嵐 ダイアリー ボヤージュ。 嵐Netflix独占配信!「ARASHI's Diary

【嵐Voyage】全部で何話?20話完結で3話はいつからで配信期間はいつまで?

嵐 ダイアリー ボヤージュ

Contents• その中で、ツアーに対するメンバー5人のそれぞれの思いが見え隠れしています。 Link in bio. Only on. そして 1話と比べて 2話を繰り返し何回も観る視聴者さんが多いみたいですね。 Voyage2話は比較的いつものLIVE DVDのメイキングみたいで観てて面白い部分もあったしカメラマンに今日は メンバーがいて 嬉しそうですねて言われるまつゆん可愛いし嵐のわちゃわちゃやっぱ好きやし2018. 嵐の覚悟と思いを改めて胸に刻めたし、 マイナスな思いにはならなかったなぁ。 ニノがうるうるしてたのには少し驚いたし、 正直 不謹慎やけど 本心見えて嬉しかった。 総じて自分の中の嵐愛を再認識した とっても大切な時間になりました。 — これからもありがとう amNos503 2話は1話とは違う涙が出た。 ほっこりあったかい、じんわりくる涙。 あ、、でもやっぱり悲しくて寂しい涙も出たなあ……嵐にはずっと笑顔でいてほしいな。 2話ではその仕事意識の高さに多くのファンの心を掴んだようですね。 あと、1番の感想はやっぱり松潤だよね。 どこも勝てない。 たくさん悩んで、模索して、最高の20周年のエンターテインメントを我々に届けようと尽力してくれた事実に改めて大きな感謝を。 ルックスはもちろん内面も最高にかっこいい永遠の憧れ。 コンサートに関しては5人全員もちろんなんだけど、やっぱり特に、本当に、潤くんにありがとうを伝えたい。 これが円盤を買った嵐ファン以外の人にも見てもらえるってすごい。 Netflixじゃなきゃ届かない層が必ずある。 ライブの曲順進行衣装替えも込みの超複雑な工程を組み立てながらも、お客さんが楽しいかどうかを要所で問いかけながら徹底的に顧客目線貫いてる。 とくに松潤の演出。 頭に描くイメージを言語化してスタッフに伝える能力が高すぎる。 それを形にするスピードが速いのも、意思疎通にムダがないからだと思う。 — 大隅 元/編集者 osumigen ドキュメンタリーとしての質の高さ 嵐ファンでも、そこまでファンではなかった人も楽しめるドキュメンタリーとなっています。 国民的アイドルとしての苦悩やツアーに対する熱い思いなど、見応えある内容です。 くどいテロップもナレーションもファンへの媚びも無く淡々と、膨大な映像の中から必要なシーンが抜き取られて作品になってる。 食事姿やレッスン姿、真剣な表情の後に時折見せる笑顔など様々な表情の 嵐を観ることができるドキュメンタリーとなっております。 1話で観るのがつらくなったというファンでも、 2話ではいつもの 嵐の姿を観られるのではないでしょうか。 また、それほどファンではなかった人でもドキュメンタリー作品として楽しむことができる作品です! まとめ この記事では、 Netflixで配信されている 嵐のドキュメンタリー作品 ボヤージュ第2話の簡単な あらすじと、実際に動画を視聴した方の SNSの感想をまとめました。 ツアーに対して真剣に取り組む5人の熱い思いを是非視聴してみてください!.

次の

嵐ボヤージュ#01ネタバレ感想!次回2話の内容やツイッターの反応は?

