じゅう じん さん と お花 ちゃん 無料。 【ネタバレあり】獣人さんとお花ちゃんのレビューと感想

まんが王国 『獣人さんとお花ちゃん【電子限定特典マンガ付き】【コミックス版】』 柚樹ちひろ,ache 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

じゅう じん さん と お花 ちゃん 無料

移動して... かばん「ふぅ... 落ち着きました....... ラッキーさん、サーバルちゃんがなんでこうなったか分かりますか?」 ボス「そうだね、かばん、サーバルはもう1つの人格になってしまったようだね」 かばん「もう1つの人格、ですか?」 ボス「そうだよ。 サーバルは2つの人格を持っているんだ。 1つは、フレンズ化の衝撃で出来たものだね。 もう1つは、今までの人格だね。 つまり、元々動物だった頃の人格だよ」 サーバルキャット「そうですわ。 つまり私は、フレンズ化によって出来た人格である、『サーバルキャット』なのですわ!」 かばん「それは、サーバルちゃんだけなんですか?」 ボス「そうだよ」 かばん「それはなんでですか?」 サーバルキャット「それは私が説明しますわ... 」 --まず、私はあなたの言う『サーバルちゃん』とは違うということはわかるわね?そのサーバルは、元々動物だった頃の人格なのよ。 じゃあ何故私が生まれたか... それは、サーバルがフレンズ化するのが2回目だから。 サーバルは昔、『ミライ』というパークガイドの方と一緒にいたの... でも、あることがきっかけで『人』である『ミライさん』は、パークの外に行ってしまったの。 当然フレンズであるサーバルは連れて行ってもらえず、ミライさんと別れることになったの... それでもサーバルはついて行きたくて、泳げもしないし、果てしなく広く、凍える寒さの海へと飛び込んでいった... そして結局、力尽き、パークに流し戻されたの。 そして、力尽きて動けないところを、セルリアンがきて食べられた... その後のサンドスター山の噴火によってフレンズ化。 心のショックもあったのか、もうひとつの人格が生まれた-- かばん(全部は理解できなかったけど、凄く辛かったんだろうな... サーバルちゃん.... ) かばん「でもどうしてまだ生まれてない時のことを知ってるんですか?」 サーバル「もうひとつの人格が教えてくれたのよ」 かばん「サーバルちゃんが... ?」 かばん(サーバルちゃんはきっとボクに心配させないためにわざと.... ) かばん「そうだ、一番大事なことを聞くのを忘れてました。 サーバルちゃんは、元にもどるんですよね?」 ボス「..... 」 サーバル「....

