中国 携帯解約。 コロナで携帯契約が大幅減?工情省が説明

武漢肺炎:中国で2000万台の携帯電話が解約。死んだのでは? YES。14億人もいるから、何の事件もなくてもそのぐらいは死ぬ。|お金を増やして遊びましょう|note

中国 携帯解約

記事によると、インドのニュースサイト・Republic Worldは3月30日、 「中国が新型コロナ肺炎の実際の死亡者数を隠しているとのデマが流れている」と報じた。 そのデマとは、「中国の三大モバイル通信キャリアが 今年1~2月に失ったユーザー数が2100万件で、これが死者数に相当する」というものだとし、「近ごろインドで流布している中国の新型コロナウイルス関連デマの1つにすぎない」 と伝えたという。 その上で、中国で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大して以降、インド国内では中国をおとしめるようなデマが後を絶たない状況だと説明。 「今回取り上げられたデマも多くのソーシャルメディアやポータルサイトがこぞって取り上げ、関連するYouTube動画の視聴回数は40万件を超えていた」と伝えた。 Republic Worldはまた、「2100万件というのは、新型コロナウイルス発生期間中に解約したユーザー数にすぎない。 中国3大キャリアのユーザーが16億件いることを考えればほんの一部分だ。 出稼ぎ労働者が出先で契約していた携帯電話番号を、今回のウイルス感染拡大で地元から出られなくなったために解約するケースが多くなっている。 中国各地で生産活動が再開すれば、ユーザーは再び増えるはずだ」と解説しているという。 入ってないのは外国人や底辺の国民(一番多いのは国籍とったばかりの元外国人)。 日本も医療保険制度維持のためにどれだけ払っているが知れば若者は驚くはず、人生数十年かけてはらい続け、貰うのは死ぬ数年に集中している。 中国の保険制度もほぼなきに等しいよ。 アメリカが公的医療保険制度が困難なのは、外国人に簡単に国籍を与えるかわりに納税と徴兵の義務を負わす。 しかし、医療保険などの恩恵を簡単に与えれば破綻してしまう。 そのあたりを元外国人をこき使い発展してきた。 欧州は医療制度や労働者の権利など高いが、それは外国人労働者という奴隷によって成り立っている。 最低賃金適用も自国民だけ。 外国人その半分の時給で長時間労働。 医療保険も受け入れられない。 外国人に保障する国もあるが金額は極めて少ない。 自国民優先が常識の世界の中で、外国人に医療保険や労働賃金を与えようという国が極東にある。

