サンワ フーズ。 サンワフーズ株式会社のハローワーク求人|22031

サンワフーズ株式会社>会社概要

サンワ フーズ

社名 株式会社 武蔵野 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル() 設立 昭和44年12月 資本金 2億6,000万円 代表者 安田 信行 従業員数 4,685名 地図表示 事業内容 弁当・おにぎり・寿司・調理パン・調理麺等の製造および販売• 社名 株式会社 武蔵野• 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル()• 設立 昭和44年12月• 資本金 2億6,000万円• 代表者 安田 信行• 従業員数 4,685名• 地図表示• 事業内容 弁当・おにぎり・寿司・調理パン・調理麺等の製造および販売 吟味した新鮮素材、おいしさのための工夫、そして手作りの愛情が込められた、お弁当やおにぎり、サンドイッチなど、中食として人気が高い商品をおいしい料理を食べる幸せといっしょにお客様にお届けしています。 独自の開発力と提案力を活かして、中食マーケットの成長を支えています。 社名 株式会社武蔵野フーズ• 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル()• 設立 昭和52年9月• 資本金 3,600万円• 代表者 安田 信行• 従業員数 1,120名• 地図表示• 他にも健康宅配食といった、糖尿病・腎臓病の食事療法調整食をお客様にお届けしています。 社名 株式会社武蔵野ロジスティクス• 本社所在地 埼玉県入間郡三芳町上富167番地• 設立 昭和52年9月• 資本金 2,625万円• 代表者 門岡 百年• 従業員数 486名• 地図表示• 安全運転最優先を実現するために「安全憲章」を制定し、法令遵守を徹底して、独自の安全活動を続けています。 武蔵野グループの歩み• 昭和42年8月 東京都東久留米市に現代表 安田定明 個人営業。 昭和44年12月 株 武蔵野フーズ法人設立。 昭和45年4月 埼玉県志木市柏町に、志木事業所開設。 昭和45年10月 埼玉県所沢市に、所沢事業所開設。 昭和46年7月 ムサシノ食品 株 を設立。 惣菜の生産を開始。 昭和47年5月 埼玉県新座市に、新座事業所開設。 昭和50年3月 埼玉県新座市新堀に、清瀬事業所開設。 昭和51年4月 神奈川県横浜市港南区に、横浜事業所開設。 昭和51年6月 株 チロル 現・福岡工場 を設立。 昭和51年11月 埼玉県新座市野火止に埼玉事業所開設。 昭和52年9月 株 武蔵野商事、 株 武蔵野商事配送センターを設立。 昭和53年3月 埼玉県入間郡三芳町に、三芳工場を開設。 昭和53年8月 前記志木事業所を廃止し、志木市上宗岡に事業所開設。 昭和56年4月 大型電算機等の導入 NEC。 昭和56年5月 株 サンフーズ 現・福島工場、栃木工場 を設立。 昭和56年11月 埼玉事業所に仕分室 現・朝霞センター を新設。 昭和58年3月 千葉県八千代市に、千葉事業所開設。 昭和58年3月 三井物産 株 より資本参加を受ける。 昭和60年2月 新電算システムに刷新。 昭和61年3月 1割増資 資本金8,800万円。 昭和62年6月 株 サンフーズが群馬事業所 現・群馬工場 を開設。 平成元年11月 株 コヤマ・フーズと業務提携し、麺類の分野に進出。 平成3年3月 九州地区に瀬高冷凍麺工場を開設し、麺類の充実を図る。 平成3年7月 千葉県八千代市に千葉第二工場、八千代センターを開設。 平成4年4月 埼玉県朝霞市に、武蔵野ビル竣工。 平成4年4月 CI導入により、 株 武蔵野に商号を変更。 シンボルマークをつくり、現在に至る。 平成4年7月 株)武蔵野仙台工場 宮城県多賀城市栄に工場を開設。 平成6年6月 株 武蔵野栃木第二工場 栃木県佐野市富岡に工場を開設。 