ココア の 桃太郎 タイピング。 子どものタイピング練習におすすめアプリ7選 ゲーム感覚で学ぼう

苦手な人でもできる!パソコンの入力が速くなる4つの方法【動画あり】

ココア の 桃太郎 タイピング

アメリカでは小学校の低学年でタイピングの授業が始まり、3、4年生ではネットでの調べもの、ワードやパワーポイントを使った資料作成や発表なども行われる。 高学年になると更に色々なソフトを使いこなすようになり、自分が関わっているプロジェクトの管理をパソコンで行い、宿題を終えたらGoogleドライブなどのオンラインストレージにアップする。 中学生になると課題の製作や発表はもちろん、学習の進捗状況の管理など様々な場面でパソコンが使われ、その活用ぶりはビジネスマン並だ。 日本が何年かかってここまでたどり着けるかわからないが、アメリカと同じレベルを目指しているとすれば、小学生にもタイピングは必須。 できるだけ早く習得した方がいい。 小学校3年生がひとつのタイミング 2020年度からは正式に、小学校3年生の外国語活動が始まる。 年間35時間なので、週に1回は授業がある。 3年生ではアルファベットの大文字を、4年生では小文字を学習することになっているが、「親しむ」ことが目的なので、完ぺきな読み書きを目指すわけではない。 5、6年生では英語が教科になり、年間70時間の授業。 アルファベットは5年生で読み書きを習得する。 そして、2年間で600以上もの単語を学ぶことになっている。 英語学習ではないが、3年生の2学期にはローマ字の学習も国語の授業で行われる。 外国語活動、あるいはローマ字の学習が始まる3年生は、英語やアルファベットへの関心が高まるので、子供にタイピング練習をすすめる良い時期だと思う。 まず英語タイピングから始めよう 具体的な練習方法としては、最初に英語タイピングをマスターし、次のステップでローマ字入力による日本語タイピングをマスターする方法がおすすめだ。 タイピングには「英語タイピング」と「日本語タイピング」があり、「日本語タイピング」は入力方法によって「ローマ字入力」と「かな入力」に分けられる。 多くの人はローマ字入力による日本語タイピングの習得を目指しているわけだが、このローマ字入力というのは、初心者がいきなり始めるには、かなり難しい。 習ったローマ字表記を思い出しながら、アルファベットのキーの位置を覚える努力をし、やっと文字を入力したら、それを変換。 更に、その中から正しい文字を選んで確定する。 これを瞬間的にすべて行うのがローマ字入力だ。 それに対して英語タイピングでは、単にアルファベットの位置を覚えるだけだ。 なので小学生でも短期間でブラインドタッチまで習得できる。 学校で習うローマ字と タイピングのローマ字は違う 小学校3年生の2学期にローマ字の学習があるが、学校で習うローマ字と、タイピングで使うローマ字は、表記方法が違う。 既に学校でローマ字を習った子供には、どこが違うのか、ローマ字入力の練習を始める前に説明しておこう。 違うのは下の3つの表記方法だ。 じゃ じゅ じょ など、小さな「ゃゅょ」が入る文字 はYを入れて3文字で書く 3. については、学校で習った表記も間違いではない。 ただ、入力する文字が少ない方が速くタイピングできるので、3文字でZYAと入力するより、2文字でJAの方がいい。 タイピングはどれくらいで 習得できる? タイピングは毎日短い時間でもいいので続けて練習すれば、大人なら合計7~10時間で習得できる。 特に、英語タイピングを完成させてからローマ字入力の練習を始める、という方法を取れば、効率よくスキルを身に付けることができる。 子供も同じくらいの期間で習得できるが、集中力しだいなので、タイピングやコンピュータへの関心が薄れないように工夫する必要がある。 一番いいのは、タイピングの練習だけでなく、コンピュータを使って何かを作る体験をさせることだ。 お絵描き、写真の編集、好きなことについてネットで調べる、ペーパークラフトの素材をダウンロードして工作するなど、親子でできることを探してみよう。 パソコンを買う場合 おすすめは? もし可能なら、子供には専用のパソコンを用意してあげよう。 韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン、日本の比較調査を見ると、日本の子供のパソコン保有率はこの中で最も低い。 ICT教育、国際化、プログラミングだと時代の波に追い立てられる子供たちだが、その前に「子供にパソコンを!」が正解だと思う。 平成29年度の調査だと、アメリカでは、インターネットを使う小学生の19%が自分専用のノートパソコンを、53%が自分専用のタブレットを所有している。 パソコンを購入するなら 学割を利用しよう 「子供にパソコンを」と思っても、出費の多さに、つい二の足を踏んでしまいがちだ。 そんな時は学割を利用しよう。 パソコンメーカーの中には、学生向けに割引価格を設定している会社が多く、割引率が定価の30%以上になってる場合もある。 学割の対象を大学生や専門学校生に絞っている会社もあるが、小学生や保護者が利用できるメーカーもある。 下の記事では、AppleのMacBookやiPad、HP(ヒューレットパッカード)、Surface(サーフェス)、レノボ、デル、富士通、NECの学割について、割引率や利用方法を紹介しているので、子供用のパソコンの購入を検討している人は要チェック。

