猫 毛色 性格。 猫の模様と色・完全ガイド~遺伝子から見る毛のカラーパターン一覧リスト

短毛猫_百度百科

猫 毛色 性格

三毛猫(みけねこ)の柄の色は黒、茶色、白の3種類。 茶色の色は、どちらかというとオレンジっぽい色味なのがポイントです。 また、散歩中に三毛猫(みけねこ)を見かけたことがあるという方が多いはずですが、白や茶トラ、キジトラのように、三毛猫も野良猫の中でよく見られる柄です。 そんな三毛猫(みけねこ)は、日本猫にカテゴライズされます。 ですが日本猫だけでなく、実は洋猫にも3色の柄をしている猫がいます。 例えばメインクーンやスコティッシュフォールド、マンチカンでも三毛猫(みけねこ)のような柄をした子がいます。 洋猫で3色の柄だと和と洋が混ざった感じで、可愛らしいですよね!ちなみに三毛猫(みけねこ)は、海外でも人気があります。 三毛猫の毛の模様の種類の1つ目は、縞三毛です。 縞三毛はしまみけと読み、黒と茶色の柄の中にしましま模様がある猫のことをいいます。 三毛猫でもしましま模様があることから、まるでトラ猫のような、キジトラのような雰囲気も持ち合わせているのがポイント!また野良の三毛猫の中でも、比較的多く見られる柄の種類です。 縞三毛の性格ですが、他毛の柄の種類を持つ三毛猫より自己主張が少ないです。 静かな傾向がありますが、怒ると怖い一面を見せることも…また母親意識が強く、いい母親になるのも特徴のひとつ。 子猫が生まれると、必死に守ろうとします。 キジ三毛は縞三毛やとび三毛と比べ、柄の色が薄くなっているのが特徴です。 毛の柄がくっきりしていないことから、他三毛猫の種類よりもキジ三毛は柔らかな印象を与えますよね!またこのキジ三毛も、縞三毛と同じく野良の三毛猫に多く見られる毛の柄です。 そんなキジ三毛は、思慮深い性格をしています。 また人見知りで心を許すまでに時間がかかるため、はじめのうちは仲良くなるのに時間がかかると感じてしまうかもしれません。 中にはごはんをくれる人が飼い主でないと、食べないという子もいるようです!ですが一度心を開くと、可愛く甘えてくれるのがキジ三毛です。 好き嫌いがはっきりしていることから、そりの合わない猫と喧嘩をする、また嫌いな人には近づかないという一面を見せることもあります。 エサの好みもはっきりしていて、カリカリでないと食べない三毛猫、逆にウェットタイプでないと食べない三毛猫もいます。 また、三毛猫は好みがはっきりしていることに加え、気まぐれな性格をしています。 そのため三毛猫を飼った方の中で、「大好きなエサをあげたのに食べてくれなかった」という経験をされた方も多いはず。 エサを食べないと、体調でも悪いのか心配になってしまいますよね。 ですがこれは三毛猫特有の気分屋の性格からきています。 三毛猫と同じく日本猫の茶トラは甘えん坊な傾向がありますが、三毛猫は依存心がなくしっかり者であることが多いです。 同じ日本猫でも性格が違うのは、とても興味深いですよね!また三毛猫が独立心が強いのは、三毛猫のほとんどがメスだからだといえます。 というのは一般的に猫はオスの方が甘えん坊、メスの方がしっかり者という性格の傾向があるからです。 そんな独立心が強い三毛猫はお留守番が得意な子も多く、家を留守にしがちな方にも飼いやすいのがポイント。 飼い主に甘えてべったりするのが好きな猫もいますが、三毛猫は飼い主とある程度距離を置いた関係を望みます。 三毛猫はもともとメスが多いため家族意識が強いです。 母猫になると、子猫を育てようと一生懸命になります。 ただし他子猫にはドライで、自分の子猫でないと世話しないという冷淡な部分もあります。 このギャップは人間からしたら、びっくりしてしまいますよね! また、三毛猫は警戒心が強いため、はじめは距離感を感じてしまうかもしれません。 ですが三毛猫は一度心を開けば、飼い主のことを大切な家族だと認識してくれるでしょう。 中には家族である飼い主のことを、守るような態度を取る三毛猫もいるようです!小さな体で守ろうとする姿に、きっと愛情を感じることでしょう。 三毛猫は頭が良いため厳しい躾をしなくても、トイレの場所などはきちんと理解してくれます。 三毛猫を迎え入れるときは、ほどよい躾で大丈夫です。 もちろんできたことに対しては、撫でたりごほうびのエサをあげるなどしてしっかり褒めてくださいね! ちなみにあまりに厳しい躾をしてしまうと、三毛猫に気分を害する嫌な人だと認定されてしまうことも…三毛猫は好き嫌いがはっきりしているため、一度嫌いな人に分類されてしまうと、そこから這い上がるのは難しいといえるでしょう。 また三毛猫の警戒心を高めてしまう恐れがあるので、躾の仕方には十分注意してください。 三毛猫はデリケートな性格をしているため、部屋が散らかっているとストレスを感じてしまうことがあるので注意しましょう。 三毛猫を飼うときは大切なお客さんを招き入れるときのように、部屋をしっかり掃除するよう心掛けてくださいね。 ちなみに猫がストレスを感じると、食欲がなくなる、毛づくろいをしなくなる、大声で鳴き続けるなど、行動面に異常が目立つようになります。 これはまれにクラインフェルター症候群といって、XXYの染色体を持つオスが生まれることがあるからです。 オスのみけ猫が生まれる確率は非常に低いため、販売価格はなんと3000万円ほどともいわれています! ですがオスのみけ猫がメスのみけ猫のように健康体かといえば、そういう訳ではありません。 クラインフェルター症候群という染色体の異常からオスになったため、生殖機能がないまま生まれてきたり、体が弱く病気になりやすかったりします。 三毛猫は猫らしい性格が魅力的!躾をする際は注意が必要 三毛猫は賢く綺麗好き、また運動神経が良いので、三毛猫を飼うときは躾の仕方や住環境に配慮してくださいね。 最初はとっつきにくい三毛猫ですが、心を開けば飼い主のことを本当の家族のように接してくれるでしょう。 今回の記事を参考にして、ぜひ三毛猫と素敵な関係を築いてくださいね!•

