わたもて 感想。 【面白い】「わたもて・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」をアニメを見始めたおっさんが見てみた!【評価・レビュー・感想★★★★☆】 #ワタモテ #私モテ #わたもて

【わたモテ 喪160感想】良い最終回だったwwwwwwwww

わたもて 感想

当サイトはアニメや漫画、ゲーム等、サブカル系の話題を取り扱うまとめブログです。 まとめたスレッドは5ch. netを主としており、申請フォームより許可を得て運営しております。 当サイトのレイアウトに使用しているイラストは、『イラストAC』様のフリー素材のみをお借りしております。 当サイトで公開したマンガの感想や考察、雑談の記事は、ネタバレに該当する画像・会話・その他情報は一切取り扱っておりません。 各作品の感想や最新情報は、全て雑誌発売日以降に公開しております。 各記事において、その話題に関連する商品を紹介させて頂いております Amazon様へのリンクである旨を明記。 また当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は、著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件を満たして掲載しております 引用の必然性、括弧などにより「引用部分」を明確にすること、「出典や著者の明示」を行うこと、引用部分とそれ以外の主従関係等。 必要事項や要件に関する詳細はをご覧ください。 当サイトへのご意見、要望等がございましたら、のメッセージよりご連絡をお願い致します。

次の

わたモテ感想 [喪171] モテないし夏合宿 遂に始まった合宿編!! この大人数で何が始まるか!?