次の

ココアの桃太郎タイピングwiki

ココア の 桃太郎 タイピング

特にキーボードが苦手」という人も増えている。 だが、小学校でもプログラミング教育が必修化されるので、キーボードに慣れ親しんでおくに越したことはない 化石のような設計のものが多かったタイピング練習ソフト 多くの地域で学校がGW開けまで休校になり、日々自宅で過ごしている学生も多いと思います。 小学校でプログラミング教育が始まることもあり、「この時間を生かしてパソコンに慣れ親しんでほしい」と考える親も多いでしょう。 パソコンを使いこなす基本のキともいえるのが、キーボードの操作です。 タイピング練習ソフトは古くから存在しましたが、残念ながら新しいソフトやWebサイトのサービスはあまり登場していませんでした。 そのため、内容が古くさくてモチベーションが上がらなかったり、いきなり長文の入力を求められて入門者にはとっつきにくい設計だったりと、継続して続けたい!と感じられるものはほとんどありません。 大人でもやる気にならない…と感じるのですから、子どもはなおさらです。 そのような状況のなか、久々に優れモノのタイピング練習サイトを発見しました。 ビーステックスが運営する「ココアの桃太郎たいぴんぐ」です。 画面に現れる文字を正確に素早くタイプしていくという王道的な内容ですが、かわいいキャラクターが登場するRPG(ロールプレイングゲーム)風の内容に仕立てられていて、見るからに楽しそうな印象を与えます。

