妖怪戦車。 LINE : Free Calls & Messages

アマビエチャレンジでコロナ退散!漫画家・著名人の描いたアマビエはこれだ!疫病退散にご利益のある江戸時代の妖怪達

妖怪戦車

少年野球日本一になったラッキーズ。 その四番打者万年は打率十割という驚異的な数字を残し、チームは日本代表として海外遠征に行くことになった。 その万年の許に、鬼太郎が現われバットを返せと言ってきた。 実は万年の持つバットは偶然墓地に落ちていたもので、妖怪チームのために福の神が送ったものだった、鬼太郎はバットの所有権を賭けて試合を申し込む。 かくして、人間の少年野球チームと妖怪の野球チームの試合はナイターで始まった。 最初は人間と妖怪のルールの違いからトラブルが続くが、試合も少しずつ順調に運んだ。 しかし力が均衡しているのか延長戦に入っても0対0のまま試合は続き、ついに朝を向かえて引き分け再試合となる。 バットはそれまで万年が持つことになったが、鬼太郎はこのままでは良くないと福の神に頼んでバットの力を消してもらう。 そして海外遠征で一本のヒットも打てなかった万年はあらためて自分の力を鍛えるべく、また努力を始めた。 埋立地にあるゴミ捨て場から、人間の捨てた化学物質の影響で巨大化してしまった妖怪あかなめが出現、街を壊しながら都心へと向かう。 応戦する自衛隊だったが、あかなめにはまったく歯が立たない。 そこへニュースを見て駆けつけた鬼太郎があかなめを説得しに現われた。 しかし、あかなめは反応しないばかりか、鬼太郎を飲み込んでしまう。 だが、飲み込まれた腹の中で鬼太郎は無事だった人間たちを励ましながらエンマ大王に連絡を取り、あかなめを元に戻すには豊の木の種を体内に入れ、あかなめをおかしくしている未知の毒を浄化するしかないと教えてもらう。 豊の木の種は東京を救った英雄として名を売ろうと考えたねずみ男の手に渡り、ネコ娘ごとあかなめに飲み込まれた。 するとあかなめの身体から木の枝が生え始め、巨大な豊の木になっていく。 そこになった実の中から救助される人間たち。 そして巨大化したことも忘れ、あかなめも元の姿に浄化されるのだった。 山道で迷った青年が偶然眠りについていた妖怪いやみを目覚めさせてしまう。 百年ぶりに活動を再開したいやみによって、町の人間たちは楽しい気持ちを吸われて気力を失っていった。 鬼太郎にも少し影響が出てきて、目玉おやじに言われ慌てていやみの捜索を開始する。 一方、ねずみ男はいやみからイイ気持ちになる気体・イロ気を吸わせてもらい、有頂天になって結婚しようとユメコを誘拐した。 それを知って駆けつけた鬼太郎だったが、油断したところにいやみのイロ気を浴びて、ねずみ男と一緒にユメコに結婚を迫る始末。 目玉おやじが止めるのも聞かず、ユメコを奪い合う鬼太郎とねずみ男。 強烈なおならでユメコを奪い取ったねずみ男はいやみのもとへ、一方の鬼太郎はイロ気を洗い流され正気に戻った。 再びいやみに戦いを挑む鬼太郎に同じ手は二度も通用せず、いやみはついにその正体を現わす。 しかし、鬼太郎キックがいやみの弱点を直撃して騒動も無事解決するのだった。 優勝した妖怪が負けた国の妖怪を支配できるというルールの世界妖怪ラリー。 