カジ サック チャンネル。 カジサックの子供は病気で障害があるって本当?かわいい5人目妊娠中!

UUUMと吉本興業が資本業務提携 コラボ第1弾は「HIKAKIN×カジサック」

カジ サック チャンネル

略歴 [ ] 名古屋校の11期生。 4月に横井剛と漫才コンビ・ を結成、に解散。 その後佐藤あんまきと漫才コンビ・ けんだまを結成するも再び解散、へと転身する。 ・のチャンネルには チームカジサックの一員として10月のデビュー当初より携わっており、動画にも度々登場している。 人物 [ ] とは『』で構成を担当した頃からの付き合いで、その後も一緒に仕事をすることが多い。 「トンボ」という芸名もによる命名である。 涙もろい部分があり、カジサックチャンネルでは「はじめてのおつかい 」や「100万人登録記念生配信 」等の動画で号泣している。 またお調子者な部分もあり、で度々指摘されている。 YouTuberの人脈も広く、カジサックチャンネルに縁のあるゲストを招聘することもある。 担当番組 [ ] テレビ番組 [ ]• - 、• - 、• - 、• - 、メ〜テレ インターネット番組 [ ]• 2018年 - 、• 2019年 - 、• 会議を見せるテレビ - 、• 2017年 - 2019年、AbemaTV• カジサックの笑顔でハイタッチ - 、AbemaTV ラジオ [ ]• 出会いの渋谷 2017年 - 2018年、• 2019年、 YouTube [ ]• カジサックの小部屋• - ピカゴローの声も担当 脚注 [ ] [].

