テテ 蕁 麻疹。 by Kracie

専門外来紹介:患者さんへ|東京女子医科大学病院 皮膚科

テテ 蕁 麻疹

専門外来紹介• コンテンツ詳細内容 専門外来紹介• 乾癬・掌蹠膿疱症外来 乾癬とは、皮膚に赤みとその上に厚い鱗屑 がさがさした厚い角質 を伴う慢性の皮膚疾患です。 白色人種に多い病気ですが、近年日本人でも増加傾向がみられます。 多くは頭部、四肢とくに肘や膝に症状が強い他、背中や腰などの体幹部、時に体全体にも皮疹が及ぶことがあります。 爪の変形や関節の痛みを伴う場合もあります。 乾癬の原因として、遺伝的素因やストレス、食生活などを含めた環境因子など様々な要因が複合して生じるとされていますが、未だはっきり分かっていません。 人目につく赤い皮疹について悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。 一人一人について、悪化させる要因はないかお話しを伺います。 その上でその方に適した治療を組み合わせて行っていきます。 外用療法:ステロイド、活性化ビタミンD3の2種類があります。 塗り方の指導を行います。 光線療法:紫外線照射による治療法です。 当科では、治療効果の高い波長を選択的に照射できるnarrow-band UVB照射機 写真上 を備えています。 事前に光線吸収剤の外用や内服の必要がなく簡便です。 週に1〜2回を目安に通院をお勧めしています。 内服療法:外用療法のみでは改善が乏しい、あるいは皮疹の範囲が広く重症である場合は、シクロスポリンなどの免疫抑制剤やエトレチナートという角化症治療薬を使用します。 いずれも副作用についての説明を十分に行い、その管理に努め、性差も加味して治療しております。 かゆみが強い方には抗ヒスタミン剤を併用し、掻くことで皮疹が悪化するの防ぎます。 これらの治療法について、乾癬外来で詳しく説明しております。 アトピー外来 アトピー性皮膚炎は慢性に経過しかゆみを伴う皮膚疾患です。 アトピー外来では主治医制をとり、一人の担当医が患者さんとじっくりと向き合って診察、治療を行い、皮膚症状を上手にコントロールし、アトピー皮膚炎に患わされずに日常生活を送れるお手伝いができるよう心がけています。 治療は日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインに基づき、保湿剤や炎症期のステロイド剤、免疫抑制剤 タクロリムス の外用、抗ヒスタミン剤の内服による治療を中心とし、重症例では紫外線療法 narrow-band UVB や免疫抑制剤 シクロスポリン の内服治療などを併用しています。 患者さんのライフスタイルに合ったスキンケアや日常生活での注意点も提案しています。 患者さんはそれぞれ個別に増悪因子をお持ちのため、皮膚症状の悪化時にはその増悪因子の検索を行い対処法を検討しています。 また、成人の患者さんでは人間関係、進路葛藤などの心理・社会的ストレスが皮膚症状の悪化に強く関与していることがあります。 その場合には心身医療科と連携して診察を行っています。 特に重症の方では入院をして頂き、治療を行うのみではなく、患者さんがアトピー性皮膚炎についての理解を深められるように教育指導を行っております。 膠原病外来 膠原病は自己免疫疾患ともいい、免疫機構のバランスが崩れて、自分の体の成分に対する抗体 自己抗体 を作って組織を攻撃するために、種々の症状がでる疾患です。 膠原病には、エリテマトーデス、皮膚筋炎、全身性強皮症、関節リウマチ、シェーグレン症候群、ベーチェット病などの疾患が含まれています。 これらは経過中に皮膚症状を伴うことが多く、診断に重要な症状にもなります。 また、膠原病の中には、同一疾患でも皮膚症状を主体とする軽症例から、全身の臓器障害をきたす重症例、その中間型など、さまざまな段階の患者さんがみられることがあるため、皮膚科に最初に受診されることもしばしばです。 当院には膠原病リウマチセンターをはじめとして、腎臓内科、呼吸器内科、神経内科などがあり、多くの膠原病患者さんが受診されます。 