アマゾンプライム 解約 方法。 Amazonプライムビデオの解約・退会方法!自動更新を解除すれば安心!

Amazonプライム会員の退会(解約)方法と返金の全手順

アマゾンプライム 解約 方法

アマゾンの有料会員サービスである「Amazonプライム」。 年額4900円の年間プランまたは月額500円の月間プランに加入すれば、ショッピングのお急ぎ便やプライム・ビデオ、Prime Musicなど、非常に多彩なプライム特典が利用できます。 しかし実際には、プライム特典をあまり利用しなかった、料金が割高に感じるといった理由で解約・退会を考えている人もいるでしょう。 そこで本記事では、Amazonプライム会員を解約・退会する方法を紹介。 いつ解約するのが有利なのか、解約時にどのくらい返金されるのか、といった疑問点も解決します。 さらに、Amazonプライムの無料体験期間中に解約した場合にはどうなるのかについても解説します。 次回更新日での解約• 即日解約 [(日付)特典と会員資格を終了](次回更新日での解約)を選んだ場合、次回更新のタイミングで自動的に解約となります。 [今すぐ解約する](即日解約)を選ぶと、その瞬間からプライム会員の特典を利用できなくなります。 解約時にいずれかを選択できる 「更新のタイミングまではAmazonプライムを使い続けたいけれど、それ以降は使いたくない」という人は、あらかじめ次回更新日での解約をしておくのがいいでしょう。 Amazonプライム解約時の返金 Amazonプライムの解約時には返金制度があります。 これは、Amazonプライムの特典をどれだけ利用したのかをAmazonのシステムで自動算出し、未使用分を返金するというものです。 Amazonプライムの利用規約より 1カ月間でまったくAmazonプライムの特典を利用していなければ全額が返金されるケースもありますし、たとえ1日でも特典の利用頻度が高ければ返金される金額が少なくなることも。 返金額は、あくまでもシステムが利用状況を自動で算出しており、利用日数による日割りではありません。 返金がある場合はクレジットカードに返金されます。 Amazonによる返金手続きは1〜3営業日ほどかかり、返金の期日はクレジットカード会社によって異なるようです。 なお、Amazonプライムには月額支払いと年額支払いがありますが、返金額の算出方法についてはどちらも同じです。 ちなみに、筆者が実際にAmazonプライムを解約してみたいところ、特典をまったく利用していなかったため、月額費用500円全額が返金されました。 結局、Amazonプライムはいつ解約すべき? 前述のとおり、Amazonプライムでは解約のタイミングが選択でき、利用状況に応じて返金制度があります。 これらを踏まえると、結局いつ解約するのがよいでしょうか。 ほとんどAmazonプライム特典を利用しておらず、これからも利用するつもりはない」という人は、即時解約しても問題なさそうです。 そのタイミングで解約してしまって、返金額を確保したほうが有利といえるでしょう。 反対に、 これまでそれなりにAmazonプライム特典を利用してきたという人は、次回更新日での解約のほうがベターかもしれません。 利用頻度が高いとそもそも返金額が期待できないため、契約期間ギリギリまでAmazonプライム特典を享受したほうが得策と考えられます(もちろん、特典利用でさらに返金額が減るリスクもありますが)。 Amazonプライムを解約する方法 Amazonプライム会員を解約する方法は、いくつかあります。 いずれの方法でも、即日解約するか次回更新日に解約するかを選択できます。 Amazonアプリから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上のメニューボタン[ ]をタップし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 「アカウント設定」から[プライム会員の設定・変更]を選択。 次のページで「プライム会員情報の管理」の[会員資格を終了する(特典を終了)]をタップしてください。 解約の画面で[特典と会員資格を終了]をタップし、次のページで[会員資格を終了する]をタップします。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる [(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付までAmazonプライムの利用が可能で、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 このいずれかを選択すると、解約手続きは完了となります。 PC(パソコン)でWebページから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上にある[ ]をクリックし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 メニューから[プライム]をクリックします。 「Amazonプライム会員情報」ページの左側にある「プライム会員情報の管理」から[会員資格を終了する(特典を終了)]をクリックしてください。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる 最後のページで[(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付で解約となり、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 いずれかを選択すれば解約完了です。 電話で解約する手順(カスタマーセンターから掛けてもらう) Amazonプライムは電話で解約することもできます。 カスタマーサービスの電話番号は以下の2つです。 0120-999-373(自動音声システム)• 011-330-3000(フリーダイヤルが繋がらない場合) またアプリを利用して、Amazonのカスタマーサービスから電話をかけてきてもらうことも可能です。 電話番号を入力し、[今すぐ電話がほしい]をタップするとカスタマーセンターから電話がかかってきます。 オペレーターに解約の旨を伝え、手続きをおこないましょう。 Amazonプライムの無料体験期間でも解約できる Amazonプライムには、新規加入すると30日間の無料体験を利用できます。 30日間は有料会員と同じく、お急ぎ便やプライムビデオなどの特典が無料で利用できるというものです。 無料体験期間中だけAmazonプライムを利用したい、解約を忘れて課金されてしまうのが心配といった人は、あらかじめ有料会員に自動更新されないよう設定しておくのがおすすめです。 有料会員に自動更新されないようにする設定は、有料会員が解約するときと同様の手順で進めます。 スマホアプリの場合 PCサイトの場合 解約手続きのページで[(日付)特典と会員資格を終了]をタップすれば、その日付で自動的に無料体験期間が解約となり、有料会員に移行することはありません。

