インフルエンザ 死者 数 日本。 日本ではインフルエンザによる 死亡者数は 毎年どのくらいの数...

なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味 怖いのは新型コロナだけじゃない (2/5)

インフルエンザ 死者 数 日本

発生源となった中国では2月15日までに感染者が6万8000人を超え、死者も1600人を超過した。 日本でも感染した80代の女性の死亡が13日に発表されており、中国と関係のない日本人の感染も報告されるようになった。 毎日、テレビや新聞、あるいはSNSなどを通じて、感染の広がりや政府の対応に関する情報が飛び交い、不安を募らせている方も多いだろう。 感染被害の実態より、むしろ、こうした不安で体調を崩して、持病が深刻化する人もいるのではないか。 また、本来、報道すべきことがおろそかになっている弊害もあろう。 日本総合研究所調査部主席研究員の藻谷浩介氏はこうした情報伝播の過熱状況を「報道のパンデミック」と位置づけ、警鐘を鳴らしている(毎日新聞、2月16日)。 怖いのは新型コロナだけじゃないのだ 新型コロナウイルスによる感染拡大は確かに発生地である中国湖北省ではかなり深刻な事態になっており、同じことが日本でも起きないかと心配するのは当たり前かもしれない。 新型ウイルスであるだけに、どのぐらいの影響が今後生じるのか得体が知れず、予防接種の準備もなく、治療薬も何が効くのか分からない。 不安が募るのは当然だろう。 しかし、同じウイルスによる感染症であり、毎年、秋から冬にかけて猛威を振るっているインフルエンザの犠牲者と比較するとヒートアップしすぎだとも言えるのではなかろうか。

次の

悪魔の囁き、その5。インフルエンザの死者数。

インフルエンザ 死者 数 日本

N-terminal PreS1 Sequence Regulates Efficient Infection of Cell Culture-generated Hepatitis B Virus. Asako Murayama, Norie Yamada, Yoshiki Osaki, Masaaki Shiina, Hussein Hassan Aly, Masashi Iwamoto, Senko Tsukuda, Koichi Watashi, Mami Matsuda, Ryosuke Suzuki, Tomohisa Tanaka, Kohji Moriishi, Tetsur... Comparative characterization of flavivirus production in two cell lines: Human hepatoma-derived Huh7. 1-8 and African green monkey kidney-derived Vero. Kyoko Saito, Masayoshi Fukasawa, Yoshitaka Shirasago, Ryosuke Suzuki, Naoki Osada, Toshiyuki Yamaji, Takaji Wakita, Eiji Konishi, Kentaro Hanada... インフルエンザ・肺炎死亡における超過死亡について インフルエンザの流行は社会に大きな影響を及ぼすが、外来受診者数や、インフルエンザあるいは肺炎を死因とする死亡数、医療費など、しばしば取り上げられる統計指標をそのまま「社会へのインパクト」とするには、それぞれに欠点がある。 まず、インパクトは、実際の患者数の多さ、その重症度、毎日の生活への支障、個人的・社会的経済的損失、医療費、精神的な影響などのすべてを包括的に検討して求めるべきであるが、インフルエンザの医療機関を受診しなかった患者を含めた総患者数を把握することは事実上困難である。 重症度は、病原体、環境、患者側などの複数の要因で決定されるため、死亡数は罹患者数と単純には比例しない。 健康への影響や医療費の場合、軽快した場合と死亡した場合で大きく異なり、経過別の患者数の把握が必要となる上、総額、個人負担問わず、医療費情報そのものが調査されていない。 従って、現存する患者数から「社会へのインパクト」を示すことはできない。 また、疾病による最も重大な結果である死亡だけに焦点を絞って考えた場合も、原死因をインフルエンザとすると、インフルエンザから二次性の細菌性肺炎を続発して死亡に至った事例は含まれなくなり、死亡統計上の「インフルエンザによる死亡数」は、インフルエンザの影響を表現する上で適切ではない。 一方、原死因を肺炎とすると、インフルエンザとはまったく関係のない病原体による肺炎死亡も含むこととなる。 このように、インパクトを測る上で、単一の最適な指標が無いのが実情である。 これらの諸問題を是正するために世界保健機関(WHO)は、「超過死亡(excess death, excess mortality)」という概念を提唱している 1)。 超過死亡とは、インフルエンザが流行したことによって、インフルエンザ・肺炎死亡がどの程度増加したかを示す、推定値である。 この、インフルエンザの流行によってもたらされた死亡の不測の増加を、インフルエンザの「社会的インパクト」の指標とする手法について多くの研究がなされ、現在の国際的なインフルエンザ研究のひとつの流れとなっている。 このモデルはstochastic frontier estimation 3)(非流行時の場合に発生すると考えられる死亡であるベースラインと、実際の死亡の乖離の幅を確率変数として定義して推定する方法)に基づき、日本の現状に合わせて作成された。 参考資料 [1] Assad F. , Cockburn W. , Sundaresan T. Use of excess mortality from respiratory diseases in the study of influenza. Bull WHO 1973; 49: 219-233. [2] 大日康史, 重松美加, 谷口清州, 岡部信彦. Infectious Agents Surveillance Report 2003; 24 11 : 288-289. [3] Rosko,M. Cost Efficiency of US Hosipitals: A Stochastic Frontier Approach. Health Economics 2001; 539-551. [4] 大日康史. 健康経済学. 東洋経済新報社 2003, 86-91.

次の

悪魔の囁き、その5。インフルエンザの死者数。

インフルエンザ 死者 数 日本

13日 金 に厚生労働省から発表されたインフルエンザの発生状況によると、12月2日から8日までの定点当たり報告数は9. 52 患者報告数47,200人 となり、前週の定点当たり報告数5. 52より増加しました。 定点当たりの報告数を都道府県別でみると、最も多いのが北海道で25. 11、次いで青森県で21. 88、富山県で19. 31、宮城県で19. 03などとなりました。 46都道府県で前週の定点当たり報告数より増加がみられ、和歌山県のみ前週の定点当たり報告数より減少がみられたとのことです。 患者数 昨年同期のおよそ6倍.

次の