嵐 ダイアリー ボヤージュ

12月31日に公開された第1話を視聴した方の中には泣いてしまった方も多くいて、大反響を呼びました。 Link in bio. Only on. 舞台裏、ご飯を食べているところ、トレーニングの様子、談笑している姿…。 ツアー72日前 さかのぼること、ツアー開始72日前。 2018年9月5日。 この時、5人は活動休止を心に決めていた。 松潤が、舞台の構成について「魅せ方」をしっかりと考えた意見を述べる。 その横で、サラダをほおばる大野くん。 そして、それを見て笑う翔くん。 その後もスタッフと舞台内容の打合せをしている松潤。 「今回、大変だなぁ…」と声がもれる。 今回の演出の狙いは、『過去と現在の共演』 松潤は「技術がすごいってことよりも、温かくなるってことが最重要だと思っていて。 」とスタッフに話す。 「夢は広がるけど、検証することが多すぎるって話だな」と、なかなか思うような演出ができないことに悩む。 時間は深夜1時40分にもなっていた。 2018年9月16日 口笛を吹きながら、嵐の2013年のツアーグッズ「LOVE」と書かれたポーチをカメラに向ける翔君。 つかの間の休息。 その後、メンバーやスタッフで舞台構成について話し合う。 その時も、人一倍悩む松潤の姿が…。 2018年9月19日 引き続き、舞台の打合せ。 大野くんが、一生懸命トークの内容をメモに書き込んでいる。 スタッフと、松潤、ニノとでさらに演出方法についての具体的な話をする。 そして、松潤から今回のツアーの舞台デザインが提案される。 「めでたくない!?」と共感するニノ。 スポンサーリンク ストイックな松潤の姿 その後も、松潤はセトリ決めを行う。 膨大な数の曲を見ながら「全然曲が決まらない」とつぶやく。 さらに、スタッフとの打ち合わせ、衣装決め、曲を聴きながらセトリの再考…。 ストイックな松潤の姿が垣間見れる。 「全然進まねえな。 ほんとに。 こんなに進まないかね。 」 ツアー初日まで残り51日。 2018年9月27日 楽譜をカメラに見せる翔くん。 「今も、朝行ってきた。 昨日も12時半までやってたよ!全然間に合わないよ。 」と話す。 松潤を中心に、今日も打合せ。 2018年10月1日 ホワイトボードに書かれたセトリと、実際に音楽を聴きながら確認をする松潤。 「Monsterの後のTroublemakerってハマるのかな?」と、一つ一つ丁寧に確認をしている。 相葉ちゃん、松潤、大野くんの3人で演出を考える日も。 それぞれの表情が真剣だが、時々笑みがこぼれる。 さらにスタッフとの細かい打合せが続く松潤。 「ここの部分とサビは、そのなんか言葉がすごい入ってくるようにして欲しい」 と、詳細に意見を述べる。 スタッフの提案にも、納得のいかない点があれば必ず自分の意見を伝える松潤。 「この流れでいくとさレーザーの機能紹介のための時間になるじゃん。 …と大野智のダンスセクションではなくなっちゃう感じがするのね。 」 「なんかそれよりは、俺はどちらかというとリーダーが出てきて、カッコよく踊る様が見たいんだけどな。 」 この日の打合せは11時間ほど。 ツアー初日まで残り37日。 スポンサーリンク さらなる打ち合わせ 大野くんは「気付けば20年経って、まあ、こういう形になれるとは思ってなかったですけど。 まあ不思議…不思議かなやっぱ。 この5人で良かったなしかもう今は思えないですけどね。 」と、こう振り返る。 メンバー全員で、綿密な打ち合わせが続く。 衣装合わせ。 スタッフから「体重変わってないですよね?」と聞かれ「太った?」と気にする大野くん。 その横からニノが「スイーツがすごい好きで」と茶々を入れる。 それぞれでフリ入れ、そして全員で合わせる。 真剣な表情の5人。 時には、フリが頭に入らずに苦戦する時も。 冷えピタをおでこに貼りながらも、フリ入れを頑張る相葉ちゃん。 少し早めに切り上げてこの日は帰ることに。 その後もメンバーの練習はつづく…。 「なんかみんなで動き始めたら急に動き出した感じだね。 今までの打合せが嘘のように。 なかなかね、いつも一人だから。 」という松潤に「ちょっと嬉しそうだもん。 仲間がいて。 」と声をかけるスタッフ。 松潤の最高の笑顔。 「まあ発表するまで…決まってからの日々っていうのは、すごく1日1日大切にしてるし、今ある現状、現実っていうのをやっぱり最大限に楽しんで」と語る相葉ちゃん。 一方で、翔君はラグビー曲のラップを見せ「今、朝とってきた。 超マッチョなのができた。 」と話す。 大野くんがダンスの練習中、ちょこちょこ邪魔をするニノ。 携帯から流れる嵐の曲をスマホで見ながら同じ動作をする、松潤・ニノ・相葉ちゃん。 そして、全員でまたフリを合わせる。 翔君が立ち位置を間違え笑いが起こる。 少しの休憩を挟み、全体のフリをスタッフに撮ってもらう。 ここでも、それぞれに笑みがこぼれ和気あいあいとした雰囲気。 「Bleathless」のフリを高熱だったため覚えていないかもしれない…と漏らす相葉ちゃん。 翔くんと一緒に踊ったり、動画を確認。 「やべっマジで覚えてねえ。 何だコレ。 」と焦る。 その後も、一人で練習を続ける。 松潤は、レッスンと並行して演出の再確認。 「この間、一人じゃなかったのに、また一人になっちゃったよ。 進んだんだか、進まないんだか。 」とつぶやく。 ツアー初日まで残り33日。 その後も、それぞれのスケジュールの合間に、ツアーのための練習や打合せ、歌入れ、5人での撮影などが進む。 彼らがゆっくりできる日はあるのだろうか?と思うほどの多忙なスケジュール。 「ありがとう!」と感謝の気持ちを述べる5人。 それが2018年11月3日。 嵐のデビュー記念日。 笑顔で写る5人の写真は、みんなとても良い表情をしていた。 【END】 嵐 Voyage2話を見た感想 嵐のドキュメンタリー番組「Voyage」の2話を見た方の感想をご紹介します! やっぱり私の好きになった嵐はこういうあったかい人達の集まりだった。 本当に大人。 良い大人。 こんな大人になりたいってまた思った。 大好きな人達であり、とても尊敬する人達でもある。 いつもいつもファンのために本当にありがとうございます。 改めて、嵐5人が大好きだなって思った。 — Y。 一人ひとりの影の努力があってこそ私たちはあんなに素晴らしい景色をみれるんだよね。 本当に嵐には感謝しかない。 — ARASHI01251222 前回に比べて、今回はライブ特典映像な感じで楽しく見られた。 松潤は本当に大変。 でも、五人で振りの練習しているところ見ると、ああ、嵐ってホントいいなーって思えてくる。 このシリーズ全部見たらまたライブ行きたい…。 4人をよく見てるというか1番理解してる感じがとても二宮くんぽい。 沢山悩んで話し合って練習して、 あんなに素晴らしいコンサートに。 これ以上は無いんじゃないかって 毎回思わしてくれる嵐恐ろしい。 — Netflix Japan NetflixJP.