次の

异国短毛猫_百度百科

猫 毛色 性格

猫は毛の色や模様で性格が違うの? 最近猫の性格についての記事、よく見かけるようになりましたね。 私は産まれてこの方ずっと猫と共に暮らしてきました。 現在は6匹の猫と暮らしています。 その中でも特に甘えん坊なのが、茶トラ猫2匹。 今回はこの茶トラ猫についてお話ししたいと思います^^ 茶トラ猫ってどんな子? 茶トラ猫とは、オレンジ色と濃いオレンジ色の縞模様の猫ちゃんのことです。 おなかや手足が白い子は茶トラ白と呼ばれています。 我が家には茶トラと茶トラ白がいます。 2匹ともオスです。 遺伝子的に、茶トラ猫の全体の8割がオス猫のようです。 私が過去に飼っていた茶トラ猫、思い出してもみんな男の子でした。 茶トラ白猫の性格 茶トラ猫の性格を一言で表すと【小ちゃいことはきにしない!】です。 笑 大抵の猫は警戒心が強く臆病ですから、来客や掃除機などの大きな生活音を怖がって隠れてしまいます。 ウチの子達も来客時はどこに居るのか分からないくらい、気配さえも頑張って消しています。 笑 ところが、茶トラ白猫だけは初めて来た業者さんなんかにも全く動じないんです。 そして撫でられても、喉を鳴らして喜びます。 猫が苦手な人はたまったもんじゃないですね。 笑 茶トラ猫の特徴 茶トラ猫ちゃんの露出した肌の部分(鼻、肉球、唇など)は、ほとんどがピンク色のようです。 茶色っぽいピンクや、ピンクに茶色のぶちが入っていたりもします。 大きい子が多いように言われていますが、先程もお話ししたようにオス猫が多いからのようですね。 我が家の茶トラ猫は2匹ともオスですが、1匹は大きく、もう1匹は普通の大きさです。 茶トラ白猫は甘え上手? そのようですね^^ 我が家の茶トラちゃんは甘えん坊ですが、少し臆病なところもあります。 一方茶トラ白ちゃんは甘えながらも、しっかり嫌なことは態度で示すし、して欲しいことを訴えてきます。 笑 ですが、私が出かける時には見送りをしてくれて、帰ってきた時には必ずお迎えに来て「にゃーん」と待っててくれます。 まさに茶トラ白猫は 世渡り上手! スキンシップも大好きです。 TVで活躍している猫ちゃんも、茶トラや茶トラ白猫が多いのもうなづけますね。 撮影中は周りに人がたくさんいたり、機材があったりで警戒心の強い猫ちゃんでは無理なのです 茶トラ白猫ちゃんは、こんな飼い主さんにオススメ! 警戒心が少ないので、来客の多い家でも大丈夫です。 突然の物音にもあまり動じないので、小さなお子さんがいても御構いなしです^^ 我が家にも小学生がいますが、お友達が来ると輪の中にちゃっかり入っているのは、茶トラ白猫だけです。 笑 いつでも飼い主さんとスキンシップを取っていたい茶トラ白猫ですから、留守がちな家ではオススメできません。 寂しい思いをさせてしまいますよね? ペットも1人でお留守番ばかりでは、することもなく退屈な時間を何時間も過ごさなければいけません。 猫は人間の何倍もの速さで歳をとります。 その短い時間のほとんどを、寂しい思いで飼い主さんを待つばかりだとしたら… 私は外に出る仕事は最小限に抑えて、 在宅ワークをする道を選びました^^ 甘えん坊な子が多い我が家の猫ちゃん達ですが、6匹とも毎日しっかり甘えにきては、満足してくれてますよ^^.

