動画 ゲッター chrome。 実用!Chromeでの動画ダウンロード・保存方法まとめ

【保存版】Google Chromeで動画をダウンロードする簡単な方法

動画 ゲッター chrome

ファイルのダウンロードが「ネットワークエラー」になりまくる(OSはWindows10、ブラウザはChrome) Windowsでファイルをダウンロードしていると、それが「ネットワークエラー」となってしまう事がよくあります。 ダウンロード失敗です。 こんな感じです。 ステータスが「失敗-ネットワークエラー」になって、ダウンロードが止まります。 ダウンロードが「ネットワークエラー」となる原因とは? ダウンロードが「ネットワークエラー」となって止まってしまう原因は、基本的には「回線の状態が悪い」ことで起こるエラーだと思います。 自分の使っている回線が遅い• 複数のファイルを同時にダウンロードしている• ファイルのサイズが大きい• ファイルが保存されているサーバー?が弱い? あくまで経験則ですが、上記の原因が考えられると思います。 その他不明のエラーでネットワークエラーとなることもある様です。 ファイルのダウンロードが「ネットワークエラー」となる際の解決策 ダウンロードが「ネットワークエラー」となった際の解決策は簡単です。 ネットワークエラーとなった時に、左下にある「再開」を押すだけ。 またエラーになったら、また再開。 ひたすらこれを繰り返すことで、少しずつダウンロードがされていき、そのうちに完了します。 上の「再開」があるところに行く手順は以下の通りです。 Chromeの右上にある「・・・」をクリックすると、 こんな感じでメニューが展開されるので、その中から「ダウンロード」をクリックします。 すると、先ほどの画面に移動できるので、そこで「再開」を押す事でネットワークエラーを回避出来ます。 しかし中にはそもそも何か根本的な問題がある可能性があるので、その場合は「再開」を押してもダメかも知れません。 ただ、だいたいのネットワークエラーは「再開」をする事で解決すると思います。 そもそもネットワークエラーになることを防ぎたい、というのは、上記した通り色々な原因が考えられるので、難しいかも知れません。

次の

Google ChromeでYouTube動画をダウンロードする方法

動画 ゲッター chrome

Google ChromeではいろいろなWebページを閲覧します。 スマホとは違い、Webページの中にはYouTubeやニコニコ動画などの動画専用のページもあります。 スマホであれば動画専用サイトの閲覧は専用アプリを使いますが、PCであればChromeから全て見ることができます。 動画を見ていて気に入った動画や、仕事や学習で必要で何度でも見返したいと思った動画は、ダウンロードしてPCに保存したいものです。 この記事ではGoogle Chromeで動画をダウンロードする方法について詳しく見ていきましょう。 まずChromeから動画をダウンロードする方法では、Chromeの拡張機能(アドオン)を利用する方法が一番簡単です。 拡張機能について解説します。 Chromeに追加したアドオンが何らかの形でダウンロードに干渉している可能性もあります。 また、 アドオンは入れすぎるとPCのスペックをかなり消費するので、Chromeの動きが遅くなることもあります。 アドオンが原因でうまくダウンロードできない可能性もあります。 Chromeをうまく動画がダウンロードできないときには、その時にバックグラウンドで動かしている必要がない拡張機能を一旦停止させてみるといいでしょう。 拡張機能の停止方法は、Chromeの画面の右上の 「︙」>「 その他ツール」> 「拡張機能」と進んでアドオンのページを出します。 スイッチをオフにするとChromeから削除されずにバックグラウンドで動くのを停止します。 拡張機能を停止して、もう一度試してみましょう。

次の

動画ゲッターの使い方と安全性!Chrome/Firefoxで動画をダウンロードしよう

動画 ゲッター chrome

下へスクロールして下さい。 2、 真ん中あたりに、「 ダウンロード」と書かれた部分があり、その下側に 「 GoogleChromeをお使いのユーザーには、 動画ゲッターを利用するという選択もございます。 」 とあり、その横の「 詳しくはこちらから」と書かれた部分をクリックします。 3、 こちらの画面が開きますので、下側へスクロールします。 4、 真ん中あたりに、インストール手順と書かれた部分があり、 そこに、「 利用規約に同意してインストールする」ボタンをクリック。 5、 画面上部にこのような表示が出ますので、 「 追加」をクリック。 6、 画面右上部に、このような表示が出て、 GoogleChromeの 拡張機能に 「 動画ゲッター」が追加されたことを表示します。 今回は例として「 Youtube」の動画をダンロードしてみます。 2、 動画のあるページだと、画面上部のURL表示部分の右端に このようなアイコンが表示されます。 数字は、このページ内の動画の数です。 3、 そのをクリックすると、上記のような表示が出ます。 1時間程度の動画なら200MB程度、FLV形式の動画ファイルなら4MB程度。 4、 このように表示されるので、こちらで対象の動画であるかどうか、 確認ができると思います、 確認して、「 ファイルをダウンロードする」をクリック。 5、 著作権に関しての注意事項が表示されます。 こちらはよく読んでから、「 この動画をダウンロードする」をクリック。 6、 画面左下に矢印が出て、ダウンロードが始まります。 7、 このような表示になったら、ダウンロード完了です。 こちらから、ダウンロードした動画をみることができます。 簡単にダウンロードできるので、初心者の方にもおすすめのダウンロード方法です。 動画ゲッターをつかえる代表的な無料動画配信サイト FC2動画 ニコニコ動画 Dailymotion VEOH Pandora・TV …など… 動画の保存なら…これ1つで完璧! 平川様 コメントいただきありがとうございます。 動画ゲッター・FVDダウンローダーが作動できないとのことですが、 詳細を教えて下さいませんでしょうか… 尚、FC2動画、Dailymotionでは問題なく作動しております。 Youtubeは、この2つではDLできなくなってしまったようなので、 FreeMakeVideoDownloaderなどでダウンロードが可能です。 よろしくお願いします。

次の