次の

嵐のドキュメンタリー『ARASHI’s Diary

嵐 ダイアリー ボヤージュ

12月31日に公開された第1話を視聴した方の中には泣いてしまった方も多くいて、大反響を呼びました。 Link in bio. Only on. 舞台裏、ご飯を食べているところ、トレーニングの様子、談笑している姿…。 ツアー72日前 さかのぼること、ツアー開始72日前。 2018年9月5日。 この時、5人は活動休止を心に決めていた。 松潤が、舞台の構成について「魅せ方」をしっかりと考えた意見を述べる。 その横で、サラダをほおばる大野くん。 そして、それを見て笑う翔くん。 その後もスタッフと舞台内容の打合せをしている松潤。 「今回、大変だなぁ…」と声がもれる。 今回の演出の狙いは、『過去と現在の共演』 松潤は「技術がすごいってことよりも、温かくなるってことが最重要だと思っていて。 」とスタッフに話す。 「夢は広がるけど、検証することが多すぎるって話だな」と、なかなか思うような演出ができないことに悩む。 時間は深夜1時40分にもなっていた。 2018年9月16日 口笛を吹きながら、嵐の2013年のツアーグッズ「LOVE」と書かれたポーチをカメラに向ける翔君。 つかの間の休息。 その後、メンバーやスタッフで舞台構成について話し合う。 その時も、人一倍悩む松潤の姿が…。 2018年9月19日 引き続き、舞台の打合せ。 大野くんが、一生懸命トークの内容をメモに書き込んでいる。 スタッフと、松潤、ニノとでさらに演出方法についての具体的な話をする。 そして、松潤から今回のツアーの舞台デザインが提案される。 「めでたくない!?」と共感するニノ。 スポンサーリンク ストイックな松潤の姿 その後も、松潤はセトリ決めを行う。 膨大な数の曲を見ながら「全然曲が決まらない」とつぶやく。 さらに、スタッフとの打ち合わせ、衣装決め、曲を聴きながらセトリの再考…。 ストイックな松潤の姿が垣間見れる。 「全然進まねえな。 ほんとに。 こんなに進まないかね。 」 ツアー初日まで残り51日。 2018年9月27日 楽譜をカメラに見せる翔くん。 「今も、朝行ってきた。 昨日も12時半までやってたよ!全然間に合わないよ。 」と話す。 松潤を中心に、今日も打合せ。 2018年10月1日 ホワイトボードに書かれたセトリと、実際に音楽を聴きながら確認をする松潤。 「Monsterの後のTroublemakerってハマるのかな?」と、一つ一つ丁寧に確認をしている。 相葉ちゃん、松潤、大野くんの3人で演出を考える日も。 それぞれの表情が真剣だが、時々笑みがこぼれる。 さらにスタッフとの細かい打合せが続く松潤。 「ここの部分とサビは、そのなんか言葉がすごい入ってくるようにして欲しい」 と、詳細に意見を述べる。 スタッフの提案にも、納得のいかない点があれば必ず自分の意見を伝える松潤。 「この流れでいくとさレーザーの機能紹介のための時間になるじゃん。 …と大野智のダンスセクションではなくなっちゃう感じがするのね。 」 「なんかそれよりは、俺はどちらかというとリーダーが出てきて、カッコよく踊る様が見たいんだけどな。 」 この日の打合せは11時間ほど。 ツアー初日まで残り37日。 スポンサーリンク さらなる打ち合わせ 大野くんは「気付けば20年経って、まあ、こういう形になれるとは思ってなかったですけど。 まあ不思議…不思議かなやっぱ。 この5人で良かったなしかもう今は思えないですけどね。 」と、こう振り返る。 