次の

猫の模様と色・完全ガイド~遺伝子から見る毛のカラーパターン一覧リスト

猫 毛色 性格

W遺伝子とは全く別の遺伝子によって全身が真っ白になった猫が「アルビノ」(albino)です。 やなど、ごく一部の品種で散見される突然変異種で、色素を作り出すことができません。 優性遺伝子であるW遺伝子によって発現するホワイトを「優性ホワイト」(Dominant White)と呼ぶのに対し、劣性遺伝子によって発現するアルビノのことを「劣性ホワイト」(Recessive White)と呼ぶこともあります。 アルビノに関連した遺伝子としては、現在「C」、「c」、「ca」、「cb」、「cs」という5つが確認されており、全身が真っ白になるのは「cc」、および「caca」という遺伝子型の時だけです。 W遺伝子による優性ホワイトとアルビノホワイトの見分け方は、目を見ることです。 前者が黄色~ブルーの色を持っているのに対し、色素を持たない後者はライラック~レッドの色を呈します。 これは瞳孔の奥にある血管が透けて見えるからです。 ちなみにかつて、アルビノをスタンダードとして組み入れた「ヨーロピアンアルビノ」という品種が作出されようとしていましたが、「アルビノ関連遺伝子は健全とはいえない」との見解から公認団体が付かず、結局立ち消えとなりました。 ブラック系 レッド系の猫は、赤色の元となるフィオメラニンの生成に関連したO遺伝子によって発現します。 この遺伝子は性別を決定するX染色体と共存している点、そして一見モノトーンのようでも、実は後述するタビー(縞・斑点模様)を常に伴っているという点が大きな特徴です。 このO遺伝子と色を薄めるddという遺伝子が混在した場合は「クリーム」になり、さらにこの「フォーン」が薄まると「アプリコット」になります。 オスの性染色体は 「XY」で X 染色体を一本しか持っていませんので、必然的にO遺伝子も1つしか持つことができません。 パターンは「OY」か「oY」のいずれかで、前者の時のみ赤系統の色を発現します。 一方、メスの性染色体は「XX」なのでO遺伝子を2つ持つことができます。 すなわち優性遺伝子「O」と劣性遺伝子「o」の組み合わせにより、「OO」、「Oo」、「oo」の3パターンがありうるというわけです。 赤系統の色を発現するのは「OO」の時だけで、「Oo」のときは後述する「トータスシェル」、「oo」のときは赤以外の色を発現します。 ある特定の品種でだけ発現するレッド系の色があります。 まずにだけ見られる特殊な色調変化は「ブラックモディファイア」(MC1R遺伝子中のE座)と呼ばれる遺伝子によって発現するもので、ブラックの被毛がアンバー(琥珀色)に、ブルーの被毛がライトアンバーに変色します。 またにだけ見られるラセット(赤茶色)と呼ばれる色調は、MC1R遺伝子の特定区画が欠失変異することで生み出されます。 赤系統の毛色を生み出すO遺伝子には他の色を抑制する働きがあるため、細胞内でこの遺伝子が活性化された場合は赤系統の色が優先的に発現します。 一方、劣性遺伝子であるo遺伝子には、優性遺伝子であるO遺伝子のように他の色を抑制する働きがありません。 よって細胞内でこのo遺伝子が活性化されても、ブラックやチョコレートなど、他の色が赤系統を押しのけて優先的に発現してしまいます。 さて、人間や猫を始めとするメスの体内では、「X染色体の不活性化」という現象が起こります。 これは、2本あるX染色体のうちの1本を機能停止することによって、遺伝子情報過多による細胞内の混乱を避けるというメカニズムです。 この不活性化はランダムに起こるものであり、体のある部分では右側の染色体が不活性化し、また他の部分では左側の染色体が不活性化するといった具合に、全くデタラメに発生します。 