キャンプ場行方意不明事件 母親。 山梨県のキャンプ場で行方不明の女児の母親がインスタで大炎上?|SollaStudio

山梨キャンプ場7歳女児行方不明の母親がインスタグラムでコメント

キャンプ場行方意不明事件 母親

小倉美咲の誘拐犯はなぜ捕まらない? 出典: 昨年9月に 美咲さんが行方不明になってから2週間が経過した時の報道を読み返しました。 取材を行った新聞記者はこう話していました。 「発見はおろか、衣類や所持品なども見つからず、捜索は難航しています。 県警も防犯カメラの解析や聞き込みなどの範囲を広げて捜索していますが、とにかく手掛かりが見つかっていないのが現状。 遭難などの事故だけでなく、誘拐などの事件も含めてあらゆる可能性が考えられます」 なぜ行方が分からなくなってしまったのか。 あらゆる可能性が考えられますが、今回は 「誘拐」に焦点を絞って見ていきたいと思います。 美咲さん家族ら28人がキャンプをしていた 山梨県道志村のキャンプ場の中のひとつ、 「椿荘オートキャンプ場」は、住宅地が広がる相模原市から国道413号を車で西へ2時間ほど行ったあたりの山間にあります。 キャンプ場は、残念ながら不審者が子供を誘拐しやすい状況で、以下の点が挙げられます。 ・防犯カメラが付いていない ・駐車できるスペースがあちこちに点在している ・不審者が待機できる場所が多数ある ・自販機があり、人が立っていても違和感がない オートキャンプ場では、決まった料金を受付で支払えば、キャンプ場の周辺で自由に駐車できるそうです。 周辺住民によると、受付をしなくてもキャンプ場の近くを車で通ることはできるとのことでした。 美咲さんはキャンプ当日の午後3時40分ごろ、先に 沢で遊んでいた子どもたちのもとへ1人で向かったのですが、 キャンプ場の広場から出て50メートルほど歩くと、丁字路に差し掛かかります。 沢に向かうには、ここで左折する必要があります。 県警によると、 美咲さんが丁字路で沢の方向を向いた状態で立っているのを母親が見たのが最後の姿だといいます。 沢に向かって歩き出せば、広場からはすぐに死角になります。 沢に行くまでの途中に自販機があります。 自販機があることで、仮に近くに人が1人で立っていても、違和感がありません。 その後ろには車が駐車できるスペースがあります。 カメラも設置されていないので、犯罪を抑止するものは何もない状況です。 犯罪者にとってはターゲットを探すのに都合のいい場所と言えるかもしれません。 周囲は昼間でも薄暗い林道が続き、住宅が数軒あるものの、人影はほとんどない場所です。 仮に先ほどの自販機近くて犯人が待機していて、美咲さんを車に乗せてしまっていたら・・・ 人目もありませんし、チャイルドロックをしてしまえば出られません。 車で当時まだ7歳の女の子だった美咲さんを連れ去った可能性はあります。 行方不明事件は2019年9月末に起こり、その翌月には 台風19号により関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらしました。 当然、現場周辺の地形は大きく変化しました。 美咲さんのお母さんの知子さんは 「来るたびに季節が変わり月日がたっているのを肌身で感じる」と悔しさをにじませていました。 この台風の影響も、犯人を捕まえられないことに関わっているかもしれません。 また、 新型コロナウイルスの影響も避けられません。 情報提供を求めこれまでに チラシ54万枚を作成しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためチラシ配りは自粛中とのこと。 美咲さんのお母さんは、 「美咲のためにやってあげられることがすごく少なくて苦しい日々を送っている」と話しています。 スポンサーリンク 小倉美咲の行方不明事件に対するSNSの声 美咲さんは5月13日に8歳の誕生日を迎えました。 これまで警察や自衛隊、消防が延べ約1700人を投入しましたが発見に至っていません。 ちゃん 山梨県のキャンプ場で行方不明となり8ヶ月。 山梨県警がキャンプ場を再捜索中。 ヤフーニュース等に記載され再度関心を寄せてくれてる人も多いです。 今、改めてお願いです。 美咲ちゃんの顔を覚えて気にかけ続けて欲しいです。 たったそれだけで解決のきっかけになることもあるはず。 — k (たまにリツ協力お願いします) kkcammonaka 去年山梨のキャンプ場から いなくなった、小倉美咲ちゃんの捜査が2日間だけ行われる事になったそうです。 もしかすると、再捜索によって進展が見込めるなにかがあるのかもしれません。 そう考えないと、再捜索に踏み切る理由がわかりません。 多くの人を動員する決定を下したのは、なんらかの理由は絶対にあると思います。 小倉美咲さんが発見されることを心より願っています。 小倉美咲さんに関する情報提供は、県警大月署 0554(22)0110まで。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

小倉美咲の誘拐犯はなぜ捕まらない?山梨県道志村キャンプ場行方不明事件 | 毎日が新しい日

キャンプ場行方意不明事件 母親

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 捜索を続けている母親のとも子さん(36)は、「私があの時、ちゃんと一緒について行ってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています」と声を振り絞った。 美咲さんと同じ気持ちになろうと、美咲さんがいなくなったときと同じ服装で過ごしてきたといい、「暗くて寒くて不安で、すごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした」と話し、捜索について「たくさんの方々にご協力いただき、心から感謝しています」と語った。 父親の雅(まさし)さん(37)も「ひとりで怖くて、どんなに心細いかと考えると、かわいそうでかわいそうで胸が張り裂けそうです」と声を震わせた。 県警によると、美咲さんはとも子さんや姉、友人ら約30人と2泊3日の予定で訪れ、21日午後3時40分ごろ、先に遊びに行った友人を追いかけてテントを出たまま行方がわかっていない。 警察や消防、自衛隊が1日最大約300人態勢で急斜面や沢、空き家を捜索し、村内で聞き込みも続けてきた。 30日までの10日間に延べ約1400人が投入されたが手がかりはない。 美咲さんは身長約125センチ。 黒色の長袖Tシャツにジーンズ姿で、緑色のスニーカーをはいていた。 情報は大月署(0554・22・0110)へ。 (玉木祥子).

次の

美咲ちゃんの母親のインスタに衝撃コメント発見「埋めてたら分からないか」【道志村キャンプ場7歳女児行方不明】

キャンプ場行方意不明事件 母親

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の