わたもて 感想

[スポンサーリンク] 喪135【モテないし仮面〈キャラ〉をかぶる】 ある日の深夜、一人自室でアニメを見る智子。 わたモテ 喪135より 翌朝学校に向かいながら、 中二思想は薄れていたがアニメは良いと、 昨晩のアニメを評価。 わたモテ 喪135より まぁ今さらそんな格好、遅めの高校デビューみたいで イタいかと考えながら教室の机で考える彼女の横に、 陽菜が登校してきました。 わたモテ 喪135より じっと見つめる視線にどうしたのと陽菜が問い、 アニメから制服の着方を考えてると説明。 まぁあっちも見てるけどと答えると、 いつか聞いた事の有る答えが。 わたモテ 喪135より パーカーは結構定番だと語る陽菜は、 男子でも和田くんとか着てるしと言うが、 男子との交流が無いに等しい智子は 素直に誰やねんと返します。 てっきりアニメキャラの真似かと、と確認する智子に そんなにイタい人だと思ってたのかと茶化す陽菜でしたが、 智子からすればたまにオタくさいし 中二っぽいしゃべり方にたまになるとの事。 心外な陽菜は例を求めるが、 しゃべり方以前の所を挙げられてしまいます。 わたモテ 喪135より イタい所を突かれた陽菜。 そっぽを向いて、冷たい反応を示します。 わたモテ 喪135より 怒らせたと判断した智子は 馴染むと気にならないとフォローしますが、 ていうかあの時からこっちの事あだ名で呼ばないよねと反論。 心の中で呼んでたあだ名だから実際口に出すと なれなれしいかなって、と答える智子は パーカーの話に戻そうと努めますが、 お互い見つめ合う事態に。 わたモテ 喪135より 諦めて、ネモのそのパーカーはと あだ名で呼んで話を続けると、 陽菜は突然そのパーカーを脱ぎだし、 智子に差し出してきました。 わたモテ 喪135より 言われるがままに陽菜のパーカーを着た智子。 生温かくていい匂いすると袖の匂いを嗅ぎ、 何故か服装では無く匂いの感想を述べ始めました。 わたモテ 喪135より そして智子の前の席に座る明日香に声をかけ ファッション誌を借りた陽菜。 クロがやりたいのってこういうやつでしょと その中のページを智子に見せます。 わたモテ 喪135より 智子の感想に、何その男のオタクみたいな発想と 切り返す陽菜。 オタくさいって言ったの根に持ってると気にする智子を無視し、 女子のファッションはモテる為じゃないと続けます。 わたモテ 喪135より だから自意識過剰やめて好きな格好で来たら?と 智子に提案する陽菜。 しかしこういう格好してきたらイタいだろと考える智子。 別にイタくてもいいじゃんと陽菜が答えますが、 ダサかったら笑うだろ。 と拒否。 そんな彼女に、陽菜は目を見てその言葉を否定します。 わたモテ 喪135より そしてそんな話をした日の夜、 アニメの影響でゲームをプレイする智子。 そんな彼女の元に一本の電話が。 わたモテ 喪135より 翌日、陽菜が登校すると 黒いジャージに身を包んだ智子が 既に席に座っていました。 わたモテ 喪135より そうして振り向いた智子。 でしたが、いつもと違うのは 服装だけではありませんでした。 わたモテ 喪135より ああ言った手前、 必死で堪えながらジャージに話を持って行く陽菜。 わたモテ 喪135より 予想外過ぎる智子の風貌の変化。 昨晩の電話の主・明日香が彼女をメイクアップしたとの事。 わたモテ 喪135より 化粧はともかく、こういう格好は高校の内に一回くらい やっときたかったと、自らの服装を見直す智子。 わたモテ 喪135より 自らの装いをしっかりと認識していない彼女は、 ちょっとデカい鏡で見てくるわと教室を後にします。 わたモテ 喪135より と、入れ違いに入ってきた小陽。 声にならない声をあげ、震えながら教室に入ってきました。 わたモテ 喪135より そのままの足で真子に駆け寄り、 黒木を見たかと涙目で質問。 わたモテ 喪135より よほどツボに入ったのか、周りの目もはばからず 女子らしからぬ笑い方で大爆笑をする小陽。 そんな彼女を、明日香が無表情で見つめるのでした。 わたモテ 喪135より 感想 お昼休み回も終わり、再び日常へ。 以前にもアニメやなんやで感化される事の有った智子ですが、 今回は流れがまだマシでしたね。 昔なら一人で服装考えてその格好で登校して 赤っ恥をかくくらいの流れでしたでしょうに。 冷静に自己判断して陽菜と話している所とかも含め、 それだけ大人になったという事なのでしょうか。 そんな智子が目に付けた陽菜。 いつもパーカーの彼女の服装もせめてると評した智子でしたが、 パーカーくらい普通でしょと思うのは、 そういう知識の差なのでしょうか。 まぁ実際ファッション誌とか 偏見で目も通してない智子さんでしたし。 二人が普通に教室でアニメ談義しているって言うのも、 なんかこうこみ上げてくるものが有りますね。 懐かしいあのセリフも出ましたし。 わたモテ 喪135より これはもうそういうネタとして言ってそうだ。 でも「嫌い」を言える間柄って良いものですよ。 ミスターどうでしょうも北欧かどこかの副音声で言ってました。 気が合う点ばっかりで仲良くなって付き合うと、 合わない点が目立ってすぐ喧嘩して別れるって。 1ネタブッコんできた陽菜が指した パーカー男子、和田くん。 清田くんと喋ってる彼ですが……何か近いよ 笑 わたモテ 喪135より 男同士が喋る距離感じゃないよ。 清田くんもちょっと退いてる様に見えちゃう。 彼らの関係性もまた、気になる所。 そしてオタクトークからファッショントークに切り替わって行く二人。 前の席に座ったゆりさんは今回は未参加かと思いきや、 しっかりと聞き耳は立てております。 わたモテ 喪135より お分かり頂けるでしょうか。 この時点で音楽を止める前にイヤホンを外している彼女に。 わたモテ 喪135より 食堂ではあれだけグイグイ入り込んできたのに 聞き耳たてるだけという事は こういうジャンルはお得意でないのでしょうか、 結局入っては来ませんでしたね。 あだ名のくだりで私もと入ってくるかと思いましたが。 真子さんから教育的指導でも入ったのでしょうか 笑 次回、智子のメイク顔を見たゆりさんの 10gくらいしかなさそうな表情筋がどう動くのか、 今から楽しみです。 そんな一同抱腹絶倒のメイクを施した加藤さん。 多分茜辺りにわざわざ電話番号を聞いて 声をかけてくれたんでしょうねぇ、流石オカン。 でも実にオカンらしいというか、 見てた雑誌の通りのメイクにしちゃって。 わたモテ 喪135より 天然で見てた雑誌のメイクを希望していると思って施したのか、 ワザと雑誌通りにしたのか、 ガチでメイクした結果が雑誌に寄ってしまっただけなのか。 何にせよ爆笑する小陽を見つめる目線からして、 本気で良かれと思ってやってる事には違いない。 小陽を見つめる視線、 以前ネズミーで彼女が色々言ってた時の表情にも 近しいものを感じますね。 わたモテ 喪128より 陽菜の尋常じゃない量の汗からして、 やっぱり怒ってる顔なんでしょうね。 そりゃそうだ。 むしろ説教タイムとか始まってしまいそうな。 毎度のことながら、いい味出してる子なんですけどね。 このコマとか。 わたモテ 喪135より 智子、遅めの高校デビュー編となった今回。 意図せず地雷を踏み抜いてしまった 小陽の運命や如何に。 現状窓際列最後尾で周りを 加藤さん、ゆり、陽菜が囲んでいるこの良席も、 GW明けで席替えだそうです。 そこも気にはなりますが、それは次々回以降になるでしょう。 次回更新は6月21日、およそ1か月後。 単行本作業とか色々有るそうです。 続きが気になって仕方ないというのに 焦らすのが上手いんだから。

