ミルダム配信。 Mildom(ミルダム)の配信でお金を稼げる?応募方法やPS4の直接配信は?

Mildomでゲーム配信するには?話題の「ミルダム」のやり方や仕組みなどを紹介!

ミルダム配信

Contents• 公認配信者の一覧 代表的な人をピックアップ。 筆者が知らない配信者については、コメントください。 名称 YouTubeの登録者数(万) 配信ゲーム 所属 備考 KUN 95. 6 マイクラ、バトルフィールド(BF)、Fortnite 元プロゲーマー(DetnatioN BYCM) なうしろ 64. 2 モンスト GameWith マグロヘッド 13. 1 シャドバ、ハースストーン UUUM Crazy Raccoon 3. 6 Fortnite プロチーム 柏木べるくら 55. 6 DBD、マイクラ、PUBG GameWith YouTubeでは「べるくら企画」 Nephrite(ネフライト) 23 Fortnite GameWith Bosna(ボスナ) 20. 1 マリオカート、Apex マリオカート元世界1位 28(ふたば) 59. 4 マイクラ studio-coup Zackray(ザクレイ) 7. 3 Fortnite Riddle ・16歳 ・ソロスクワット41キル(日本記録) らいと(Raito) 4. 06 スマブラ Thunder Gaming TG TGはアメリカのプロスポーツチーム TIE Ru 20. 0 Apex、BF TIE(モンタージュクラン) BF4スナイパーキル元世界1位 ゆうこる 14. 7 パズドラ ダヤン 4. 61 シャドバ Jet Esports クザン 7. 53 グラブル YouTube以外のプラットフォームからの引き抜きの有無については、載せないことにしました。 「引き抜かれた」と公言して動画にしている配信者もいますが、不確定な情報も多かったからです。 ですが、ミルダムは新しい配信プラットフォームなので、 OPENRECやYouTubeで配信していた人は全員引き抜かれたと見て問題ありません。 ミルダムは誰を引き抜いている? 調べながら明らかになってきたのが、ミルダムがどのような基準で配信者を引き抜いているのか、です。 単純に考えれば、その基準となるのはYouTubeの登録者数(=影響力)です。 しかし、基準はそれだけでなく、• プロとしての実績• プロチームに所属• 会社に所属(UUUMなど)• ユーザー数の多いゲームの実況者(パズドラ、モンスト) といった基準があるようです。 ただ、 プロゲーマーの方はかなりリスペクトされている雰囲気があります。 GameWith所属の人は企業の方針としてミルダムで配信? 調べてみると、GameWith所属の公認配信者が目立ちました。 これは推測にすぎませんが、 GameWithは企業の方針として所属の配信者をミルダムに行かせているのではないでしょうか? なので、GameWith所属の配信者は引き抜きではないと判断するのが妥当でしょう。 ミルダムに対するYouTuberの意見 以下、ミルダムについて語っている動画です。 忙しい方のために主張を箇条書きにしました。 KUN• 動画はYouTubeだが、配信はミルダム• ミルダムとは専属契約なので、週5で配信• YouTubeでの配信頻度はめちゃくちゃ下がる ミルダムの引き抜きは契約 ミルダムは配信者と契約しているので、公認配信者は「自由にやっていいよ」という感じではないですね。 「お金は払うけど、仕事はしっかりしてもらうよ」というビジネス色が強い。 個人的には、なんだかなぁ〜という感じです。 ゲーム実況は、配信者が自由にやって、気がついたらファンがついて、お金が稼げるようになって……という雰囲気が好きでした。 が、ここまで露骨にお金が絡むと引いちゃいますね。 配信者と視聴者がワイワイやってるミラティブの方がまだ好きかな。