次の

Amazonプライムの解約方法。Yahooプレミアム解約手続きと難易度を比較。

アマゾンプライム 解約 方法

【こんな あなた におすすめ】• アマゾンの 定期おトク便をやめる方法を詳しく知りたい• 解約したつもりが何度も 自動で届いてしまって困っている• 違約金や 最低注文回数など解約するときの注意点がないかを知っておきたい Amazon. jp の 定期おトク便 とは 日用品を割引価格で買えるおとくな定期購入サービスです アマゾンの 定期おトク便は、日用品を中心とした 定期おトク便対象商品を、割引価格で定期的に購入できるサービスです。 お米やパスタなどの食品、ミネラルウォーターやコーヒー豆などの飲料、おむつやおしりふき、ベビーフードや粉ミルクなどのベビー用品から、化粧水やシャンプーなどの化粧品、洗剤などの消耗品を中心とした幅広い商品が対象になっています。 定期おトク便は、有料のプライム会員以外でも注文でき、登録料なども不要で、配送料も無料です。 消耗品の買い忘れがなくなります Amazonの定期おトク便なら、設定した間隔で、指定した商品が定期的に届くので買い忘れの心配がありません。 定期的に購入している日用品が便利に購入できるのはもちろんですが、備蓄する食品や飲料水を、定期おトク便で定期購入しておくことで、災害に備えることもできます。 支払いはその都度なので安心です アマゾンの定期おトク便は、注文ごとに請求されるので、安心です。 支払い方法はクレジットカード払いか、代金引換になります。 アマゾンの定期おトク便は変更ができない? 配送間隔や注文数量の変更がいつでもできます Amazon. jpの定期おトク便なら、定期配送の頻度、定期購入数量の変更がいつでも可能です。 おもったよりもストックが残っている場合は、定期配送の間隔を伸ばすことができます。 たとえば、おむつを定期配送にしている場合には、成長に合わせて次の配送からサイズアップすることができます。 また、夏休み期間中だけミネラルウォーターの本数を増やすなんてこともできるわけです。 アマゾンの定期お得便は解約できない? 定期おトク便はいつでも解約できます Amazonの定期おトク便の契約がまったく必要なくなった場合には、定期配送をやめることができます。 アマゾンでは、定期お得便を解約することを Amazon定期おトク便 の申し込みをキャンセルと呼んでいます。 アマゾンの定期おトク便には、最低注文回数はないため、初回だけ定期おトク便の割引価格で注文して、2回目以降をキャンセルしても、割引価格が適用され、キャンセル料も発生しません。 2回目以降の注文をキャンセルしても、ルール上の問題はありませんが、定期おトク便に限らずキャンセルや返品が以上に多い場合には、Amazonから連絡が来るケースがありますので注意しましょう。 定期おトク便を解約する方法 Amazon定期おトク便はネットでキャンセルできます Amazon定期おトク便は Amazon定期おトク便情報の管理からキャンセル手続きができます。 Amazon定期おトク便の次回注文分だけをスキップする方法• Amazon. jp アカウントサービス にアクセス• Amazon定期おトク便情報の商品 にアクセスします。 今回スキップしたい定期おトク便の商品を選択します。 次回配送分をキャンセルするをクリックし、 確認をクリックします。 これで、定期おトク便の申し込みは、次回の配送分だけがキャンセルされ、次次回の配送分は通常の間隔で今まで通り届きます。 Amazon定期おトク便を解約するときの注意点 価格変動の大きい商品には注意しましょう 定期お得便の販売価格は、商品の注文が確定した時点で決まります。 アマゾンの定期おトク便の対象となっている商品には、食品やおむつなど、値動きの激しい商品も少なくありません。 前回よりも販売価格が値上がりしているからといって、定期おトク便を解約してしまうと、その後に急激に値下がりすることもあります。 同じ商品を今後も引き続き購入するが、値段の理由で定期おトク便を解約する場合には、現在の値動きが一時的なものではないか、確認するようにしましょう。 出荷手配が始まる前に解約手続きをしましょう 定期おトク便の商品がキャンセルできるのは、 出荷準備が始まる前までです。 すでに注文が確定して、出荷準備が始まっている注文はキャンセルできず、次回以降の配送分からがキャンセル対象となります。 定期お得便の対象商品は「不良品以外の返品不可」となっている商品がほとんどですので、返品もできません。 Amazon定期お得便の注文は、プライム会員でも 通常配送で届くため、アマゾンの出荷手配は、思ったよりも早いタイミングで始まります。 解約するなら、できるだけ早め早めに手続きするようにしましょう。 以上、Amazonの定期おトク便を解約する方法でした。

