アスクル。 お届けについて

アスクルの物流拠点「ASKUL三芳センター」竣工|アスクル株式会社のプレスリリース

アスクル

【特長】工具不要の簡単取付 ステンレスベルト式。 1台で3サイズ対応のフォーク固定。 運転席側、助手席側 兼用タイプ。 キーロック付き。 ユニクランプ取付採用。 フレームは軽量なアルミ製。 左右非対称デザイン。 外部突起規制対応品。 異型フレーム対応。 ダウンヒルバイク対応。 9mmクイックリリース車対応。 7インチ。 ユニクランプ取付け採用。 盗難防止、取付け簡単の大型クイックリリース。 キーロック付き。 ECE基準認定品。 抜群の操作性! 書類がじゃまにならない、とじ具のまん中操作。 背幅寸法がせまい、省スペースのスリム設計。 書類の収納量の目安となる、残量目盛り付きとじ具。 グリーン購入法適合品。 バイクライディングの基本と言えば「体重移動」。 特にタンデム走行においては、同乗者との息の合った体重移動が不可欠です。 一般的に、スクータータイプのオートバイは「ニーグリップ」や「くるぶしグリップ」の効果が非常に乏しく、ライダーと車体が「人車一体」となる事が大変難しいとされています。 決してコントロールし易いとは言い難いスクーター。 それもタンデム走行ともなれば、例え後席の乗員が体重の軽い小さな子供であったとしても、コーナーリング時の予期せぬ子供の動きにバランスを崩す危険性は否めません。 ましてや、車両のタンデムステップに足が届かない子供の場合は、体重移動を意図的に行うなどできる術もありません・・・・・・。 自転車の二人乗りで荷台に座った時の「不安定な足」の感覚を思い浮かべてみると良いかも知れません。 ステップに足が届かない事のリスクは想像以上に大きいと言えます。 子供に優しくないスクーターのリアステップの高さ。 多くのスクーターは、シート下にトランクルームを持つ事で非常に便利な反面、シートの高さと巾が大きくなる傾向があり、後席の子供の足は、一般のオートバイに比べ大変届きにくくなっています。 さらに、スクーターは樹脂製のサイドパネルでボディ側面を覆われているために、リアステップの増設が不可能な場合が殆どです。 チャイルドステップSCは、今まで足が届かなかった子供でも十分に使用する事のできる、全く新しいスタイルのスクーター専用チャイルドステップです。 しっかりと足を踏ん張る事ができるので、コーナーリング時の体重移動も問題ありません。 足を踏ん張る事で得られる2つの重大なメリット。 ステップに両足がしっかりと接地して踏ん張れる事の大きなメリットのひとつは「下半身の安定」を確保できる点にあります。 ・走行中の体重移動が可能になる。 ・後席からの脱落を防ぐ事ができる。 ・路面からの衝撃を膝で吸収できる。 ・前傾姿勢など上体の姿勢を変える事ができる。 ・着座位置の微調整が容易に可能となる。 そして、もう一つの忘れてはならない重大なメリットは、万一の転倒時や衝突時の際に「自力での脱出」を試みる事ができるかどうか。 両足がステップに接地せずにプラプラしながらシートに跨がっている状態で、果たして瞬時にバイクから飛び降りる事ができるでしょうか?。 大の大人であっても、どんなに運動神経が良くてもそれは無理・・・。 ましてや力の弱い子供の場合は・・・・・。 チャイルドステップは、走行時の安定性だけではなく、万一の転倒時や衝突時の脱出補助に力を発揮します。 しっかりと足を踏ん張る事は、あらゆる意味でバイクライディングの基本中の基本だと言えるのではないでしょうか。 こだわりの高強度設計。 「人がその場で軽くジャンプして着地」した際に加わる衝撃荷重は、体重の2倍程度と言われています。 本製品の対象が小さな子供とは言え、タンデム走行中にステップに掛る荷重は決して少ないものではありません。 さらには、ベルトを引き絞って装着固定をするのは大人ですので、その荷重負荷に十分耐えられる構造でなくてはなりません。 チャイルドステップSCシリーズは、長く安心してお使い頂けるように、必要十分以上の高強度設計にこだわりました。 ・使用しているベルト素材では、一般ベルト素材の中で最も強度性能の高い「ナイロンベルト」を採用しています。 ・また、全ての接続パーツを金属製とし、特に負荷のかかる部分には強度に優れたステンレス製 SUS304 素材を使用し、表面に酸化皮膜処理をする事で耐候性の向上も図っています。 ・さらに縫製部は、革製品等の縫製に使用される 8の太さの糸を使い十分な強度を確保しています。 傷付き防止パッドを採用 愛車に優しい用品でありたい。 チャイルドステップSCは、ステンレス製のJ型フックをスクーターのシートの縁に引掛固定する製品です。 引掛固定したフックを強い力で引き絞るように引っ張らなければならないため、剥き出しのステンレス部品のままではシートへのダメージが懸念されます。 そこで、装着固定時のダメージからシートを守るための保護パッドを、フックの内側に装着する事にしました。 この「シート保護パッド」は、フックの位置を調節する金属製のアジャスターが直接シートに当たらないように保護する役割も兼ねています。 さらに、製品使用時には構造上、ステップとスクーターのボディが擦れるように接触してしまいます。 その際に、ボディへの傷付きを抑えるために「メガネ拭き」にも使用されるマイクロファイバー素材を「ボディ保護パッド」として、ステップ本体内側面に装着させています。 「愛車に優しいバイク用品でありたい」。 それがタンデムライダーズ製品の大切なコンセプトのひとつです。 【主要スペック 主要部品材質 】。 主要ベルト部:1. ベルト通部等:1. アジャスター:2. ステップ表皮:420Dナイロンオックス 裏面弱撥水コート。 ボディ保護パッド:マイクロファイバーシート。

