すーちゃ。 【復刻】スーちゃん、夏目さん兄と結婚

すーちゃん

すーちゃ

どうもカラオケでは歌がうまいといわれたことのあるすーちゃです。 カラオケって楽しいですよね。 歌を歌うってストレス発散にもなったり頭の運動によいそうです。 そんなカラオケは私も大好きです。 ぼくは、歌が下手です。 でもうまいといわれます! 実は! ぼくは歌が下手です。 自分で収録して聞いてみるとびっくりするほどへたくそです。 泣きたくなります。 もうどうにもなりません。 でも、歌い方ひとつでうまいといわれるようになります! ぼくが、歌を収録したときに気が付いたことがあったのでまとめてみようと思ってます。 歌が下手ってどういう意味なの? まず、歌が下手という定義って何なのでしょう? よく、 「私、音痴だから…」って言ってる人がいます。 音痴って歌が下手って意味ですよね。 聞いているほうは、音痴だからなんなのさ…って思いますがね。 聞いている側は、楽しそうに歌っていればいいと思っています。 うまい下手なんて口が裂けても言いいません。 音痴というのは、正しい音程がとれておらず正しい音程で歌えていないことが、下手の定義の一つでしょう。 でも、音痴に聞こえる原因はほかにもあります! ぼくが録音して気が付いたことは、遅れている!? ぼくが気が付いたことは、たくさんある中でも一番大きかったのは 「自分の歌が曲に対して遅れている」ことです。 自分の歌をバックミュージックと合わせて録音してみてください。 かなりずれます。 ずれているんですよね。 ぼくの場合も、 音楽より遅れていました。 音程やリズムなど下手に聞こえる要因はいっぱいありますが、 遅れているというのはとても違和感があり特に下手に聞こえてしまいます。 これは困った。 音程とかは、わからない人や気にしない人が多いんですが、速度ばっかりはどの人でもわかってしまうわかりやすい項目なのです。 なんでおくれてしまうの…どうにかならない? どうにかなるように、アマプロや歌い手はMIX時にずれがなくなるように調整したりしてます。 でも、カラオケではそんなことできないですよね。 なんで遅れてしまうのか…ぼくも何度も取り直してわかったことがあります。 なぜなのか。 それは、 歌詞を覚えていないからです。 うろ覚えの状態で歌うと必ずと言ってもいいほど遅れてます。 カラオケボックスの時は気が付いていないでしょうが遅れています。 カラオケって画面の歌詞を見て歌うでしょう? 歌詞を覚えていないと、カラオケの画面を見て歌いますよね?知らない歌に限っては、歌詞の色が変わる瞬間を利用して歌ったりしますよね?ぼくはよくやります。 そんなことしてたら確実に遅れてしまうわけです。 目で見て口で音を出すまでにタイムラグが必ずあります。 遅れたくないのであれば 歌詞を覚えましょう。 歌詞が出る前に声を出せるようにすれば遅れなくなりますよ。 でも、カラオケって下手でもうまく聞こえる ちなみに、 カラオケは遅れたりちょっとくらい音程が外れても大丈夫なような音量設定にしてあります。 というか、自分の声とスピーカからながれる自分の声があるわけですからもう遅れ放題なもんです。 でも、気にならないのはカラオケだけ。 実際に、収録したりするともう嫌になるぐらい気になってしまいます。 カラオケって、 下手な人でもうまく聞こえてしまいます。 環境の問題ですね。 でもでも、気にしなくってもいいんです。 カラオケって基本的にうまさは求められてません。 カラオケはうまさより楽しく歌うことが大事です。 カラオケでがっちがちのプロ顔負けの歌を聞かされたところで盛り上がりにくいわけですよ。 拍手するしかないじゃないですか。 すげーって。 でも、 楽しく歌っているってわかる歌い方をしてるのをみると楽しくなりません? 手を叩いてみたり、盛り上げやすい雰囲気も出ますしね!正直うまい下手よりそっちを練習したほうがカラオケではもてちゃいますよ! 楽しく盛り上げてカラオケ番長語っちゃいましょ? そんなすーちゃは、叫び倒して盛り上げちゃいますよ! こんな記事も書いてます。