次の

カジサックチャンネルの料理対決動画に見た、芸能人×YouTuberコラボの到達点|Real Sound|リアルサウンド テック

カジ サック チャンネル

MEMO結成直後から、NHK上方漫才コンテストで最優秀賞を受賞し、芸人としての実力の高さを初期段階から示していました。 西野亮廣さんは当時から才能や先見性があり、ネタ作りはもちろん コンビとして売れるための行動などしっかりと考えて立ち振る舞っていました。 梶原さんは、そのような西野さんのアドバイスや助言に対して、悔しさや若さから いつも反論してぶつかっていたと語っています。 また、それと同時に西野さんの才能にも気づいていたようで、チャンネル内の動画で「 西野がいたからこそ自分が存在できた」と感謝を述べています。 キングコングとしての活動 キングコングは前項で示した活躍などから、 結成してすぐにテレビでレギュラーを取るほど急速に売れ始めました。 その代表格といえば、 約11年間続いた高視聴率番組「はねるのトびら」です。 その番組が始まったのは梶原さんが 20歳の時なので、いかに早くしてスターダムにのし上がったかがわかると思います。 MEMO梶原さんは芸人をやめる決意をしていましたが、西野さんはその間梶原さんが帰ってくるまで仕事をせずに待ち続けます。 徐々に、体調を取り戻していった梶原さんはついに西野さんのとこへ行き、謝罪して コンビとしての活動が再開することとなりました。 YouTube活動スタート カジサックとして活躍する前に、実はキングコングとしてYouTubeの活動をしています。 チャンネル名は「 毎週キングコング」で、 2013年にスタート。 現在でも更新は続いており、主に2人でさまざまなトークを繰り広げ、 常に数十万回再生されている人気チャンネルとなっています。 カジサックとして大成功 カジサックの活動を始めたのが 2018年のことで、毎週キングコングよりかなり後の開始となっています。 チャンネルのコンセプトは、「 吉本興業所属のお笑い芸人キングコング梶原が、新米Youtuberの『カジサック』となりました。 カジサックの部屋に様々なジャンルの達人たちを招き、成長していきます。 (中略)これからは世界一のトップユーチューバーを目指します!なにとぞ応援よろしくお願いいたします(チャンネルの概要ページより引用)」と説明があるように、カジサックが芸人や有名人などと絡み、さまざま内容にチャレンジしていく動画チャンネルです。 また、梶原さんの家族「 ファミサック」、奥さんの「 ヨメサック」、エハラマサヒロさんや松浦志穂さんらとの音楽グループ「 KAJISAC HOUSE」など、番組内でもさまざまなキャラクターが登場します。 動画編集に関しては、 チームカジサックというチーム編成によって編集されており、YouTubeらしさとTVらしさが混在している特徴があります。 また、芸人YouTuberして活躍した第一人者的なポジションとなり、 オリエンタルラジオの中田敦彦さんなどにもかつて動画でアドバイスを行うなど、大きな影響力を持っています。 MEMOチャンネル開設当時(2018年10月)、2019年12月末でチャンネル登録者数が100万人に届かなかった場合は芸能界を引退すると宣言してからのスタートを切っており、決して順調な道のりではなかったのですが、 2019年7月11日に見事登録者数100万人を達成したのです。 成功の裏には、準備期間を多くとったことや人気YouTuberからのアドバイスがあり、 念入りに計画されてからスタートしたチャンネルであることがうかがえます。 おすすめ動画 ここでは「 カジサック KAJISAC」チャンネル内のおすすめ動画や、登場人物などに触れていきたいと思います。 「カジサック KAJISAC」チャンネルでは、 超大物芸能人・YouTuberとのコラボが多く、視聴者を飽きさせないような工夫がたくさんされているのが特徴です。 【登録者数90万人記念】キングコング西野さんが部屋に来てくれました 2019年6月28日アップロード 本記事を作成するうえで参考にもさせていただいているこの動画は、 キングコングの歴史がわかる非常に興味深い内容となっており、当時の心境が詳細に語られている素晴らしい動画です。 この記事の最初で触れた「 西野がいたからこそ自分が存在できた」と感謝を述べているシーンは、この動画で見ることができます。 また、 西野さんの話の深さや、 梶原さんの苦悩や乗り越えた先の話など、人生についても深く考えさせられます。 ・南海キャンディーズ 山里亮太さん ・DaiGoさん ・ナイティンナイン 岡村隆史さん ・極楽とんぼ 加藤浩次さん ・極楽とんぼ 山本さん ・NONSTYLE 石田さん ・インパルス 堤下さん ・オリエンタルラジオ 中田さん ・ココリコ 遠藤さん ・雨上がり決死隊 宮迫さん ・ドランクドラゴン 塚地さん ・ピース 又吉さん ・武井壮さん ・アンタッチャブル 柴田さん ・FUJIWARA 藤本さん ・オール阪神・巨人さん ・陣内智則さん ・麒麟 川島さん ・渡辺直美さん ・博多大吉さん ・フワちゃんさん ・ナイツ 塙さん ・YouTuberヒカルさん ・YouTuberラファエルさん テレビだと相当なギャラが発生しそうですね。 中でも 堤下さんは登場回数が多く、今では 準レギュラーとして様々な動画に出演しています。 特に 料理対決動画に人気があり、後に堤下さんが独自のYouTubeチャンネル「 堤下食堂」を開設するまでになります。 また、極楽とんぼの山本さんとの動画もいくつかあり、 テレビでは決して見られない内容になっているので必見です。 まとめ これまで紹介してきたように、さまざまな魅力が詰まっている「 カジサック KAJISAC」チャンネル。 キングコングとしての梶原さんが歩んできた道のりや苦悩、活動休止まで追い込まれた状態からの脱出、カジサックとしての大成功・・・。 YouTuberの背景を知るとより一層そのチャンネルを楽しむことができると思います。 背景には いくつもの計算された下準備があったり、 芸能人ならではの人脈があったりと、他のYouTubeチャンネルとは一線を画していることがわかりました。 製作スタッフや登場人物もテレビ関係者が多く、 決して一般人YouTuberでは真似できないようなクオリティです。 近頃、芸人YouTuberがたくさん登場してきましたが、 その先駆けとなったのは間違いなくカジサックであるといえます。 これまで人気を博してきたYouTuberのノウハウを取り入れつつ、芸能人という自分の強みを生かしたこのチャンネルは唯一無二のチャンネルとして、今後も楽しい動画を上げ続けてくれることでしょう。

次の

カジサックは、蛍原と宮迫よりも先に自分が共演することに遠慮しての発言じ...