当科では、午前中の一般外来の中で、皮膚症状をもつ膠原病患者さんのご紹介をお受けしております。 皮膚症状が主体の場合については当科で治療を行い、全身症状が重い場合には、他科と連携して診療しています。 蕁麻疹外来 蕁麻疹は赤い斑点と虫刺されに似た盛り上がった皮膚症状が出没し、強いかゆみを伴うのを特徴とします。 一つ一つの症状は、数時間で跡形もなく消退します。 蕁麻疹はだいたい1週間位で治る急性蕁麻疹と、1ヶ月以上、時に数年にわたって出没を繰り返す慢性蕁麻疹に分かれます。 蕁麻疹では原因不明のことがほとんどですが、わかっている誘発因子としては掻破、圧迫、温熱、寒冷、日光、発汗、食物、アスピリンなどの薬剤の摂取、植物、ラテックスの接触、細菌感染症などがあります。 蕁麻疹外来では、患者さんのお話から誘因をさぐり、それを確認するために、一般の血液検査の他、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内テストや誘発テストなどを施行しています。 例えば、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内テストでは、皮膚の一部を軽く刺したり、ひっかいて抗原エキスをのせる、もしくは皮内にエキスを注射して、反応がでるかどうかを調べます 写真右:エビのエキスを用いた皮内テスト陽性反応。 誘発テストでは、寒冷や紫外線刺激を与えたり、食物や薬を摂取して症状がでるかを調べることもあります。 蕁麻疹の治療ですが、まずは、誘発因子が明らかな場合はそれを避けることで軽快します。 誘発因子がわからない場合で、数週から数ヶ月に一度程度しか蕁麻疹が出現しない時には、症状の程度に応じて抗ヒスタミン剤を時々内服して頂く治療でコントロール可能です。 一方で、毎日ないしほぼ毎日出現するような時には、抗ヒスタミン剤を毎日内服して頂き、症状がおさまらないようなら薬剤の変更や増量、他の治療薬の併用を検討します。 また、症状が落ち着いても3ヶ月以上の内服の継続が望ましいことが分かってきているため、専門外来での検査終了後も引き続き一般外来で定期的な診察、指導を行っています。 レーザー外来 当科で施行可能なレーザーはQスイッチアレキサンドライトレーザーと炭酸ガスレーザーの2種類で、それぞれ次のような特徴があります。 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑などのいわゆる「青あざ、黒あざ」と呼ばれる色素沈着の治療に用いられます。 また、雀卵斑 そばかす 、老人性色素斑 シミ 、刺青 黒色や青色のタトゥー にも効果があります。 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症に対しては保険診療が可能です。 扁平母斑、雀卵斑、老人性色素斑、刺青などは保険適応外のため、自費診療となります。 アレキサンドライトレーザー光が黒色色素に対して反応するという性質を用いて、皮膚に含まれる黒色色素だけに反応を起こすように治療するため、正常な皮膚そのものに対しては傷害を起こしにくいようになっています。 1回の治療で消える場合もありますが、色素沈着の状態や、深さや濃さによっても照射後の反応が異なるために数回の照射を必要とする場合やレーザー治療に適さない疾患 肝斑など もあります。 また、有色人種では照射後に炎症後色素沈着と呼ばれる色素沈着が一時的に生じることが多く、照射後も日焼け予防や美白剤による治療が必要となることもあります。 良性のほくろ、いぼ、一部の皮膚腫瘍などの治療に利用されます。 このレーザーは保険適応外のため、自費診療となります。 水に吸収されて熱を発生するという特徴を有するレーザー光ですので、組織を一瞬にして気化蒸散させることによって治療を行います。 治療後は照射した範囲は浅い傷 潰瘍 になっていますので、抗生剤の軟膏などによる治療が必要となります。 傷は数週間から数ヶ月間、軽度の赤みを残しますが、徐々に目立たなくなっていきます。 必要に応じて当院形成外科などにご紹介しております。

