光 genji。 赤坂晃(元光GENJI)の現在!宮古島で店を経営?逮捕や刺青の詳細も

光GENJIメンバーの人気順ランキング!プロフィールも紹介【2020最新版】

光 genji

1987年2月、当時のジャニーズJr. 後の光GENJIのメンバーや、SMAPの中居正広など が週3回のローラースケートの練習をしたのち、同年3月に、そのJr. の中から選抜された諸星和己、佐藤寛之、佐藤敦啓、田代秀高の4名で「GENJI」を結成。 当初は、敦啓の為にグループを結成したという。 その後、同年4月5日より、MBSの視聴者参加の歌合戦番組『サブロー・シローの歌え! ヤング大放送』のレギュラーになる。 この番組のオープニングで、初のオリジナルソング「今、君と歌いたい」を毎回披露していた。 まもなく山本淳一が参加して5名に。 その後、田代が脱退して再び4名に。 さらにその後、赤坂晃が参加して再び5名に。 現在では歌手、タレント活動の傍ら、商業プロモーションなどを手がける。 2010年8月12日、40歳の誕生日を迎え東京・青海のzepp tokyoでバースデーライブを行い、光GENJIの再結成について言及。 また、元メンバーの佐藤寛之がアンコールで登場した。 2011年6月、佐藤寛之、山本淳一と共に、TUBEの東日本大震災復興応援歌「RESTART」に参加した。 2014年6月、不仲説のあった元メンバーの大沢樹生が初監督を務める映画「鷲と鷹」に大沢とW主演、20年ぶりに共演した。 静岡県富士宮市の「やきそば親善大使」に任命されている。 グッズとしてカップ麺「やきそば かーくん」がある。 首下の背中に自身のイニシャル「K・M」をデザイン化したタトゥーを入れている。

次の

諸星和己

光 genji

Contents• なぜかと言われれば、理由は簡単で、 彼らは当時の一番のメディアであるTV(音楽番組・バラエティ・ドラマ)によく出演していたからにほかなりません。 逆をいえば、TVに出演していなければ=知らないわけで、光GENJIのメンバーはご存知の通り、1995年の解散後は最大の媒体であるTVの出演が激減しています。 そのため、わたしは今年で32才でありながら、光GENJIの現役時代をほぼ知らない「空白の世代」といえます。 高校生の頃の光GENJIのイメージ 当時意識したことはありませんが、ファンになった当時、高校生の頃の自分の「光GENJIのイメージ」は• 光GENJIはローラースケートを履いていた• 忍たまの「勇気100%」は光GENJIの歌である• 光GENJIメンバーが何人いるのかは知らない• 「ガラスの十代」と「パラダイス銀河」は光GENJIの歌?そうか、そんな気がする• 諸星和己はジャニーズだった…ような気がするが、なんであまりテレビに出ていないのだろう• 諸星和己は「芸能人は歯が命」のCMに藤原紀香と出演していた• そういえば、光GENJIは「ひらけ!ポンキッキ」に出ていた気がする• 光GENJIは「ミュージックステーション」にレギュラー出演していた• 山本淳一は、忍たまの歌を歌っていた• 内海光司は愛LOVEジュニアの司会をやっていたが最近見なくなった• 赤坂晃は「ホテル」の人 といったところ。 リアルな話、 当時は大沢樹生、佐藤アツヒロ、佐藤寛之の3人は知りませんでした。 これです、当時の最大のメディア「テレビ」に出演していないだけで、その存在すらも知らないということです。 光GENJIのファンになったきっかけ そんなわたしですが、元々ジャニーズのグループの曲は好きで、ちょこちょこと買っていました。 高校生の頃は、ブックオフに行って、Being系やジャニーズのCDを買ったりしていましたが、高校2年生のとある日(2001年)、ふと「は行」の箇所で「光GENJI」を目にします。 「光GENJI…?ローラースケートのグループか。 あれ…?確かジャニーズだったよな。 そもそも、光GENJIっていつ頃に活動していたグループなんだ?ん?1993年って思ったよりも割と最近だな。 メンバー7人もいたのか。 あ、これは諸星和己だな。 (内海、山本、赤坂は名前はうろ覚えだが)この3人も知ってる。 あとはよくわからないが、みんなイケメンだな。 勇気100%入ってるじゃん、買ってみよ。 」 手にしたのは「HEART'N HEARTS」でした。 家に帰ってトラック6の「勇気100%」を再生したたところ、透明感のある声と、小さい頃見ていたアニメのエンディングテーマに半ば感動を覚えます。 曲が終わり、感傷にひたっていた頃に再生された トラック7の「BOYS in August」のイントロにやられました。 「光GENJI、アツすぎる!!!」 バイクを運転し、ソッコーでブックオフに向かい、光GENJIのアルバムと8cmシングルをすべて購入しました。 光GENJIの曲で知っていた曲 光GENJIのCDを買いあさり、曲をどんどん再生していきます。 当時のわたしにとってはすべて「新曲」であり、まさにステーキと寿司とチョコレートパフェを同時に食べるような、贅沢なひとときです。 これまで32年生きてきた人生を振り返っても、一番贅沢な時間だったといえます。 ちなみに、色々な曲を再生していくなかで、わたしがメロディあるいは歌詞の一部でも知っていた曲は、以下の通り。 