この 「X染色体の不活性化」という現象が、X染色体上にOo遺伝子を保有したメス猫で起こった状態が「トータスシェル」です。 「X染色体の不活性化」により、メス猫の体内のある部分ではO遺伝子が不活性化されてoが活性化し、また他の部分ではo遺伝子が不活性化されてO遺伝子が活性化するといった状態が発生します。 その結果、体のある部分ではO遺伝子の影響によって赤系統が発現し、他の部分ではo遺伝子の影響によって赤以外の色が発現するという現象が起こります。 このようにして赤系統と他の色がランダムに入り混じり、まだら模様になったのが「トータスシェル」というわけです。 なおX染色体が不活性化されるメカニズムに関しては、2015年に発表された最新の研究で少しだけ明らかになりました。 詳しくは以下の記事もご参照ください。 タビー アグーティとは、本来あるはずの濃い部分が不明瞭なパターンのことです。 体全体が薄い部分だけで占められているため、ただ単に「アグーティ」、もしくは「ノンストライプタビー」と呼ばれます。 名称の由来は、このパターンの典型例である、中南米に生息する「オオテンジクネズミ」(agouti)です。 縞模様は四肢、首、しっぽに薄く現れるものの、よく見ないと分かりません。 このことから「aa」という遺伝子型を「ノンアグーティ」と呼ぶこともあります。 カラーポイントとは、耳、顔面、四肢の先端、しっぽの被毛色だけが濃い状態のことです。 ベースカラーから特定部分の色がアルビノ遺伝子の影響によって脱色することでこのようなパターンが現れます。 体の末端部分だけ脱色が抑制されるのは、体温が下がりやすく、その分アルビノ遺伝子も不活発になるためだと考えられています。 一般的に、子猫の時はホワイトですが、成長するにしたがってポイントカラーが現れます。 また暖かい地域よりも寒い地域において、コントラストがより鮮明になります。 薄い部分と濃い部分のコントラストにって分類したのが以下の基本3種です。 各種類は、ベースカラーや模様によってさまざまなサブクラスに枝分かれしていきます。 ヒマラヤンパターンヒマラヤンパターンは「シャーミーズパターン」とも呼ばれ、薄い色と濃い色のコントラストが強いカラーポイントのことです。 「cs」と呼ばれるアルビノ遺伝子が「cscs」という遺伝子型になったときに発現します。 典型例はやです。 ミンクパターンミンクパターンは「トンキニーズパターン」とも呼ばれ、薄い色と濃い色のコントラストが中程度のカラーポイントのことです。 「cs」と「cb」が組み合わさり、「cscb」という遺伝子型になったときに発現します。 典型例はです。 セピアパターンセピアパターンは「バーミーズパターン」とも呼ばれ、薄い色と濃い色のコントラストが弱いカラーポイントのことです。 「cb」と呼ばれるアルビノ遺伝子が「cbcb」という遺伝子型になったときに発現します。 典型例はです。 ホワイトスポット ホワイトスポット(パイボールド)とは、体の一部に白が入った状態のことです。 ベースカラーのW遺伝子やアルビノに関連した遺伝子が被毛全体を白くするのに対し、ホワイトスポットに関連したS遺伝子は、被毛を部分的に白くするという特徴を持っています。 S遺伝子の作用は気まぐれで、ほんの一部にしか現れないこともあれば(Ss)、全身を埋め尽くすほど大胆に現れることもあります(SS)。 こうした不安定なホワイトの現れ方に関しては「メラニン形成芽細胞移動説」、「アポトーシス説」などが考えられていますが、いまだにはっきりしたことは分かっていません。 2016年に発表された最新の研究によると、胚の状態にある時に遺伝子がメラニン芽細胞の分裂を抑制し、結果としてまだら模様が生まれるという説が有力だとされています。 ホワイトの割合による分類 またホワイトの現れ方により、以下に示すような愛称で呼ぶ場合もあります。 