次の

温まれば 治まる蕁麻疹?

テテ 蕁 麻疹

ヨーロッパでも日本でも放射能泉を利用して、健康増進や病気の治療に利用してきました。 長い歴史を持っています。 しかし、去年の福島原発事故で予期せぬ放射能汚染が東北や関東の地域に広がり、日本人は再び放射能の知識を正確に学ぶ必要に迫られています。 これまでは非日常的だった放射能に関して、正しい知識を持つことが日本人に要求されているように思います。 放射能から出る放射線は微量だと「放射線ホルミシス」と呼ばれるように、私達のからだの代謝系や防御系を活性化し健康増進に役立ちます。 しかし、大量だと放射線障害が出現してしまいます。 原爆による急性死やガン治療による骨髄機能低下作用や免疫抑制作用などです。 放射能泉を利用する人も放射能汚染を心配する人も、放射能や放射線に対する知識を得て暮らす時代に突入しました。 いっしょに学びましょう。 私達は長い人生の間に色々なストレスを受けて暮らしています。 小さなストレスはむしろ生きがいとも言えますが、忙しさや人の悩みなどからだに多大な負担になる場合もあります。 この時多くの人が引き起こす体調が交感神経の緊張と副腎皮質ホルモンの分泌です1。 甲状腺ホルモンの分泌も伴います。 このようなストレス反応は体温や血糖値にどのような変化をもたらすでしょうか。 マウスを用いてこの変化を研究しました 図1。 マウスを金網に3時間はさんで直腸温と血糖を測定しました。 激しい低体温と高血糖が誘導されています。 この反応はヒトも同様でしょう。 多くの冷えに苦しむ人がいますが、ストレスを抱えていることがほとんどです2。 また、血糖上昇により糖尿病を併発してきます。 ストレスが長引いた時は病気になるでしょう。 ストレスの反応は低体温ですが、これには血管収縮による血流障害が伴っています。 従って、ストレス反応の結果は低体温、低酸素、高血糖なのです。 このような反応には身を守ろうとする意味合いもあります。 表1に示すように私達は2つの方法でエネルギーを得ています。 解糖系とミトコンドリア系です。 それぞれ、無酸素下で起こる、有酸素下で起こるという特徴があります。 また、それぞれの使い道も異なるのです。 ストレスで起こる低体温、低酸素、高血糖は解糖系を働かせるには最適の条件になっています。 つまり、これらの条件を得て瞬発力を得ることができます。 ストレスを乗り越えるためには危機を乗り越えるための力が必要です。 この力を得るためにからだの内部環境を整えているのがストレス反応ということができます。 アトピー性皮膚炎 AD 、ガン Cancer 、パーキンソン病 PD 、精神疾患 MD、主にうつ病 の患者の体温も測定しています。 特に低体温を示しているのはガン患者とうつ病の患者です。 これらの患者の中には体調が良い方に変化している人も多いのですべて低体温というわけではありません。 しかし、病状が進んでいる人は体温が下降しているというのは経験的にも明らかです。 低体温はミトコンドリアでのエネルギー生成を抑制します。 ガン細胞はミトコンドリアが少なく解糖系を中心に生きている細胞です3. つまり、ガンの発症や進行はストレスによって生じた低体温が支えていると言っていいでしょう。 うつ病の人も発症前に強いストレスを受けています。 ニューロンはミトコンドリアに強く依存している細胞なのでストレスによる低体温はニューロンの機能を抑制します。 これがうつ病の病態をつくっていると考えられます。 活動が活発で交感神経有優位で生きている人の体温は上昇します。 これが図の中心部から左への移行です。 逆に、ゆったり生きている人は副交感神経優位で生きており体温は下降します。 代謝量が増加するとミトコンドリアでの働きが活発化し体温も上昇するからです。 逆に、やせていて筋肉量が少なく不活発な人は体温が下降するのです。 交感神経優位は体温を上昇させるのですが、ある限度を越えると急に体温が下降しだします。 血管収縮による低体温です。 本人は顔色が悪くなりからだに冷えを感じます。 逆に、不活発過ぎた副交換神経側への偏りでも低温になります。 子供でも若者でも大人でも不活発すぎるとからだが冷えて体調不良に苦しむでしょう。 このように快適に生きるためには、交感神経側に偏っても副交換神経側に偏っても破綻します。 これが東洋医学でいう「冷えは万病の元」ということでしょう。 交感神経緊張のもう一つの特徴は組織障害の病気とつながることです。 つまり「白血球の自律神経支配の法則」の理解が必要です5。 交感神経支配下にあるこの顆粒類は交感神経刺激で数が上昇します。 この顆粒球は殺菌処理のための大切な細胞なのですが、過剰になると消化管の常在菌と反応して組織破壊の病気を引き起こします。 歯周病、食道炎、びらん性胃炎、胃潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎、痔疾などです。 突発性難聴もこのようにして起こる病気です。 副交換神経刺激で活性化し数が増加するのは白血球のうちのリンパ球です。 