平成6年9月 株)武蔵野埼玉工場 集約化を目的に埼玉県朝霞市膝折に工場を開設。 平成7年11月 株 武蔵野東日本・ 株 武蔵野東海及び 株 武蔵野西日本と合併 資本金1億400万円。 平成8年3月 埼玉県入間郡三芳町に、所沢工場を開設。 平成8年4月 (株)武蔵野朝霞工場 埼玉県朝霞市浜崎に工場を開設。 平成9年3月 生産効率の向上と職場環境の改善に対応するため、朝霞工場に初のIH 電気 炊飯ラインを設置し稼働。 平成9年12月 株)武蔵野神戸工場 兵庫県神戸市に関西圏初進出となる工場を開設。 平成10年5月 電子メールシステム導入。 平成10年10月 武蔵野グループOB会 朝霞会 発足。 平成11年1月 株 武蔵野商事の商号を 株 武蔵野フーズに変更。 平成11年7月 2000年問題対応を契機に電算システム全面の刷新。 平成11年11月 リース業 武蔵野リース 設立。 平成11年12月 武蔵野創立30周年記念式典開催。 平成12年7月 株)武蔵野横浜工場 神奈川県横浜市金沢区に工場稼動。 これに伴い、旧横浜及び横浜第2工場は廃止。 平成12年7月 株 コヤマ・フーズを吸収合併。 平成12年9月 株 武蔵野商事配送センターがISO9002を取得。 平成12年12月 資本金1億3,000万円に増資。 平成12年12月 株 武蔵野フーズカムス製パン工場がISO9002を取得。 平成13年2月 株 武蔵野フーズ 東京麺工場を開設。 平成14年6月 株)武蔵野千葉工場 千葉県八千代市に工場稼動。 これに伴い、旧千葉及び千葉第2工場は廃止。 平成15年9月 資本金2億6,000万円に増資。 平成16年3月 株)武蔵野大阪工場 大阪府東大阪市に工場を開設。 平成17年4月 株 武蔵野フーズ カムス第2工場を開設。 平成17年12月 株 武蔵野商事配送センターの商号を 株 武蔵野ロジスティクスに変更。 平成18年9月 株)武蔵野神奈川工場 神奈川県厚木市に工場稼働。 これに伴い、旧神奈川工場は廃止。 平成19年2月 株 イシダデリカフーズに資本参加。 平成20年4月 株 アンコーポレーション(余暇事業部)を吸収合併し、スポーツ・レジャー事業部を新設。 平成20年5月 株)武蔵野埼玉麺工場を増改築• 平成21年2月 株 静岡フーズを設立。 平成21年7月 株 アンコーポレーションがロイヤルメドウゴルフ倶楽部を開設。 平成22年3月 株)武蔵野福岡工場 福岡県糟屋郡粕屋町に工場稼働。 これに伴い、旧福岡工場は廃止。 平成22年4月 株)武蔵野ロジスティクス 東京都江戸川区に葛西物流センターを開設。 平成22年6月 株)武蔵野フーズ 食材部門を分離し(株)エムフーズを設立。 資本金1,000万円。 平成24年5月 株)武蔵野フーズ カムス第2工場増築。 平成24年11月 株)武蔵野 京都府八幡市に京都工場稼動。 平成26年3月 株)武蔵野 静岡県袋井市に東海工場稼動。 平成26年6月 株)武蔵野フーズ エムフローズンを設立。 平成26年7月 株)武蔵野 埼玉県朝霞市に新埼玉工場稼動。 これに伴い、現朝霞工場を新埼玉工場に移転。 平成27年2月 埼玉県朝霞市に武蔵野グループR&Dセンターが新設。 平成27年7月 兵庫県神戸市西区にカムス神戸工場を開設。 平成29年2月 埼玉県朝霞市に朝霞工場を開設。 平成29年10月 群馬県高崎市に群馬工場を開設。 これに伴い、群馬工場及び旧群馬工場を閉鎖。 平成29年12月 プライムデイリーフーズ株式会社の全株式を取得。 平成31年2月 ホテルユーラシア舞浜アネックスを開設。 平成31年3月 京都工場隣接地に増築棟を開設。 令和元年6月 沖縄県浦添市に株式会社武蔵野沖縄 沖縄工場を開設。 令和2年1月1日 株式会社サンワフーズを吸収合併し、株式会社武蔵野 北九州工場に名称変更。 武蔵野グループの概要• 武蔵野グループの歩み.

