釣りユーチューバー カメラ。 人気YouTuber使用カメラを紹介!動画撮影に最適のカメラ

釣りYouTuberが竿折られる 「カメラ邪魔」と激怒される動画が話題

釣りユーチューバー カメラ

YouTubeの動画といっても、その種類は千差万別。 とにかく幅広いジャンルの動画を撮影したいのであれば、アクションカムがおすすめです。 元々は、スポーツやアウトドアシーンなどの撮影用に開発されたカメラでした。 しかし、そのタフさと使い勝手のよさから様々なアイデアを実現してくれるカメラとして、幅広いシーンで使用されるようになったのです。 アイデア次第で個性的な映像を撮影することも可能。 まさしく、YouTuberにぴったりなカメラといえるでしょう。 サイズ的にもコンパクトで軽量ですので、どこにでも持ち歩くことができますし、アクセサリーも豊富。 YouTuberの相棒であり、心強い味方となってくれるはずです。 現在はアクションカムの中でも「GoPro」が人気を博しています。 様々なyoutuberがGoProを外での撮影に用いています。 youtubeだけでなく、テレビ番組でも外での撮影に用いられることもあります。 それほど使い勝手がよく、高性能なアクションカムです。 GoProは、3万円ほどで購入可能です。 しかし、決して、安い買い物ではないため、一度レンタルして試してみてはいかがでしょうか?もあるため、利用してみてはいかがでしょうか? 画質にこだわりたいYouTuberにぴったりなのが、です。 上記のアクションカムに比べると機動力の面ではやや劣りますが、その分だけセンサーサイズも大きく、レンズ交換も可能。 より高品質で多彩な映像の撮影ができるようになります。 なお、ミラーレスではなく通常のデジタル一眼レフでも問題ありませんが、自撮りが中心となる場合は話が別です。 コンパクトなミラーレスなら取り回しもよく、よりYouTuber向きといえるでしょう。 ここ数年でミラーレス一眼は劇的に進化し、35mmフルサイズセンサーを搭載したモデルなども登場しています。 より美しく、クオリティの高い映像を撮影することができるようになりました。 上記のアクションカム同様アクセサリーも豊富ですので、うまく使いこなすことができれば、あなたのアイデアを明確な形にすることができるでしょう。 動画撮影に特化したハンディカムにアドバンテージはある? 一昔前まで、動画を撮影するといえばハンディカムが一般的でした。 しかし、今日では上述のミラーレス一眼はもちろんのこと、コンパクトデジタルカメラなどでも高品質な動画の撮影が可能となっています。 それでは、ハンディカムならではのアドバンテージは無くなってしまったのでしょうか。 基本的に、ミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラのセンサー・エンジンは、静止画の撮影を前提に設計されています。 そのため、ピント移動のスピードにおいては、動画撮影に特化したハンディカムにアドバンテージがあるケースも多いのです。 撮影する動画の質に合わせ、使い分けるのがベストといえるでしょう。 どれか1台あれば事足りますが、2台用意しておけばさらにクオリティの高い映像を撮れるかもしれませんね。 スマートフォンでも動画の撮影はできる? 本格的な動画撮影をするためには、専用のカメラを購入しなければならない。 そんなイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。 確かに、画質や使い勝手などにこだわるのであれば、上述したミラーレス一眼やハンディカムを購入すべきです。 しかし、今日ではスマートフォンのカメラもかなり高性能になっています。 当たり前のようにフルHD画質の動画も撮影できますし、YouTubeに投稿するための動画撮影であれば、スマートフォンで十分です。 