リンパ球は抗体をつくり、免疫に関与する重要な細胞ですが、過剰になるとアレルギー疾患を引き起こすに至ります。 つまり、副交感神経優位の行き方が続くといろいろな物質に過剰に反応するようになります。 代表的疾患がアトピー性皮膚炎、気管支喘息、蕁麻疹、花粉症、化学物質過敏症、紫外線アレルギー、金属アレルギーなどです。 このように自律神経の偏りは低体温に加えて多くの病気の発症メカニズムとつながっています。 これまで記載してきたように、生き方の偏りが体温低下を招いているので体温を上げるためには生き方の改善が必須の条件になります。 忙し過ぎる人は仕事を減らす必要があります。 逆に、不活発な人は体操や運動をしてからだを動かさなくてはいけません。 次に、体温を上げる別の方法も考えてみましょう。 入浴やカイロなどで外から熱を加えるのも体温上昇にプラスになります。 特に病気の人は一番手っ取り早い方法でしょう。 太陽の光に当たることも体温を上昇させることに役立ちます。 温熱も太陽光 紫外線 も直接ミトコンドリアに働いてエネルギー生成系を活性化する力を持っています。 太陽の光 紫外線 に加えて、自然放射線もミトコンドリアを活性化する力があります。 これが、日本でも世界でも放射能泉を良く利用してきた理由になっています。 放射線ホルミシスという概念です。 紫外線も放射線も波長が短くエネルギーが高い電磁波の仲間です。 電磁波は波長が短い順からならべると、y線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、電波となっています。 上記したy線、X線、紫外線は直接ミトコンドリアに働いて電子伝達系への移行を刺激しています。 従って、ほど良い自然放射線や太陽光はミトコンドリアを活性化して、私達のエネルギー生成を高め同時に体温も上昇してきます。 しかし、これらの刺激が強すぎるとミトコンドリアは過剰活性化を受け破綻します。 ミトコンドリアは呼吸酸素であるチトクロームCを細胞質に放出し細胞の死 アポトーシス を誘発します。 これが大々的に生じたものが放射線障害や日射病です。 温熱刺激も強過ぎると同様の反応を引き起こします。 これが湯当りです。 このようなことを知りながら無理なく体を温めることが大切です。 1 Watanabe,M. ,Tomiyama-Miyaji,C. ,Kainuma,E. ,Inoue,M,. Kuwano,Y. ,Ren,HW. ,Shen,JW. and Abo,T. Immunol. Lett. 115:43-49,2008. 2 Kainuma,E. ,Watanabe,M. ,Tomiyama-Miyaji,C. ,Inoue,M. ,Kuwano,Y. ,Ren,HW. and Abo,T. Association of glucocorticoid with stress-induced modulation of body temperature,blood glucose and innate immunity. Psychoneuroendocrinology 34:1459-1468,2009. 3 Abo. ,Watanabe. ,Matsumoto,H. ,Tomiyama,C. and Taniguchi,T. Metabolic conditions,hypothermia,and hypoxia induced by continuous stress are more often associated with carcinogenesis than known carcinogens. Med. Hypotheses Res. 7:53-56,2011. 4 Watanabe,M. ,Miyajima,K. ,Matsui,I. ,Tomiyama-Miyaji,C. ,Kainuma,E. ,Inoue,M. ,Matsumoto,H. ,Kuwano,Y. and Abo,T. Internal environment in cancer patients and proposal that carcinogenesis is adaptive response of glycolysis to overcome adverse internal conditions. Health 2:781-788,2010. 5 Abo. ,Kawamura,T. ,Kawamura,H. ,Tomiyama-Miyaji,C. and Kanda,Y. Relationship between diseases accmpanied by tissue destruction and granulocytes with surface adrenergic receptors. Immunologic Res. 37:201-210,2007. 6 Luckey,T. Hormesis with Ionzing Radiation. CRC Press,Inc. 1980. 7 ラッキー,T.

