止められず1-3で石井選手に代えて古賀紗理那選手を投入。 さらに相手に連続得点を許す場面が重なり、芥川愛加選手がコートへ。 中盤、古賀選手のバックアタックや芥川選手のクイックなど3連続得点で15-17と追い上げ、古賀選手のブロックで21-22と詰め寄ったが、最後は相手エースにスパイクを決められてセットを失った。 <第4セット>:4-4から韓国の攻撃などで4連続失点し4-8とリードを許した。 相手のミスもあり点差を詰めると石川選手のブロックで9-9で同点に追いつく。 10-11から相手レフトのスパイクを止められず5連続失点、石川選手や途中出場の長内選手を中心に得点して追い上げたが、相手の粘り強い守備と決定力の高い攻撃を前に19-24と後がなくなった。 第4セット途中からコートに入った石井選手が攻撃を決めるなど一気に6連続得点で25-24と逆転したが、ここからブロックに捕まり、相手のスパイク、サービスエースで勝利には届かなかった。 3-6から連続でブロックに捕まるなど苦しい展開が続く。 4-8からは相手のサーブに苦しんでさらに9連続失点。 7-22から荒木絵里香選手のクイック、新鍋理沙選手のスパイク、石井選手のサービスエースで3連続得点、また途中からコートに入っていた石川真佑選手がシニア代表初得点をあげたが、追撃及ばずセットを落とした。 <第2セット>:石川選手と小幡真子選手がスタートからコートへ。 石井選手、石川選手のアタックを中心に攻撃を展開しサイドアウトの応酬が続く。 16-17から奥村麻依選手がブロード攻撃とブロックポイントをあげ、19-19からは石川選手がコースを見極めて連続得点をマークした。 24-21のセットポイントから連続失点したが、最後は石井選手が決めてセットをものにした。 <第3セット>:メンバーは第2セットと変わらず。 4-2から相手の高さある攻撃を前に6連続失点を喫したが、奥村選手のブロックを皮切りに追い上げると、9-10からは石川選手が切れ味鋭いスパイクなどで連続得点をあげ、一進一退の攻防が続く。 14-14からは荒木選手のブロックポイントや石井選手のスパイクなど4連続得点でリードする。 23-20から3連続失点で同点とされジュースに持ち込まれたが、25-25から新鍋選手、石井選手が得点しセットを連取した。 <第4セット>:メンバーはそのまま。 7-7から3連続失点でリードを許したが、石井選手を中心に得点して食らいつき、石川選手のサービスエースも決まって追い上げる。 その後も石井選手がレフトからのスパイクやバックアタックなどで得点を重ねたが、相手の高さに苦しみ、セットを失った。 <第5セット>:開始早々から相手の高さあるブロックに阻まれ4連続失点。 相手の強烈なサーブにサーブレシーブが崩れてリズムが作れないまま、4-8からは相手の攻撃を止められず再度4連続失点と苦しい展開が続く。 石川選手がスパイクを決めて一矢を報いたが、押し切られて初黒星を喫した。 新鍋理沙選手のアタックや奥村麻依選手のクイックなどで連続得点をあげ先行すると、8-5の場面で荒木選手がバックアタックをブロックし、ムードを盛り上げる。 その後は古賀紗理那選手のバックアタックや、新鍋選手の冷静に相手ブロックを見極めたスパイクなどで得点を重ね、セットを先取する。 <第2セット>:序盤から古賀選手がフェイントをまじえた攻撃で得点を重ねていく。 6-5からは荒木選手のブロード攻撃や古賀選手のバックアタックなど5連続得点。 中盤にも古賀選手の連続得点で流れをものにすると、17-8で宮下遥選手と長内美和子選手を2枚替えで投入。 その長内選手の力強いスパイクと、石井優希選手の強弱をつけたアタックで最後まで相手を圧倒し、セットを連取した。 <第3セット>:3-4から古賀選手のバックアタックや奥村選手のサービスエースなど5連続得点で一気に突き放す。 13-6としたが、中盤以降は相手のバックアタックや力強いスパイクをはね返すことができず5連続得点で15-14と詰められる。 この場面でコートに入った長内選手がパワフルなスパイクで流れを引き戻し、相手の高さある攻撃に粘り強く応戦。 23-24の場面でチャレンジが成功して同点となったが、最後は連続得点を許し、このセットを落とした。 <第4セット>:相手の連続得点でスタートしたが、古賀選手のバックアタックなど3連続得点で逆転。 ドミニカ共和国の高い攻撃を体を張ったプレーではね返し、16-10から石井選手の連続得点と古賀選手のバックアタックなどが決まり20-10に。 勢いは止まらず、古賀選手と新鍋選手のスパイクで得点を重ねてセットを獲得し、開幕戦を白星で飾った。