次の

アスクル 個人向け購入サイト「LOHACO」当日または翌日お届け

アスクル

アスクルは個人でも利用可能です。 会社や法人向けと思ってあきらめていませんか? アスクル個人向け購入サイト「LOHACO(ロハコ)」 アスクルは会社や法人でしか注文できないとあきらめていませんか? 個人でも購入したいなぁ、と思った人はたくさんいました。 そんなニーズに応えて、開設されたのが個人向けの通販サイト「LOHACO(旧「ぽちっとアスクル 」)」です。 以前には「ぽちっとアスクル」の というネーミングで運営されていましたが、このたびアスクルとヤフーの提携により、個人の方々でも利用しやすい購入サイト「LOHACO」として生まれ変わりました。 オフィス事務用品をはじめ、生活雑貨や、キッチン用品、インテリア、食品飲料まで、何千種類 もの、商品が揃っていて、事業主のみならず、個人でも購入できます。 アスクルは個人では使えないと思っていた方には目からうろこではないでしょうか? さすがに「アスクル=明日来る」とのネーミングどおりに圧倒的スピードがウリとなっています。 基本は翌日のお届けというのがとてもうれしいですね。 配送エリアにもよりますが、朝10時までのオーダーで当日お届けにもなります。 Yahooとの提携により、YahooJapanIDがあれば、登録不要で支払いも簡単です。 スマートフォンにも対応しているため、どこにいても買い物が可能です。 爆安プライスというカテゴリにおいては、定番商品が圧倒的に低価格で購入することができます。 文具やオフィス用品だけではなく、飲料・食品からキッチン・食器・ヘルス・スキンケア商品まであらゆるジャンルのアイテムが揃っています。 ペットボトルお水など、買い物して持って帰るのが大変な商品が人気のようです。 家庭で介護をされている方のために、介護用品も充実しています。 大人用の紙おむつなど、毎日たくさん使うものなので、必要な時に、ネットでぽちっと申し込めば、翌日すぐに届けてもらえますね。 嚥下障害のある方のための、とろみ剤や、食事用の撥水エプロンなど、普通のお店では、なかなか探しづらいものも扱われており、実家の父が、現在在宅介護中で、大変さがわかるので、こういうサイトは本当にとても助かります。 ブランドモールも好評です。 それぞれの公式ネットショップでは配送に時間がかかる場合もあるかもしれませんが、アスルの個人サイトなので、受け取るのが早くなります。 これは以外な盲点かもしれません。 ブランドを紹介すると、無印良品、DEAN&DELUCA、タリーズ、イリー、ドルチェグスト、ルピシア、マリアージュフレール、おだしのうね乃など、だれもが知ってる名前が並んでいます。 これはワクワクしちゃいますね。 送料も、1900円以上まとめて買えば、無料になり、もうちょっとで、送料無料になるという方 も、アスクルらしく100円程度の文具もたくさん揃っていますので、合計価格の調整もしやすくなっています。 2013年7月1日よりTポイントも利用できるようになりました。 ぜひこのアスクル個人向けの通販サイト「LOHACO」を活用してみてください。

