高血圧 基準 2019。 血圧の正常値(基準)|年代別の平均値・特徴、高血圧の影響、効く対策6つ

米国の新ガイドラインで高血圧基準値が引下げ、日本への影響は─日本高血圧学会|Web医事新報

高血圧 基準 2019

井手ゆきえ [医学ライター] 医学ライター。 NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。 証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。 ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。 一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。 生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。 カラダご医見番 ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。 ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。 痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。 そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。 Photo:PIXTA 先日、日本高血圧学会から「高血圧治療ガイドライン2019」が公表された。 世界の高血圧治療は一時の「緩やかな降圧」から一転、「厳格に管理」の流れにある。 一昨年25年ぶりに改訂された米国のガイドライン(GL)では、高血圧の基準値を従来の140/90mmHgから、130/80mmHgへ変更。 同じ値を採用してきた日本の動向が注目されていた。 最終的に改訂GLでは、高血圧の基準値こそ従来の140/90mmHgに据え置かれたが、成人の降圧目標値を10mmHg引き下げ、75歳未満の成人は130/80mmHg未満に、75歳以上は140/90mmHg未満としている。 いたずらに「高血圧人口」を増やすことを避けた一方、降圧目標値を厳しくすることで「早め、早め」の対策を推奨したのだろう。 ちなみに、降圧目標値の根拠となった複数の調査研究では「高血圧とはいえないが、高めの要注意血圧(正常高値血圧)」とされた120~139/80~89mmHgに相当する人は、いずれは高血圧になる確率が高く、120/80mmHg未満と比較して脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが高いという結果が示されている。 従ってこの春の健診で「正常血圧」とされた人も、念のため数値を確かめてみよう。 もし正常高値血圧だった場合は、食事を見直すことから始めてみるといい。 その第一歩は減塩だ。 現在、改訂作業中の「日本人の食事摂取基準」では、1日当たりの食塩摂取目標量が現在より0. 5グラム厳しくなる見込み。 18歳以上の男性なら1日7. 5グラム未満、同女性は6. 5グラム未満である。 「厳しいなあ」と思うかもしれないが、日本高血圧学会が推奨する1日当たりの食塩摂取量は男女とも6グラム未満、世界保健機関に至っては5グラム未満だ。 「減塩・降圧」の流れは止まらないだろう。 減塩食を美味しく食べるコツは酸味(酢やレモン)、辛味(唐辛子など)、香味スパイスや昆布のうま味で物足りなさを補うこと。 ただし、これからの梅雨~夏季は脱水症リスクが高まるので「ほどほど減塩」から慣らしていこう。 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)•

