福永記念診療所。 【ドクターマップ】福永記念診療所(大阪市城東区蒲生)

再生医療|脳梗塞の再生医療,後遺症改善なら大阪福永記念診療所

福永記念診療所

最先端医療に関わる…社会貢献できる仕事 重病・重症を患う人たちを助けるお手伝い 脳卒中・脊髄損傷の再生医療を行っています。 脳卒中・脊髄損傷と言えば、 一般的には、だれもが治療は困難だと思われるでしょう。 そんな中、 「一縷の望み」 …そういう思いでお電話を下さる方たちがいらっしゃいます。 その方たちに、心を寄せて対応していただくのがあなたの仕事です。 「再生医療」は、まだ一般には普及しておらず、 厳しい法律や規制が存在し、ほぼ保険適用外。 しかし私たちは 『誰もが気軽にこの治療を受けられる様にしたい』 そう考えています。 あなたをお迎えして、 ひとりでも多くの患者様の治療を担当できるようになり、 臨床データを増やすことで、将来の保険適用など、 社会に貢献できればと考えています。 現在注目されている「再生医療」。 2019年1月より自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた、 脳卒中・脊髄損傷の再生医療を行っています。 大変な治療の様に思われますが、 怪我をしたり、病気になったりした時に 本来人間が持つ治癒能力を利用した治療です。 悩んでおられる患者様とそのご家族を一人でも助けたい。 その想いで治療にあたってきました。 当診療所でも、お問合せのお電話・メールが急増しています。 専属で対応するポジションを用意しました。 患者様とそのご家族に寄り添った対応をお願いするとともに、 より多くの患者様をお迎えできる体制作りもお願いします。 仕事の内容 お問合せ対応・来院対応などの事務業務 【具体的には】 全国の患者様のご家族から毎日、1日に2〜3件の電話・メールのお問合せがあります。 事務業務の担当として症状などをお伺いし、また、治療にかかる費用の相談などにもお答えしながら、当診療所で治療可能かを判断し(判断が難しい場合はドクターに相談)、ドクターとの面談スケジュールを調整します。 その後、ご来院される方の対応もお任せします。

次の

福永記念診療所(大阪府大阪市城東区)[訪問看護]

福永記念診療所

最先端医療に関わる…社会貢献できる仕事 重病・重症を患う人たちを助けるお手伝い 脳卒中・脊髄損傷の再生医療を行っています。 脳卒中・脊髄損傷と言えば、 一般的には、だれもが治療は困難だと思われるでしょう。 そんな中、 「一縷の望み」 …そういう思いでお電話を下さる方たちがいらっしゃいます。 その方たちに、心を寄せて対応していただくのがあなたの仕事です。 「再生医療」は、まだ一般には普及しておらず、 厳しい法律や規制が存在し、ほぼ保険適用外。 しかし私たちは 『誰もが気軽にこの治療を受けられる様にしたい』 そう考えています。 あなたをお迎えして、 ひとりでも多くの患者様の治療を担当できるようになり、 臨床データを増やすことで、将来の保険適用など、 社会に貢献できればと考えています。 現在注目されている「再生医療」。 2019年1月より自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた、 脳卒中・脊髄損傷の再生医療を行っています。 大変な治療の様に思われますが、 怪我をしたり、病気になったりした時に 本来人間が持つ治癒能力を利用した治療です。 悩んでおられる患者様とそのご家族を一人でも助けたい。 その想いで治療にあたってきました。 当診療所でも、お問合せのお電話・メールが急増しています。 専属で対応するポジションを用意しました。 患者様とそのご家族に寄り添った対応をお願いするとともに、 より多くの患者様をお迎えできる体制作りもお願いします。 仕事の内容 お問合せ対応・来院対応などの事務業務 【具体的には】 全国の患者様のご家族から毎日、1日に2〜3件の電話・メールのお問合せがあります。 事務業務の担当として症状などをお伺いし、また、治療にかかる費用の相談などにもお答えしながら、当診療所で治療可能かを判断し(判断が難しい場合はドクターに相談)、ドクターとの面談スケジュールを調整します。 その後、ご来院される方の対応もお任せします。

次の

医師紹介|大阪の脳卒中・脊髄損傷再生医療なら福永記念診療所

福永記念診療所

当院の再生医療について 医療法人慶春会 福永記念診療所は、脳卒中・脊髄損傷による後遺症改善と再発予防の再生医療専門の医療機関です。 現在有効性が確立してきている治療として、国内・国外からも多くの問い合わせや技術提携の依頼をいただいておりますが、治療できる人材・施設が限られている状況です。 まだまだ多くの方に、この治療をお届けすることは出来ませんが、スタッフ一丸となって患者様や神経障害の治療に貢献できるように日々、努力いたします。 我々は患者様、そしてご家族様に寄り添い、あきらめない再生医療をご提供します。 大阪医科大学附属病院入職~大学院~現在までの治療テーマは一貫して本治療の対象となる神経障害に関するものです。 また、独立行政法人産業技術総合研究所にて平成 26年7月14日から平成27年3月31日まで技術研修を行なうことで、再生医療の基礎実験技術を通じて臨床用細胞の製造技術を習得し、神経障害に対する従来の一般的な治療法及び細胞(骨髄由来間葉系幹細胞以外に細胞株由来・胎児由来神経幹細胞も含む。 )移植法の国内外の臨床応用例の報告から安全性・有効性について産業技術総合研究所研究職員と共に比較検討を重ねてきました。 また、今回と同様の培養方法で株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングで作製した自家骨髄由来間葉系幹細胞を、同様に静脈内投与する研究として、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングと協同して『脳梗塞に対する自家骨髄由来間葉系幹細胞を用いた臨床研究』を計画し、蒲郡市民病院 特定認定再生医療等委員会で認可を受け、その後、厚生労働省により受理されました。 (計画番号 PB5160017)• Nagatoshi Kihoin, Kazunari Tanaka, Masaaki Okuno, Tadashi Okamoto, Ryuichi Saura. Exercise attenuates oxidative stress in patients with stroke. Neurology asia 21 1 : 7 — 16, 2016. 佐藤友治, 山口淳, 村尾浩, 田中一成, 服部智, 井元恵津子, 貴寳院永稔, 大西由香, 田井裕之. 一過性に左右の逆転視を呈した脳梗塞の 1 例. JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 第 16 巻 8 号、750-753 頁、2007 年• 貴寳院永稔, 田中一成, 佐浦隆一. 当科における複合性局所疼痛症候群症例の疼痛予後調査. リハビリテーション科診療 第 8 巻、12-16 頁、2008 年• Kazunari Tanaka, Koji Horaiya, Junya Akagi, Nagatoshi Kihoin. Timely manner application of hand orthoses to patients with amyotrophic lateral sclerosis: A case report. Prosthetics and Orthotics International 38:239-242. 2014. 貴寳院永稔, 山崎英智,井元恵津子,佐藤友治,服部智,田中一成,村尾浩,山口淳. 不完全な右同名半盲を伴う純粋失読を呈した脳梗塞の1例. リハビリテーション医学 第42 巻、794 頁、2005.

次の