ミトンミトンとは、四肢の先端にホワイトが入った状態のことです。 ちょうど手袋と靴下を着けたような感じになります。 タキシードタキシードとは、顔、胸元、おなかにホワイトが入った状態のことです。 ちょうどタキシードを着たような感じになります。 ホワイトの部分ではなく有色の部分に着目した場合、マスクを付けてマントを羽織っているような感じになります。 ホワイトの部分ではなく有色の部分に着目した場合、帽子(キャップ)をかぶって背中に鞍(サドル)を乗せたような感じになります。 マグピーマグピーとは白と黒が鮮やかなカササギという鳥のことで、ホワイトを基調とし、ところどころに有色模様が入った状態を指します。 ハーレクインハーレクインとは斑点模様の衣装を着た道化師のことで、ホワイトを基調とし、しっぽと体のところどころに有色模様が入った状態を指します。 犬では唯一グレートデンだけがこの模様を発現します。 バンパターンバンパターンとはホワイトを基調とし、しっぽと耳の付け根辺りに赤色系の模様が入った状態のことです。 このパターンを示す代表猫種・にちなんでこう呼ばれます。 ホワイトスポットのレアパターン 極めてまれなパターンとしては以下のようなものがあります。 ベルトベルトとは、一筋のホワイトが、まるで胴体にベルトを巻き付けたかのように入った状態のことです。 ブランケットブランケットとは、まるで背中に毛布を掛けたかのように入った状態のことです。 スワール スワールとは渦巻きのことで、ホワイトの筋がまるでかき混ぜたカプチーノのように入り乱れた状態のことです。 スカンクスカンクとは、まるで動物の「スカンク」のように、ホワイトが背骨に沿ってまっすぐ入った状態のことです。 ブリンドルブリンドルとは、ホワイトが一か所に集まるのではなく、地色の中に細かく入り込んだ入った状態のことです。 トータスシェルの赤色を作る遺伝子が何らかの異常を起こし、本来赤になる部分が白になってしまったと考えられます。 ホワイトと間違えやすい病変 以下に示すのはホワイトスポットではなく、何らかの病変の兆候です。 尋常性白斑尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)とは、メラニン細胞が何らかの病変を起こして、皮膚や毛から色素が抜けていくいく病気のことです。 最初はポツポツとした脱色から始まり、次第に白い部分が広がっていきます。 また目の周りだけ白くなるという変わったパターンもあります。 白癬白癬とはによって引き起こされる病気のことで、部分的な脱毛を引き起こします。 脱毛した部分が円形のホワイトスポットに見えることから、英語では「リングワーム」とも呼ばれます。 実際には毛が白くなっているのではなく、被毛がなくなることで地肌が現れ、白く見えているだけです。 怪我怪我によって色素を作り出すメラニン細胞が死んでしまうと、その部分だけ脱毛したり脱色したりします。 人間でいうと「十円ハゲ」のような状態です。 老化老化に伴ってメラニン細胞の働きが衰え、部分的に被毛が白くなることがあります。 多いのは口の周りです。 つまり遺伝子型が「LL」や「Ll」の場合は短毛となり、「ll」という組み合わせの時だけセミロング~長毛になるというわけです。 一方、「H」という遺伝子はヘアレス、すなわち「無毛猫」の発現に関与しています。 知られているのは「h」(劣性遺伝子)、「hd 」(劣性遺伝子)、「Hp」(優性遺伝子)、「hr」(劣性遺伝子)、「Hp」(優性遺伝子)などです。 対して「Hp」はやの無毛を作り出している遺伝子であり、優性遺伝子であるため両親のどちらかから「Hp」を一つでも受け継げば発現します。 