カジ サック チャンネル

一貫性がなくて別の場所に行けば全く違う発言をするので嘘ついてまで発言しなくて良くない?何がしたいの?って感じです。 言えない事なら最初から何も言わなきゃいいのにわざわざ自ら話始めて嘘言うから信用なくすんだと思います。 YouTubeは自由なイメージで正直さを求められる所だと思うのであのやり方だとテレビではよくてもYouTubeでは受け入れられないと思います。 なんか虚言癖というか、わざわざ言わんでいい事自分から言って視聴者に対してはだいぶ甘くみてるというか、そーゆーやり方に躊躇とかないんやなと思ってしまいます。 音子とのコラボでの話しぶり見ても頭のネジ飛んでる人なんやなってのは芸人としては許容されてたんやろうけどYouTubeで常識ない奴はなかなか大人の視聴者には受け入れられないと思う。 「吉本からの圧力はない」とカジサックがYouTubeで明言していますので、吉本を叩く事は出来ないんじゃないですかね。 吉本も「テープ回されてる可能性」があるのでわざわざそんな証拠(圧力の)を残すはずもなく、でも、カジサックを始め多くの吉本芸人が事務所に忖度しているのは色んな動画の端々の発言などから、まぁそうなんだろうなって感じです。 みんな(カジサックファン、ヒカルファン、宮迫のファン)もなんとなくそうなんだろうな…と察してくれているのに、いつも中途半端に絡んでは「今は無理です」とか「蛍原さんと」とか、上げては下げ、上げては下げ、宮迫がらみで炎上するのは今回が初めてではなく、今までもちょくちょくプチ炎上してきてその度に「後は有料ブログの方で説明する」などヒカル、宮迫のファンを振り回してきました。 この件に関しては「YouTube業界に芸能界のドロドロを持ち込んで欲しくない」という人もいて、それならもうカジサックは見なくていいやって人がいても不思議ではないかと。 そもそもカジサックデビューの時に親身に手伝ったのはヒカルでヒカルファンの多くもカジサック応援してたんですけどね。 ガッカリしているのはカジサックファンというよりヒカルファンでしょう。 吉本に忖度すること自体は視聴者も理解していました。 実際、この騒動前にカジサックはツイッターやYouTubeのコメント欄などで、ヒカルさんからコラボしようと言われた際に、返答を濁したり、今は大人の事情があるためできないといった回答を複数回しており、視聴者はその事情を吉本からの圧力だと捉え、それならば仕方ないと考えていました。 Twitterでも理解を示すツイートが多かったです。 宮迫さんについても同様で、カジサックは有料ブログやツイッターなどでコラボできない理由は吉本にあるとほぼ明確に示していましたし、それについて理解を得ていました。 全てが丸く収まっていたのです。 しかしながら、ヒカルと宮迫さんのcm放映終了後の生配信にて、カジサックは「今まで言ってこなかったが宮迫さんとコラボしない理由は、宮迫さんが最初に関わるべきは蛍原さんだと思うから」という趣旨の発言をしました。 これは、宮迫さんとコラボできないのは外部的な事情によるものではなく、自分の主体的な判断によるものであることを示す発言であり、それまで行ってきた「ヒカルや宮迫とコラボできない理由は吉本にある」と読める発信内容と正反対のものでした。 そして、この発言はヒカルと宮迫さんのcm生配信において、カジサックが電話という形ではあるものの宮迫さんのチャンネルに出演するというそれまでタブー視されていたことを行った後になされたものでした。 したがって、大半の視聴者からすれば、「カジサックは誤って宮迫のチャンネルに出演するという本来許されないことをした。 そして、このままでは吉本での立場が悪化すると感じたカジサックが、自らの保身のため、あえてそれまでの発言とは正反対の発言をした」いう風に見えたのです。 おそらく、カジサックがそれまで行っていたような「コラボできないのは大人の事情が原因」という同じ説明をしていれば炎上しなかったでしょうし視聴者もそれまでと同様理解したでしょうが、そこからさらに踏み込んで「吉本は何も関係ない」という 視聴者目線では嘘の 説明をしたのが、視聴者的に自らの保身を図る不誠実な行為に映ったのでしょう。 つまり簡単に言うと、言動が矛盾していたから叩かれたということです。

次の