次の

専門外来紹介:患者さんへ|東京女子医科大学病院 皮膚科

テテ 蕁 麻疹

福山市医師会が毎月お届けする、あなたの健康チェックのためのコラムです。 50 2002年8月号 じんましん 特に慢性じんましん について 福 山 市 医 師 会 しもえ けいせい 下江 敬生 皮膚科 じんましんとは 「急に生じる、わずかにもりあがった赤い斑点(膨疹)で、激しいかゆみを伴い、多くは数時間後にはあとかたもなく消えてしまうもの」をいいます。 数日から1〜2週間で治ってしまう急性じんましんと毎日のように膨疹が出没を繰り返して、長いものでは何年間も続く慢性じんましんとがあります。 ここでは慢性じんましんについて紹介いたします。 じんましんの成り立ち 皮膚の浅いところには肥満細胞があります(けっして太っている細胞ではありません)。 この細胞がアレルギー性、非アレルギー性に関係なくいろいろな刺激を受けると「ヒスタミン」などのかゆみを起こす化学伝達物質を放出します。 更に血管から血漿成分が漏れ出し浮腫がおこり、膨疹ができるのです。 原因 慢性じんましんの患者さんからは「原因は何ですか?」「何のアレルギーですか?」との質問をよく受けます。 しかし実際は原因がわからないことがほとんどで、アレルギー( I g E*)では説明できないときもたくさんあります。 したがって患者さんに満足していただける返答ができず困ってしまうことがたびたびです。 原因として考えられるのは、薬剤、食べ物、感染症、悪性腫瘍、膠原病、糖尿病、慢性肝炎などですがこれらはむしろ稀な場合です。 いいかえると内科的な病気が原因でじんましんの症状だけがでてくることはきわめて少ないということです。 神経系(脳神経、自律神経、末梢神経など)が原因のこともあります。 たとえば汗をかいたり、興奮するとでるじんましんです。 紫外線や冷たいものにふれるとでるじんましんもあります。 ひっかいたりしめつけるとでてくるじんましんもあります。 これらは原因が分かっていてもなかなかいい対策がありません。 ダニ、卵白、花粉など多数のアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対して特異抗体を検索することが可能である。 治療 主な治療は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服です。 塗り薬や注射は補助的に使います。 いくつかの薬の中から一番合うものを続けます。 なかなか合う薬が見つからない場合には、抗生物質や副腎皮質ホルモンなどを併用することもあります。 じんましんがでてからあわてて内服するのではなく、毎日きちんと薬を飲んで、でるのを予防するのが治療の原則です。 抗ヒスタミン剤の一番の問題点は「眠くなったりからだがだるくなること」です。 かぜ薬で眠たくなるのと同じです。 自動車の運転や細かい仕事の時は十分に気を付けてください。 最近は一日に1回飲めばいい薬もでていますので寝る前に飲むように勧めることもあります。 場合によってはかなり長期間、薬を飲まないといけない人もいますが特に問題はありません。 ただし妊娠中の方は内服しない方がいいかと思います。 薬がうまく合って、じんましんがでなくなってもすぐに内服をやめると再発することがしばしばあります。 医師の指示に従って薬を減らしたり中止してください。 食事や日常生活について 慢性じんましんでは、原因不明なことが多いため、特別に食べてはいけないものはありません。 ただし消化管や自律神経に負担をかけないためにも、暴飲暴食、寝る前の食事、偏食、刺激物やアルコールなどは控えてください。 もちろん自分自身で原因として思い当たる食べ物があれば中止してください。 またストレス(精神的な疲労)や肉体的な疲労も大きな要因になっています。 熱い風呂も控えてください。 結局じんましんにかぎらず、アトピー性皮膚炎やにきびであっても、快眠・快食・快便、早寝・早起き、規則正しい生活が第一です。 トピックス 危険なじんましん これまで特に慢性じんましんについて書きましたが、急性じんましんの中には原因物質に接すると呼吸困難や気分不良になって、さらにショック症状(アナフィラキシーショック)にいたるものがあります。 有名なものとしては蜂アレルギーやペニシリンなどの薬剤アレルギーなどがあります。 最近注目されているのは(1)ゴム(手袋や避妊具)による接触アレルギー(2)フルーツ(バナナ、桃、栗など)を食べておきるアレルギー(3)小麦や魚介類を食べた後に休む間もなく運動をすると生じるアレルギー(食べただけでは問題なく、運動しただけでも発症しない)などです。 決して多いものではありませんが身近な問題なので覚えておいてください。 2002年8月号掲載•

次の