次の

居酒屋すうちゃん

すーちゃ

スーちゃんこと、女優の田中好子(本名同じ=35)がかねてより交際中だった青年実業家の小達一男さん(おだて・かずお=36)と電撃結婚した。 二人は5月21日、東京・四谷にある会員制クラブで、身内だけ20人を呼んで挙式・披露宴を行った。 小達さんは故夏目雅子さんの実兄で、田中とは交際3年を経てのゴールインとなった。 関係者によれば、田中は東京・四谷の行き付けの会員制クラブで小達さんと神前挙式を行い、その後、披露宴を行った。 会場には両家の親族や田中のプロダクション関係者らごく内輪の人たちだけが出席した。 白ムク姿の田中は感激のあまり涙を見せ、「幸せになるために一生懸命頑張ります」と誓ったという。 田中と小達さんが知り合ったのは11年前。 小達さんはテレビや映画の衣装を手掛けており、田中が公私にわたる相談を持ち掛けたり、彼の実家に行き来するようなオープンな形で交際は進んでいった。 小達さんはその後、2度の離婚を経て、3年前から田中と親密な関係になった。 最近でも田中が住む東京・麹町のマンションに通う小達さんの姿が目撃されていた。 二人は昨年春にも結婚近しの話が流れたが、小達さんは周囲に「離婚して1年もたたないうちにまた結婚するのは男としてみっともない」として、挙式説を否定した。 だが、小達さんは前妻との離婚から1年が経過、男のけじめをつけるために田中との結婚に踏み切ったものとみられる。 加えて、田中が映画「黒い雨」の熱演でブルーリボン賞など映画各賞を受賞し、演技派女優の地位を確立。 今年になってNHK朝のテレビ小説「君の名は」に準主役でレギュラー出演するなど、女優としての人気、ステータスを築いた。 この時期に二人の交際がスキャンダル化することを恐れた関係者が二人に結婚を勧め、二人の気持ちも一気にフィナーレに向かった。 結婚が明らかになった24日、東京・足立区で釣具店を営む田中の実家では、父親の幸治さん(64)が挙式を認めた上で、「喜ばしいような、ちょっと寂しいような気持ちだね」と話した。 (1991年5月25日の日刊スポーツから)• photo• 芸能 桂米団治「悲願」父しのぶ「米朝まつり」鶴瓶ら出演 []• ハリウッド [7月22日 16:51]• 芸能 [7月22日 16:45]• 芸能 [7月22日 16:23]• 音楽 [7月22日 16:23]• 芸能 [7月22日 15:56]• ドラマ [7月22日 15:36]• 芸能 [7月22日 15:36]• 芸能 [7月22日 15:26]• 芸能 [7月22日 15:26]• おくやみ [7月22日 15:20]• AKB48 NGT8月初旬に劇場公演再開へ 県内在住者に限定 []• AKB48 [7月21日 18:50]• AKB48 [7月21日 17:33]• AKB48 [7月21日 9:01]• AKB48 [7月19日 22:48]• AKB48 [7月19日 22:18]• AKB48 [7月18日 8:31]• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• シネマ [7月21日 20:02]• ジャニーズ [7月20日 17:52]• ジャニーズ [7月20日 16:00]• ジャニーズ [7月19日 12:00]• 芸能 [7月19日 8:01]• ジャニーズ [7月18日 19:43]• ジャニーズ [7月18日 8:31]• ジャニーズ [7月17日 15:26]• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ハリウッド ナタリー・ポートマンら米女子サッカー新チーム設立 []• ハリウッド [7月22日 16:51]• ハリウッド [7月22日 10:58]• ハリウッド [7月22日 10:28]• コラム [7月21日 13:32]• ハリウッド [7月21日 11:49]• ハリウッド [7月21日 11:48]• ハリウッド [7月19日 23:39]• ハリウッド [7月19日 14:25]• ハリウッド [7月18日 10:27]• コラム [7月14日 14:32]• 映画 池田エライザ初監督映画 上海国際映画祭に正式招待 []• シネマ [7月22日 13:11]• シネマ [7月21日 20:19]• シネマ [7月21日 20:02]• シネマ [7月21日 5:00]• シネマ [7月21日 0:51]• シネマ [7月20日 12:17]• おくやみ [7月19日 16:41]• コラム [7月19日 10:00]• コラム [7月18日 13:00]• シネマ [7月18日 11:31]• ドラマ NHK麒麟がくる8・30放送再開、朝ドラは検討中 []• ドラマ [7月22日 15:36]• ドラマ [7月22日 10:19]• ドラマ [7月22日 10:08]• ドラマ [7月22日 4:00]• ドラマ [7月21日 10:20]• ドラマ [7月21日 10:20]• ドラマ [7月21日 8:18]• ドラマ [7月20日 11:26]• ドラマ [7月20日 11:26]• ドラマ [7月20日 11:13]•

次の

【公式】『えぞ式すーすー茶』は飲むだけで、すーすースッキリ爽快感を実感できる健康茶です。鼻にスーッと抜ける甜茶の風味が特長です。

すーちゃ

すーちゃんは常識をわきまえたきちんとした女性に見えます。 カフェの仕事はてきぱきこなし、無駄口をたたかない。 事を荒立てずスムーズに物事がすすむように気遣いをするし バイトの子のうわさ話にもひっかからない。 仲良しだからって全て話したり相談したりべたべたしたしたつきあいはしない。 きちんとしてる。 でも「変わりたい」と思っている。 何か特別な人間にならないと、世間で認められないと、立派だね、と賞賛されないと... きっとみんなそんなふうに焦ってる。 「あなたの夢はかなう」「あなたは変わる」世の中そんな本ばかり。 でも、「ふつう」に「ふつう」の仕事をこなしているすーちゃんが 私にはかっこよく見える。 そして、 「ナンバーワン」「オンリーワン」じゃなくても良い、毎日当たり前の事を淡々とこなしてゆく その他大勢の一人でもいいじゃない、自分の人生では自分が主役だし。 という安心感を読後に感じて とっても気持ちが楽になりました。 大好きです。 試し読みで冒頭の「クウネル」に憧れるところ、全く一緒で 「あ、買おう」と思いました。

次の