次の

鍋谷友理枝ゴーグルのブランドやメーカーの名前は?着用の理由は視力?商品名や価格(値段)を調べてみた

バレー 鍋谷 めがね

鍋谷友理枝選手のプロフィール まずは鍋谷選手のプロフィールについて紹介します。 氏名:鍋谷友理枝 なべや ゆりえ 生年月日:1993年12月15日 出身地:神奈川県 身長:176㎝ 体重:55㎏ 最高到達点:302㎝ 所属:デンソー・エアリービーズ ポジション:ウィングスパイカー 可愛い💠 バレーボールチャンネルより。 — No. 見た目がモデルのようにスリムなので プロフィールを確認すると、 身長176㎝、体重55㎏でした。 一般的な女性と比較してもスリムですよね。 バレーボール選手なので定期的にトレーニングをしており、筋肉が多いはずです。 実は筋肉は脂肪の 3倍の重さがあるので、 それでも55㎏という体重を考えると、 ほぼ脂肪がないことがわかります。 鍋谷選手は目が大きくてかわいい! 鍋谷選手の特徴といえば 大きい目ですよね。 目が大きくて肌も白くて、スタイルも良いので 欧米人と勘違いされるのではないでしょうか。 鍋谷選手をよく見ると誰かに似ている気がします。 …… ………… そう、女優の 夏菜さんです。 これから バレーボール界の夏菜と呼びましょう。 バセドウ病って本当? 鍋谷:わたしじゃなかった~~😳 久美さん:なら チャレンジしよう🤣 奥村:… 真性情的鍋谷😂😂😂 — レード dompic253 鍋谷選手を調べると 「バセドウ病」というワードが出てきます。 バセドウ病とは、 首にある甲状腺という部分から分泌される、 ホルモンの量が過剰である場合に発症する病気です。 そのバセドウ病の症状の一つとして 「眼球突出」という 目が前面に出てしまう症状があります。 鍋谷選手は目が大きいのでバセドウ病ではないかと噂になっているんですね。 その他の症状に体重減少があり、そのことも鍋谷選手に当てはまります。 ただ調べてみたところ、そのような事実はありませんでした。 鍋谷選手は目が大きくて体が細いので、そのように思われたのでしょう。 つまり、 オリジナルのモデル体型でかわいいという最強コンボなんですね! かつバレーボールの全日本選手、いろんな武器を持ちすぎですねー。 Sponsored Links 鍋谷選手の性格は? 鍋谷選手の兄や妹などの情報が見当たりません。 もしかしたら 一人っ子の可能性があります。 その一人っ子の性格の特徴として ・わがまま ・素直 ・おおらか ・マイペース ・寂しがり屋 これらの特徴があります。 あまり集団競技に向かない性格もありますが、 そこは今までの生活で矯正されてきたのでしょう。 あと一人の勝負師として 「負けず嫌い」であることは間違いありません。 この性格は世界を獲るために必要な性格です。 バレーを始めたキッカケは?サラブレッドって本当? 里歩ちゃんが下がってからが更にすごかった。 同期の分まで。 って思いが伝わってきて鳥肌がたった。 選手 2017. まずは父の昌道さんですが、 法政二高時代に 春高準優勝の経験があります。 その後は青山学院大学に入学し、そして実業団でも活躍します。 そして、お母さんの美奈さんは バレーボールの 名門・八王子実践高校で 春高バレー準優勝の経験があります。 お母さんも青山学院大学に入学しているので、ご両親は大学時代に出会ったのではないでしょうか。 鍋谷選手がバレーボールをすることは もはや必然であり、 小学校3年生からバレーボールを始めます。 この淑徳SC中学バレー部は都内の強豪で、 つねに上位にいるだけでなく関東大会にも出場経験があります。 ちなみにSCとは 「サクセスフル・キャリア」の略です。 中高一貫の学校なので、 そのまま淑徳SC高等部に進学すると思いきや、 女子バレーの名門 「東九州龍谷高校」に入学します。 この高校は多数の全国大会優勝経験があり、 多くのバレーボール選手を輩出しています。 現在の日本代表である ・岩坂名奈選手 ・長岡望悠選手 この2人もOGです。 ただ15~6歳で親元を離れて見知らぬ土地で自分を鍛えるなんて、なかなかできる事じゃないですよね。 私なんか3日でホームシックになる自信があります。 その努力が報われたのか、 3年時にはキャプテンとして 全国大会優勝を成し遂げます。 そして大会の最優秀選手賞も獲得するんですね。 デンソー・エアリービーズ入団 2017. 6 第66回 黒鷲旗 準決勝 vs. 東レアローズ — エネゴり。 そして2012年9月に初めて日本代表に選ばれます。 それからは日本代表として世界を相手に戦うことになります。 ちなみに下記が代表歴です。 2012年 第3回アジアカップ 2013年 全日本女子チーム登録メンバー 2013年 第1回世界U-23女子選手権大会<銅メダル獲得> 2015年 全日本女子チーム登録メンバー 2015年 ワールドグランプリ 2015年 ワールドカップ 2016年 全日本女子チーム登録メンバー 2016年 リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会 2016年 ワールドグランプリ 2016年 リオデジャネイロオリンピック 2017年 全日本女子チーム登録メンバー 2017年 ワールドグランプリ 経歴からわかるように、今では日本代表になくてはならない存在になっています。 大竹里歩選手は友人?ライバル? まだ怪我が完治してないようで… 今はゆっくり休養して、また元気な姿をみせて下さい。 友人と共に待っています。 頑張ってください。 2017年3月25日 オールスターにて。 — ヨシケン. それが 大竹里歩選手です。 この大竹選手のお父さんは「アジアの壁」と言われた、 元男子バレーボール日本代表の 大竹秀之さんです。 同い年の2人はお父さん同士が元チームメイト ということで幼少期から交流があり、 2人は同じ淑徳SC中学バレー部に所属します。 同じ高校に進学するかと思いきや、 大竹選手は都内にある名門・ 下北沢成徳高校、 鍋谷選手は東九州龍谷高校と別々の道を進みます。 3年時には鍋谷選手率いる東九州龍谷高校と 大竹選手の下北沢成徳とが 激突するんですね。 幼馴染みが全国大会で戦うなんて・・・なんと残酷な運命のいたずら。 結果は鍋谷選手のいる東九州龍谷高校が勝ち、 大竹選手は一足先に高校バレーを引退します。 そして、その後大竹選手もデンソー・エアリービーズに 入団したので2人は 中学以来のチームメイトになるんですね。 これもなんか運命的なものを感じますよね。 これからは友人兼チームメイトとして2人はバレー界で活躍するでしょう。 鍋谷選手に足りないものは? 上記でも紹介し、動画からわかるように 鍋谷選手は スピードが天下一品です。 これなら世界の強豪のブロックも怖くありません。 しかし、 マークされると決めきれないことが多くあります。 今の鍋谷選手に足りないものは 「パワー」ではないでしょうか。 パワーがつけば、多少マークされてもブロックやレシーブを吹っ飛ばすことができます。 まとめ 鍋谷選手は両親ともにバレー選手のサラブレッドで 女優の夏菜さんに似ている選手ということがわかりました。 東京オリンピックで優勝するために、スピードとパワーに磨きをかけてほしいです。 鍋谷選手ならばできるはずです!!