メンバー全員で、綿密な打ち合わせが続く。 衣装合わせ。 スタッフから「体重変わってないですよね?」と聞かれ「太った?」と気にする大野くん。 その横からニノが「スイーツがすごい好きで」と茶々を入れる。 それぞれでフリ入れ、そして全員で合わせる。 真剣な表情の5人。 時には、フリが頭に入らずに苦戦する時も。 冷えピタをおでこに貼りながらも、フリ入れを頑張る相葉ちゃん。 少し早めに切り上げてこの日は帰ることに。 その後もメンバーの練習はつづく…。 「なんかみんなで動き始めたら急に動き出した感じだね。 今までの打合せが嘘のように。 なかなかね、いつも一人だから。 」という松潤に「ちょっと嬉しそうだもん。 仲間がいて。 」と声をかけるスタッフ。 松潤の最高の笑顔。 「まあ発表するまで…決まってからの日々っていうのは、すごく1日1日大切にしてるし、今ある現状、現実っていうのをやっぱり最大限に楽しんで」と語る相葉ちゃん。 一方で、翔君はラグビー曲のラップを見せ「今、朝とってきた。 超マッチョなのができた。 」と話す。 大野くんがダンスの練習中、ちょこちょこ邪魔をするニノ。 携帯から流れる嵐の曲をスマホで見ながら同じ動作をする、松潤・ニノ・相葉ちゃん。 そして、全員でまたフリを合わせる。 翔君が立ち位置を間違え笑いが起こる。 少しの休憩を挟み、全体のフリをスタッフに撮ってもらう。 ここでも、それぞれに笑みがこぼれ和気あいあいとした雰囲気。 「Bleathless」のフリを高熱だったため覚えていないかもしれない…と漏らす相葉ちゃん。 翔くんと一緒に踊ったり、動画を確認。 「やべっマジで覚えてねえ。 何だコレ。 」と焦る。 その後も、一人で練習を続ける。 松潤は、レッスンと並行して演出の再確認。 「この間、一人じゃなかったのに、また一人になっちゃったよ。 進んだんだか、進まないんだか。 」とつぶやく。 ツアー初日まで残り33日。 その後も、それぞれのスケジュールの合間に、ツアーのための練習や打合せ、歌入れ、5人での撮影などが進む。 彼らがゆっくりできる日はあるのだろうか?と思うほどの多忙なスケジュール。 「ありがとう!」と感謝の気持ちを述べる5人。 それが2018年11月3日。 嵐のデビュー記念日。 笑顔で写る5人の写真は、みんなとても良い表情をしていた。 【END】 嵐 Voyage2話を見た感想 嵐のドキュメンタリー番組「Voyage」の2話を見た方の感想をご紹介します! やっぱり私の好きになった嵐はこういうあったかい人達の集まりだった。 本当に大人。 良い大人。 こんな大人になりたいってまた思った。 大好きな人達であり、とても尊敬する人達でもある。 いつもいつもファンのために本当にありがとうございます。 改めて、嵐5人が大好きだなって思った。 — Y。 一人ひとりの影の努力があってこそ私たちはあんなに素晴らしい景色をみれるんだよね。 本当に嵐には感謝しかない。 — ARASHI01251222 前回に比べて、今回はライブ特典映像な感じで楽しく見られた。 松潤は本当に大変。 でも、五人で振りの練習しているところ見ると、ああ、嵐ってホントいいなーって思えてくる。 このシリーズ全部見たらまたライブ行きたい…。 4人をよく見てるというか1番理解してる感じがとても二宮くんぽい。 沢山悩んで話し合って練習して、 あんなに素晴らしいコンサートに。 これ以上は無いんじゃないかって 毎回思わしてくれる嵐恐ろしい。 — Netflix Japan NetflixJP.

次の