ガラスの十代• パラダイス銀河• リラの咲くころバルセロナへ• 君とすばやくSLOWLY• 勇気100%• Don't MIND 涙• 0点チャンピオン 以上です。 光GENJIの伝説が始まったデビュー曲「STAR LIGHT」は知りませんでした。 繰り返しになりますが、テレビの影響が非常に大きいことを痛感します。 光GENJIの何に魅かれたのか? 先述の通り、わたしが光GENJIのCDを初めて買ったのが「HEART'N HEARTS」なので、ハマるきっかけは後期光GENJIの透明感のある7人の声です。 このテイストだけでも十分魅力的でしたが、デビュー直後や中期の光GENJIの声や曲を聴いて、さらに深みがあることを知り、どっぷりとハマります。 特に、ファンタジー性がある曲や、神々しさを感じる曲の世界観には宗教的な何かさえ感じるほどでした。 ファンの方であれば「あー分かる分かる」と言ってもらえると思うのですが、例えばファンタジー性のある曲であれば下記の曲• DREAM FLIGHT• 恋の流星ブギ• 水の惑星• しょーがないよ!• Heartの地球儀• AMATERASU• エナジーは止まらない 神々しさを感じる曲は• 荒野のメガロポリス• PLEASE• 冒険者たち• AMATERASU あたり。 実際には上記のように安易に棲み分けができるほど光GENJIの魅力は浅くはないですが…。 そして、今でも思うことはただひとつ。 わたしは他のジャニーズのグループや曲も好きですが、 ファンタジー性・アイドルとしての別格感で光GENJIを上回るジャニーズグループはいません。 つまり、SMAPやTOKIOはジャニーズに所属するタレントではありますが、アイドルではない。 つまり、彼らはジャニーズ事務所に所属するバラエティータレント兼歌手であるということです。 光GENJIのファンが増えている実感を持てて嬉しい 最近、光GENJIのファンが増えているような気がします。 正確なデータはないですし、感覚論ですが、• 佐藤アツヒロのナカイの窓出演&ジャニーズカウコン出演• YouTube が大きいように思います。 地上波のゴールデン番組に、佐藤アツヒロがカッコよさMAXの状態で出演し、ローラースケートも披露したのは記憶に新しいです。 あの番組が放送された 2015年9月30日を境に、TwitterやYouTubeなどのソーシャルメディア上でじわじわと光GENJI熱が盛り上がってきていることを肌で感じます。 特に、 十代の若い子たちがファンになってくれていることは、すごく嬉しいです。 わたしも光GENJIのファンになった頃は十代でしたが、周りはSMAPの「らいおんハート」とか聴いてるわけで、光GENJIのことを語れる友人は少なかったですし、当時はソーシャルメディアもないので、発信・共有することもできませんでした。 しかし、今は違います。 ツイッターやYouTubeで共有し、個人の意見を発信することができます。 光GENJIの再結成を夢見る人はいるでしょう。 わたしもその一人です。 一度はコンサートに行ってみたい!そう思います。 しかし、大人の事情含め、現在の状態では7人揃って再結成というのは現実的に難しいです。 ただ、 今やれることは、光GENJIの魅力をTwitterやYouTubeなどのソーシャルメディアや個人ブログで、どんどん共有して発信していくことだと思います。 光GENJIのメンバーは、複雑な事情から現在でも「世間と繋がる最大の媒体」のひとつであるTVの出演が難しい状況です。 諸星君なんか、ラジオ番組を持っていてもおかしくないほどにトークが面白いと思うんですけどね! 世間に光GENJIの認知が浸透し、再評価されれば、光GENJIのメンバーに仕事を依頼したいというスポンサー企業が増えるかもしれない。 スポンサー企業が増えれば、光GENJIのメンバーをTVで見る機会が増える可能性があります。 光GENJIが再結成するには、事務所の問題、本人たちの意志もあるけど、もうひとつの問題は、再結成するときのスポンサー。 言い換えれば、ファンの数です。 金、人を動かせるのか。 事務所の問題と本人たちの意志については、わたしたちにはどうしようもできないけど、ファンを増やすことは、できる! — Johnny's A GO GO Johnnysagogo 最近は、わたしが光GENJIのファンになったきっかけであるBOOK OFFでも、「は行」の欄に光GENJIの文字がなくなってしまいました。 寂しいものです。 TVが難しければ、ソーシャルメディアがある。 今後も、光GENJIの魅力をどんどん発信して共有することで、光GENJIのファンになるきっかけを作っていきたいと思います。 こんにちは。 カナダに住んでいる26歳のアンナです。 私も「後追いファン」と言って2013年で光GENJIにハマった。 やっぱり平成生まれな外国人だから最近ちょっとだけ光GENJIのことを知ることになったね。 元々女性アイドル特にハロプロが好きなのでMスタを見てる。 それでMスタの歴史スペシャルを見てあの「80年代のローラースケートと派手な衣装のグループ」を気づいた。 「ガラスの十代」を聞いてYouTubeで色んな曲を探した。 可愛いと透明感がある歌声と素敵な歌詞と作曲で完全にファンになった。 ファンタジー曲と「青春の懐かしさ」を語る曲が一番好きです。 