オモコロ 永田。 オモコロスタッフが早大生へ説いた、学歴のデメリット

オモコロステッカーパックVol.1

オモコロ 永田

オモコロの「永田」って? おもしろ記事サイト 「オモコロ」のライターとして活躍する「永田」さん。 今回は永田さんがどんな人なのか徹底解説しちゃいます! オモコロ永田のプロフィール 本名 永田 智 生年月日 1987年2月15日 血液型 AB型 役職 株式会社バーグハンバーグバーグ社員(副社長) オモコロライター 趣味 インターネット、ゲーム、マンガ、麻雀 永田の来歴は? 東京都出身の永田さん。 昔はお金持ちのボンボンだったので、いいお肉をたくさん食べていたみたい。 慶應義塾大学の商学部を卒業されています。 自身のブログで「チ〇コがゴッチゴチの捕鯨船みたいになる」と表現したことで2009年1月25日、オモコロにスカウトされ加入しています。 当初は「風の永田」という名前でしたが、元ファミ通編集部のフリーライター「風のように永田」氏と名前が丸かぶりであることが判明したため「永田兄弟」という双子のキャラクターに。 2009年2月27日から特集を書き続けています。 永田のエピソード 永田さんに関する噂を集めてみました。 果たして本当なんでしょうか…? ・エネルギーが詰まっているものが苦手で「エンジン」「風船」「ボンベ」などには絶対に近づかない。 わたあめの機械も怖がっていた ・特技は優勝すること ・以前はARuFaをルーファスとよく呼んでいたが、最近は全く呼ばない ・死ぬほど辛いものを食べて、内臓をめちゃくちゃにしてダイエットする ・ふぐの白子 がだ~い好き ・麻雀が好きで、プロになれるほど強いと豪語しているらしい ・大学を留年したが、両親に対して「大丈夫!」のワードだけで乗り切った ・ロジックで相手を責めたて、それでも自分が論破されそうになると大声を出して暴れるフィジカル性も併せ持つ。

次の

セブ山×永田「最低ラジオ002」

オモコロ 永田

「都市伝説」とは、現代発祥の噂話であり、根拠が曖昧・不明であるものを指す。 有名なものをあげると、 口裂け女 ベットの下に潜む男 ピアスの白い糸 等々… 誰もが一度は聞いたことがあるはずだ。 オカルト好きな筆者は、あらゆる都市伝説に精通していると自負していたのだが、某巨大匿名掲示板のオカルト板にて、またしても新たな都市伝説を発見してしまった。 多くの都市伝説が集まってくる。 それゆえ素人が扱うには少々危険であり、詳細は明かすことができない。 オカルト板都市伝説スレッドのレスポンスに、新たな都市伝説である「 それ」を目撃した。 ネイリストは盲腸が7個ある 果たしてこの噂は本当なのであろうか? 私は真相を究明するべく、最も信頼できる情報筋で確かめることにした。 質問を立て、すぐに書き込みがあったのだが、 まるで支離滅裂な内容。 なんらかの情報規制体制が敷かれていると考えてまず間違いない。 やはり、これほどの 大ネタとなると簡単に情報は得られないようだ。 真実を求め、ネイルサロンに直接電話することに。 「あ、『爪次郎』ですか? 実は、そちらのネイリストにレントゲンを撮ってほしくて…」 ガチャ 「プー、プー・・・」 なんと、私の一言で従業員は電話を切ってしまった。 即座に受話器を置くその行動に、 「裏で何らかの力が動いているのでは?」との考えが私の脳裏をよぎった。 まさか一介のネイルサロンでここまで徹底された盲腸隠しが行われているとは想像もつかなかった。 フリーメイソン、KKK団、イルミナティ…いったいどの組織が今回の事件に関わっているのかは、現状の調査からではわからぬままである…。 信じるか信じないかは、あなた次第です 合作 永田兄弟&加藤.

次の

オモコロスタッフが早大生へ説いた、学歴のデメリット

オモコロ 永田

バズる法則 例えば映画やマンガの登場人物が、窓ガラスをガシャーンと割りながら部屋に飛び込んでくるシーンを、どうやったら再現できるのか? 私たちはそんなことをまじめに考え、記事にしています。 実際に窓ガラスに飛び込んだら大ケガをしてしまうので、まず最新鋭の3Dプリンターを使って自分の精巧なフィギュアをつくりました。 そして、強力なパチンコでフィギュアを引っ張ってガラスにぶつけ、その様子を専門家が使う超ハイスピードカメラで撮影したんです。 ついには悪ノリで、自分のフィギュアをスイカに飛び込ませたりして……。 絶対ほかでは見られない動画が撮れました。 そんなノリで、バズる(SNSで拡散する)コンテンツをつくっているのが当社です。 企業から依頼を受ける広告記事も同じノリで制作します。 まじめにやるからこそおもしろいのかもしれません。 小さな頃からおもしろいことが好きでした。 大学は芸術大学の音楽科を卒業し、就職先はレコード販売店。 その後、市場の縮小を感じて携帯電話の「着うた」を運営する企業に転職しました。 ここが、私にとってすごい世界でした。

次の