エタノール グリセリン。 手作り「エタノール・ジェル」

消毒液の自作、さらに手に優しくしてみた

エタノール グリセリン

どこもかしこも は売り切れなので、自家製 を作っているのですが、これが手に優しくなくて、めちゃくちゃ手の脂を落としてしまい手荒れが凄くなるんです… そこで、手に優しくすべく と を追加してグレードアップしてみました。 するとこれがめちゃくちゃ良い感じ!せっかくですので、どのぐらいの配分で作ったかメモを残します。 配合量 今回私が作った配合はこちら。 :80mL• :18mL• :10滴• :2〜3g 小さじ0. 5杯程度 合計:100mLぐらい と は混合すると体積変化があるので概ね100mLになります(混合時、やや発熱しますが正常です)。 消毒液成分 塩化ベンザルコニウム ( )とも言われ、一般名称としては「 」といわれるものです。 あまり一般的な石鹸ではないのですが、飲食店で働いている方は聞いたことのある石鹸ではないでしょうか。 、 などの市販の消毒液にも使われている成分です。 リンク ここで大事なこと。 メタノールは燃料用アルコールに含まれていますが、このメタノールは毒劇物に該当し、毒です。 蒸気が肺から取り込まれるだけでなく、皮膚からも吸収されて毒性があり、酷い場合は 中枢神経へのダメージ、さらには 失明する危険性があるため非常に危険です。 具体的に危険性を知りたい方は「」で検索ください。 昔の密造酒の話から実際に人にどのように作用するか書かれている資料がたくさんあります。 水 水道水で良いと思います。 私も水道水です。 本来なら といいたいところですが、水道水を使ってデメリットは特にありません。 ミネラル分の多いミネラルウォーターは避けた方が良いと思います。 リンク こんなコロコロの玉状で売られているのですね。 個人で50gを一気に使うってなかなかないと思いますが、皆さんどう保存しているのでしょうか。。。 私は吸湿は仕方ないものとして輪ゴムで止めて冷暗所に保管しています。 は吸湿性がありますので、すぐに湿気て固まってしまいますが、この湿気るのがポイント。 空気中から水分を集めてきていると言うことなんです。 皮膚についても皮膚の水分を逃さず、空気中からも集めてくるので、しっかり水分を逃さずキープできるのです。 最後に こんなに品薄になるとは思ってませんでした。 は国内産でしょうけれど、需要が多すぎて間に合ってないのでしょうね。 まあ、もうすぐ追いついてする思いますが、政府には必需品の転売の禁止を検討してもらいたいものですね。 必要なものが必要な時に買えないって辛いです。 今回紹介したものもかなり品薄になってきているように思います。 ただ、量があっても個人では消費しきれないと思います。 や はアトピーの人などが自分で化粧水を作ったりしているようなので、無駄に買うことはせずに必要な人みんなに行き渡るように節度を持って購入したいものですね。

次の

アロマスプレーのエタノールなしの作り方、マスクスプレーにも使える!