トップ5はこちら 「若さのゆくえ」 「サマー スクール」 「AMATERASU」 「伝説」 「365コの夜」 以上です。 普通の愛の歌じゃなくてファンタジーの歌です。 日本語能力は低いな私だってそれは絶対分かる(笑)。 他のグループではないの魅力を持っていた。 光GENJIに出会えて本当によかったです。 アンナさん、はじめまして。 驚きました!はじめに、アンナさん、日本語が流暢ですね!そして、カナダにお住まいの方が、光GENJIの後追いファンとは、驚くと同時に大変嬉しい思いです。 アンナさんが好きな光GENJIの曲、わたしも好きです(笑 「若さのゆくえ」「サマースクール」「365コの夜」は青春時代の切なさを歌う曲、そして「AMATERASU」「伝説(レジェンド)」はファンタジー系で神々しさを感じる曲ですね。 光GENJIだからこそ歌える、そして光GENJIだからこそ、聴き手に伝わる曲だと思います。 日本では色んな事情により、光GENJIのメンバーがTVに出演できる機会が少ないです。 ただ、今はYouTubeやSNSなどで、光GENJIのことを知り、後追いファンの方が徐々に増えてきていることを実感しています。 アンナさんのコメントをいただき、これからもっともっと、光GENJIの魅力を伝えていきたい!と強く思うようになりました。 ありがとうございます。 はじめまして。 初めて行ったコンサートは93年の光GENJI、今年で35歳になる主婦です。 当時は小学生でかーくんが好きと言いまくってたら知り合いを通じてチケットをいただいて入りましたが正直覚えてません。 笑 ファンのお姉様方の熱狂ぶりだけはすごく記憶に残ってますが… 後にも先にも光GENJIのコンサートに行ったのはそれっきりですが、その後SMAP、Jr. に浮気しながらも(現在主な活動は嵐に落ち着いています)細々と諸星和巳を見続けてきました。 super5がMステでローラースケートを置いてはけたシーンは今でも思い出して泣けます。 そんな中、2017年は結成30周年、本人も物理的に不可能だとは言っていますがやっぱり期待してしまう自分がいて、光GENJIのこと、光GENJIファンのことを検索してるうちにここに辿りつきました。 後追いファンだと公言されているのにとってもよく勉強されていて、記事も頷けるものばかり、光GENJI愛が伝わる素敵なブログですね。 ここに貼ってあるTwitterの ファンを増やすことは、できる に感動してコメントさせていただきました。 はじめまして。 同じく後追いファンのしべりあと申します。 私は今23歳なのですが、最近とある歌謡曲バーで『ガラスの十代』を聴いたことがきっかけで、「好い歌じゃん、ちゃんと聴いてみよ」と思いYou tubeでかつての光GENJIの栄光を目の当たりにし、すっかり魅了されてしまいました。 私は男性アイドルに惹かれたことがこれまでなかったのですが、光GENJIはJohnnys-a-go-goがおっしゃられているように、何と言うかもう、ファンタジー性やキラキラ感が別格なので、あっという間に恋に落ちてしまったのです。 デビュー時のキャッチコピーも「超新星からのメッセージ」ですし、異世界から来た王子様みたいな感じですよね。 ちなみに内海くんのファンです! 私も、もともと好きな昭和アイドルについて語るブログをやっているのですが、これからは光GENJIの素晴らしさも発信していき、ファンを一人でも多く増やしていきたいと思っています。 いつか、また七人が揃ってTVに出てくれると良いですよね。

次の

諸星和己

光 genji

10月に「株式会社スターズクルー」に名称変更。 ) ジャニーズ時代の参加ユニット [ ]• 人物・来歴 [ ] 、静岡県富士市の米屋の次男として生まれ、父・母・兄・妹という構成の5人家族。 趣味(ゴルフ、乗馬、車、バイク、ギター、タップ、絵を描くこと、書道、カメラ、陶芸、射撃、デザイン画、舞台構成、ローラースケート) 資格(一級小型船舶操縦免許、普通一種免許、自動二輪、スキューバライセンス、英検二級) 現在、ハワイの自宅と日本を行き来し仕事をしている。 ハワイではヨガやゴルフ、スイミングなど様々なスポーツを楽しんでいる。 ジャニーズ事務所 [ ] 、中学2年生の5月に友達と家出をして上京。 その際、前にての社長・に直接スカウトされた()。 その後、に、『』の出演者オーディションを受ける形で、正式にジャニーズ事務所に入所。 、(後に光GENJI SUPER 5にグループ名が変更)のメンバーとしてレコードデビュー。 光GENJI時代のイメージカラーは。 天真爛漫なキャラクターと印象的なで、メンバーの中で人気・知名度共に最も高く爆発的な人気を得た。 レコードジャケットやポスター撮影などでも多くの場合中心に位置していた他、1990年頃まで頭にはを巻きを付けるなど衣装も他のメンバーのものより一工夫されたものを身に付けることが多く、グループのフロントマン、アイコン的な立ち位置だった。 また受け答えが速く面白いためトークでも中心となり重宝された。 非常に身体能力が高く、連続バック転、バック宙、前宙、則宙、を履いたままのも軽々こなした。 デビュー初期には無茶をし過ぎてしばしば重傷を負い、を巻いたまま、時には松葉杖で歌番組に出演することもあった。 グループ時代の骨折は14回。 