次の

サンワフーズ株式会社のハローワーク求人|22031

サンワ フーズ

社名 株式会社 武蔵野 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル() 設立 昭和44年12月 資本金 2億6,000万円 代表者 安田 信行 従業員数 4,685名 地図表示 事業内容 弁当・おにぎり・寿司・調理パン・調理麺等の製造および販売• 社名 株式会社 武蔵野• 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル()• 設立 昭和44年12月• 資本金 2億6,000万円• 代表者 安田 信行• 従業員数 4,685名• 地図表示• 事業内容 弁当・おにぎり・寿司・調理パン・調理麺等の製造および販売 吟味した新鮮素材、おいしさのための工夫、そして手作りの愛情が込められた、お弁当やおにぎり、サンドイッチなど、中食として人気が高い商品をおいしい料理を食べる幸せといっしょにお客様にお届けしています。 独自の開発力と提案力を活かして、中食マーケットの成長を支えています。 社名 株式会社武蔵野フーズ• 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル()• 設立 昭和52年9月• 資本金 3,600万円• 代表者 安田 信行• 従業員数 1,120名• 地図表示• 他にも健康宅配食といった、糖尿病・腎臓病の食事療法調整食をお客様にお届けしています。 社名 株式会社武蔵野ロジスティクス• 本社所在地 埼玉県入間郡三芳町上富167番地• 設立 昭和52年9月• 資本金 2,625万円• 代表者 門岡 百年• 従業員数 486名• 地図表示• 安全運転最優先を実現するために「安全憲章」を制定し、法令遵守を徹底して、独自の安全活動を続けています。 武蔵野グループの歩み• 昭和42年8月 東京都東久留米市に現代表 安田定明 個人営業。 昭和44年12月 株 武蔵野フーズ法人設立。 昭和45年4月 埼玉県志木市柏町に、志木事業所開設。 昭和45年10月 埼玉県所沢市に、所沢事業所開設。 昭和46年7月 ムサシノ食品 株 を設立。 惣菜の生産を開始。 昭和47年5月 埼玉県新座市に、新座事業所開設。 昭和50年3月 埼玉県新座市新堀に、清瀬事業所開設。 昭和51年4月 神奈川県横浜市港南区に、横浜事業所開設。 昭和51年6月 株 チロル 現・福岡工場 を設立。 昭和51年11月 埼玉県新座市野火止に埼玉事業所開設。 昭和52年9月 株 武蔵野商事、 株 武蔵野商事配送センターを設立。 昭和53年3月 埼玉県入間郡三芳町に、三芳工場を開設。 昭和53年8月 前記志木事業所を廃止し、志木市上宗岡に事業所開設。 昭和56年4月 大型電算機等の導入 NEC。 昭和56年5月 株 サンフーズ 現・福島工場、栃木工場 を設立。 昭和56年11月 埼玉事業所に仕分室 現・朝霞センター を新設。 昭和58年3月 千葉県八千代市に、千葉事業所開設。 昭和58年3月 三井物産 株 より資本参加を受ける。 昭和60年2月 新電算システムに刷新。 昭和61年3月 1割増資 資本金8,800万円。 昭和62年6月 株 サンフーズが群馬事業所 現・群馬工場 を開設。 平成元年11月 株 コヤマ・フーズと業務提携し、麺類の分野に進出。 平成3年3月 九州地区に瀬高冷凍麺工場を開設し、麺類の充実を図る。 平成3年7月 千葉県八千代市に千葉第二工場、八千代センターを開設。 平成4年4月 埼玉県朝霞市に、武蔵野ビル竣工。 平成4年4月 CI導入により、 株 武蔵野に商号を変更。 シンボルマークをつくり、現在に至る。 平成4年7月 株)武蔵野仙台工場 宮城県多賀城市栄に工場を開設。 平成6年6月 株 武蔵野栃木第二工場 栃木県佐野市富岡に工場を開設。 