次の

手打蕎麦 じゆうさん

じゅう じん さん と お花 ちゃん 無料

獣人の子供たちを教育する『学び舎』。 そこで働くことになった花でしたが、獣人の強い拒絶により、生徒は一人減り、二人減り…。 ピアノを使って一緒にうたを歌うなど、努力を続ける花でしたが、獣人観察保護局から中断も視野に入れると通達されてしまいます。 一方、獣人でありながら人間に恋をしていると、なかなか認められないサナティ。 外の風に当たってくると花が飛び出しても、すぐに追いかけることが出来ません。 花畑でぽつんと、涙に暮れる花。 そこへ、人間を追い出そうと考える獣人たちが襲ってきました。 危うく襲われそうになった花ですが、駆け付けたサナティにより助けられます。 二人きりになった花畑で、サナティはようやく、自分の花に対する恋心と向き合います。 そうしてサナティは、花を強く求めたのです。 人目があるかも知れない外での行為。 はじめは気にしていた花ですが、サナティに愛される幸せを感じるうちに夢中になっていきます。 目 次• 獣人さんとお花ちゃん第8話ネタバレ さて、 獣人さんとお花ちゃんの第8話は、爽やかな朝、サナティの腕のなかで花が目覚めるところから始まります。 隣ですうすうと寝息を立てるサナティに、そっと触れる花。 もふもふ感を味わいながら、昨夜花畑で抱き合ってしまったことを反省します。 獣人は鼻も耳も良いのです。 たとえ近くにいなくても、バレてしまう可能性はあります。 そんなことを独りでぶつぶつ言っていると、サナティがぱちりと目を覚まします。 最中には何の気配もしなかったと、そうやって花を安心させた後は、鼻と鼻をこすりつける獣人ならではの甘いスキンシップ! 花は照れながらも、幸せな朝を噛み締めます。 その後、お互いに出勤準備をしていると、サナティが花の書いた学び舎での時間割を手にしました。 学び舎に参加してない親たちに配ってみて、花が獣人に危害を加えるつもりがないこと、しっかりと獣人の教育に向き合っていることを、サナティなりに伝えようと思っているのです。 巡回中に、俺も手伝える、とそうやって一緒に頑張ろうとしてくれるサナティに、花は思わず抱き着いてしまいます。 大変な局面であっても、こんな恋人がいてくれると頼もしいですね。 さて、学び舎では、いつものメンバーの他にリシュという新しい子がやって来ました。 さらに、以前学び舎から強制的に連れ帰られてしまったタオも。 どうやら、お兄さんをうまく説得出来たようです。 心機一転、学び舎の仕事に取り掛かる花。 皆と一緒におりがみで遊びます。 その時アルから、サナティのニオイする、と指摘されてしまいます。 無垢な子供たちの質問にたじたじです。 そこではたと気付いた花。 サナティと両想いにはなったものの、正式に「お付き合いしましょう」となったわけではありませんでした。 わずかに不安を感じていると、今日初めて学び舎に来たリシュが「バカみたい」と呟きます。 壁を作って『嫌い』だとしているのにお互いに好きになるはずないと言っています。 確かに、人間と獣人の世界は、高く大きな壁によって隔てられています。 また、獣人は災害などの有事の際に人間へ奉仕することになっているので、そのことも人間への反感を強くしています。 それを強く感じさせる出来事が、まさにサナティの職場で起こりました。 花の書いた時間割のプリントを手に歩いていると、獣人たちが集まっていました。 中心には、手や顔を包帯で覆った獣人がいます。 山火事があり、彼らは人間たちの救助に駆り出されたそう。 彼の他にも、大火傷を負った獣人が数人いるようです。 すると、ケガをした獣人がサナティに気が付きました。 人間のニオイプンプンする、と言って、サナティを壁に押し付けます。 人間が居ると思うと虫唾が走る、と暗に、花のことを言っているのでしょうか。。 アイツがお前をケガさせたわけじゃないのに、と冷静に諭そうとするサナティですが、相手はサナティに掴みかかりました。 しばらくして。 日が暮れて、夕食の準備をしていた花。 首にケガをしたサナティを見てとても驚きます。 手当をするうち、サナティの首には噛まれた痕や切り傷があるとわかりました。 なにがあったのか、と問う花に、素直に事のいきさつを話すサナティ。 どうやら、相手がケガをしていた為に無抵抗だったようです。 かつてはサナティも、獣人と人間は同じと言われ、憤ったことがあります。 考え方が変わったんだと、花の胸に顔を埋めるサナティ。 しかし花は、学び舎でのリシュの言葉を思い出していました。 獣人と人間が恋をするなんておかしい。 そう言うリシュに、花は 大切な人を想うことをおかしいと言うのは、それが普通じゃなかったとしても心が痛い。 と伝えていました。 しかし、現実では、花のことでサナティがケガをしているのです。 好きでいてもいいのか、、、と そう言う花に、優しく口づけるサナティ。 そうして二人は、想いを確かめるように抱き合うのです。 ケガは、どうやら大したものではなかったよう。 花の腰を抱え込んだサナティは、 舌を使って花の奥まで舐めていきます。 快楽に酔い痴れながら ねだる花。 煽る言葉を連発し、サナティと深く強く繋がろうとします。 2巻で 完結!この傑作はコミックで読もう! でも、獣人たちの拒絶はほとんど変わらず…。 リシュを連れて来たのは、親ではなく兄でした。 そういえば、タオの保護者もお兄さんでしたね。 もしかすると、人間と獣人の間が険悪であることに関係しているのかも知れません。 花とサナティの絆は回を追うごとに強くなっています。 しかし、学び舎の中断決定まであと6日間。 獣人たちは相変わらず花の存在にギスギスしていますから、ここからどう改善されるのか想像もつきません。 もしかすると、改善するのではなく波乱の展開が待ち受けているのかも。 甘々で終わった今回ですが、そう考えると、次回もドキドキしながら楽しみに待ちたいと思います! (イーブックジャパン) (ユーネクスト) (ミュージック.