しかし怪我の際も休むことはなく、ギプスや包帯姿のまま歌い踊り、松葉杖には星条旗を付け、センターの役割りを果たした。 その凄まじい人気は社会現象となり光GENJIは「最後のスーパーアイドル」と称されている。 、「第25回」最優秀新人賞。 3月、「第2回」ザ・グランプリ、シングルオブザイヤー等、6タイトル受賞。 以後6年連続受賞。 12月、「第30回」大賞受賞。 3月、「第26回」話題賞受賞。 3月、が第61回となる。 11月、「第20回」大賞受賞。 8月、大沢樹生、佐藤寛之の2人が脱退。 大阪城ホールにてコンサート。 諸星は涙ながらも笑顔で「もし何か辛いこと悲しいこと…何かあったら、いつでも光GENJIの2つの席は空けてるんで、戻ってこいよ」と伝え、佐藤寛之に花を渡し、泣き崩れる大沢樹生の背中を抱擁した。 9月1日、最後の、出演回数234回歴代トップ。 9月3日、 SUPER 5解散。 卒業コンサートではローラースケートを揃えて脱ぎ、ファンに感謝の思いを伝えた。 アンコールで諸星はファンの中へとダイブした。 光GENJI、光GENJI SUPER 5として シングル総売上 29タイトル 計1,530万枚 アルバム総売上 29タイトル 計880万枚 VIDEO総売上 15タイトル 計320万本 コンサート動員 539公演 計333万6,594人 独立して個人事務所を設立 [ ] 、グループ解散に伴い、ジャニーズ事務所から独立。 個人事務所「株式会社GOLD RUSH K」を設立(10月に「株式会社スターズクルー」に名称変更)。 同時にファンクラブ『GOLD CLUB K』を発足(2005年12月に『Pin,K』に名称変更)。 、9月20日に公開されたアニメーション映画『』の主題歌「終わりのない夢」を提供。 、自社音楽レーベル「PINK A ROCK RECORDS」を設立。 セルフプロデュースによる楽曲を音楽配信、CDを発表。 5月、渡米。 この時芸能活動はほぼ引退の姿勢を取っていたが9月にが発生。 日本のテレビ局が現地でリポーターをしてくれる日本人芸能人を探していたが現地にいた日本の芸能人は軒並みテロの危険を感じ帰国してしまっていた。 その時に現地に諸星が在住していると情報を嗅ぎ付けた番組スタッフが出演の交渉をしてきたが当初は出演拒否をしたものの「iビザ(報道関係者ビザ)」が発行されると聞くと快諾。 フジテレビ系列「」の現地リポーターとして芸能活動に復帰した(「エゴサーチTV #15」にて本人が発言)。 その後米国永住権()取得。 に滞在中、行き着けので「シェイクマン」というあだ名を付けられる。 諸星本人もそのあだ名を気に入っていたこともあり、2003年5月発売のアルバムのタイトルに『shake』として使用。 以降、楽曲制作のクレジットに用いることもある。 12月~の9年間でファンクラブライブ・ディナーショーを含め約150本のライブを行った。 - 、KANGOL JEANSのイメージキャラクターに起用された。 7月 「まっすぐに」&「PARADISE」編曲を手掛ける。 11月、日本ダイエットアカデミー協会の広報宣伝担当取締役社長に就任。 独立後は全ての楽曲をセルフプロデュースしてきたが、1月、プロデュースで「なぁ」を発売。 週間シングルチャート インディーズ で1位を獲得した。 7月7日、GemCERRY ジュエリーデザイナーデビュー。 10月、「」出場。 MONSTER BOX 16段、MUSCLE GYM 197回 芸能人歴代10位 、PECTO CROSS 50kg。 近年の活躍 [ ] 現在では歌手、タレント活動の傍ら、商業プロモーションなどを手がける。 主に8月、12月に開催するは自作の曲が中心で立ち見が出る人気となっている。 ホテルではを開催し煌びやかなステージをみせている。 舞台でも歌声を披露する()自身が作詞作曲し多数のCD・DVDを製作、配信している() 8月12日、40才の誕生日を迎え東京・青海のzepp tokyoでバースデーライブを行い、光GENJIの再結成について言及。 また、元メンバーのが 諸星をイメージした羽根を頭に付け アンコールで登場した。 6月、元メンバーの、と共に、の東日本大震災復興応援歌「」に参加した。 8〜9月、Shake A Live TOUR 2011を行った。 2012年5月、ゴルフのに出場。 2012年10月7日、 2012にて決勝前に国歌斉唱。 2013年5月、ゴルフのに出場。 2013年7月12日、オフィシャルブログ NOWADAYS スタート。 2014年5月、ゴルフのに出場。 2014年6月、元メンバーのが初監督を務める映画「鷲と鷹」に大沢とW主演、20年ぶりに共演した。 記者に不仲を質問されると、大沢「ほんとです」諸星「間違いありません」と答え笑いを誘った。 2015年4月、ミュージカル「4BLOCKS」 演出:、キャスト:・、、の にて主演と音楽を担当。 2015年6月17日、プロデュース、マキシシングル&DVD「あさきゆめみし」発売。 (作詞: 作曲:鶴久政治)詞には「日本一光GENJIに憧れた男の子」を自認する綾小路翔が想いを込め、光GENJIの歌詞を思わせる言葉が散りばめられている。 カップリングにはのヒット曲「夜明けのブレス」のカバーが収録された。 不仲が心配されるも、視聴側の芸人陣が大爆笑となるトークで意外な仲の良さを感じさせた。 