次の

Amazonプライム会員を解約(退会)する方法

アマゾンプライム 解約 方法

jpではありません。 電話で解約方法などの案内はしていませんのでお電話での問い合わせはご遠慮ください。 amazonプライムの無料体験って本当に無料なの?無料期間だけ利用したらちゃんと解約できるの? そんな風に心配している人はいませんか?無料期間だけで解約できるか不安で、登録を足踏みしている人もいるんじゃないでしょうか。 実は amazonプライムの無料体験は、無料期間の終了後に自動的に有料会員に移行される仕組みになっています。 それでは無料体験ができない!と思うかもしれませんが、安心してください。 無料期間中に設定を変更しておけば、無料期間が終了しても有料会員にならずに済みます。 今回は、無料期間だけamazonプライムを利用したいという方のために、無料期間終了後の自動更新を防ぐ方法をお伝えします。 無料でかしこくamazonプライム特典を利用しましょう。 コンテンツ• amazonプライムには便利な無料体験アリ amazonの有料サービス「amazonプライム」。 年会費3900円(月間プランなら月400円)で、便利で嬉しい特典をたくさん利用することができます。 しかし、amazon自体は会費を払わない一般会員でも問題なく利用できます。 そのため、amazonプライムの特典に多少の興味があっても、年会費を払ってまでプライム会員になる気にはなれないという人もいるのではないでしょうか? しかしamazonプライムには、便利なサービスや楽しいコンテンツがたくさんあります。 無料体験ができるので、無料期間だけでも利用してみるのはどうでしょう? 期間は30日間 amazonプライムの無料体験期間は30日間です。 特別長いわけではありませんが、特典をひととおり試してみるには十分な期間ではないでしょうか。 とりあえず無料期間のうちに特典を利用してみて、興味の惹かれる特典があったら、のちのち本登録するかじっくり考えてみるといいでしょう。 すべての特典を利用できる 無料期間中でも、利用できる特典に制限はありません。 すべての特典を試してみることができます。 amazonプライムの数ある特典の中でも、特に気になっている人が多いのは、映画やTV番組が見放題になるプライム・ビデオだと思います。 プライム・ビデオももちろん無料で利用することができるので、30日間の間に観たい映画やTV番組を一気見するのもいいのではないでしょうか。 終了後は有料会員へ移行 すべてのプライム特典をお試しできる便利な無料体験ですが、注意しなければならない点がひとつあります。 それは、 設定を変更しない限り、無料期間の終了後に自動で有料会員に移行する仕組みになっているという点です。 このことについては、amazonプライムの細則にも以下のように記載があります。 この仕組みについて見逃したまま無料体験に登録し、無料期間が終了してしまうと、知らぬ間にamazonプライムに本登録され会費が引き落とされてしまったというような事態が起こってしまいます。 無料期間だけプライム特典を利用するつもりの場合は、有料会員に自動更新されないように無料期間中に設定を変更しておかなければならないのです。 次の章で、その方法をお伝えします。 無料体験だけ利用して解約するには? amazonプライムを無料期間だけ利用するには、期間中に無料体験を解約してしまえばいいのです。 無料体験を解約したら特典が試せなくなるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。 amazonプライムの無料体験期間である30日間は、無料体験を解約しても特典を利用することができます。 