次の

獣人さんとお花ちゃん13話ネタバレ!何度も絶頂を迎える花にサナティは…

じゅう じん さん と お花 ちゃん 無料

頭の中で人間ではない 獣(けもの)に襲われちゃう自分を 妄想ちゃったことはありませんか? サイト主の マルは、正直メチャクチャありました。 わけのわからないワイルドな怪物人間みたいなオスに無理やりレイプされちゃうような空想・・・ まさにこの漫画は、そんな少女時代に妄想してたシュチュエーションを コミカライズしてくれたようなコミックなんです。 そうだな~ ここまでの展開は、ジブリ作品の 『千と千尋の神隠し』で主人公の千尋が、 神々の世界へ迷い込んでしまった時のようなシュチュエーションと思ったら分かりやすいかも・・・ 「おっ!人間のニオイ?」 どこだどこだー!って感じ。 もし、ヒロインの 花ちゃんが獣人に捕まったら食べられちゃう キケンな状況だったんです。 そこで・・・ 本作のもうひとりの主人公が登場です。 口数が少なくクールな獣人・ サナティ 彼は、Tシャツも着てるし、スラックスも着こなす オオカミ系の獣人です。 不思議なことに、1話からずっと読んでいるとこの サナティが イケメン男性に見えてきます。 獣人と人間ががっつり日本語で会話しているので、まるで人間が着ぐるみを着て生活してるようです。 ただ・・・ その夜には二人の間にはなにも起こらなかった。 翌日、花が警備隊に連れだ出される前にサナティは彼女を人間社会へと帰そうとします。 しかし・・・ そお途中で、以前サナティが所属していた警備隊の 部隊長に見つかってしまい、 さらに・・・ 運悪くそのタイミングでサナティが獣人特有の 発情期の症状で気を失ってしまう! そして・・・ サナティを正常の状態に戻すには、発情した欲望を満たすことが一番早い解決策だった。 すると・・・ 花は一瞬も迷うことなく、まだ一度も男性に触れられたことのない 処女の体をサナティに差し出した・・・ 4話のネタバレ ついに始まってしまった人間と獣人のセックス。 しかも・・・ 花は誰にもまだその体を触られたことがない処女の女性だ。 二人のもとに 『獣人観察保護局』という施設から局長がやってきて、 花が受ける予定の 『獣人保育士試験』のさまざまなアドバイスをしてくれたのです。 なんと・・・ 花の今までやってきた行動が認められて、当局から連行されることはなくなったです。 なので・・・ サナティともちょっとの間、離れ離れとなっちゃいます。 彼女は、ワクワクと不安な気持ちをかかえて仕事に挑みます。 しかし・・・ 新しく小さな獣人たちの先生となった花に対する風当たりは予想以上に強かった。 子供の獣人たちの父兄は、花を先生として認めてはくれません。 しかし・・・ サナティは自分の大きすぎるペニスを花の中に収めきることを躊躇してしまいます。 花はサナティの全てを望みますが、危険すぎる人間とのSEXで花を傷つけたくないサナティは、 最後まで自分のモノを花の中には入れずにことを終えます。 これがサナティの限界だった・・・ そして・・・ 花は少し不満気味… エッチタイムはコレで終了。 ココからは花が学校で直面する様々な問題が描かれています。 もちろん…獣人学校の先生として働く傍らにはいつもサナティの姿があります。 ふたりでこの苦境をどうやって乗り越えてゆくのか・・・? ラブラブタイムと並行して物語は進行してゆきます。 サイト主の マルなんて、女子高生時代にこの漫画と同じような シュチュエーションでヒロインになった自分を妄想してましたし、 バカな女子トモたちと、人間以外のオス動物や怪物とのエッチな妄想を語り合って喜んでいました。 しかも・・・ 毎日のように。

次の