1人だけレンタルスケートの大沢が転倒し「担架…」と叫び、それをまたぐ諸星。 三つ巴の接戦の中、ゴール直前に諸星と佐藤が接触し転倒、一瞬の隙にゴールした山本が1位。 2017年5月、ゴルフのに出場。 2017年8月、幕張ビーチ花火フェスタ「オモロック2017」に出演。 光GEININ(ジャルジャル、ジャンポケ太田、おたけ、コロコロチキチキペッパーズ)という一夜限りのSPコラボステージを披露。 2017年、光GENJI30周年を記念しディナショーを開催。 試合終了後には「パラダイス銀河」を歌いマイクを握ったままを披露。 アンコールではローラースケートを履いて「STAR LIGHT」を歌い華麗な滑りを魅せた。 2018年5月、ゴルフのでとラウンドを共にした。 この第10回大会をもって大会の歴史に幕を閉じた。 諸星和己は計5回出場している。 2018年9月、による番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)」に出演。 Amazon Prime Videoから配信された。 2019年、氏死去の際には、自身のブログに名前を出さずに「」の2文字を記している。 歌詞にはジャニー喜多川氏の口癖「Youやっちゃいなよ」の一文が入っている。 2019年10月、大阪文化芸術フェス2019 「JAPAN FESTIVAL COLLECTION ~祭りの祭り~」出演。 2020年、12月にはオフィシャルファンクラブPin,Kが結成25周年を迎え、自身も8月12日に50才となる記念の年となる。 2020年、令和2年5月7日、光GENJIメンバー紹介の楽曲「2. 7」にちなんで、ファンが「 俺たち永遠257」のハッシュタグをつけSNSなどで光GENJIに感謝の意を表した。 諸星和己プロデュース曲、より。 7 now 光GENJI in the proud to be! 令和2年5月7日 ひかるげんじ を 誇りに思います 」と応えた。 また他のメンバーもそれぞれがファンの想いに反応をした。 エピソード [ ] デビューの経緯 [ ] 中学2年だった1984年5月の日曜日、を見るため、男女混合の友達5人グループで家出をして上京。 5日間ほどのの下でをして過ごした。 手洗いの際に使うをもらおうと原宿駅前をウロウロしていた際、の飼い犬に手を噛まれ、その犬を散歩させていたに声をかけられ、木の板で作られたを手渡され直接スカウトされる。 数日後、所持金が1,200円となって途方に暮れ、その名刺に電話すると「近くに合宿所があるから来るように」と、教えられた建物に行くとからが降りてきた。 諸星にとって「人生で初めて会った芸能人」であったが、矢沢は当時同じビルに事務所を構えていて「この人もジャニーズなんだ」と勘違いした。 合宿所には、、、らがいた。 その日からリビングのソファで寝泊りしたが、合宿所の冷蔵庫にあった田原ので「104」と書かれたを飲んだところ、田原に怒られさせられた。 「104」は「トシ」という意味だったが、「104円」かと思い飲んでしまった。 また、当時ジャニーズの合宿所は先輩後輩関係が厳しく、夜9時ぐらいに田原が帰ってくるまで他のタレントは夕食を食べてはいけないことになっていた。 田原はが大好きだったが、ある日、いつまで経っても田原が帰ってこず、長時間待たされた日があった。 9時になると、「もうどこかで外食でもしているだろう」と思ってみんな一斉に食べ始め、近藤真彦、少年隊、光GENJIらが大皿に盛られたエビフライを食べ始めたところ、まだ何も食べていない田原が帰ってきてしまった。 田原に「みんな集まれ」とリビングに集められ全員が直立不動となった。 田原「誰だ? エビフライ3本以上食べたのは? 」、諸星「4本食べました」、田原に「バカ! 正座してろ」と言われた諸星はずっと正座させられた。 その後風呂に入りながら「何だこの芸能界は? 」と思いながらをバーっと出したらシャンプーのボトルにも104と書いてあり、慌てて戻した。 本人曰く、怖かったけれど面白かったという。 この原宿の合宿所は、光GENJIの人気が爆発した事でファンが殺到して大騒ぎになり、1989年に閉鎖された。 光GENJI [ ]• 当時のメンバー(、、、、、)とは今でも交流がありメンバーのLINEグループがある。 プライベートで食事に行ったり、互いのライブに出演することもある。 近年のライブやディナショーではの話を頻繁にしている。 2019年ディナショーの1部と2部の間にはその内海からメールが届いた。 2019年12月のライブではRAINY GIRLを歌った際、当時と同様の手品を披露し内海のウチワが出現し、それを飾ったままライブを進行した。 当時は内海本人が出現)• とはの解散後長い間会っていなかったが、赤坂の出所後に食事をしたと諸星自身が発言。 2007年に赤坂が違反で逮捕された際には「 光GENJIの復活は 今後出来るかといえばわからないけれど、彼とは喜び、痛みを味わってきた仲間なので。 僕は待ってますね」とコメントした。 2017年8月のバースデーライブにはから手紙が届いている。 8月12日は諸星和己誕生日、8月19日は光GENJIデビュー日 「諸星和己殿 光GENJI 30周年おめでとうございます!今日という日は僕にとっても大切な日です。 