エタノール グリセリン

無水エタノールは 試薬であっても、、医療用 有ります であっても、重金属が含まれるようなことはありません。 規格に適合するような品質にしてあるからです。 消毒用のエタノールに手荒れ防止 保湿のために、グリセリンを添加して商品もあります。 をご覧ください。 消毒用には濃度が高すぎるので、 グリセリンも入れたことを念頭に計算すると、 そのグリセリンを入れた205mLを 全量取り、47mLの水を加えると、グリセリン入り、消毒エタノールが出来上がります。 えっと、そのあとのやりかたによっては、エステルができる可能性はあります。 ただ、グリセリンも、できるかもしれないエステルも、危険はないので、特に問題ないないと思いますよ。 むしろ、危険だと思う点をひとつ書かせてください。 消毒用エタノールと、無水エタノールの最大の違いは、水分量だけだと思っていませんか? 無水エタノールは、普通は「食用」でも「医療用」でもないので、最後の水分を取り除くのに重金属を使用する場合があります。 5パーセントの残り0. 5パーセントの安全性は、確認した上で使われることをオススメします。 また、無水エタノールには、殺菌作用はほとんど期待できません。 器具の消毒とのことですが、どのような目的利用されているのでしょうか、不思議です。 指紋などの手脂を良く溶かすので、その辺が目的でしょうか? もし、器具の殺菌を念頭に置かれているのなら、アルコールでは、消毒用アルコールを利用されることをオススメします。 Q 昨今手作りの化粧品がブームとなっているようですが、市販の物より肌に優しくナチュラルだと言うことで、自分でも作ってみたくなりました。 そこで手始めに<緑茶とアルコールの化粧水>を製作しようと思い、ドラッグストアで必要な材料---グリセリンとエタノール---を購入致しました。 その際<エタノール>と<無水エタノール>の2種類?があり、特に悩みもせずに<エタノール>の方を選んだのです。 しかし改めて、手作り化粧水のレシピを様々なサイトで調べたところ、 <無水--->と断っている方がかなりいらっしゃる事に気が付きました。 今更なのですが、手作り化粧水を作る場合<エタノール>ではなく<無水--->を使用するべきなのかどうか、御存知の方教えて頂けないでしょうか。 また宜しければ、<エタノール>の代わりに<純米酒>でも同様の効果が得られるのか、と言うことも教えて頂ければ幸いです。 A ベストアンサー 無水エタノール使用者です!私はアロマセラピーが好きで アロマの精油と無水エタノールと精製水を使い、芳香スプレーを作ったり、化粧水を作ってみたり アロマの精油を使ってマッサージオイルを作っています。 芳香スプレーを作る時に無水・・・と書いてあったのでそちらを買いました。 今、手元にそれがあります。 「用法・用量」で 本品(無水エタノール)を精製水で薄めて、エタノールとして、76. 9%~81. 4vol%とし、 これを消毒部位に塗布する。 と書いてあります。 ですからpekotarouさんのおっしゃっているように 精製水(500mlで60円位)で薄めたものなんですよね。 値段的にはどうですか?無水の場合は500ミリリットル1000円位はしますが1本買うとかなり長く使えます。 エタノールの場合は精製水が入っているので少し安いですがその分早く無くなってしまいますよね。 私も無水を買う時、無水でない方が少し安いみたいと思っていましたがよく考えると 原液なのでこちらの方が安いんですよね。 エタノール水が入るという事でいわゆる腐りやすくなるという事になるのだと思います。 ですからレシピにはそう書いてあるのでしょう。 しかし、適度な日にちで使えば問題ないですよ。 私の場合化粧水を作る時はエタノール入りは肌がピリピリするので極力少し入れるか 入れずに(アロマの原液+精製水のみ)作りますが結局日持ちが違うのですよね。 これから夏になるので余計にそうです。 そして、意外にそれを作って入れるケースが高い(100円均一のものや普通の容器ですと エタノール類は入れないように書いてあるんですよね。 ) ので、私は何本か買っておいて、使い終わったら食器用洗剤で良く洗い、乾かしその後に無水で殺菌してまた使っています。 こういう時に無水の方が水無しなので便利です。 ケースに水分が残らずサッパリと殺菌できるので。 純米酒は私は試したことがないので何もわかりませんが、良いですね!美味しいし・・・! (違った、話題はそちらではありませんでした。 ) では、楽しんで作ってください。 無水エタノール使用者です!私はアロマセラピーが好きで アロマの精油と無水エタノールと精製水を使い、芳香スプレーを作ったり、化粧水を作ってみたり アロマの精油を使ってマッサージオイルを作っています。 芳香スプレーを作る時に無水・・・と書いてあったのでそちらを買いました。 今、手元にそれがあります。 「用法・用量」で 本品(無水エタノール)を精製水で薄めて、エタノールとして、76. 9%~81. 4vol%とし、 これを消毒部位に塗布する。 