これを利用して、妖怪たちの頂点に立とうと考えたぬらりひょんだったが、手違いから各国の強豪妖怪ばかり招待してしまう。 そのころ、日本で大暴れする外国妖怪。 そこへ駆けつけた鬼太郎は、妖怪ラリーがここ日本で開催されること、ぬらりひょんが逃げ出し自分が日本代表にされたことを知る。 この場を収め日本妖怪を助けるために、鬼太郎は日本代表として力を尽くすことを誓う。 妖怪たちの支配権がかかっているため、スタート早々荒れ模様で始まる妖怪ラリー。 各々の妖力を使って相手を蹴散らす展開にリタイヤが続出する。 バックベアードの怪光線を潜りぬけデッドヒートを演じる鬼太郎は、車を大破させながらも見事にチェッカーを受け優勝する。 だが鬼太郎は支配権を放棄、それに妖怪たちも感謝して鬼太郎をたたえた。 時代は安政元年。 ポルトガルから日本征服にやって来た西洋悪魔ベリアル。 しかし、立ち上がったカラス天狗一族との戦いで、その長老によって魔力を八尺瓊 やかさか の赤玉に封印される。 それから百三十二年、失った魔力を探すベリアルは偶然にも、それをねずみ男が持っていることを知り、玉を破壊して魔力を取り返した。 そしてベリアルはまず宿敵カラス天狗の長老を封印する。 一方ベリアルの復活を知った日本妖怪は、ベリアルの次の目標が妖怪図書館だと聞き、その行く手を足止めをする者と、妖怪図書館でベリアルの弱点を調べる者の二手に分かれた。 だがベリアルの強大な魔力の前に次々に敗れていく日本妖怪たち。 そしてついにベリアルは妖怪図書館までやって来てしまう。 身体を六つの怪球に変化させ襲ってきたベリアルに、弱点の解らぬまま立ち向かう鬼太郎。 もうダメかと思ったその時、弱点が一つしかない心臓だと教えられた鬼太郎はギリギリの逆転勝利を収めた。 母の遺体を妖怪火車に奪われた幸吉は、遺体を取り返すため鬼太郎に助けを求める。 目玉おやじは火車の妖力に不明な点があると止めるが、それを聞かずに鬼太郎は一人で飛び出していく。 しばらくすると遺体を持った鬼太郎が現われ、何故か幸吉から報酬を奪って消えてしまう。 そして暴力団を力でねじ伏せて鬼太郎組を結成するのだった。 それを聞いて駆けつけた目玉おやじに、容赦ない攻撃を浴びせる鬼太郎。 異変を知った砂かけばばあが妖怪玉で鬼太郎を探ると、その魂は火車のものだった。 あわてて火車の体を捜すと、そこには鬼太郎の魂が入っていた。 火車の秘密の妖力とは魂を入れ替えることだった。 鬼太郎の体を取り戻すため、火車の好物のモチを餌に誘き出した砂かけばばあ。 しかし作戦は失敗、目玉おやじがモチに練りこまれてしまう。 だが、目玉おやじの奥義「逆モチ殺し」で火車の魂は鬼太郎の体から分離、元の体を取り戻した鬼太郎の反撃に火車も退治された。 宝捜しをしていたねずみ男は氷付けの原始人を発見するが、その正体は妖怪山男であった。 眠りから覚めた山男は文明を嫌って街を耕し、マンモスフラワーの種を蒔いた。 東京の街並みは一面原始時代へと変わっていく。 さらに芽吹いたマンモスフラワーから飛び散った胞子を吸い込んだ人間は、文明を捨てて原始の世界へと帰っていった。 急激な変化は人間たちの反感を呼ぶと説得する鬼太郎だったが、山男はそれに応じない。 人間たちもマンモスフラワーを切り倒そうとするが、現代文明でさえ兵器でも使わない限り歯が立たない。 