当時、偶然の様に出逢い結成したグループ。 今思えば必然だったのかもしれませんね。 先日7人で再会した時、そう強く感じました。 そこで今日は諸星君にこの言葉を送りたいと思います。 歌詞には「夢もあこがれも どこか違ってるけど それが僕と君のハーモニー」という一文がある。 また、赤坂晃復帰前には自身のライブに呼び、2019年2月11日赤坂晃復帰ライブにはサプライズ登場している。 大沢樹生とはかつて不仲説もあったが、グループの中で一番仲が良かったと後に語られている。 光GENJIのアルバム『』に収録されている「IF WORLD は信じない」の替え歌で「JOHNNY'S WORLD」という楽曲がある。 内容は仲間たちやファンへの感謝を綴っており、現在もライブでごく稀に披露される。 原曲は、当時のラジオ番組『GENJI GENKI爆発!! 』で諸星自身が「今回のアルバム中で一番好きな曲」と発言していた。 ジャニーズ事務所時代は、毎年になると大型トラックで数十台分ものチョコレートが届けられた。 事務所にトラックが到着する映像はこの時代の歌番組の風物詩になっていた。 後に『』で諸星が4tトラックに38台分だと語っている。 それは武道館の1Fを埋め尽くし2Fから取れるほどだった [ ]。 その後、衛生面やセキュリティー面を考慮し飲食物の贈りものは基本的に受け付けない方針になった。 ファンの心情を傷つけないようジャニーズ側が「本人達はそんなに食べられませんので」と発表したことにより、所属タレントへのバレンタインプレゼントは減少傾向にある。 2011年に諸星が『』出演時には「あれは4tなんてもんじゃなく、10tはあるトラック。 40台くらいあった。 そのうち9割8分僕ので他のメンバーが2割。 」(計10割にならないが、本人発言)。 2011年のバレンタインデーに諸星に届いた贈り物は37個であった。 あまりにもおしゃべりで、放っておくといつまでも喋るため、では対諸星用に「貼られたら以後発言禁止」という「喋りすぎマーク」 が作られた。 ザ・ベストテンで使用されたミラーゲートは1989年9月の番組終了時に諸星がもらい、自宅の玄関を入った場所に置いた。 アイドルを部屋に呼んで「今週の第1位は〇〇ちゃん! どうぞっ」などとベストテンごっこをやったという。 が遊びに来たこともあった。 交友関係 [ ]• 交友関係は幅広く、、、、や、、、、、、、などと交友がある。 活動当時はとも親しく会話する姿がしばしば見られた。 光GENJIが解散しジャニーズ退社後には、辰吉に試合時に使用する入場曲「Joeのテーマ」を楽曲提供したが、一度しか使われなかった。 アメリカ行きを進言したのはビートたけしで、グリーンカード取得の際も、たけしが推薦した。 から、スターサファイアを譲り受けている。 から「どうやったらジャニーズに入れますか?」と聞かれたことがある。 ハワイでは元力士家族と交流がある。 プロデュース [ ]• 「SETTE」デザイナー(ジュエリーデザイン)• 「クラウンクリエイティブ」アドバイザー(レベッカボンボン等ファッション系)• の「親善大使」に任命されている。 グッズとしてカップ麺「元祖焼きそばかーくん」プロデュース• 「食べるラー油」ブロデュース(諸星和己オフィシャルホームページから通販あり) 私生活 [ ]• 首下の背中に自身のイニシャル「K・M」をデザイン化したタトゥーを入れている。 好きを自称しており、自動販売機を高額で購入したことがある(広告の部分は、スポンサーがいないので自分の写真やポスターを張っている)。 サウナ好きである。 2007年8月にテレビ東京「大和魂」の企画で、サウナ発祥の地フィンランドで開催される「大会」に出場した。 110度の高温と水蒸気に耐え、15カ国約150人が出場する大会で、世界51位にランキングされた アジア1位。 その模様は海外のメディアや新聞に取り上げられた。 アイドル観 [ ]• 「基本的に今の奴らと比べちゃいけないですよね。 今の奴らは「アイドル」といっても、実力もビジュアルもセンスも、ほとんど「アーティスト」で。 もう「アイドル」って言葉が似合わないですから。 ただ、その一方で、僕らの時代にあった「アイドル」って言葉の持つ強烈なイメージは、彼らにないのも事実ですけど。 「アイドル」っていうファンタジーの持っている力がないんです。 そこだけは勝ちますね。 」とアイドルについて語っている。 「アイドルというのは自分達(光GENJI)で最後」とも語っている。 2007年9月25日「スペシャル御本人登場(フジテレビ)」で「浪速のカー君」と自称する程の諸星和己の大ファンであるがのものまねをし途中で本人が登場した。 会場は大歓声に包まれやもはしゃいでしまう。 は「めちゃめちゃカッコいい、スターって何年経ってもスターなんだなと思いました」「出てきた時の空気が全然違う」と興奮ぎみに話した。 司会のは「現役の時と変われへん」と発言した。 2019年4月13日「」で『自分にとって車とは、アイドル』 理想を追い続けるという意味で と発言した。 自身が光GENJI時代に頭に付けていた羽根は、当時の愛車のを模したと語っている。 