シェル スクリプト コメントアウト。 シェルスクリプト(Bash): で改行してる時の 1 行コメントアウト

PowerShell コメントアウトの仕方

シェル スクリプト コメントアウト

現在、bash、csh、tcsh、wish、zsh など、多くの種類のシェルが存在しており、それぞれ特有の文法や機能を持っています。 ・ シェルスクリプト ユーザーは普段、一行ずつコマンドライン入力を行うことでシェルを利用します。 GUIなシェルは除く しかし、決まりきった一連の処理を繰り返し行う場合など、いちいちコマンド入力を行うのは大変手間がかかります。 そこで、一連の処理をファイルにまとめたシェルスクリプトが力を発揮します。 変数、関数、条件分岐、ループといったシェルの機能を用いて構造的なプログラムを記述することができます。 ・ 注意 tcsh は csh を拡張、バグ修正がなされた版です。 ここで紹介している構文はほとんど tcsh を前提にして記述してあるので、もしかしたら csh ではうまく動かないものもあるかもしれません。 また、シェルにはかなりの数のコマンドが用意されていますが、ここでは一部の基本的なコマンド、しかもそのコマンドのさらに一部の構文しか紹介していません。 ある程度慣れて、詳細を知る必要が生じたなら公式のドキュメントを見ることをお勧めします。 最後に、という記事に目を通しておくのも良いと思います。 使い慣れたエディタを使って気軽に記述していきましょう。 ほとんど全てのスクリプトに共通する基本的な事項を次にまとめておきます。 行 スクリプトの先頭には! 行を記述しておくのが一般的です。 行には、スクリプトを実行するプログラムのフルパス 及び引数 を指定します。 例えば、スクリプトが tcsh 用であれば! 行の途中に がある場合も、それ以降がコメントとみなされます。 ただし、 が backslash でエスケープされている場合などは例外です。 もちろん、先頭の! 行もスクリプト自身にとってみればコメント扱いです。 慣れないうちは次のように覚えておくと間違えにくいと思います。 代入するときは変数名だけ書く• 例えば、後で説明する set、 、foreach といったコマンドでは変数への値の代入が生じます。 ・ 変数の展開 変数 var が値 "hello" を持っているとき、! さらに、最終行の引数なしの set によって変数一覧が表示されます。 では、val1 の代入から見ていきましょう。 set によって、val1 には 「文字列」 "10" が代入されます。 一見、「数値」 10 が代入されているように思われるかもしれませんが、シェル変数が保持する値は全て文字列です。 数値演算コマンドなどを実行したときに数値として扱われるだけで、実際は常に文字列です。 変数を数値として扱うコマンド群については後述します。 次に val2 の代入を見てみましょう。 これは val1 と同様に、文字列 "hello" を代入しています。 val3 には変数 val2 を展開した値が代入されます。 val4 の代入はわざと間違った記述をしてみました。 そのため、val4 には 文字列 "val2" が代入されます。 val5 には、文字列 "hello world" が代入されます。 シェルコマンドにおいては、空白文字が区切り記号として扱われます。 注意してください。 ・ 演算子の種類• -- これらの演算子は、C言語など幾つかのプログラミング言語に触れたことのある方には馴染みのあるものでしょう。 わからない方は、C や Java、perl などの演算子について調べてみてください。 ・ 条件式 while や if は与えられた条件式を評価し、真 非0 であるか偽 0 であるかで処理を分岐させます。 条件式では、他のプログラミング言語と同様の演算子を使用することができます。 条件式に使用できる演算子は次のとおりです 文字列比較演算子以外は変数を数値として扱います。 1 つの case ブロックは breaksw が現れるまでです。 C にも switch 構文が存在しますが、C の switch が数値しか扱えないのに対し、こちらは文字列を比較することができます。 どの条件にも当てはまらない場合、default ラベル に後続するブロックを実行します。 switch ブロックは endsw までです。 外部コマンドを呼び出す場合、バッククォートを用いてコマンドの出力結果を得るだけでなく、コマンドの返す終了コードを参照することも 1 つの利用法です。 大抵のコマンドは実行に成功したか否かを終了コードとして返すよう実装されています。 「絶対に返す」「正確に返す」とは断言できません。 最後に使用したコマンドが返す終了コードは、シェル変数 status に格納されます。 でも終了コードを参照できます 例えば次のように使用します。 end diff は 2 つのファイルの内容を比較し差分を出力するツールです。 上記の例では、diff がファイルの内容が同じ場合には 0 を、異なる場合には 1 を終了コードとして返すことを利用しています。 次に、利用頻度が高いであろう、文字列を加工できる外部コマンドをいくつか紹介します。 ・ grep grepは、ファイル中から条件にあう行だけを取り出すコマンドです。 条件に一致する行を取りだせたか否かで、異なる終了コードを返します。 ・ sed sedはストリームエディタです。 Perlのような正規表現を用いたパターンマッチや、バッファから数行切り出すといった処理に力を発揮します ・ awk awk も sed 同様、文字列を細かく加工するのに役立ちます。 ・ tr tr は文字列中の特定の文字を削ったり置換したりするのに役立ちます。 変数名 変数が定義されたものなのか未定義なのかを調べることができます。