と書いてあります。 ですからpekotarouさんのおっ... A ベストアンサー 消毒用エタノールは濃度が76,9~81.4%のものです。 残りは精製水です。 無水エタノール、水がほとんど含まれていないものですが、普通は在庫してないでしょう。 実験用に使用することが多いと思いますが、消毒用エタノールに比較して、高価ですし。 で、私は、コストからいって消毒用エタノールう使用してもいいとは思いますが、水がなるべく入ってないものを使用したいのなら、日本薬局方エタノール(95.1~95.6%)のものを使用すると、いいでしょうね。 (ただ、これも、在庫してない場合も多いとおもうので、とってもらうことになるか)。 手作り化粧水ということですが、通常の市販の化粧水でも、エタノール濃度は15%程度のものです。 あなたの作り方にも「無水エタノール、精製水、グリセリン」というように、精製水が入っていますので、無水をつかう意味はないですし、日本薬局方エタノール(95.1~95.6%)を使えば、比率も同じでいいでしょうね。 (消毒用エタノールだと、やや、水が多くなると、いうこと) でも、消毒用エタノールをもう買ってきたのだし、それで作る人も多いですから、大丈夫ですよ。 なお、消毒用エタノールだけのものには色素は入っていません。 色素はグルコン酸クロルヘキシジン(ヒビテン)と消毒用エタノールを混合したような消毒薬などに、(今は、スプレーたいぷとか、いろいろ市販されていて、種類も多いです)入っていますが、色素がらみの消毒薬ったら、代表はグルコン酸クロルヘキシジンです。 で、結論ですが、混ぜる比率的なことは私もどうこう、具体的にはいえませんが、消毒用には20%程度、既に水が入っていると考えて、その分精製水を減らせば、無水の代わりに消毒用、大丈夫ということです。 消毒用エタノールは濃度が76,9~81.4%のものです。 残りは精製水です。 無水エタノール、水がほとんど含まれていないものですが、普通は在庫してないでしょう。 実験用に使用することが多いと思いますが、消毒用エタノールに比較して、高価ですし。 で、私は、コストからいって消毒用エタノールう使用してもいいとは思いますが、水がなるべく入ってないものを使用したいのなら、日本薬局方エタノール(95.1~95.6%)のものを使用すると、いいでしょうね。 (ただ、これも、在庫してない場合も... A ベストアンサー エタノールは一応真菌に有効です。 しかし、これは真菌とエタノールが接触した場合(試験管内での実験など)のみです。 水虫は皮膚の奥に真菌が潜んでいますので、表面にエタノールを塗っても十分浸透しません。 通常の水虫であれば3ヶ月~6ヶ月程度抗真菌薬(水虫のお薬)を塗なければいけません。 お礼に「薬が切れるとほおって置く」とありましたが、治るはずがありません。 水虫というのは細菌でなく真菌(カビやキノコの仲間)です。 細胞分類上は人間の細胞に近く強力な薬が作れない(人間の細胞まで死んでしまっては薬にならない)のです。 しかし、最近の抗真菌薬は効果もよく、1日1回塗布でよいものが殆どです。 また、塗り薬に関しては最近市販された「ラミシール」や「ブテナロック」などは医療用と同成分ですのできちんと塗ればかなりの効果が期待できると思います。 塗り方としては、風呂上りなどの皮膚が柔らかいときによくすり込んで塗ります。 また、2週間程度で症状がよくなっても完全に菌が死んでいませんから3ヶ月は塗り続ける事が重要です。 みなさんたいてい症状が治まると塗るのを止め、再発します。 で、また薬を買いに来てくれます。 何回でも。 いいカモなんですね(笑) 見た目に症状がなくなっても毎日続ける事が出来るかどうかが重要なんですよ。 どうしても難治性の場合、内服薬もありますが、非常に高価ですし、まずは塗り薬を試してみてはいかがでしょう? こまめに塗るのではなく、1日1回を毎日忘れずに! エタノールは一応真菌に有効です。 しかし、これは真菌とエタノールが接触した場合(試験管内での実験など)のみです。 水虫は皮膚の奥に真菌が潜んでいますので、表面にエタノールを塗っても十分浸透しません。 通常の水虫であれば3ヶ月~6ヶ月程度抗真菌薬(水虫のお薬)を塗なければいけません。 お礼に「薬が切れるとほおって置く」とありましたが、治るはずがありません。 水虫というのは細菌でなく真菌(カビやキノコの仲間)です。 細胞分類上は人間の細胞に近く強力な薬が作れない(人間の細胞まで... Q 抽出したゲノムDNAの濃度測定にて、吸光度計を使用して吸光度を調べる実験を最近行いました。 そのとき抽出して希釈したDNAを石英セルに入れたのですが、そこで先生から 「石英セル以外にガラスセルやプラスチックセルもあるのになんで石英セルを使うの?」 という質問をされ、 「屈折率の問題で石英セルが一番適しているからです。 」 と答えたのですが、 「それはプラスチックだけ。 なんの不純物も入ってないガラスセルなら屈折率なんて問題にならないよね?じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?」 と言われ、そこでまったく答えらませんでした。 調べたところ、ガラスより石英のほうが高価だから精密度がいい?といったものが出たのですが・・・違うようです。 なぜ、ここでは石英セルを使用するのですか?教えてください。 お願いします。 A ベストアンサー 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。 酵素ですから、測定波長は280nmです。 40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。 研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。 セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。 以後、失敗は数知れずですが、・・・。 fujiwara-sc. html 石英セルは、可視部も紫外部も通します。 ガラスセルでは、可視部は通すが、紫外部はほとんど通さないようです。 ですから、石英セルで可視部を測るのは測定上は適正なのですが、破損の可能性を考えて 石英セルは1個1万円、ガラスセルは3000円ほどでした 、可視部はガラスセル使用というのが現実的です。 当時は、石英セルには、セルの上部にスリガラスの線が入っているものが石英セルでした。 今は違うようですが。 「セルが壊れました」と実習学生が持ってきてくれると、『福沢諭吉がヒラヒラと飛んでいく』ことになります。 貧乏な研究室の教員としては『実習をまじめにしなければ壊れることも無い』と思いつつも、顔は引きつりかけます。 学生実習は、結果が分かりきっているので、当然プラスチックでしています。 しかし、紫外部の測定に適したプラスチックセルは無いようで、「測定可」とした製品も文字のとおり可の状態で、石英セルのレベルではないとの業者の回答でした。 セルで思い出すのは、吸光度を測定する2面透明のセルで蛍光を測定しているのを見ました。 他の研究生の卒論生だったので、「測定するのは難しいのと違う」と声をかけましたが、その後どうしたことやら。 fujiwara-sc. html 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。 酵素ですから、測定波長は280nmです。 40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。 研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。 セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。 以後、失敗は数知れずですが、・・・。 A ベストアンサー 氷酢酸とは純粋な酢酸で、一般の「お酢」のように水溶液ではありません。 酢酸 = 氷酢酸 です。 いわゆる CH3-CO-OH です。 無水酢酸とは、酢酸の無水物です。 これは、酢酸が脱水縮合したもので、酢酸とは異なります。 CH3-CO-O-CO-CH3 という物質で、酢酸2分子より、H2個、O1個分つまり水1分子 だけ、少ないのです。 氷酢酸は、酢酸ですから、水で薄めて食酢のように使う事もできますが、 無水酢酸は、水や水酸基、アミンなどと反応しやすく、 無水酢酸の状態では、通常安定に存在しません。 実際には、化学の合成実験で官能基と呼ばれる特定の部位をCH3-CO-で 修飾して、保護するために使われます。 食品添加物には、お酢として氷酢酸が使われる事はあるでしょうけれど 無水酢酸は使われないと思います。 A ベストアンサー 2 の質問のお返事より、水を水面から流し込むような状態で、液体に空気を混入させているような状態ではないでしょうか。 その状態では、必ず泡ができてしまうので、あとは、いかにその泡を除去するかを考えるしかないと思います。 私の記憶が正しければ、泡の部分の構造は次のようになっていたと思います。 泡が通常の泡より堅くなるのは、疎水基の部分が互いに結合を生じているためだと思います。 対策として、まず思いつくのは、あわの生じるあたりにその泡を壊すための網やブラシのようなものを置いてたり、あるいは、泡のあたりで、ゆっくりと回る蠅追いのような装置をつけて、こまめに泡を壊していくしかないかと思います。 わざわざ、追加説明をいただいたのですが、とりあえず思いつくのは、この程度です。 すみません。 また、しまらく、考えてみます。 取り急ぎご返事がてらです。 tukitosan でした。 2 の質問のお返事より、水を水面から流し込むような状態で、液体に空気を混入させているような状態ではないでしょうか。 その状態では、必ず泡ができてしまうので、あとは、いかにその泡を除去するかを考えるしかないと思います。 私の記憶が正しければ、泡の部分の構造は次のようになっていたと思います。

