ストウブ 肉じゃが。 ストウブの鍋で作った肉じゃがのおいしさは異常

ストウブで作る絶品レシピ50選!簡単なのにおしゃれで美味しい料理を大公開!

ストウブ 肉じゃが

って何? 一言で言うと、ダッチーオーブンにホーロー加工した鍋です。 ホーロー加工をしているので、多少扱いは繊細になります(と言ってもに比べて)が、その代わり水に強く(錆びにくい)、手入れも楽。 永いこと使えるめっちゃいい鍋です。 おなじホーロー鋳鉄のと比較されることが多いですね。 BBQも好きなので、も欲しかったのですが、冷静に利用頻度を考えて家庭用にパラメータを振った仕様のを買うことにしました。 一応、外でも使えるし!(さすがにを外で使うのは妻の許しが出なさそうですが・・・) 鋳物ホーローとは金属にガラス質を焼き付けたものをいいます。 保温性が高く、熱伝導率が良いため、IHを含む全ての熱源に対応しています。 また保冷性も高いため冷たい料理は冷蔵庫で冷やしてご使用いただけます。 せっかくなので普通の両手鍋と比べてみる。 普通の両手鍋のメリット• どこにでも売っている 普通の両手鍋のデメリット• ちゃち• あんまりかっこよくない• 焼きものには不向き• オーブンに突っ込めない 向いてる料理• 水分の多い料理(煮る、蒸す) のメリット• 多分死ぬまで使える• 見た目がかっこいい(made in フランス)• 煮る、焼く、蒸す、オーブン(取っ手も気にせずオーブンに突っ込めるみたい!)、燻製 なんでもござれ• 蓋の裏についてるぶつぶつがどうやらいいらしい のデメリット• 高い(2万円弱する)• 重い(何も入ってなくても片手で持つのは困難) 向いてる料理• なんでもOK ついでにLodgeに代表される鋳鉄と比べてみる のメリット• ただの鉄なので、とにかく雑な扱いが可能(炭を載せたりも可。 錆びたら削れば良い。 比較的安価(数千円) のデメリット• 錆びやすい(使い終わったら乾燥させて食用油を塗るなどの手入れが必要)• 食材を入れっぱなしにすると鉄の味がうつる のメリット• 錆びにくい(食材入れっぱなしでも、ホーローの層が鍋も食材も守ってくれる)• 洗剤で洗って乾かしとけばOK のデメリット• ただの鉄にホーローを吹き付けてあるので、炭とか乗せるとホーローが剥がれるかも• やっぱり高い アウトドアを主眼にしているのが。 一方は室内での利用が前提になっていると考えてもらえれば良いかと。 そういうわけで、鍋にしてはお高いのですが、かっこよくて守備範囲が広く、多分死ぬまで使えるという、まさに私が求めている鍋がコレなのです。 私が買ったのは20cmのものですが、2-3人家族だったら両手鍋はこれだけで充分ですね。

次の

ストウブレシピ13選!初心者でも簡単おいしく|mamagirl [ママガール]

ストウブ 肉じゃが

玉ねぎはみじん切りにして、油をしいたフライパンで、しんなりと甘い香りがするまで炒めて粗熱をとります。 ブロッコリーは茹でるかレンチンしておきます。 粘りが出るまで混ぜ、両手でキャッチボールするように空気を抜き、一口大に丸めます。 表面に軽く小麦粉をまぶします。 こんがりと焼き色がついたら、ふたをして弱火にし約5分焼きます。 裏返してふたをし、さらに5分焼きます。 野菜の材料は下記ご参考になさってください。 野菜は洗い、一口大に切ります。 ふたをして、蒸し焼きにし、根菜に火が通り、野菜がしんなりしたところで火を止めます。 ゴボウは表面の汚れを洗い、皮を取り除いて笹がきゴボウにし、流水でサッと洗い、酢水にさらし(アク抜き)ザルにあげます。 野菜がしんなりしてきたら完成です。 なすとズッキーニはピーラーでしま模様に皮をむき、輪切りにします。 ベーコンは少し大きめに2〜3cm長さに切ります。 玉ねぎの色が透き通り、焼き色がついたら、なす、ズッキーニ、パプリカを炒め合わせます。 ふつふつしてきたら弱火にし、ふたをして20分ほど煮込みます。 牡蠣は分量外の片栗粉と塩で汚れを取り除き、水気を切り、Cをふっておきます。 セロリの葉は5mm幅に、にんにくはみじん切りにします。 おこげが入らない場合は、弱火で19〜20分加熱して火を止めます。 米は研いでザルに上げ、30分水気を切ります。 (炊飯器の場合は、不要です。 丸ごとトマトの炊き込みご飯.

次の

ストウブレシピ13選!初心者でも簡単おいしく|mamagirl [ママガール]

ストウブ 肉じゃが

無水肉じゃがの材料 *豚バラ肉 200グラム *じゃがいも 大3個 *にんじん 1本 *玉ねぎ 1個 *昆布 1枚 *醤油大さじ3、酒大さじ3、みりん大さじ1と2分の1、砂糖大さじ1と2分の1 無水肉じゃがのレシピ 1. 野菜をストウブにほうり込んでいく 作り方は本当にびっくりするほど簡単です。 まず玉ねぎをくし切りにし、ストウブに敷きます。 その上に、昆布、 人参を入れ、 じゃがいもを入れ、 豚バラを重ねて入れます。 そのうえからしょうゆ、酒、砂糖、みりんを合わせてかけます。 水分の多い野菜をしたに敷くのが焦げ付かないポイントです。 蓋をして40分ほど加熱する 後は蓋をして加熱するだけ! 蓋をして中火で加熱し、沸騰したら弱火で20分加熱します。 20分経ったので蓋を開けてみると、鍋の底にたっぷり水分が! 野菜からしっかり汁が出て、その水分で具材を煮ることができています。 さすがストウブですね〜。 ささげを入れ、また蓋をして5分加熱します。 5分経ったら蓋をしたまま20分放置します。 完成! こちらが完成した肉じゃがです! じゃがいももにんじんもほっくほく、お肉はジューシーに仕上がっています。 注意ポイント 作るうえで注意したほうが良いのが火加減。 無水で煮物をつくるときは、火力が強すぎると野菜の水分が飛んでしまって焦げ付きやすくなってしまいます。 中火の時間を長くしすぎないよう、とろ火の火加減を強くしすぎないように気をつけてくださいね。 ストウブを安く買いたいなら並行輸入品がおすすめ 並行輸入品とは、ツヴィリング J. ヘンケルス ジャパンを通さず販売店が直接フランスから輸入したストウブです。 品質は国内正規品と全く変わりません。 並行輸入品のは楽天の「GULLIVER」で購入できます 並行輸入品を購入できるサイトはたくさんありますが、ここが一番安くて種類が豊富だと思います。 「ストウブ ココット ラウンド 20cm」が15999円と公式サイトの半額近い価格! 私もここで購入したのですが、2回購入して2回ともしっかりした品質のものが届いたのでオススメできます。 詳細な購入情報はこちらにまとめました スポンサーリンク.

次の