次の

シェルスクリプトで複数行コメントアウト

シェル スクリプト コメントアウト

、曰く あくまで筆者の好みでありほぼ完全に主観 と書いてありますが、日常的にシェルスクリプトを書いている人にとって、誰もが共感出来るまとめだと思いました。 好みの問題以外の部分については、大体の項目が当てはまると思います。 複数行の一括コメントアウトについて ページでは、以下のように : コマンド 何もしない とヒアドキュメントを利用して複数行コメントを実現していました。 なるほどなあ。 ただ、個人的には明示的にコメントしたいのであれば行コメントを利用した方が明確だし、少々難解になってもいいから 自分が分かればいいや思想 手軽にしたい場合には、ちょっと長すぎる気がしました。 まあ、サンプルの為にこの識別子を記載されていたんでしょうが、もっとシンプルにならないかなあと思って以下のようにしてみました。 これなら5文字でコメントアウトできるぞっ。 実行してみても、ちゃんと「コメントアウト」出来ています。 ただ、これには落とし穴、というか注意点があります。 同じような問題はこのコメント方式だけではなく、ページで紹介されているコメント方式でも発生します。 直前のコマンドの終了コードの値が入る特殊変数 の内容に影響がありそうです。 シェルスクリプトやパイプの特性を正しく理解した上で使うなら、複数行コメントも大いに役立つと思います。 ページでも この Tips は実践すると突飛な処理になるため非推奨 と、しっかりと明記がしてあります。 カテゴリー: タグ:.

次の

逆引きシェルスクリプト/シェルスクリプトで複数行をまとめてコメントアウトする方法

シェル スクリプト コメントアウト

シェルスクリプトでのコメントの書き方についてです。 コメント書き方 シェルスクリプト内にコメントを書く場合は、「 」を入力してからその後にコメントを書くという形式になり 「 」を入力した位置から行の最後までがコメントとして扱われます。 記述例 何種類かのパターンを記述して「comment. sh」というシェルスクリプトを作成しました。 行頭に「 」を記述して一行全部をコメントとする• 行の途中に「 」を記述してコメントとする• 「 」をダブルクォートで囲んでみる• 「 」をシングルクォートで囲んでみる! 行を全部コメントとする echo "Hello World. " 2. 行の途中からコメントとする echo "Hello World. ダブルクォートで囲んでみる" echo 'Hello World. シングルクォートで囲んでみる' 実行結果 作成したスクリプト実行してみると、どのパターンがコメントになるかが一目瞭然です。 sh Hello World. Hello World. ダブルクォートで囲んでみる Hello World. シングルクォートで囲んでみる 「1」と「2」のパターンはコメントとして認識されていて、「3」と「4」のパターンは文字列として認識されていることが分かります。 カテゴリー• 1 スポンサードリンク.

次の