次の

ミルダム(Mildom)でグラブル, シャドバなどCygamesのゲーム配信が禁止に

ミルダム配信

中国人気ゲーム動画配信プラットフォームDouyuの日本版とも言える「ミルダム」、最近急成長して数多くの配信者の注目を集めています。 ゲーム実況配信サービスとしてはライブ配信の高画質・低遅延がポイントで、それからゲーム実況を配信することで時給が貰えるのも話題になっています。 今回はミルダムの多彩な機能について説明します。 関連記事: ミルダムの使い方 まずはミルダムに登録する必要があります。 ミルダムはLINE・Google・Facebookアカウントでの登録・ログインに対応します。 登録した後にはプロフィールで名前・写真アイコン・性別・誕生日・自己紹介などを編集できます。 次には好きな配信者をフォローしましょう。 ミルダムホーム画面では配信画面の左上の「+」ボタンを押せば簡単に配信者をフォローできます。 或いは配信者のライブルームに入って、「+フォロー」ボタンを押してもフォローできます。 特定の配信者をフォローしたい場合には、配信者のユーザー名や8桁のIDで検索してください。 配信者のライブルームに入ると、左側の「フォロー中」からフォローした配信者の状況をチェックできます。 シアターモードに切り替えるとこのパートを非表示にすることが可能で、配信画面が大きくなります。 右側はチャット欄で、チャット以外には通知・ギフト・いいねも確認できます。 ライブ配信画面の下部では「ギフト」機能(投げ銭システム)です。 チャージ金額でギフトを購入してお気に入りの配信者に送ることで、配信中その配信者を応援することができます。 投げ銭システムの下には「人気ライブ」と「ビデオ」です。 「人気ライブ」は言うまでもなく現在人気の生配信が表示します。 「ビデオ」の方は現在視聴中の配信者の過去のライブ配信動画を確認できる「アーカイブ視聴」機能です。 ミルダムの「アーカイブ視聴」について 「ビデオ」、つまりアーカイブ視聴機能を利用できるのは現在「公認配信者」というマークが付いている配信者に限られています。 そのため、まずはミルダム公式に承認され、アーカイブを残せる権限を得てから、ミルダムのアーカイブ機能が利用可能になります。 この「ビデオ」機能は「配信者ページ」>「ビデオ」や「配信ページ」>「配信者情報」>「ビデオ」で入れます。 そして、表示されるのは過去配信の全てのアーカイブではありませんので、過去の配信が全部視聴できるわけではありません。 公式認定配信者しか使えない機能ですので、現時点において一般配信者にとってアーカイブが残せないのはミルダムのデメリットとも言えます。 もしお気に入りの配信者のライブ配信や「ビデオ」機能でのアーカイブ視聴動画をパソコンに保存して、繰り返して見たいなら、次に紹介した録画方法を利用して、ミルダム配信を動画キャプチャーしてみることを推奨します。 ミルダムの「アーカイブ視聴」について キャプチャーソフトを使えば、ミルダムのライブやビデオを見ながら録画して、動画ファイルとしてパソコンに保存することができます。 ここでは「」というソフトをおすすめします。 このソフトは無料ダウンロード・試用可能です。 「FonePaw PC画面録画」無料ダウンロード: ステップ1、まずは「FonePaw PC画面録画」をダウンロードしてパソコンにインストールします。 ソフトを実行し、「動画レコーダー」に入ったら、ミルダムの配信画面に合わせて録画範囲を設定してください。 録画を始めるには右側の「REC」ボタンを押します。 ステップ2、録画中にツールパネルが録画モードになり、録画時間やビデオのサイズが表示されます。 録画を終わらせる場合には赤い「停止」ボタンを押してください。 ステップ3、最後には録画したビデオをプレビュー画面で確認します。 問題がないなた「ビデオを保存」を押して録画したミルダム配信をパソコンに保存します。 「FonePaw PC画面録画」は数多くの動画サイトと動画配信・生放送プラットフォームの録画に対応します。 お気に入りの動画を保存したい時はこのソフトを試してください。 ミルダムでゲーム配信してみたい! 配信をするだけでお金が稼げるため、一部のYouTuberでもミルダムに移行してゲーム配信を始めました。 ミルダムでライブ配信をするには、まずホームページの頂部の「マイページ・配信設定」を押してください。 ここではゲーム配信の設定を変更できます。 そのほか、ミルダムでは配信初心者のための「」が掲載されています。 顔出しためのカメラ設定方法からPC・iOS・Android・コンソールでのゲーム配信方法まで解説されますので、ミルダムでゲーム配信をやってみたい方はぜひ参考にしてください。 ミルダム配信者の報酬制度と公式認定配信者になる方法については、を参考してください。 公認配信者になると、アーカイブ動画機能だけではなく、サブスクリプション、福引機能なども利用可能になります。 しかし、やはり配信1時間当たり500円の報酬があまりにも魅力的でしょうか、今ミルダムの審査が徐々に厳しくなり、ミルダムと契約するためにはある程度の配信実績も必要です。 今後の改善に期待 現在のミルダムはまだサービスを開始したばかりの段階です。 そのため、ゲーム配信サービスとしては様々な問題があります。 一番面倒なのはやはり一般配信者がアーカイブ視聴機能を利用できないことでしょう。 ゲーム配信をリアルタイムで見れなかったら後から見る手段がありません。 そして、新しいサービスとしてミルダムの視聴者が少ない、YouTubeはもちろん、TwitchとOPENRECにもまだ比べるものではありません。 しかし、ミルダムでのライブ配信はノイズが少ないし、フレーム落ちもない、そして時給がもらえるメリットもあります。 公式認定配信者しか使えないアーカイブ視聴などの機能がもし今後全ての配信者に解放するなら、今後の成長は期待できますね。