車 [ ] 1987年 17歳 ランボルギーニ カウンタック 5000QV 1990年 20歳 ランボルギーニ カウンタック 25th Anniversary 1990年 20歳 シボレー コルベット ZR-1 1991年 21歳 メルセデス・ベンツ 560SEL ケーニッヒ仕様 1993年 23歳 フェラーリ 512TR 1995年 25歳 メルセデス・ベンツ S600L ブラバス仕様 1995年 25歳 フェラーリ F355 2001年 31歳 メルセデス・ベンツ G55 AMG 2015年 45歳 フェラーリ FF その他 [ ]• 1994年(平成6年)8月2日午前1時40分に、が起こしたバイク事故の第一通報者である。 当日たけしと待ち合わせの約束をしており、東京都新宿区の安鎮坂付近を走行中に自損事故を起こして重傷を負ったたけしを発見し、乗っていた乗用車の運転手に自身の携帯電話で救急車呼ばせた。 たけしは、に救急搬送され、一命を取り留めることができた。 しかし諸星曰く、事故者がたけし本人と知ったのは翌日テレビのニュースを見てからと、後に語っている。 1995年(平成7年)に独立後、仕事が無かった時にビートたけしから誘われて、に所属していたことがある。 ただし、たけしに付けられた「諸モロ出し」という芸名が気に入らなかったため、3日で脱退している。 主な出演作品 [ ] テレビドラマ [ ] 連続ドラマ• I、II( - 、)• 大家族主義(『』内のコーナードラマ、、)• 堀切家の人々(同じく『ビートたけしのつくり方』内のコーナードラマ、、フジテレビ)• (10月 - 12月、北海道テレビ)• ( - 、フジテレビ) - 三上博之 役• (、) - 小島真 役• (、フジテレビ) - 松江剛 役• (10月17日 - 12月19日、TBS) - 荒井荒太 役• (4月28日 -10月13日、) - 宮崎省吾 役 単発ドラマ• (1988年、TBS) - タケル 役• (1990年、TBS) - 役• (8月4日、TBS)• 光GENJI殺人事件(大スペシャル内「マジカルミステリー劇場」)(1991年3月、日本テレビ)• (、) - 甲斐城 役• 物語(3月3日、フジテレビ、金曜エンタテイメント)• (、TBS) バラエティ番組 [ ]• 諸星和己のうちバラ(9月2日 - 2006年12月23日、)• (2007年、テレビ東京「大和魂」)• 御本人登場(2007年9月25日、)• (・日本テレビ) - ゲスト• () - ゲスト。 同番組2時間SPの「ジャングルクッキング」SP版にて、から「 料理をするとき諸星は呼ばない」という教訓を出された。 (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• 人気企画の3本立て!! SP(2011年4月1日、フジテレビ) - 『決めてほしい話』の語り手として出演。 (2012年1月27日、)• 結婚できないスター大集合! SP(2014年2月24日、日本テレビ)• (TBS)• (2016年8月29日、BSジャパン)• しゃべくりDJ 諸星和己のミュージックアワー! (2017年11月 - 、)• (2018年4月 - 、歌謡ポップスチャンネル)• (2011年9月 - 、) - 金曜日不定期出演• (2019年4月13日、BS日テレ) 報道番組 [ ]• (2001年10月6日 - 2002年3月30日、フジテレビ) - ニューヨークの現地リポーターとして出演 映画 [ ]• (1988年12月18日公開、) - 諸星和己(本人) 役• (1999年、) - タカシ 役• 鷲と鷹(2014年、『鷲と鷹』製作委員会) - 鷹村和也 役• CONFLICT -最大の抗争- 第一章 勃発編(2016年、) - 北村弘也 役 CONFLICT -最大の抗争- 第二章 終結編(2016年、オールインエンタテインメント) 舞台 [ ]• (1991年、1993年)Joe Welington役• ミュージカル(2004年)八重樫エイジ役• Voyage〜ボヤージュ・旅立ち〜(2008年)Sprits役• EVIL DEAD THE MUSICAL〜〜(2009年)アッシュ役• ブロードウェイ・ミュージカル(2010年・2012年)Emcee役• カックラキン大劇場 お化け物語(2010年)ひろと役• ミュージカル 走れメロス(2012年)辻島衆二役• 4BLOCKS(2015年)ハンク役[主演兼音楽担当]• Honganji(2016年1月 - 2月、・・) 役• Honganji〜リターンズ〜(2016年8月、)• (1997年 - 1998年、)• SETTE(2007年 - 2009年、) ディスコグラフィ [ ] CD [ ]• 独立前• (1994年)• RA・KU・GA・KI(1994年)• (1994年)• ファンクラブ、全国CDショップにて販売• shake (2003. 28)• Real Action (2004. 21)• Nine Ball (2004. 14)• SAD SOUND (2004. 24)• なぁ (2007. 17)作詞・作曲:• 俺らなんにもね〜 (2011. 17 作詞:、作曲:• ファンクラブでの販売• DO-ll(2000. 12)• HALLELUJAH(2000. 24)• PINK A ROCK〜Vintage Remaster 01. 〜(2001. JUNK BEAT(2001. 