オーバー ウォッチ エコー。 エコーのエコー:32番目のヒーローの歴史 — オーバーウォッチ — Blizzard ニュース

オーバーウォッチ2の発売日はいつ?:発売日を予想する

オーバー ウォッチ エコー

2020年3月20日 3:58 オーバーウォッチの32人目のヒーローとなる「 Echo エコー 」がPTRで配信されました。 カスタマイズアイテムはまだ何も追加されていません。 新ダメージ・ヒーロー「エコー」 プロフィール• 名前:エコー• 年齢:機密• 職業:多機能汎用型ロボット• 活動拠点:スイス 旧拠点• 所属:オーバーウォッチ• ロール:ダメージ• ヘルス:200 エコーは、即座に周囲の状況に適応する人工知能を搭載した革新的なロボット。 エコーはあらゆる戦場で求められる役割を完璧に果たすようプログラミングされている。 アビリティ1:トライ・ショット トライアングル状に同時に3弾を発射するメイン攻撃です。 装弾数は15発。

次の

「オーバーウォッチ」新ヒーロー「エコー」のオリジン・ストーリーが公開。「世界に貢献すること」という夢を詰めた人工知能搭載ロボ

オーバー ウォッチ エコー

2020年3月20日 3:58 オーバーウォッチの32人目のヒーローとなる「 Echo エコー 」がPTRで配信されました。 カスタマイズアイテムはまだ何も追加されていません。 新ダメージ・ヒーロー「エコー」 プロフィール• 名前:エコー• 年齢:機密• 職業:多機能汎用型ロボット• 活動拠点:スイス 旧拠点• 所属:オーバーウォッチ• ロール:ダメージ• ヘルス:200 エコーは、即座に周囲の状況に適応する人工知能を搭載した革新的なロボット。 エコーはあらゆる戦場で求められる役割を完璧に果たすようプログラミングされている。 アビリティ1:トライ・ショット トライアングル状に同時に3弾を発射するメイン攻撃です。 装弾数は15発。