この状況を打開しようと目玉おやじは、妖怪なのに文明や技術の進歩に興味を持つ夜行さんの力を借りることにする。 気難しい夜行さんのプライドをくすぐり、鬼太郎は妖怪と文明の力を融合させた「妖怪戦車」を貸してもらう。 つるべ火と化火の火炎放射や、何でも吸い込む野づち砲などで原始の木々を消滅させ、街と人間は文明を再び取り戻した。 鬼太郎のゲタを盗んで夢の世界に渡ったぬらりひょんは、まくらがえしから奪った妖怪香炉で人間たちに悪夢を見せる。 それを知った鬼太郎は、夜行さんから夢の世界に行くことができる乗り物「くじら飛行船」を借りて夢の世界へと向かった。 しかし、妖怪香炉の悪夢エネルギーで飛行船は撃ち落され、鬼太郎たちは捕まってしまう。 勝利を確信したぬらりひょんは、捕らえた中からユメコを連れて来るように朱の盤に命令する。 処刑するものと勘違いした朱の盤は助けようとして、ユメコに隙を突かれ倒されてしまう。 立場は逆転したかに思えたが、ぬらりひょんは妖怪香炉から鬼太郎に怨みを持つ妖怪の魂を実体化させた。 みんなに危害を加えさせないように、悪夢の妖怪軍団を引き寄せてたった一人で戦う鬼太郎。 その間にシーサーがぬらりひょんから奪った妖怪香炉の火を消し、悪夢の妖怪軍団を消滅させる。 夢の世界に平穏な時が戻り、人間たちも安らかな眠りを取り戻した。 妖怪の天敵ヒ一族によって、鬼太郎ファミリーを始めとしてぬらりひょんでさえもぬいぐるみに変えられた。 逃げだした朱の盤とねずみ男から話しを聞いた目玉おやじでさえ、今度ばかりは逃げだそうという始末。 しかし日本妖怪の中心である鬼太郎を倒すためヒ一族がゲゲゲの森に現われた。 鬼太郎でさえヒ一族相手ではみんなを逃がすだけで精一杯だった。 目玉おやじはこの危機を乗り越えるため、ヒ一族を操る存在を倒そうと「妖怪決死隊」を組織するが、わずかな仲間だけでヒ一族に戦いを挑むことになる。 だがこの最大の危機を救ったのは、一度は同盟を断ったぬらりひょん配下の悪党妖怪たちだった。 戦闘を任せて奥へと進んだ目玉おやじは、今回の事件の黒幕である女夜叉を見つける。 瀕死の女夜叉からヒ一族の秘密を聞いた目玉おやじは、元の姿に戻れる丸薬を鬼太郎に飲ませ救出に成功。 鬼太郎は竜巻でヒ一族を海に叩き落し、その正体であるヒルに戻して戦いに勝利した。 時は江戸時代。 絹問屋の山形屋で働く人間が一夜にして三人も殺されるという事件が起きた。 そこへ旅の虚無僧が現われ、犯人はこの家にいる猫のお玉だと言ってくる。 だが、山形屋の娘お夢は、逆にお玉が守ってくれているとしか思えなかった。 そこで偶然出会ったネコ娘に、お夢は鬼太郎を紹介してもらう。 鬼太郎は幾つもの難事件を解決して、お上から一目置かれている存在なのだ。 番屋で見た死体の傷は猫の爪ではなかったので、鬼太郎は怪しいのはその虚無僧だと考える。 その晩、山形屋の家族を殺そうと現われた妖怪板鬼だが、家族は鬼太郎の指示で砂かけばばあたちに代わっていた。 全ては山形屋を手に入れようと、板鬼を操っていた虚無僧・百々爺の企みだったのだ。 お玉は百々爺の魔手から山形屋を救うため、盾となり命を落としてもなお、魂となって鬼太郎を助けて板鬼と百々爺を退治する。 事件も一件落着した山形屋は、お玉の墓に感謝して静かに手を合わせていた。