次の

アスクル、消毒液を優先出荷 リスク高い子ども向け:朝日新聞デジタル

アスクル

2004年4月27日上場 本社所在地 135-0061 三丁目2番3号 設立 (38年) (プラス工業株式会社) 事業内容 オフィス向け用品などの通信販売 代表者 ( ) 資本金 211億8,900万円(2016年5月20日現在) 発行済株式総数 5,525万9千株(2016年5月20日現在) 売上高 連結:3,150億2,400万円 単独:2,883億6,500万円 (2016年5月期) 営業利益 連結:85億7,400万円 単独:81億100万円 (2016年5月期) 純利益 連結:52億5,500万円 単独:54億2,300万円 (2016年5月期) 純資産 連結:512億4,200万円 単独:521億6,100万円 (2016年5月期) 総資産 連結:1,395億5,200万円 単独:1,320億5,800万円 (2015年5月20日現在) 従業員数 連結:1,711人 単独:636人 (2016年5月20日現在) 決算期 毎年5月20日 主要株主 (現:)45. のであるが 、かつては事務機器メーカーの子会社であり、同社のはプラスの製品が多い。 概要 [ ]• 社名の由来は翌日配達、すなわち「明日来る」から転じてアスクルになった。 翌日配達が可能なのは、大都市の近く全国7箇所に大規模な物流センターを構えているからである。 一見すると、メーカーの直接通販では町の文具店が全滅するという印象があるが、このアスクルでは町の文具店などをシステムに取り込み(代理店)、メーカーと小売の共存共栄が図られている。 仕組みは以下のとおりである。 取扱品目は事務用品中心だが、食品・飲料・日用品などひろくオフィスで働く人の欲しいものをカバーする幅広さがある。 BtoC向けECサービスLOHACOの売上高を、2013年5月期で180億円を見込みたいと発表したものの、実際は1割程度の21億円であった。 沿革 [ ]• 11月2日 - プラス株式会社の完全子会社として、プラス工業株式会社(現・アスクル株式会社)設立。 10月 - 埼玉シルバー精工株式会社が、(新)プラス工業株式会社に変更。 (旧)プラス工業株式会社は、(新)プラス工業株式会社にして、化。 3月 - プラス株式会社アスクル事業部が、首都圏の事業所を対象にアスクル事業を開始。 (旧)プラス工業株式会社が、リンクス株式会社に商号変更。 2月 - リンクス株式会社が、目的変更の上、 アスクル株式会社に商号変更。 が社長に就任。 3月 - アスクル事業で、インターネットを利用した受注を開始。 5月21日 - プラス株式会社よりアスクル事業を営業譲受し、営業開始。 12月 - 個人向け・ SOHO向けショップ「ポータルアスクル」開始。 11月 - アスクル株式会社が、に上場。 9月 - 、などのプライベートブランド商品を拡充。 4月 - アスクル株式会社が、第1部に上場。 10月 - アスクルサイトに「家具ショップ」を新規オープン。 12月 - アスクルサイトに「OAステーション」を新設し、法人向けパソコンの販売を開始。 11月 - 医療機関向けに医療材料を取り扱う専門カタログを創刊し、デリバリーサービスを開始。 11月 - 個人・SOHO向けショップ「ポータルアスクル」が「ぽちっとアスクル」に再編。 3月 - 自己を行い、プラス株式会社が親会社でなくなる。 11月10日 - 完全子会社として、アスマル株式会社設立。 2月22日 - を行い、「ぽちっとアスクル」事業をアスマル株式会社が承継。 9月 - 「ぽちっとアスクル」を「アスマル」としてリニューアル(2012年12月にLOHACOに統合され販売終了)。 5月20日 - 株式会社を割当先とするを実施し約329億9900万円を調達。 ヤフーが発行済株式総数の42. 7月 - ネットプライスドットコムとのアスマルをめぐる資本業務提携を解消。 アスマル株式を譲り受け、再び完全子会社とする。 11月 - B2C向けECサービスをオープン。 2月21日 - アスマル株式会社を吸収合併。 12月 - LOHACO内に、医薬品専門店の「ロハコドラッグ」オープンし、医薬品のネット通販に参入。 7月 - 法人向けサービス強化拡充に向け、弁当宅配事業「ごちクル」を展開すると業務・資本提携契約締結。 