ちなみに2011年に行われた実験により、 猫の被毛の長さと、おしっこの臭いの原因となるフェリニンの濃度が相関しているという可能性が示されました (:Plantinga, 2014)。 実験の対象となったのは、8つの品種に属するオス猫83頭。 尿中に含まれるクレアチニンと呼ばれる物質に対するフェリニンの含有率が精査されました。 その結果が以下で、数値が大きければ大きいほど、高い濃度でフェリニンを含んでいることを意味しています。 のセクションで解説した通り、トータスシェル遺伝子(Oo)を持てるのはX染色体を2本持つメス猫だけです。 これは、パターンの発現に必要なO遺伝子とo遺伝子が、X染色体と共存しているためです。 しかし極めてまれではありますが、X染色体を1本しか持っていないにも関わらず、なぜかオス猫にトータスシェルが発現する場合があります。 この謎の答えの一つが「 クラインフェルター症候群」です。 これは性染色体が「XXY」という具合に、本来よりも1本多い突然変異のことを指します。 突然変異によってX染色体を2本もった結果、オスに必要な「XY」という組み合わせも保ったまま、トータスシェルに必要な「XX」という組み合わせを持つことも可能になったというわけです。 しかしこの現象は、ミズーリ大学の統計によると3,000分の1程度の確率とされていますので、ほとんどお目にかかることはできないでしょう (:vetstreet, 2013) 南極猫「たけし」 「オスの三毛猫」は、その珍しさから船旅のお守りとして乗船させられていたこともあります。 その典型例が南極観測船「宗谷」に乗って南極へ渡った「たけし」です。 1956年、第1次南極観測隊が旅立つ2日前の11月6日、動物愛護団体の女性が「旅のお守りに」ということで事務所を訪れ、急きょ乗船が決まったといいます。 南極といえばがあまりにも有名ですが、こうした主役の陰に隠れて活躍していた「たけし」は、さしずめ助演男優賞といったところでしょう。 キメラ猫 三毛猫3000頭に1頭の割合でしかオス猫がいないのだとすると、比率は0. しかし実際にはもっと高い確率で産まれているのではないかという推計もあります。 イギリス・ブリストル大学の調査チームは英国内15ヶ所にある動物病院の獣医師にアンケートを行い、特定の1週間で診察した猫たちの被毛色に関する統計データを集めました (:Leaman, 1999)。 その結果、合計9,816頭のうち三毛猫が1,467頭おり、さらにそのうち20頭までもがオスだったといいます。 割合に換算すると1. 一見すると獣医師の勘違いや集計ミスに思えますが、実はそうとも言い切れません。 理由の1つが「 キメラ猫」の存在です。 これは母猫の体内にいるとき、異なる遺伝情報を持った2つの受精卵が融合し、そのまま成長してしまった猫のことで、遺伝的にはありえない被毛色やパターンを示すことで知られています。 オスの三毛猫がクラインフェルター症候群でしか発現しないなら0. 例えば上の写真で紹介した三毛猫は「XX」(メス猫)と「XY」(オス猫)が融合したまま個体発生した「異性型キメリズム」の実例です。 奇跡の模様 アメリカで「ヴィーナス」(Venus)という名の非常に変わった模様を持った猫が有名になりました。 この猫は顔の中央で被毛色が分かれ、ちょうど「ハーフアンドハーフ・ピザ」のようになった猫のことです。 左右の目の色も別々であることから、体の部位によって異なる遺伝情報を有する「キメラ」ではないかという噂がまことしやかに流れましたが、実際は極めて珍しい三毛猫の一種です。 しかし謎も残っています。 それは、通常はホワイト遺伝子Wと共存するはずのブルーの瞳が左側に見られるという点です。 遺伝学者も首をひねるこの奇妙な現象には、ひょっとするとの瞳に見られるような、特殊な遺伝子が影響しているのかもしれません。

次の