平成6年9月 株)武蔵野埼玉工場 集約化を目的に埼玉県朝霞市膝折に工場を開設。 平成7年11月 株 武蔵野東日本・ 株 武蔵野東海及び 株 武蔵野西日本と合併 資本金1億400万円。 平成8年3月 埼玉県入間郡三芳町に、所沢工場を開設。 平成8年4月 (株)武蔵野朝霞工場 埼玉県朝霞市浜崎に工場を開設。 平成9年3月 生産効率の向上と職場環境の改善に対応するため、朝霞工場に初のIH 電気 炊飯ラインを設置し稼働。 平成9年12月 株)武蔵野神戸工場 兵庫県神戸市に関西圏初進出となる工場を開設。 平成10年5月 電子メールシステム導入。 平成10年10月 武蔵野グループOB会 朝霞会 発足。 平成11年1月 株 武蔵野商事の商号を 株 武蔵野フーズに変更。 平成11年7月 2000年問題対応を契機に電算システム全面の刷新。 平成11年11月 リース業 武蔵野リース 設立。 平成11年12月 武蔵野創立30周年記念式典開催。 平成12年7月 株)武蔵野横浜工場 神奈川県横浜市金沢区に工場稼動。 これに伴い、旧横浜及び横浜第2工場は廃止。 平成12年7月 株 コヤマ・フーズを吸収合併。 平成12年9月 株 武蔵野商事配送センターがISO9002を取得。 平成12年12月 資本金1億3,000万円に増資。 平成12年12月 株 武蔵野フーズカムス製パン工場がISO9002を取得。 平成13年2月 株 武蔵野フーズ 東京麺工場を開設。 平成14年6月 株)武蔵野千葉工場 千葉県八千代市に工場稼動。 これに伴い、旧千葉及び千葉第2工場は廃止。 平成15年9月 資本金2億6,000万円に増資。 平成16年3月 株)武蔵野大阪工場 大阪府東大阪市に工場を開設。 平成17年4月 株 武蔵野フーズ カムス第2工場を開設。 平成17年12月 株 武蔵野商事配送センターの商号を 株 武蔵野ロジスティクスに変更。 平成18年9月 株)武蔵野神奈川工場 神奈川県厚木市に工場稼働。 これに伴い、旧神奈川工場は廃止。 平成19年2月 株 イシダデリカフーズに資本参加。 平成20年4月 株 アンコーポレーション(余暇事業部)を吸収合併し、スポーツ・レジャー事業部を新設。 平成20年5月 株)武蔵野埼玉麺工場を増改築• 平成21年2月 株 静岡フーズを設立。 平成21年7月 株 アンコーポレーションがロイヤルメドウゴルフ倶楽部を開設。 平成22年3月 株)武蔵野福岡工場 福岡県糟屋郡粕屋町に工場稼働。 これに伴い、旧福岡工場は廃止。 平成22年4月 株)武蔵野ロジスティクス 東京都江戸川区に葛西物流センターを開設。 平成22年6月 株)武蔵野フーズ 食材部門を分離し(株)エムフーズを設立。 資本金1,000万円。 平成24年5月 株)武蔵野フーズ カムス第2工場増築。 平成24年11月 株)武蔵野 京都府八幡市に京都工場稼動。 平成26年3月 株)武蔵野 静岡県袋井市に東海工場稼動。 平成26年6月 株)武蔵野フーズ エムフローズンを設立。 平成26年7月 株)武蔵野 埼玉県朝霞市に新埼玉工場稼動。 これに伴い、現朝霞工場を新埼玉工場に移転。 平成27年2月 埼玉県朝霞市に武蔵野グループR&Dセンターが新設。 平成27年7月 兵庫県神戸市西区にカムス神戸工場を開設。 平成29年2月 埼玉県朝霞市に朝霞工場を開設。 平成29年10月 群馬県高崎市に群馬工場を開設。 これに伴い、群馬工場及び旧群馬工場を閉鎖。 平成29年12月 プライムデイリーフーズ株式会社の全株式を取得。 平成31年2月 ホテルユーラシア舞浜アネックスを開設。 平成31年3月 京都工場隣接地に増築棟を開設。 令和元年6月 沖縄県浦添市に株式会社武蔵野沖縄 沖縄工場を開設。 令和2年1月1日 株式会社サンワフーズを吸収合併し、株式会社武蔵野 北九州工場に名称変更。 武蔵野グループの概要• 武蔵野グループの歩み.