プラス株式会社の株式売却により、同社がその他関連会社でなくなる。 12月 - 「アスクル福岡センター」を移転・拡充した「ASKUL Logi PARK 福岡」が稼動。 5月 - 同年7月より、医薬品・医療機器販売開始をすることを発表。 6月 - 2017年12月より稼働予定の物流拠点「ASKUL Logi PARK 関西」新設を発表。 8月 - LOHACOにて、1時間単位の受取り時間指定が可能なサービス「Happy On Time」を開始。 2月 - の倉庫で火災が発生。 12日間燃え続けた。 倉庫内に貯蔵されていたスプレー缶などに含まれる可燃性のある危険物の総量が、法律で定めた基準を数倍上回っていた疑いがあることがわかった。 4月には警察が違反の疑いで本社を捜索し 、7月には倉庫の運営管理を担う子会社「アスクルロジスト」と、倉庫の管理責任者を務めていた男性を同法違反の疑いで書類送検した。 またこの影響で販売が長期にわたって滞り、顧客が他社の利用へ移るなど同社は甚大な被害を受けた。 4月 - LOHACOのマーケティング思想を実現する新発想の新物流拠点「ASKUL Value Center日高」新設。 5月 - ペット用品eコマース大手、株式会社チャームを完全子会社化。 7月 - とのネット通販事業での業務提携を発表。 両社の通販サイトで互いの商品を扱うほか、共同で食材の宅配事業に取り組む。 10月 - と協同して生鮮EC「IYフレッシュ」を11月28日より開始することを発表。 11月 - 「2030年 CO2ゼロチャレンジ」実現へ向け、日本で初めて「RE100」「EV100」二つの国際ビジネスイニシアチブに加盟。 1月 - 埼玉県と「災害時の食糧等の提供に関する協定」を締結。 、吹田ロジスティック特定目的会社と「災害時における救援物資拠点場所の提供協力に関する協定」を、大阪府吹田市と「災害時における物資の提供協力に関する協定」を締結。 2月 - 「ASKUL Value Center関西」稼働開始。 7月 - アスクルが、筆頭株主のヤフーの経営陣と対立している旨を発表した。 7月24日にヤフー とプラス が創業社長のの再任に反対の議決権行使を行い、8月2日の株主総会で岩田彰一郎と独立社外取締役3人が退任した。 2019年度の Experience Maker Awardを受賞。 10月1日 - ヤフーの化に伴い、アスクルの筆頭株主並びに親会社がZホールディングスに変更。 物流センター [ ]• DCMセンター -• 新砂センター - 東京都江東区• Logi PARK 横浜 -• Logi PARK 福岡 - みなと• ASKUL Value Center 日高 - 大字上鹿山字茗荷沢• ASKUL Value Center 関西 - 岸部南3丁目34-1• 大阪DMC - 大阪府北港緑地• 仙台DMC - 北• 名古屋センター - 浅山 関連会社 [ ]• ビジネスマート株式会社 - エージェント(代理店)。 に完全子会社化。 ソロエル株式会社(旧ASKUL e-Pro Service株式会社) - 設立。 ASKUL LOGIST株式会社(旧Bizex株式会社) - 配送会社、物流センター運営も管轄。 、プラスロジスティックス株式会社の新設分割で設立され、完全子会社化。 株式会社アルファパーチェス - に子会社化• 愛抜愜斯(上海)貿易有限公司 CMキャラクター [ ]• (2015- LOHACO) 脚注 [ ] []• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援• 道普請人• ボランティアプラットフォーム• 日本印刷産業連合会• 日本CFO協会• 地球環境戦略研究機関• 国際協力NGOセンター• 日本食品分析センター• ACE• ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン• 学校法人国際学院• 岩井医療財団• プラン・インターナショナル・ジャパン• あと会• 学校法人大阪夕陽丘学園• 日本建築センター• 国際開発機構 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の