次の

雪夜にアイギス。 : 第三次妖怪大戦:騎獣戦車とゴブリン姫【復刻ミッション】

妖怪戦車

概略 [ ] に、学校用教材メーカーとして執行松男、城島貞雄の二人が興した会社が日東科学教材社(以下ニットー)である。 主に学校へのセールス販売をメインにしていたが、後に小売店を開き学校教材を販売、教材の一つとして取り扱った「」の好調な売れ行きに模型メーカーへの転業を決意し、1959年に法人化。 金型メーカーとの折衝など紆余曲折を経て、ニットー初のプラモデルとして 500cc白バイが100円で発売され、好調な売れ行きを記録する。 その後企画した商品は出せば売れる「プラモデル第一次ブーム」に乗り、ニットーの商品はモデルカー・戦車・版権キャラクターモデル(主に・ガッパシリーズなどのもの)、扇風機模型など多彩に渡るラインアップを誇るメーカーに成長していく。 に販売した連載漫画シリーズのスーパーカープラモデルを商品化で大ヒットとなり、スーパーカーブームを象徴する商品となる。 しかし、社屋倉庫の不慮の火災によって金型の一部が焼失してしまったのが尾を引いたのか、1985年に経営不振の為、廃業。 その後は他メーカーの金型製作下請けを行っていたが、1990年代後半、佐倉市の工業団地に再建され、模型製造としてはMA. Kシリーズをメインに製造・販売を行っていた。 しかし再建後の主な製造品は(金型が残っていたMA. Kシリーズは別として)、による日用品や工業用プラスチック製品の製造が会社の事業としては中心であり、いわゆるプラモデルの開発・製造とは縁のない事業がメインである。 スーパーカーブーム時のピーク時には月産200万個を越えるヒットを記録した。 精密さより「走らせて遊ぶ」作り易い低年齢向け仕様だったのもヒットの要因の一つだった。 パーツ数は少なく、ワイパー・バンパーはボディと一体成形。 単三電池は別売りだったが、クリアーパーツや、モーター(FA-130)、デカールも付属し、定価は400円と手頃だった。 このシリーズのスーパーカーは殆どが共通の上げ底シャーシーで作られており、後に金型が台湾に渡り、ニットーの古い戦車モデルを販売していたブルータンクのブランドで販売された。 D [ ] 、ブームが続く中、誌にがメカデザイン・フルスクラッチ作品担当、編集者・市村弘がサイドストーリーを考案・構成して連載されていたフォトストーリ「S. D ORIGINAL」が人気となり、当時の日東科学が製品化した。 商品化に対して横山宏が全面監修、デザイナー今井邦孝がパッケージデザイン担当し、当時のアニメプラモ全盛の中にあって、ミリタリーテイスト溢れる異色作のハイセンスプラモデルが誕生する。 、市村弘のHJ退社に伴い連載内容の迷走化・パワーダウンが生じプラモデルの販売不振を招いた。 日東科学も会社が火災に見舞われ、多額を投資した金型開発コストに耐え切れず解散・廃業。 その後のS. D ORIGINALを巡る裁判の影響で長い間、絶版となった。 K [ ] に日東科学教材社は再建された。 D ORIGINAL裁判の問題が解決し、誌にて改称した「MA. K」として掲載・再スタートした。 日東科学の社長が売却せずに手元に残したS. Dシリーズの金型を使用し、MA. Kシリーズとして製造・販売される事となる。 、全ての金型は原作者である横山宏に譲られ、その後の企画、の製造・販売で一部キットの再発売とバリエーション展開が行われている。 製品は連結ジオラマセットと称するセットと、単品の2つの形式で販売された。 ジオラマセットは、メインとなる戦車等のモデルにインジェクション製のジオラマベース、兵士やサイドカー等の小型車両、家屋や電柱などのアクセサリー、カラーパウダーなどを加えたもので、1973年に前期6点、1975年に後期6点の計12点が発売された。 単品での販売は1974年より始まり、ジオラマ用アクセサリーも含め最終的に27点が発売された。 キットの出来は当時のミニスケールAFVの標準的なものであったが、車体内部まである程度作られていたのが特徴である。 日東の倒産後、金型はが購入し主力商品の一つとして販売を行っていた。 妖怪系図シリーズ [ ] 1984年に、「日本妖怪系図」として1960年代に発売したモデルのリニューアル版2点を発売し、引き続いて「の妖怪系図」として『』を初めとする水木しげる作品に登場する妖怪の新作キットを発売した。 などにはベースが付属し、ジオラマ仕立てとなっていた。 本シリーズは S. D シリーズとほぼ同時期に開発されており、プラスチック以外の材質の積極的な使用や、パッケージとしてのトータルなデザインを重視するなど、共通する特徴も持っていた。 日東の倒産後、金型は童友社が購入し、水木しげる作品の妖怪の再発売を行った。 鉄道模型 [ ] 1960年代HOゲージ真鍮製の鉄道車両を製作していた。 第一作目は1963年2軸トロリーカーでその後フリーランスの機関車や5500型蒸気機関車や近鉄ビスタカーを製作。 に広告を掲載していた 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 貫名英一「B級コレクター」『』No. 449、「製品の紹介2軸トロリーカー」『』No. 180 参考文献 [ ]• 「日本プラモデル興亡史 -わたしの模型人生- 」 外部リンク [ ]•