23)• Tomorrow On The Dream PINK A ROCK〜studio live unplugged 01〜(2001. 24)• LOVIN' YOU(2002. 14)• Bluecheese Emotion(2002. 29)• PINK A ROCK〜Vintage the Ballads 03〜(2003. 20)• Vintage the Live 04 Shake a Live Tour 2003 Final (2004. Vintage the Remix 05〜NO M. Vintage the original 06 Encore 〜GOLD CLUB K decade〜(2005. 25)• Cray Pas(2006. 14)• Call〜Pin,K your soul my beat〜(2006. 30)• Vintage 07 〜LIVE arrange SS〜(2007. Vintage 07 〜LIVE arrange AW〜(2007. Vintage 08 〜NOWADAYS〜(2008. 20)• Love Letter(2008. 29)• I am SAMURAI(2009. 14)• Vintage 09 〜NOWADAYS〜(2009. 12)• Vintage 10 〜NOWADAYS〜(2009. 12)• Jam(2010. 12)• VINTAGE 11 〜NOWADAYS〜(2010. 17)• ありがとう~15th Anniversary〜 2010. Make me sing to you 2011. Start the show 2011. Never give up~English Ver~ 2011. Vintage 12 〜88TEES NIGHT FEVER〜(2011. 25)• So What!! 2012. Vintage 13〜NOWADAYS〜 2012. Eternal Love 2013. Vintage14〜NOWADAYS〜 2014. Vintage15〜game is over〜 2014. 23 PINK-0015• Hello 2. Life 4. Vibes X 5. My page〜12月25日〜• Gimme Attention 2016. 6 PINK-0016• Gimme Attention 2. Love Snow 3. Gimme Attention instrumental 4. Love Snow instrumental• Vibes XXX 2017. 12 PINK-0257• Vibes XXX【光GENJI30周年に出した、光GENJI楽曲のアレンジ。 CD番号257は以下を連想させる 光GENJIのメンバー紹介曲2. It's my PRIDE 2018. 12 PINK-0018• Last Song 3. Last Song ~Instrumental~• 12 PINK-0019• Enjoy 3. Enjoy~Instrumental~ DVD [ ]• ファンクラブ、全国CDショップにて販売• FIRST SOLO CONCERT「一匹狼」LONELY WOLF (2004年)• あの日のこと KAZUMI MOROHOSHI in Land of Glory (2004年)• 諸星和己 BIRTHDAY LIVE〜Volt-age40〜(2010年10月27日、イーネット・フロンティア)• 諸星和己 Another side story 〜Still at〜(2010年11月26日、イーネット・フロンティア)• ファンクラブでの販売• Never give up! Shake A Live TOUR 2011(2011年)• 根性 (1990年、) 光GENJI全集第1巻。 1990年8月22日発売。 くそ長〜いプロフィール (2004年5月、) アメリカ時代などが詳述されている。 諸星和己のスロースタイルダイエット〜PLAY WORK〜(2007年11月、) 連載 [ ]• 諸星和己のPLAY WORK (『』で連載) 脚注 [ ] []• Pin,K n. 2020年4月12日閲覧。 諸星和己オフィシャルウェブサイトBiographyより• 諸星和己オフィシャルウェブサイトLive Historyより• スポーツ報知(2010年8月13日)• DVD 「諸星和己 BIRTHDAY LIVE〜Volt-age40〜(2010年10月27日発売 」より• DVD「Never give up! Shake A Live TOUR 2011」より• オリコンニュース2011年9月20日より• とてつもない恐怖体験であったという。 オリコンニュース2007年11月4日より• 著書『くそ長〜いプロフィール』• ギブアップ嬢(2010年11月2日放送)• 当時ソルマックのCMに登場していた「飲みすぎシール」の改造。 Bunsyun20111222• 『BUBKA』2009年7月号• (2010年6月12日放送) [ ]• おぎやはぎの愛車遍歴 2019年4月13日放送• ステージナタリー. 2016年5月30日. 2016年5月31日閲覧。 外部リンク [ ]• - Diamond Blog.

次の