次の

[84] 血圧の話

高血圧 基準 2019

高血圧とは 高血圧は、喫煙と並んで、日本人の生活習慣病死亡に最も大きく影響する要因です。 もし高血圧が完全に予防できれば、年間10万人以上の人が死亡せずにすむと推計されています [1]。 高血圧自体は、過去数十年で大きく減少しましたが、今なお20歳以上の国民の二人に一人は高血圧です [2]。 高血圧には本態性高血圧と二次性高血圧とがあります。 二次性高血圧は、甲状腺や副腎などの病気があり、それが原因で高血圧を起こすものをいいます。 でも二次性高血圧を合併します。 それに対し、日本人の大部分の高血圧は、それらの原因のない、本態性高血圧です。 本態性高血圧は、食塩の過剰摂取、肥満、、運動不足、や、遺伝的体質などが組み合わさって起こると考えられています。 なかでも、日本人にとって重要なのは、食塩の過剰摂取です。 日本高血圧学会の高血圧診断基準 [3]は表1の通りで、診察室での収縮期血圧(最大血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の場合を高血圧と診断します。 また自宅で測る家庭血圧の場合は、診察室よりも5mmHg低い基準が用いられます。 また、肥満がなくメタボリックシンドロームの基準に当てはまらない場合でも、高血圧単独でも多くの病気を引き起こします。 高血圧が進んで動脈硬化になると、心臓では狭心症や心筋梗塞、心不全など、また脳では、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害()やになりやすくなります。 高血圧の予防 高血圧症の予防に欠かせないのは、食塩摂取量の制限です。 食塩摂取の目標は、「健康日本21(第二次)」の目標値では8g未満 [4]、「日本人の食事摂取基準 2020年版 」の目標量では、成人男性で7. 5g未満、成人女性で6. 5g未満 [5]とされています。 また、日本高血圧学会は、高血圧患者における減塩目標を1日6g未満にすることを強く推奨しています [3]。 日本人の食生活は食塩が多くなりやすい特徴があります。 全体的に薄味にし、かけしょうゆ、かけソースなどの習慣がある人は、つけしょうゆ、つけソースに改めるだけでも食塩摂取量が少なくなります。 また、漬け物をたくさん食べる習慣のある人や、味噌汁を1日に2杯以上のむ人は、1回の量を減らすことが大切です。 ラーメンなど麺類の汁を全部飲んでしまうと、それだけで6g近い食塩をとってしまいます [6]。 そのほか、表2のような「減塩のコツ」 [7]が推奨されています。 一方、野菜や果物、大豆製品に豊富に含まれるには腎臓から食塩を排泄しやすくする働きがあります(腎臓の病気がある人はカリウム摂取の制限が必要な場合があるので、主治医と相談する必要があります)。 また、にも血圧を安定させる効果があります。 カルシウムは、牛乳や乳製品から摂取すると、より吸収率が高いことが知られています。 これらを組み合わせ、無理のない減塩を長く心がけることが高血圧予防につながります [6] [7]。 表2.減塩に有効な食行動の例:「減塩のコツ」 [3] 1. 漬け物は控える 自家製浅漬けにして、少量に 2. 麺類の汁は残す 全部残せば2~3 g減塩できる 3. 新鮮な食材を用いる 食材の持ち味で薄味の調理 4. 具だくさんのみそ汁にする 同じ味付けでも減塩できる 5. むやみに調味料を使わない 味付けを確かめて使う 6. 低ナトリウムの調味料をつかう 酢・ケチャップ・マヨネーズ・ドレッシングを上手に利用する 7. 香辛料、香味野菜や果物の酸味を利用する こしょう・七味・しょうが・かんきつ類の酸味を組み合わせる 8. 外食や加工食品を控える 目に見えない食塩が多く含まれている。 塩干物にも注意する また日本人では、肥満を伴わない高血圧が半数以上を占めますが、若年~中年の男性を中心に、肥満、特に内臓肥満を伴う高血圧の割合が増えています [8]。 このような高血圧では、まず最小血圧が高くなりやすく、次第に最大血圧も高くなることが経験的に知られています。 このタイプの高血圧は、やがてや血糖、尿酸、肝機能にも異常を来し、メタボリックシンドロームに進行しやすくなるので、特定保健指導を利用して、進行しないうちに減量を始めることが大切です。 そのほかに、高血圧の原因となる生活・環境要因には、運動不足、睡眠不足、過重労働、過剰飲酒、寒冷、ストレスなどがあります。 高血圧は自覚症状がほとんどなく、自分では気づかないので、毎年を受けることが極めて重要です。 健診で行う心電図や眼底検査では、高血圧による長期の影響がわかることがありますので、これらの検査を受けることも有用です。 また、家庭用血圧計を購入し、自宅で毎日測ることも、高血圧予防の観点から重要です。 (最終更新日:2020年6月5日) 参考文献• Ikeda N, Saito E, Kondo N, Inoue M, Ikeda S, Satoh T, Wada K, Stickley A, Katanoda K, Mizoue T, Noda M, Iso H, Fujino Y, Sobue T, Tsugane S, Naghavi M, Ezzati M, Shibuya K. What has made the population of Japan healthy? Lancet 2011; 378:1094-1105. 厚生労働省.平成30年国民健康・栄養調査.第55表 高血圧症有病者の状況 - 高血圧症有病者の状況、年齢階級別、人数、割合 - 総数・男性・女性、20歳以上• 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会(編).高血圧治療ガイドライン2019.ライフサイエンス出版:東京,p18, 2019.• 厚生労働省.健康日本21(第二次)• 厚生労働省.日本人の食事摂取基準(2020年版).• 宮本恵宏.特定保健指導の対象とならない非肥満の心血管疾患危険因子保有者に対する生活習慣改善指導ガイドライン.厚生労働科学研究費補助金疾病・障害対策研究分野循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究「非肥満者に対する保健指導方法の開発に関する研究」平成27~29年度総合研究報告書, 2018. (概要版は「標準的な健診・保健指導プログラム【平成30年度版】」の第3編別添3にも掲載)• Hori M, Kitamura A, Kiyama M, Imano H, Yamagishi K, Cui R, Umesawa M, Muraki I, Okada T, Sankai T, Ohira T, Saito I, Tanigawa T, Iso H; CIRCS Investigators. Fifty-year Time Trends in Blood Pressures, Body Mass Index and their Relations in a Japanese Community: The Circulatory Risk in Communities Study CIRCS. J Atheroscler Thromb 2017; 24:518-529.