次の

【メガネのアマガン】 バレーボールでメガネをかけてプレーしている人をあまり見かけたことがないのですが、バレーボールで使えるようなメガネはあいますか? −− バレーボール メガネ,バレーボール 眼鏡,スポーツ メガネ,スポーツ 眼鏡

バレー 鍋谷 めがね

スポンサーリンク 鍋谷友理枝選手といえば、このクリクリっとした大きな瞳が特徴的ですよね。 なぜ突然ゴーグルを着用するようになったのかというと、練習中に顔面を直撃したからなんだとか。 しかも、また直撃するようなことがあったら更に酷くなり危険だとかで、どうやらまだ完治していないようです。。 いままでコンタクトレンズを使っていたのかな? 最初、どなたかわからなかったけど、鍋谷選手の貴重なゴーグル姿。 しかし、もろ顔面に直撃を食らうと外れることもあるし、それ以上に目に突き刺さるという危険性もあります。 このゴーグル効果があったのかはわかりませんが、ネーションズリーグ2019の直前にスイスで開催されたモントルーマスターズ2019で鍋谷友理枝選手は大活躍。 得意のサーブでのサービスエースはもちろんのこと、スパイクもガンガンに絶好調で、部門別最優秀選手賞まで受賞しちゃったんです。 準優勝の立役者でした。 で、気になるのはやっぱどこのブランドのゴーグルかっていうことですよね。 バンドのところにホワイトで文字が入っています。 調べてみたところ、バレーボール専用のゴーグルというのは販売されていませんが、似たようなものを見つけました。 SWANSのアイガード スポーツ用 ガーディアンエックス GDX-001 BK ブラック。

次の