次の

【Mildom】ミルダムでは収益権限関わらず同時配信禁止?単独で配信する必要有

ミルダム配信

2019年9月末にスタートしたばかりのライブ配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」。 吉本興業の芸人によるゲーム配信「吉本自宅ゲーム部」や、プロゲーマーのウメハラ選手が所属するeスポーツチーム「Team Beast」とのスポンサーシップ契約などで、最近注目を集めています。 動画配信プラットフォームが乱立する群雄割拠のなか、最後発のミルダムはどのような施策で勝機を見いだしていくのでしょうか。 DouYu Japan Deputy CEO兼CAOの長瀬太陽氏に話を聞いてきました。 長瀬太陽氏(以下、長瀬):ミルダムは、ゲーム実況やeスポーツ大会など、ゲームコンテンツを中心とした配信サービスです。 高画質、低遅延を打ち出しており、「配信者も視聴者もストレスのないプラットフォーム」になることを心がけています。 長瀬:現在ミルダムでは、広告を導入していないので、配信者の収益は投げ銭(ギフティング)とサブスクリプション、時給サービスの3つ。 ギフティングやサブスクリプションは、動画配信者にファンがついて初めて得られる収入なので、ハードルは高めでしょう。 すでに終了していますが、1時間の配信で500円の報酬を提供する応募制の「時給システム」を、ゲーム配信のきっかけになればと考えて、サービス開始当初に導入しました。 現在は一部の配信者に限定して実施しています。 最初は時給ではじめて、だんだんと人気が出てきたら、ギフティングやサブスクリプションの収入を見込めるようになる流れを考えています。 長瀬:視聴のノイズになると考えているためです。 好きな動画を見ているときに途中で広告が入ると気分が下がってしまいますよね。 ただ、この先まったくやる予定がないかというと、そうではありません。 もし、ノイズにならない広告手段などがあれば、導入もあり得ます。 また、直接金銭が発生するものではないですが、配信者を支援する意味で、配信者と一緒にオンラインイベントをやってみようと考えています。 お金やノウハウがないためにイベントを開催できない配信者の後押しになればと。 配信者と視聴者をつなげるために、視聴者にコインをプレゼントできる「福引き」などの機能を用意しました。 これらの機能を使うと、配信者と視聴者でコミュニケーションする機会が生まれるため、配信動画をより盛り上げられればと、期待しています。 長瀬:細かい日程までは決まってませんが、かなり早い段階で出していきたいです。 ミルダムの魅力の1つは、開発力と開発スピード。 配信者や視聴者などユーザーの意見をいち早く取り入れ、反映させることができます。 そのうえで、ゲームに特化した理由を教えてください。 長瀬:確かに6月22日に発表した「吉本自宅ゲーム部」にしても、吉本興業の芸人さんがゲーム以外のこと、本業に近いことをすればもっと簡単に視聴数を稼げるかもしれません。 しかし、ゲームにはポテンシャルがあると思っています。 ご存知の通り、北米や中国はゲームが巨大市場になっており、それに見合った視聴数がゲーム動画配信についています。 ですが、日本はゲーム市場の大きさのわりに配信の視聴数が少ない。 このギャップは解消される可能性がありますし、解消できたらまだまだ大きく視聴数が伸びるでしょう。 また、配信者目線でいうと、ゲーム配信は動画配信の中でも企画としてはかなりハードルが低いんです。 動画配信を始めようと思ったら、まずどんな動画を配信すればいいのか考える必要がありますよね。 オリジナルの企画から考えるとなると、多くの人に見てもらえる動画を作るのは、ハードルが高い。 しかし、ゲーム配信であれば、ゲームをプレイしている様子を配信するだけですし、配信者のことを知らなくても配信しているゲームのファンであれば観てもらえる可能性があります。 なので、これから動画配信を始める人にはゲーム配信はやりやすいんですよ。 最初は音声を入れずに、ただゲームのプレイ画面を流すだけでも、とりあえずコンテンツとしては成り立ちますので。 もちろん、ゲーム配信が中心ですが、あくまでも軸。 マストではありません。 ゲーム配信をメインとしつつ、たまに雑談を配信したり、料理動画を配信したりする人もいます。 長瀬:市場が大きくなってくると、何かしらの問題は発生してしまうものだと考えています。 もちろん、配信者と契約するときは、きっちりと話をさせていただいています。 基本的にゲームのIPホルダーのレギュレーションにあわせていますし、ミルダム独自の規約もあります。 毎日大量の動画が配信されるので、すべてを目視でチェックできているわけではないですが、規約違反がないかチェックするようにしています。 長瀬:やはりスターが誕生してくれることでしょう。 ミルダムをプラットフォームとして配信する配信者やゲームプレイヤーからスターが出現することに期待したいですね。 こちらとしてはスターが登場する土壌を作り、大会などの競技シーンを多くの人に伝えられればと思っています。 これは言語の壁が大きいと言われていますが、その点はいかがでしょうか。 長瀬:そこは課題だと思っています。 ストリーミング配信で、リアルタイム翻訳の機能ができるかなど、いろいろ考えていますが、現状ではまだ難しいのが正直なところです。 長瀬:日本のゲームコミュニティにしっかり寄り添っていきたいですね。 機能面や使い勝手、日本人好みのサービスを展開していく予定です。 あとは、日本のeスポーツチームやeスポーツプレイヤーにフォーカスし、さまざまなコンテンツを作っていきたい。 先ほども言いましたが、機能面では、まだ日本のライブ配信サービスで採用されていないサービスの導入も考えています。 ライブ配信サービスは、コンテンツと機能の両方がそろっている必要があるので、どちらも拡充していければと。 岡安学.

次の