次の

「オーバーウォッチ」新ヒーロー「エコー」のオリジン・ストーリーが公開。「世界に貢献すること」という夢を詰めた人工知能搭載ロボ

オーバー ウォッチ エコー

フライトは上下前後左右、一定時間自由に動けるアビリティ• グライダーは空中でジャンプ押しっぱなしで滞空できる• フライトは移動速度が上がり、一定時間上下左右自在に空を飛び回るアビリティ。 ジャンプキーで上昇、しゃがみキーで下降も可能。 ウルト発動中のマーシーと同じ操作感覚です。 効果時間は短めですが、CTもさほど長くないためうまく使えばほとんど地面につかずに滞空し続けることが可能。 グライダーは空中で滞空できるパッシブアビリティ。 空中でジャンプキーを押しっぱなしですると落下スピードが落ちます。 これまたマーシーのエンジェリック・ディセントと同じ使い勝手。 ただ、フライトもグライダーも速度はマーシーと違うため若干感覚が変わる点に注意。 粘着式の時限爆弾を5発撃ち出すアビリティ• まっすぐ飛び射程も長い• 瞬間火力が高いので、タンクの削りやヒーラーのキルなどに使える スティッキー・ボムは粘着式の時限爆弾を発射するアビリティ。 5発の爆弾が着弾後少し間を置いてから小さな爆発を起こします。 敵に直接当ててくっつけたり、壁や地面などに引っ付けることも可能。 一個一個のダメージは小さいですが、複数当てると大ダメージに。 まっすぐ飛ぶので遠距離でも当てやすい部類ですが、弾速が速くないので偏差撃ちが必要。 機動力や空中移動できることを活かし、不意打ちで当てるのがオススメ。 あと、案外上空からではなく地上から前線に向かって水平に撃つのも当たりやすい。 なお、爆風はエコー自身にもダメージがあるので自爆に注意。 さらにコピー相手のウルトも使え、ウルトゲージは0スタートながら通常では考えられないほどのスピードで溜まるので、うまく攻撃を当てれば効果時間中に使えます。 また、コピーした状態でヘルスが0になってもデスにはならず、コピーが解除されるだけな点も大きなメリットです。 ただ、ヘルスを削られたり時間切れでエコーに戻ると、効果が消えてしまうウルトやアビリティもあります。 途中でコピーが終わると効果が消えるアビリティなどをまとめてあります。 下記リンクよりどうぞ。 エコー関連記事 エコーの立ち回り 汎用性の高いエコー。 エコー最大の特徴は空戦能力と高い移動速度&機動力。 なので、• 敵タンク、前線をめくって上から爆撃• 敵が近距離戦主体の場合は上空や遠距離から一方的に攻撃• 裏どりからのスティッキー・ボムでヒーラーをキル などの立ち回りが有効。 基本はファラと似た感じです。 ただ、 エコーはファラには不向きな裏どりも選択肢に入ります。 ファラは横方向の移動速度が遅く射撃の存在感がありすぎるため本格的な裏どりはあまりオススメできませんが、エコーは移動速度自体が速い。 なので 多少遠回りしての裏どりでも味方に負担をかけにくいです(もちろん、全くかからないわけではないので注意)。 いずれにせよ総合的な火力ではファラに劣るので、瞬間火力の高いスティッキー・ボムやフォーカス・ビームをうまく利用してキルを狙いましょう。 エコーは全体的な火力も高く、場合によっては盾割り合戦に参戦するのも悪くありません。 メイン射撃とスティッキー・ボムを撃ちまくるだけでバリアの耐久値をかなり削れます。 が、盾割り合戦ではチーム構成(バリア耐久値・火力)で決まるもの。 盾割り合戦は先に割れた側が総取りになるので、中途半端はよくない。 エコーはバリアをめくっての爆撃や裏どりも得意な性質なので、敵味方のチーム編成をよく見て盾割りに乗るかはバリアを無視していくかを決めましょう。 どうしても盾割り合戦になってエコーがネックになっている、けれど裏どりや爆撃でも結果を出せないときは、早めに見切りをつけてジャンクラットなど盾割りに強いヒーローに変えることをオススメします。 スティッキー・ボムとフォーカス・ビームが重要 エコーが キルを取るために重要なのがスティッキー・ボムとフォーカス・ビーム。 スティッキー・ボムは相手に大ダメージを与えられる貴重な瞬間火力アビリティ。 不意打ちでヒーラーを狩ったり、タンクのヘルスを大きく削るのに非常に有効。 また、フォーカス・ビームは半分以下だと火力が大きく上がるので、ヘルスの多い敵タンクに対して大きな打点となります。 キルできそうなのにメイン射撃の弾が足りないときなどのトドメ用途としてもよし。 エコーのメイン射撃は射程も長くヘッドショットでき、継戦能力が高い点でダメージソースとしては非常に優秀です。 が、実戦で単独キルを取るにはひと押しが足りません。 射撃音が大きく目立つため敵の注意を引きやすい点でも微妙。 その点、スティッキー・ボムとフォーカス・ビームはエコーがキルを取るために非常に有効ななアビリティ。 敵がまだエコーに気づいていないようなら、メイン射撃撃つよりCT待ってでもスティッキー・ボムつけた方が確実でいいかも。 コピーのメリットを最大限生かそう エコーのウルト コピーにはたくさんのメリットがあります。 一時的な効果とはいえ相手のヘルス、アビリティもふくめすべてコピーできる。 しかもウルトまで使えちゃいます。 ただ、相手にバリア持ちがいるとせっかくコピーしても思ったようにダメージを与えられず、コピー相手のウルトをためられないことも。 そうした場合はD. Vaやトレーサーといった飛び込む系ヒーローが比較的溜めやすくオススメ。 直接キルが取れるウルトも強力で、敵にプレッシャーをかけられます。 また、 コピー中のヒーローがヘルス0になってもデスにはならない点は大きなメリットです。 エコーに戻ったら飛んで逃げられればOK。 思い切って飛び込んでウルトを溜め、敵にプレッシャーをかけてやりましょう。 ほかにもあえてタンクをコピーして敵ウルトを受けたり、といった使い方もありです。 もちろん敵味方の相性問題も出てくるので、敵の編成、味方の編成、マップなど状況をよく考えて使いましょう。 まとめ:エコーのアビリティと使い方・立ち回り オーバーウォッチの新キャラはぶっ壊れであることがほとんどですが、 エコーもまた強すぎる新人。 なんせ本実装前のPTRですでに下方修正されたぐらいですから。 にしてもこれまでファラ一辺倒だった空の領域にもようやく新しい風が。 これでまた大きく環境がガラッと変わってくれそうで、楽しみです。 Advertisement 関連する記事• 2020. 2020. 08 オーバーウォッチの防衛側は高台や入口の狭いチョークポイントなど有利ポジションで敵を待ち構えて戦うのがセオリーです。 特にアサルトルール、ペイロードルー[…]• 2019. 2020. 13 8人目のタンクヒーローとしてさっそうと搭乗したシグマ。 タンクロールらしくバリアを張ったり敵の攻撃を吸収したりできるだけでなく、火力も高く、シグマ自身[…]• 2020. 2020. 11 ヘルス値にメイン射撃、サブ射撃、ウルトも含めすべてのアビリティが真似できるエコーのウルト コピー。 コピーには時間制限があるのですが、となれば気になる[…].

次の