ですから、無料体験に登録したら、忘れないようすぐにでも解約手続きをすることをおすすめします。 それでは、無料体験の解約方法をお伝えします。 無料体験の解約方法 無料体験の解約はプライム会員情報から行うことができます。 amazonプライムに登録すると、無料体験中でも左上のamazonのロゴにプライムマークがつくようになります。 「アカウント&リスト」をクリックすると、アカウントサービスのページにジャンプします。 すると、下のようなプライム会員情報がページ左部に表示されます。 無料体験中は、会員タイプのところに「無料体験」と記載されます。 この「会員資格を終了する」というのが「プライムを解約する」と同義になります。 これで解約は終了です。 無料期間終了後に有料会員に自動で移行する心配はなくなりました。 悪質サイトのように、何度解約手順を踏んでも解約できないというようなことはamazonではありません。 また、解約後にしつこい勧誘メールが届くというようなこともありません。 ちなみに、解約後のプライム会員情報は下のようになっています。 解約後でも、会員タイプはプライムとなっています。 記載されている無料期間の終了日まではプライム特典を無料で利用できるので、思う存分特典を使ってみてください。 更新通知メールの設定 上記ではamazonプライムを無料体験だけ利用したい人に向けて解約方法をお伝えしましたが、無料体験を利用している人の中には、無料期間の終了後に一般会員に戻るか、それとも有料会員に移行するか決められていないという人もいるでしょう。 そんな人は、有料会員になるかもしれないことを考えると、無料体験の登録後すぐに解約手続きをしてしまうのは嫌かもしれません。 そうした場合には、更新通知メールの設定をおすすめします。 無料期間終了の3日前に、アカウントに登録しているメールアドレス宛に通知のメールが届くように設定するのです。 すると、メールが届くころには無料体験期間がほとんど終わっているので、amazonプライムに本登録するか無料体験だけで利用を終えるか決められると思います。 本登録する場合には無料期間終了後に自動更新されるので問題ありません。 本登録しない場合は、上記した解約方法で自動更新されないようにしておきましょう。 更新通知メールの設定も、解約方法と同じくプライム会員情報から行うことができます。 プライム会員情報の中央にある 「更新前にお知らせを受ける」をクリックしてください。 すると、下のようにメールが無料期間終了の3日前に届く旨が記載されます。 更新通知メールを設定しておけば、無料期間の終了が近づいていることを忘れていても、メールが届いたときに思い出せるので便利です。 無料期間中に利用しようと思っていた特典が、いつの間にか無料期間が終わっていて利用できなかった!なんてことがあったら残念ですよね。 そんなことを防ぐためにも、更新通知メールを活用するのはおすすめです。 まとめ amazonプライム無料体験の解約について詳しくお伝えしてきました。 amazonプライムの無料体験は、期間終了後に自動的に有料会員に移行する仕組みになっています。 無料体験だけ利用したいという場合には、無料期間中に設定を変更しておかなければなりません。 いつのまにか本登録されて会費が引き落とされていた、なんて事態を防ぐためにも、 本登録する気がない人は無料体験に登録後すぐにでも解約手続きをしておきましょう。 また、無料期間終了の3日前に更新通知メールが届くように設定することもできます。 無料期間の終了が近づいていることをお知らせしてくれて便利です。 自動更新にだけ気をつけて、amazonプライムの無料体験を満喫してください。

次の