次の

5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表:日経メディカル

高血圧 基準 2019

検査の目的・内容 血圧は心臓から送り出されている血液が血管内壁に及ぼしている圧力のことをいいます。 心身の緊張が解けた状態のときに、マンシェット(駆血帯)を左右のどちらかの上腕に巻いて調べます。 血圧には、収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)があります。 収縮期血圧は心臓が全身に血液を送り出すために収縮したときの血圧です。 そのため、検査数値は高値を示し、最高血圧と呼ばれます。 拡張期血圧は心臓に血液が入り込んで、心臓が拡張しているときの血圧です。 このとき、心臓は血液を送り出していないので、その圧力はゼロになるはずですが、大動脈などが自然に収縮しているため低いながらも一定の圧力が生じています。 検査では収縮期・拡張期両方の数値を調べます。 検査でわかること 検査値の状態から、心臓の血液を送り出す機能が正常かどうかを推測したり、結果の弾力性や抵抗性の程度はどうかをみます。 後者では、動脈硬化が生じていないかなどを判断する手がかりを得るのに有用です。 血圧の正常値は?高血圧の基準と数値 ・高値の場合 高値は高血圧であることをしめしています。 高血圧には3つの段階があります。 「正常高値血圧」の段階は、境界域ともいえるレベルで「正常域血圧」になります。 ・定値の場合 収縮期血圧が基準値より低い場合は低血圧となります。 一般的に拡張期血圧は判定には用いません。 高血圧の異常値が出た場合は 高血圧の治療でなりより大切なのが食事の改善。 その中心は減塩です。 異常値が出た場合は原因を考えていきましょう。 高血圧の原因は以下の3つに大別されます。 高血圧であることがわかったらその原因を調べる必要があります。 ただ、多くの場合は 加齢現象の1つといういう以外に、血圧を上昇させている原因がはっきりしません。 加齢現象の1つとは、具体的には動脈硬化を指しています。 この場合、収縮期血圧の上昇が認められる一方、拡張期血圧は変わらないか、むしろ低くなっているのが特徴です。 このような原因のはっきりしない高血圧を「本態性高血圧」と呼んでいます。 本態性高血圧の治療は、塩分を控えた形での食事療法と、降圧薬による薬物療法が基本となります。 高血圧の中には別の病気の症状の1つとして生じているケースもあります。 たとえば、腎疾患に伴う腎機能の低下を原因とした血圧上昇がその典型です。 ほかでは、大動脈の異常や内分泌系の異常など、さまざまな病気が原因になります。 このようなタイプの高血圧を、「二次性高血圧」といいます。 二次性高血圧の場合は、その元となっている病気の治療を行うことが基本となります。 低血圧の異常値が出た場合は 低血圧についても、「本態性低血圧」と「二次性低血圧」という分け方が成り立ちます。 本態性低血圧で、その程度が軽い場合は治療の対象にはなりません。 ただ、低血圧のために起立時のめまいやだるさ、動悸、息切れなどの症状が出て、日常生活に影響を及ぼしている場合は、薬物療法を行います。 二次性低血圧は自立神経や内分泌系の異常が原因となるほか、血液量や心臓の拍出量の減少、静脈の異常なども原因となります。 やはり、元になっているそれらの病気を治療すれば、低血圧症状も改善されることになります。 高血圧で肥満の人は要注意! 肥満 があると心臓への負担が大きくなり、動脈硬化が促進されます。 これは高血圧から誘発される危険と、完全に重なります。 そればかりではなく、肥満は血液が上昇する原因の1つでもあります。 つまり、高血圧と肥満が同居していると、いっそう、心臓血管系の病気を招きやすいということになるわけです。 逆にいうと、肥満を解消すれば血圧もその分だけ低下することになります。 高血圧の状態であり、かつ肥満している人は標準体重になるように努めましょう。

次の