次の

サンワフーズ株式会社 オアシス湘南病院内の厨房の管理栄養士/栄養士求人情報(パート・バイト)

サンワ フーズ

社名 株式会社 武蔵野 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル() 設立 昭和44年12月 資本金 2億6,000万円 代表者 安田 信行 従業員数 4,685名 地図表示 事業内容 弁当・おにぎり・寿司・調理パン・調理麺等の製造および販売• 社名 株式会社 武蔵野• 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル()• 設立 昭和44年12月• 資本金 2億6,000万円• 代表者 安田 信行• 従業員数 4,685名• 地図表示• 事業内容 弁当・おにぎり・寿司・調理パン・調理麺等の製造および販売 吟味した新鮮素材、おいしさのための工夫、そして手作りの愛情が込められた、お弁当やおにぎり、サンドイッチなど、中食として人気が高い商品をおいしい料理を食べる幸せといっしょにお客様にお届けしています。 独自の開発力と提案力を活かして、中食マーケットの成長を支えています。 社名 株式会社武蔵野フーズ• 本社所在地 埼玉県朝霞市西原1-1-1 武蔵野ビル()• 設立 昭和52年9月• 資本金 3,600万円• 代表者 安田 信行• 従業員数 1,120名• 地図表示• 他にも健康宅配食といった、糖尿病・腎臓病の食事療法調整食をお客様にお届けしています。 社名 株式会社武蔵野ロジスティクス• 本社所在地 埼玉県入間郡三芳町上富167番地• 設立 昭和52年9月• 資本金 2,625万円• 代表者 門岡 百年• 従業員数 486名• 地図表示• 安全運転最優先を実現するために「安全憲章」を制定し、法令遵守を徹底して、独自の安全活動を続けています。 武蔵野グループの歩み• 昭和42年8月 東京都東久留米市に現代表 安田定明 個人営業。 昭和44年12月 株 武蔵野フーズ法人設立。 昭和45年4月 埼玉県志木市柏町に、志木事業所開設。 昭和45年10月 埼玉県所沢市に、所沢事業所開設。 昭和46年7月 ムサシノ食品 株 を設立。 惣菜の生産を開始。 昭和47年5月 埼玉県新座市に、新座事業所開設。 昭和50年3月 埼玉県新座市新堀に、清瀬事業所開設。 昭和51年4月 神奈川県横浜市港南区に、横浜事業所開設。 昭和51年6月 株 チロル 現・福岡工場 を設立。 昭和51年11月 埼玉県新座市野火止に埼玉事業所開設。 昭和52年9月 株 武蔵野商事、 株 武蔵野商事配送センターを設立。 昭和53年3月 埼玉県入間郡三芳町に、三芳工場を開設。 昭和53年8月 前記志木事業所を廃止し、志木市上宗岡に事業所開設。 昭和56年4月 大型電算機等の導入 NEC。 昭和56年5月 株 サンフーズ 現・福島工場、栃木工場 を設立。 昭和56年11月 埼玉事業所に仕分室 現・朝霞センター を新設。 昭和58年3月 千葉県八千代市に、千葉事業所開設。 昭和58年3月 三井物産 株 より資本参加を受ける。 昭和60年2月 新電算システムに刷新。 昭和61年3月 1割増資 資本金8,800万円。 昭和62年6月 株 サンフーズが群馬事業所 現・群馬工場 を開設。 平成元年11月 株 コヤマ・フーズと業務提携し、麺類の分野に進出。 平成3年3月 九州地区に瀬高冷凍麺工場を開設し、麺類の充実を図る。 平成3年7月 千葉県八千代市に千葉第二工場、八千代センターを開設。 平成4年4月 埼玉県朝霞市に、武蔵野ビル竣工。 平成4年4月 CI導入により、 株 武蔵野に商号を変更。 シンボルマークをつくり、現在に至る。 平成4年7月 株)武蔵野仙台工場 宮城県多賀城市栄に工場を開設。 平成6年6月 株 武蔵野栃木第二工場 栃木県佐野市富岡に工場を開設。 