次の

FormatRule

ココア の 桃太郎 タイピング

子供のプログラミング教育の準備にタイピング練習 2020年から小学校でプログラミングが必修化されるため、今後学校でコンピューターを使うことがどんどんと身近になっていきます。 そんな時疑問に思うのが、いざプログラミングをやろうと思っても、そもそもタイピングができない子が多いことです。 子供向けのプログラミングは直感的に操作のできるビジュアルプログラミングから習い始めることが多いため、最初はタイピングの必要性は低いのですが、本格的にプログラムを書くようになったりするとタイピングスキルは必須となります。 プログラミングに限らず、学校の勉強でgoogle検索したり、レポートを書くときに必ずタイピングのスキルを必要としますので、今のうちからタイピングの練習を始めておくといいと思います。 本記事では、4歳からでも楽しくタイピングの練習ができるおすすめのタイピングゲームサイトをご紹介していきます。 子供のタイピング練習する前におさえておきたい基礎用語 タッチ・タイピング 手元にあるキーボードを見ずに文字入力する方法のことを、タッチタイピングといいます。 以前はブラインドタッチと呼ばれていましたが差別用語になってしまうためタッチタイピングと呼ばれています。 もちろん最初からタッチタイピングをできる必要はありません。 ホームポジション タッチタイピングをするには、指を置く場所を決める必要があります。 その場所のことをホームポジションと呼びます。 ホームポジションは一般的に、Fキーに左手の人差し指、Jに右手の人差し指を置き、親指以外の指を自然にキーボード中央に置く姿勢のことを指します。 正確なホームポジションを覚えることで、変な癖もつきませんし、タイピングのスピードも変わってきます。 子供のタイピング練習はいつから始めるとよいの? いつから始めればいいという明確な基準はありませんが、日本では一般的にはローマ字を覚える小学生3年生以降とされています。 ただ、我が家の場合は4歳からパソコンを触ってゲームをしながらタイピングを覚えています。 というのも海外の学校は授業でタブレットやPCを積極的に活用するため、実は幼稚園からタイピングスキルが必要です。 また日本で用意されているタイピングゲームの多くが小学校から学ぶことを前提としていますが、実は海外には幼児向けに多くのタイピングゲームがあります。 英語学習の一環だと思って、海外のタイピングゲームをやることを個人的にはおすすめします。 子供のタイピングの練習のやり方は? 上記で紹介したような、ホームポジションやタッチタイピングについて、いきなり学ぶ必要はないと思います。 もちろん変な癖をつけたくはないですが、ゲームをやりながらタイピングも楽しみながら覚えていったほうが子供にとっては長続きするでしょう。 我が家の場合、ローマ字は知っているので、アルファベットの配置を覚えていくことから始めました。 実際にそのようなことが学べるゲームサイトが海外にはたくさんあります。 だんだんと慣れてくると、指一本で打ちたい文字が早く打てるようになってきます。 その後、正しい手のポジションを覚えていくような流れで学ぶといいと思います。 子供向け!タイピングの練習ができるおすすめの無料サービス・ゲーム10選 海外のタイピングゲームは小さい子供でも楽しく学べるように、ゲームが作られています。 ですので海外のサイトを中心にタイピングゲームをご紹介していきます。 なお後半は日本のサイトを紹介していますが、どのゲームも、小学校中学年以上を対象にしているため、長めの単語を打たなければいけなかったり、制限時間が設けられており、難易度が高めに設定されています。 Typing Games. zone 120ものタイピングゲームがあります。 ゲームをやりながらタイピングが学べるゲームがいくつもあります。 ゲームの内容も、1つのアルファベットだけの練習からありますし、また制限時間がないものも用意されているので4歳の子供でも楽しんでタイピングを学べました。 abcya. com 学年別に知育ゲームが豊富にあるサイトです。 実際に息子たちが通う学校でも頻繁に活用されているサイトのようです。 その中にいくつかタイピングのゲームがあります。 タイピングだけでなく様々な内容を学習することができるおすすめのサイトです。 typing. com 複数のゲームを楽しみながらタイピングが練習できるサービスです。 こちらにあるゲームはこれまでに紹介したものと比べてゲームそのものの難易度が高いので、タイピングに慣れてきたら挑戦することをお勧めします。 ゲーム性も高くなって楽しく学べると思います。 Dance Mat Typing このタイピングゲームは、最初はアルファベットの場所を覚えることから始まり、最終的に正しいポジションでタイピングができるように練習できるタイピングゲームです。 学習要素が高いので、ゲームで楽しさを覚えた後にやってもいいかもしれません。 KidzType 前述のdance mat typing と同様に、正しいポジションを覚えながらゲームでタイピング練習するサービスです。 ココアの桃太郎たいぴんぐ タイトルの通り、桃太郎の物語を進めながらタイピングを練習するゲームです。 タイピングで敵を倒しながら進めていきます。 これまでのものと比べて打つ文字が長く早く正確にタイピングすることが必要になるので、慣れてきてから挑戦するといいと思います。 RPGゲームのようにアイテムを買ったり、レベルをあげたりできるので楽しくタイピングを練習できるでしょう。 寿司打(すしだ) 流れてくる寿司に書いてある文字をタイピングするゲームです。 より速く正確にタイピングするのを練習するのにはいいと思います。 Popタイピング こちらも寿司打と同じく、制限時間内にどれだけ正確に速くタイピングできるかを競うゲームです。 バズ・ライトイヤー タイピングレンジャー ディズニーが好きな子供なら、こちらのゲームがおすすめでしょう。 制限時間内に素早くタイピングするゲームですが。 初心者向けのものも用意されています。 こどもタイピング 気軽に楽しめるタイピングゲームです。 打つ場所も出てくるのでわかりやすいと思います。 進研ゼミ小学講座 教えて!なるほど!インターネット 進研ゼミがITについて学ぶ講座の中でタイピングゲームを用意しています。 小学3年生から6年生までのレベル分けされており、練習が多く用意されているのが特徴です。 タイピング以外にもITについて学ぶことができます。 子供がタイピングを覚えたらプログラミングをやる? 前述のとおり、プログラミングを学習するタイミングは、今は4歳からでも始めることができますので、必ずしもプログラミングを学習するのにタイピングスキルは必須ではありません。 以下ではプログラミングの学習の始め方について解説していますのでぜひ参考にしてください。

次の