次の

LINE : Free Calls & Messages

妖怪戦車

概略 [ ] に、学校用教材メーカーとして執行松男、城島貞雄の二人が興した会社が日東科学教材社(以下ニットー)である。 主に学校へのセールス販売をメインにしていたが、後に小売店を開き学校教材を販売、教材の一つとして取り扱った「」の好調な売れ行きに模型メーカーへの転業を決意し、1959年に法人化。 金型メーカーとの折衝など紆余曲折を経て、ニットー初のプラモデルとして 500cc白バイが100円で発売され、好調な売れ行きを記録する。 その後企画した商品は出せば売れる「プラモデル第一次ブーム」に乗り、ニットーの商品はモデルカー・戦車・版権キャラクターモデル(主に・ガッパシリーズなどのもの)、扇風機模型など多彩に渡るラインアップを誇るメーカーに成長していく。 に販売した連載漫画シリーズのスーパーカープラモデルを商品化で大ヒットとなり、スーパーカーブームを象徴する商品となる。 しかし、社屋倉庫の不慮の火災によって金型の一部が焼失してしまったのが尾を引いたのか、1985年に経営不振の為、廃業。 その後は他メーカーの金型製作下請けを行っていたが、1990年代後半、佐倉市の工業団地に再建され、模型製造としてはMA. Kシリーズをメインに製造・販売を行っていた。 しかし再建後の主な製造品は(金型が残っていたMA. Kシリーズは別として)、による日用品や工業用プラスチック製品の製造が会社の事業としては中心であり、いわゆるプラモデルの開発・製造とは縁のない事業がメインである。 スーパーカーブーム時のピーク時には月産200万個を越えるヒットを記録した。 精密さより「走らせて遊ぶ」作り易い低年齢向け仕様だったのもヒットの要因の一つだった。 パーツ数は少なく、ワイパー・バンパーはボディと一体成形。 単三電池は別売りだったが、クリアーパーツや、モーター(FA-130)、デカールも付属し、定価は400円と手頃だった。 このシリーズのスーパーカーは殆どが共通の上げ底シャーシーで作られており、後に金型が台湾に渡り、ニットーの古い戦車モデルを販売していたブルータンクのブランドで販売された。 D [ ] 、ブームが続く中、誌にがメカデザイン・フルスクラッチ作品担当、編集者・市村弘がサイドストーリーを考案・構成して連載されていたフォトストーリ「S. D ORIGINAL」が人気となり、当時の日東科学が製品化した。 商品化に対して横山宏が全面監修、デザイナー今井邦孝がパッケージデザイン担当し、当時のアニメプラモ全盛の中にあって、ミリタリーテイスト溢れる異色作のハイセンスプラモデルが誕生する。 、市村弘のHJ退社に伴い連載内容の迷走化・パワーダウンが生じプラモデルの販売不振を招いた。 日東科学も会社が火災に見舞われ、多額を投資した金型開発コストに耐え切れず解散・廃業。 その後のS. D ORIGINALを巡る裁判の影響で長い間、絶版となった。 K [ ] に日東科学教材社は再建された。 D ORIGINAL裁判の問題が解決し、誌にて改称した「MA. K」として掲載・再スタートした。 日東科学の社長が売却せずに手元に残したS. Dシリーズの金型を使用し、MA. Kシリーズとして製造・販売される事となる。 、全ての金型は原作者である横山宏に譲られ、その後の企画、の製造・販売で一部キットの再発売とバリエーション展開が行われている。 製品は連結ジオラマセットと称するセットと、単品の2つの形式で販売された。 ジオラマセットは、メインとなる戦車等のモデルにインジェクション製のジオラマベース、兵士やサイドカー等の小型車両、家屋や電柱などのアクセサリー、カラーパウダーなどを加えたもので、1973年に前期6点、1975年に後期6点の計12点が発売された。 単品での販売は1974年より始まり、ジオラマ用アクセサリーも含め最終的に27点が発売された。 キットの出来は当時のミニスケールAFVの標準的なものであったが、車体内部まである程度作られていたのが特徴である。 日東の倒産後、金型はが購入し主力商品の一つとして販売を行っていた。 妖怪系図シリーズ [ ] 1984年に、「日本妖怪系図」として1960年代に発売したモデルのリニューアル版2点を発売し、引き続いて「の妖怪系図」として『』を初めとする水木しげる作品に登場する妖怪の新作キットを発売した。 などにはベースが付属し、ジオラマ仕立てとなっていた。 本シリーズは S. D シリーズとほぼ同時期に開発されており、プラスチック以外の材質の積極的な使用や、パッケージとしてのトータルなデザインを重視するなど、共通する特徴も持っていた。 日東の倒産後、金型は童友社が購入し、水木しげる作品の妖怪の再発売を行った。 鉄道模型 [ ] 1960年代HOゲージ真鍮製の鉄道車両を製作していた。 第一作目は1963年2軸トロリーカーでその後フリーランスの機関車や5500型蒸気機関車や近鉄ビスタカーを製作。 に広告を掲載していた 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 貫名英一「B級コレクター」『』No. 449、「製品の紹介2軸トロリーカー」『』No. 180 参考文献 [ ]• 「日本プラモデル興亡史 -わたしの模型人生- 」 外部リンク [ ]•

次の