平成6年9月 株)武蔵野埼玉工場 集約化を目的に埼玉県朝霞市膝折に工場を開設。 平成7年11月 株 武蔵野東日本・ 株 武蔵野東海及び 株 武蔵野西日本と合併 資本金1億400万円。 平成8年3月 埼玉県入間郡三芳町に、所沢工場を開設。 平成8年4月 (株)武蔵野朝霞工場 埼玉県朝霞市浜崎に工場を開設。 平成9年3月 生産効率の向上と職場環境の改善に対応するため、朝霞工場に初のIH 電気 炊飯ラインを設置し稼働。 平成9年12月 株)武蔵野神戸工場 兵庫県神戸市に関西圏初進出となる工場を開設。 平成10年5月 電子メールシステム導入。 平成10年10月 武蔵野グループOB会 朝霞会 発足。 平成11年1月 株 武蔵野商事の商号を 株 武蔵野フーズに変更。 平成11年7月 2000年問題対応を契機に電算システム全面の刷新。 平成11年11月 リース業 武蔵野リース 設立。 平成11年12月 武蔵野創立30周年記念式典開催。 平成12年7月 株)武蔵野横浜工場 神奈川県横浜市金沢区に工場稼動。 これに伴い、旧横浜及び横浜第2工場は廃止。 平成12年7月 株 コヤマ・フーズを吸収合併。 平成12年9月 株 武蔵野商事配送センターがISO9002を取得。 平成12年12月 資本金1億3,000万円に増資。 平成12年12月 株 武蔵野フーズカムス製パン工場がISO9002を取得。 平成13年2月 株 武蔵野フーズ 東京麺工場を開設。 平成14年6月 株)武蔵野千葉工場 千葉県八千代市に工場稼動。 これに伴い、旧千葉及び千葉第2工場は廃止。 平成15年9月 資本金2億6,000万円に増資。 平成16年3月 株)武蔵野大阪工場 大阪府東大阪市に工場を開設。 平成17年4月 株 武蔵野フーズ カムス第2工場を開設。 平成17年12月 株 武蔵野商事配送センターの商号を 株 武蔵野ロジスティクスに変更。 平成18年9月 株)武蔵野神奈川工場 神奈川県厚木市に工場稼働。 これに伴い、旧神奈川工場は廃止。 平成19年2月 株 イシダデリカフーズに資本参加。 平成20年4月 株 アンコーポレーション(余暇事業部)を吸収合併し、スポーツ・レジャー事業部を新設。 平成20年5月 株)武蔵野埼玉麺工場を増改築• 平成21年2月 株 静岡フーズを設立。 平成21年7月 株 アンコーポレーションがロイヤルメドウゴルフ倶楽部を開設。 平成22年3月 株)武蔵野福岡工場 福岡県糟屋郡粕屋町に工場稼働。 これに伴い、旧福岡工場は廃止。 平成22年4月 株)武蔵野ロジスティクス 東京都江戸川区に葛西物流センターを開設。 平成22年6月 株)武蔵野フーズ 食材部門を分離し(株)エムフーズを設立。 資本金1,000万円。 平成24年5月 株)武蔵野フーズ カムス第2工場増築。 平成24年11月 株)武蔵野 京都府八幡市に京都工場稼動。 平成26年3月 株)武蔵野 静岡県袋井市に東海工場稼動。 平成26年6月 株)武蔵野フーズ エムフローズンを設立。 平成26年7月 株)武蔵野 埼玉県朝霞市に新埼玉工場稼動。 これに伴い、現朝霞工場を新埼玉工場に移転。 平成27年2月 埼玉県朝霞市に武蔵野グループR&Dセンターが新設。 平成27年7月 兵庫県神戸市西区にカムス神戸工場を開設。 平成29年2月 埼玉県朝霞市に朝霞工場を開設。 平成29年10月 群馬県高崎市に群馬工場を開設。 これに伴い、群馬工場及び旧群馬工場を閉鎖。 平成29年12月 プライムデイリーフーズ株式会社の全株式を取得。 平成31年2月 ホテルユーラシア舞浜アネックスを開設。 平成31年3月 京都工場隣接地に増築棟を開設。 令和元年6月 沖縄県浦添市に株式会社武蔵野沖縄 沖縄工場を開設。 令和2年1月1日 株式会社サンワフーズを吸収合併し、株式会社武蔵野 北九州工場に名称変更。 武蔵野グループの概要• 武蔵野グループの歩み.

次の