実際に多くのフォロワーを抱えるトップYouTuberの中には、スマートフォンで動画を撮影し、そのまま編集して投稿している人も少なくありません。 動画の撮影や編集に挑戦してみたいけど、専用のカメラまで購入するのはちょっとという方は、まずはスマートフォンを用いた映像制作に挑戦してみましょう。 動画編集に特化した無料アプリなども増えていますので、気軽にクリエイターデビューできるはずです。 についてはこちらの記事で解説しています。 それぞれのカメラの特徴を知りたい方はぜひ確認してみて下さい。 あの人気YouTuberはどんなカメラで撮影してる? 人気YouTuberがどのようなカメラで撮影しているのかをご紹介します。 画質にこだわるトップYouTuberになると、当然カメラにもこだわりを持っているケースが多く、常に新しいものにアップデートしているようです。 なお、ここでご紹介するのは、2018年9月現在で周知されている情報となります。 その点をご了承ください。 日本No. 1YouTuber!HIKAKINが使用するカメラは? 日本におけるYouTuberのパイオニア的な存在として、圧倒的な人気を誇るHIKAKIN。 現在でも、日本国内のYouTubeシーンを牽引し続けています。 彼の動画は主に室内で撮影されており、決して特殊な映像というわけではありません。 その分非常に画質が高く、画面全体にピントの動画が多く見られます。 彼がメインで使用しているカメラは、CanonのiVIS HF G20です。 ハイエンドデジタルビデオカメラの1つで、多くのトップYouTuberに愛用されているカメラとして知られています。 サイズ的に少し大きめなこともあり、出先での食レポ撮影においてはiPhone SEなどを使用するケースが多いようです。 スマホでもトップクラスの映像を制作することができる、素晴らしい例といえるでしょう。 YouTuberはどうやって動画を編集してる? カメラはもちろんですが、人気YouTuberの動画編集環境も気になるところ。 上述の通り、今日ではスマートフォンで簡単に動画編集ができるようになっています。 とはいえ、やはりトップYouTuberになると高度な編集を行うケースが多く、1日に何本もの動画編集を行う必要もあるようです。 作業効率も考えながら活動していることでしょう。 YouTuberは基本的に、スマートフォンではなくパソコンで編集を行っています。 気になるソフトですが、やはりAdobeのPremiere Proが人気のようです。 あらゆるフォーマットでハイクオリティな編集が可能で、トップYouTuberの間でスタンダードとなっています。 もちろん、近年では無料で使用できる編集ソフトなども登場していますので、最初は気軽に使えるものから試してみるのがおすすめです。 YouTuberのカメラを参考に、自分にぴったりの相棒を見つけよう 人気YouTuber達が使用しているカメラについてご紹介しました。 動画内容にそれぞれの個性が見られるのと同様、カメラにも個性が出るものです。 あなたもお財布と相談しながら、自分にぴったりのカメラを探してみましょう。 を使うと、購入する前にカメラの性能や使い心地などを確認することができます。 カメラは高額な買い物になりやすいので、購入前にレンタルで性能を試してみることがおすすめです。 また、レンタルサービスを使うと、必要な時にだけカメラを利用することができます。 例えば、外で撮影をするときだけ外用のカメラを借りることもできます。 では、GoProをレンタルすることも可能です。 カメラのレンタルサービスはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