次の

手指消毒液を自作する

エタノール グリセリン

水で薄めて揮発を遅くする 無水エタノールはアルコール100%、消毒用エタノールはアルコール80%前後に調整されているものです。 消毒用にはアルコール成分が60%以上あれば効果があります。 逆に アルコール濃度が高すぎて手に馴染ませきらないうちに揮発してしまってはダメです。 一定時間アルコール成分が対象物に留まることによって殺菌ができます。 だから無水エタノールを使って作る場合は2,3割の水で薄めて、揮発するまでの時間を稼ぐことが必要です。 消毒用エタノールはそのままでもいいですが、アルコール濃度が60%あれば殺菌効果があるので、少し薄めても大丈夫。 それで上記の割合になりました。 品不足なので有効な範囲で薄めて節約したい人におすすめです。 グリセリンを入れるとしっとり グリセリンは、しっとりさせるため。 アルコール成分は手指の油脂を取ってしまうので、手が荒れちゃいますよね。 グリセリンを入れると、ちょっとだけとろみが出るのでなじませやすい感じもしています。 ハーブオイルはお好みで ハーブオイルはお好みですが、ラベンダーのオイルがあったので利用。 少し香りがついていると、つけたときにちょっとだけ和むので入れています。 使い方のコツ 手に取る量は多めにしっかりなじませるようにします。 消毒液の量が少ないと、殺菌しきれないですからね。 といってもこの手作り消毒液はサラサラでこぼれやすいですから、何回かに分けて手に出すのがいいと思います。 水道水を使っているので、早めに使い切るようにします。 小さいボトルに数日分だけ作りましょう。 アルコールスプレーはどんな時に使えばいいか この携帯用消毒液、どんな時に使えば便利かというと? 外出先で不特定多数の人が触る場所に触れた後、石鹸で手を洗えないときに便利です。 お店のドアとか、手すりとかですね。 外で借りるトイレの便座を拭くためにも使えます。 うちでは同じ配合で少し大きめのスプレーボトルに入れたのを玄関に置いています。 帰ってきたらまず手にすりこんで、それから靴を脱いだりカバンを置きに行ったりします。 それから石鹸で手を洗いに洗面所に行く、という流れ。 石鹸手洗いをするまでの間に、万が一手についていたウイルスを拡散しないための対策です。 石鹸手洗いを優先させるべき 手指の殺菌のためには、石鹸での手洗いが基本です。 だからあくまでもアルコール消毒は石鹸洗いの補助として考えます。 アルコールは菌やウイルスの細胞膜を破壊して殺菌する作用、脱脂作用がありますが、手の汚れ自体は取り除けません。 手を洗える場所があるなら必ず洗うようにしましょう。 コロナウイルスは石鹸でこすり落とすことができます。 液体せっけんを持ち歩くのも必要かもしれませんね。 まとめ 手指消毒用のジェルやスプレーが手に入らないとき、消毒用エタノールを使って自作することができます。 実際に私が使っている携帯用消毒液の作り方をご紹介しました。 消毒も重要ですが、それでも体内に菌やウイルスが入ってしまった場合、自分の体の抵抗力が頼みの綱になります。 普段からしっかり食べ、休み、体の免疫力を上げておくことも大切ですね。 こちらの記事もどうぞ。

次の