夜 に 駆ける 小説。 夜に駆けるはなんのアニメの主題歌?原作や似た曲も紹介!

夜に駆けるはなんのアニメの主題歌?原作や似た曲も紹介!

夜 に 駆ける 小説

別の視点から申せば、カーシェアリングみたいなものだろうか。 サブスクでは、楽曲は、借りているだけで、多分所有は出来ないのだと思う。 非パッケージ商品がチャート上位に占める割合が加速度的に増えつつある気配は、ひしひしと実感せざるを得まい。 夜に駆ける/YOASOBI(配信・SONY)ソニーミュージック運営の小説サイトと連携するユニット。 昨年末の発売後、各チャートで上位に留まる。 『夜に駆ける』を聴いてまず思ったのが、そこにはどことなく、件の『香水』と似た匂いの感じられたことだった。 ちなみに、YOASOBIは、小説を音楽化するという、レコード会社のアイデア/企画によって組まれたユニットのようで、『夜に駆ける』は、星野舞夜の『タナトスの誘惑』を原作として書かれた作品なのだそうだが、それでふと閃いた/思ったのが、この楽曲の製造工程のことなのだった。 昨今のjpopでは、メロディに歌詞を乗せていくというのが、まぁ常道の手順といっていいだろう。 では今回のように小説を原作とするといった前提の場合は、どうなのか。 原作者の手前、ストーリー展開は無視出来まい。

次の

小説を音楽化するYOASOBI『夜に駆ける』 妙に耳に残る日本語歌詞――近田春夫の考えるヒット

夜 に 駆ける 小説

YOASOBIのコンポーザー・Ayaseさんとボーカル・ikuraさんが、6月22日(月)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にゲスト出演。 二人が出会ったきっかけや、音楽チャートを席巻中の配信曲「夜に駆ける」の制作裏話など、パーソナリティ・さかた校長、こもり教頭の質問に答えました。 さかた校長:YOASOBI先生は、2019年11月に「夜に駆ける」を発表して活動がスタートということですけど……11月からなんですね。 こもり教頭:まだ1年経っていなくて、やっと半年が過ぎたなーってくらいですよね。 YOASOBI:はい。 さかた校長:お二人が出会ったきっかけはなんだったんですか? Ayase:ikuraがインスタグラムで楽曲のカバーを弾き語りしているのを見つけまして、「一緒にやりませんか?」と声をかけました。 直感的に「いい声だ! 透明感がすごい!」と思って。 ikura:(笑)。 さかた校長:ikura先生は、声がかかったときはどうだったんですか? ikura:最初は、小説を音楽にするってどういうことだ!? と思ってしまって、どうしようかな……と考えたんですけど、Ayaseさんの曲を聴いて「これは絶対一緒にやるべきだ!」と思いました。 これは、始められたきっかけがあるんですか? Ayase:「monogatary. でも一緒にやると言ってもどうやっていけばいいのか? というのを、みんなで相談しながらやっている、という感じです。 こもり教頭:スタッフさんと相談しながら、いままでの3作ができたのですね。 Ayase:そうですね。 【YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video】 さかた校長:「夜に駆ける」は主要な音楽配信チャートで軒並み1位と、とてつもない勢いで席巻していますけど……活動を始めて半年という状況で、お二人がどういった感じで思っているのかというのを聞きたいと思うんですけれども。 実感というのはありますか? Ayase:実感はまだそんなにないんですよね。 自粛で外にそんなにまだ出ていないというのもあるんですけど、SNSとかを見て「いっぱい聴いてくれているんだな」というのを感じている状態です。 ikura:私もまだ実感はないんですけど、チャートとかを見て「この方たちの中に名前があるんだ……!」と思うと、ちょっとだけ実感します。 こもり教頭:チャートの中に自分たちの曲がバンっと首位で入っているというのは、最初に見たときはどうだったんですか? Ayase:いやでも変な感じですよ。 活動が始まってまだ半年ですし、「本当に!? 」という気持ちが強かったですね。 こもり教頭:「夜に駆ける」には原作(の小説)があるということですが、この曲を作る上でのポイントだったりはありますか? Ayase:そうですね、(小説とMV、音楽を)行き来してもらうにはどうしたらいいか……というので、歌詞でどこまで説明したらいいかとか、この描写をどこまで音に落とし込むのか、みたいなところのバランスをとるのはすごく意識して作りましたね。 こもり教頭:曲はスルスルっとできました? つまるところもありました? Ayase:この「夜に駆ける」を作るまでに、デモを20〜30曲くらい作ったんです。 バランスの調整もそうですし、「なんか、こうじゃない。 なんか、こうじゃない……」を繰り返したので、スムーズにはできていないですね。 ikura:(笑)。 こもり教頭:それは、「出てこないな……」より、「こっちも違うな、あっちも違うな……」なんですか? Ayase:そうですね。 そんな感じで、何回やってもピッタリこないな、というのがずっとありましたね。 さかた校長:それを経て、経て、経て! 1曲が出来上がって……そしてikura先生が歌で表現するということですけど、どういう気持ちで歌われていますか? ikura:そうですね……主人公になって歌うということはすごく意識しています。 小説を何度も何度も読み返して、主人公の気持ちを……どういうふうに言葉を置いて、どういうふうに発声して、というのを考えてやっています。 さかた校長:すごい……! そういうのを制作段階から踏まえて……僕はまんまと感動させてもらいました。 YOASOBI:(笑)。 どこから入っても面白い発見があって、どんどん深まっていくというのがあると思うので、好きに楽しんでください、という感じです。 tfm. php? tfm. ---------------------------------------------------- <番組概要> 番組名:SCHOOL OF LOCK!

次の

ヨアソビ「夜に駆ける 」小説を音楽にしたユニット

夜 に 駆ける 小説

歌を聴いて、小説読んで、歌詞を考察し、改めて聴く。 正直このエンターテインメントは計り知れない感動を呼ぶ。 それだけに、この歌詞は鵜呑みにしそうな表現が多く、解釈する人によって最悪のケースは自殺教唆になりうる事もある。 あまりにも美しく、華麗に死が描かれている為に、自殺はこの主人公達にとってハッピーエンドと解釈されがちである。 しかし、現実にこれは当てはまらない。 あくまで「小説」である。 エロスとタナトスがまるで別々に存在し、生に執着するもの、死に執着するものとして2人は描かれている。 そしてタナトスとは見るものにとって理想の形をしている。 しかし実際にはエロスとタナトスは混在し、エロスとして扱われてる彼にとっての自殺はタナトスからの甘い誘惑であった。 彼はブラック企業に勤めており、ストレスによって… そこの細かい描写がない事がこの作品の魅力であることは間違いない。 もちろん物語の解釈は無限にあっていい。 だが、美しく残酷な物語は狂信的な自殺志願者に加担するものにはなってほしくないと願うばかり。

次の