次の

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

わたもて 感想

『わたモテ』16巻 喪151:モテないし勝利する 結局ほとんど卓球の練習できなかった 球技大会でゆりちゃんがまるで勝てないので卓球の練習という名目で デートをする回。 複合漫画喫茶で卓球練習はちょっとしただけで、あとはもこっち&ゆりちゃんのダラダラしつつイチャイチャしてる夫婦っぷりを堪能するのみ。 一緒に寝て、えっちぃ動画見て、なにか事後みたいな流れがとても良い。 もこっちは人見知りなので店員相手でも吃るのでゆりちゃんに任せるのが様式美なのも 長年連れ添った夫婦って感じだよね。 ゆりちゃんの可愛さを余すこと無く味わえました。 ネモに私が正妻ってマウント取るのもええ! 「ゆりちゃん is 正ヒロイン」ですよ。 女子のが身体も大きくて強いわけで。 フィクション作品でよくある、まだ小学生たちのワンシーンがそこにあった! 「恋」とか分からない男子を校舎裏に呼び出して、付き合えって集団で脅す図のそのものです。 もこっちがうっちー可愛いじゃん?なんで付き合わないの?付き合いなさいよ!って女子軍団に囲まれてるようにしか見せませんでした。 うっちーはもこっちが好きって皆が把握。 「もちろん友達としての好きだと思うけど」の通り受け取ってるうっちーフレンズもいれば、性的な意味だと正確に理解してそうな人もいる温度差が面白い。 喪153:モテないし2度目の球技大会 伊藤光 伊藤さんから見たこみなんとかさん。 スポーツ漫画みたいなことやってみたかったんだろうなとか少女漫画になってると辛辣なようで確かな親友っぷりでした。 ド変態に付き合う友人のモノローグの9割はヒドイものでしたが、最後だけちょっと良い話風になっておりました。 こんな時、僕ら読者はどんな顔をすればいいのかわからないの。 笑えばいいと思うよ。 喪154:モテないし球技大会を終える こだわりがある 結局、あーちゃんの謎ジャージ着こなしはなんだったんだろう…。 ピッチャーやっててアイシング説でいいのだろうか。 そんなことより『わたモテ』はとても刺さる描写があるね。 ワキです。 例えば『だがしかし』のコトヤマ先生は鎖骨と肋骨、『高木さん』『歩は寄せてくる』の山本先生は「でこ、小さい子、セーラー服」、『ゆらぎ荘』『五等分』の作者は胸…って、 一発で魂が宿ってるものが分かるじゃないですか。 それと々。 ワキ描写は職人魂みたいなものが感じられます。 『グルグル』であったキタキタオヤジのワキおにぎりはゲロゲロだけど、あーちゃんや風夏さんのワキおにぎりはプライスレス! 喪155:モテないし揉む 触る? なんだこれは…。 加藤さんの友人関係と勉強することになり、アウェーの雰囲気でしでついつい口に出してしまった「おっぱいとかさわりてぃ…」に加藤さんがまさかの反応で触らせてくれることになったのでした。 なんだこれ?エロゲーかな? ただまあ、もこっちはやはり加藤さんにはATフィールドのようなバリアがあるというか距離感があるんだよね。 遠慮して触れませんでした、一見バカバカしいやり取りだけど、こういう人間関係って本当に多いよ。 マジで。 なんか遠慮無用で、それこそ満喫で話すことなく無言で一緒にいても何とも思わんゆりちゃんなら気軽にセクハラできるでしょう。 加藤さんとこう過ごすのは無理だよね。 胸もハードル高い。 気軽に揉める吉田さんの胸は幸せの青い鳥のようなものですね。 最大の特徴は部活辞めて学校来なくなった桐島という生徒は最初から最後までまったく登場せず、まわりの生徒が影を追い続けてたって青春群像劇だったことだよね。 いかに桐島が中心人物だったか、桐島と接点無いやつらへの影響は波紋のように広がっていき…という。 もこっちがいなくなって、振り回されるゆりちゃんとネモと加藤さんとうっちーは、まさに「黒木、謹慎するってよ」の周辺人物でした。 あくまで個人の解釈だけど『桐島、部活やめるってよ』は突然、中心人物がいなくなって桐島に寄りかかってたカースト上位人間どものアイデンティティぶっ壊される。 右往左往し、無関係含んで、それでも明日も生きてかいかなきゃいけないってものでした。 いきなり百合ハーレムの中心人物のもこっちが消えた世界で彼女たちは…という意味では最高。 ただ桐島と違って、もこっちは戻ってくるのがエモポイントだよね。 桐島では野球部期待の幽霊部員が、なんかまた部活すると観衆に想像させるラストであったが、もしも桐島が戻ってきたら…それはそれで違ったハッピーエンドになったかもしれない。 もこっちが消えて、寄りかかるものを無くしてしまったヒロインズがこれからは中心人物いなくても生きていく…ではない!それこそが『わたモテ』ワールドだなっと。 ジャンプ愛読者のもこっちに話を合わせようと「ワンピース?」って話しかけるうっちーは前から健在でしたが、この時に読んでたのはマガスペ(もう今はない)のえっちぃ袋とじ。 なんと、マガジン編集も好意的の反応してくれていました。 今日更新のわたモテ… もこっち マガスペ読者だったんか… ありがとう… — フジカワ magazinefuji もこっちがマガスペ読んでてくれて「ありがとう…」と。 そんな好意的だったマガジン編集に喧嘩を売るかのようなやり取りよ。 もうなんだ。 さすがだ。 ワンピースにとっても似てますが違う作品でした! うっちーがちゃんとワンピ読んでないって炙り出すだけでなく、それ以上に危ういネタをやってのけるのに感動した!ボンヤリとワンピ知ってるぐらいだとフェアリーテイルをワンピと間違える。 ちぃ覚えた。

次の