次の

【決定版】釣り動画の撮影方法まとめ!必要な機材も合わせて解説

釣りユーチューバー カメラ

リアルタイムで映像を確認したい人は 「水中にカメラを沈めたけど、どんな映像になっているかわからない」「映像を実際に確認しながら撮影したい」という方は以下の点に注意してください。 注意点:水中ではwifiが届きません 最近のカメラは、wifiやbluetoothを使って、スマホのアプリでリアルタイムに映像を確認することができます。 海の中をリアルタイムで確認することができれば魚が餌をバイトする瞬間も見ることができたり、非常に面白い映像を撮影することができそうですね。 しかし、残念ながらwifiなどの電波は水中では届きません。 ですから、リアルタイムに映像を確認したい場合は有線でカメラを繋ぐ必要があります。 どんなカメラにも使える電波ケーブル wifiの電波が届かない対策として、ケミホタルで有名なルミカから「Bi Wireless Line」という商品が販売されています。 ケーブルの先端をカメラの防水ケースに取り付け、もう片端 3. 5mmミニプラグ をスマートフォンなどのデバイスに繋ぐと、wifiの電波が届くようになるというものです。 出典:Amazon 他社のカメラの多くはハウジングを使用することで防水対応になるものが多いですが、GoProは本体だけで10mまでの防水に対応しています。 これが何かとストレスになります。 釣りをしているとついつい時間が長くなることがありますので、バッテリーが外でも充電できると言うのは大きなアドバンテージです。 純正のポータブルバッテリーが販売されていますが、モバイルバッテリーで有名なAnkerなどの製品も使うことができます。 特に水中は暗いのでISO感度が上がりやすく高感度耐性も重要な要素となります。 画質に関してはSonyのアクションカムシリーズも優秀です。 しかし縦長だと頭の正面や胸の位置にマウントする際にかなり前に飛び出る感じになってしまうので今回は選択肢から除外しました。 そんな時にオススメなのは360度カメラです。 360度どの方向も撮影できるので水中でのカメラの向きを心配する必要もなく、快適に撮影することができます。 注意:水中では継ぎ目が綺麗に繋がらない 水中では光の屈折率が変化し、水上と水中ではカメラの画角が異なります。 (水中だと画角が狭くなり、焦点距離が長くなります。 ) 360度カメラは通常2つのレンズの映像をステッチ(繋ぎ合わせて)1枚の360度の映像を作り出していますが、これは陸上での使用を想定しているため、水中では綺麗にステッチできないのです。 GoProの360度カメラであるHero Fusionもハウジングなしで5mの防水に対応していますが、画像は綺麗にステッチされません。 基本的には360度カメラを水中で綺麗にステッチさせようと思うと、水中の画角変更に対応した専用ハウジングを使う必要があります。 360度派のオススメカメラ:THETA V 出典:Amazon THETAシリーズはリコーが出している360度カメラで、水中ハウジングに対応している360度カメラです。 下の動画は実際に水中で撮影されたものです。 下の方にハウジングの一部が若干見えていますが、防水対応の360度カメラの中では割と綺麗に繋がっている方です。 防水対応の360度カメラは他にもありますが、一番手軽に、そしてある程度まともに撮影できるTHETAが1番のオススメです。

次の

外房の釣りユーチューバーデビュー。 しちゃう?w 初心者がコスパ機材や環境の準備をしてみる(笑)

釣りユーチューバー カメラ

旅団』にて、動画撮影中にが発生した。 が釣りをしていると後からやってきた男性が「なにしとんねん、どっかいけ。 してるとき邪魔やし。 うっとうしいねん」と因縁を付けてきた。 は抵抗することなく素直に「どけます」と従おうとするも、行動に移す前に男性は後ろに置いてあった釣り竿を叩き付けを折り破損させてしまった。 男性は「死ねボケ」と叫びそのまま去って行った。 は何が起きたのか理解できず、立ち尽くし「え、ちょっとまって嘘やん……」と男性を追いかけずに「竿折られてんけど」と事態を把握するのに時間が掛かったようだ。 そこにの知り合い男性がやってきて、を説明すると友人男性は「これはやろ、警察沙汰やんけ。 何もいわんかったん? なんで弱気になってんねん」と苛立ちを見せていた。 この動画がに公開されると瞬く間に話題となり、再生数は現在で86万再生となった。 しかし中には「動画再生稼ぎのためもヤラセ」というも少なからずある。 この釣り竿を折った男性とは示談が成立しており、代金をキッチリ払ってもらっているという。 男性は後ろに固定してあった三脚のが邪魔で激怒し置いてあった釣り竿に八つ当たりしてしまったようだ。 男性はが邪魔だと指摘するもは即座に謝りをどけようとしていた。 しかしその前に釣り竿を折られてしまったのだ。 関連ニュース•

次の