次の

中国で携帯電話解約数が2100万件 新型肺炎の死者は軽く100万人を超えているだろう 魑魅魍魎男

中国 携帯解約

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。 写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 「理由は不明」 世界中のメディアが、一斉に「中国の発表した通りの数字や状況」を発表している中、アンチ共産党の中国語報道メディアであるエポックタイムズと NTD 等は、一歩も引かない態度で挑んでおり、日々、戦闘的な報道記事を発表し続けています。 その中で、ちょっと興味深い記事を見出しました。 それは、 「 1月と 2月の中国の携帯電話(スマートフォン)の契約数が、突如 1400万件以上減少した」 という報道でした。 いかに人口の多い中国とはいえ、「 2ヵ月間で、1400万件の解約が出た」ということは、かつてないことですので、いろいろと憶測を呼んでいます。 中国の携帯通信事業は、主に3つの大手によって支えられているようですが、下のグラフが、その3つの通信サービス会社の合計の 2016年2月からの携帯契約数の推移となりますが、これを見るだけで、その異常ぶりがわかります。 2016年2月から2020年2月までの中国の携帯契約者数の推移 ・ 中移動 この統計が発表されて以来、その落ち込み方が普通ではないため、中国では、さまざまな憶測が飛び交っているとのことです。 たとえば、「まさか新型ウイルスで亡くなった人たちの…」というようなことを囁く人たちも当然いるようなのですけれど、合理的な話では、長引いた都市封鎖や会社などの営業停止などにより、多くの中国人が金銭的に困窮することになり、携帯を解約したという話もあります。 しかし実際の理由がわからないだけに、あまりにも急激な解約数に戸惑いの声が出ているようです。 それにしても、こんなに突然多数の解約が発生すると何より携帯事業者のほうが大変そうですね。 このことに関しては、日本語版のエポックタイムズに訳された記事が出ていましたので、概要をご紹介させていただきます。 この急激で大幅な落ち込みは、さまざまな憶測を呼んでいる。 3大手の一つで国有の中国移動(チャイナモバイル)は 2020年 1月のユーザー数を前月比 86. 2万件減、2月は 725. 4万件が減少した。 中国聯通(チャイナユニコム)は 1月に前月比 118. 6万件減、2月は発表していない。 中国電訊(チャイナテレコム)は 1月のユーザー数は前月比で 43万件増加したが、2月はおよそ 560万件減少した。 大手 3社の 2カ月間の減少を合算すると、およそ 1447万件の携帯電話契約数が消えたことになる。 過去のデータをさかのぼってみると、中国のモバイルユーザーは、2018年6月に最高契約数を記録して以降、微増微減が続いていたが、この 2カ月で突然急落したことで、武漢発の中国共産党ウイルス感染症との関連を連想する声があがっている。 一つは、中国当局が正確に発表していない、ウイルス感染者の死者数が解約の大幅な増加に繋がったとの見方だ。 ほかには、ウイルス流行と都市封鎖などによる経済不況で、企業が倒産したことにより、携帯電話の解約が相次いだというも声もある。 また、不況により複数の台数を契約していた個人が予備の携帯電話を解約したという推測もある。 中国本土は昨年 11月、「番号ポータビリティサービス」(番号を変えずに希望のキャリアに変える)を開始しており、その影響との見方もある。 しかし、携帯電話の契約数だけではなく、「通信量の減少がある」と、 チャイナモバイルの楊傑会長は最近明かしている。 香港のメディア「香港明報」の 3月20日付によると、楊傑会長は、2020年最初の 2カ月間と、肺炎ウイルス流行の影響について語っている。 楊会長によると、2月は携帯電話の契約者数が 725万人減、4Gの顧客数が 1200万人減、新規契約者数が約 6割減、ホームブロードバンドの愛用者数が 6割減、携帯電話などの商品売上が 3割減で、多大な影響を被ったという。 また 1月の旧正月の前後には、1日平均あたりの音声通話が 27%減、SMSも 43%減少し、モバイルインターネットトラフィックも 2%減り、国際ローミングの収益が半減したという。 ここまでです。 契約数の減少もですが、この中国最大手の通信企業であるチャイナモバイルの会長さんが言う、 「 2月のホームブロードバンドの愛用者数が 6割減」 とか、 「音声通話が 27%減、SMSも 43%減少」 というのは不思議です。 この 1月、 2月は多くの中国の都市が封鎖あるいは、それに近い状態となっていたと思われますが、そういう時こそ、ホームブロードバンドだとか、携帯での通話とか、SNS の使用は増えると思われるのですけれども。 これはやっぱり……(物騒なことを書くのはやめなさい)。 中国で起きていることは、結局わからないのですよね。 日本国内の報道では、香港の優れた報道メディアである「サウスチャイナ・モーニングポスト」の報道を引用して、 「中国当局は、感染しても無症状の人を統計に加えていなかった可能性」を本日報じていました。 香港紙サウスチャイナ・モーニングポストは22日、中国本土の無症状の新型コロナウイルスの感染者4万3千人超が2月末時点で中国政府の統計に計上されていなかったと報じた。 同時点の公式な感染者数は約8万人だが、これらの無症状者を合計すると12万人を超えた計算となる。 中国政府の非公開資料が情報源だとしている。 (朝日新聞) しかし実際には、ここにある数字の 4万3000人くらいは「誤差」でしかないはずです。 以下の記事でふれましたけれど、「あくまで可能性」としてですが、中国本土の感染者数は、当局から公表された数の数十倍などのすさまじいものだった可能性があります(あるいは今も)。 今現在のイタリアやアメリカの感染速度と感染威力のすさまじさから、改めてそう思います。 あるいは、以下の記事で示しましたように、現在の中国での多くの死者の死因が、当局命令により 「過労死」と「死因不明」に覆い尽くされている現実があります。 なお、新型コロナウイルスに感染した人の中で「無症状の人たちの割合」について、3月20日ので、その分析が進められていることが記事になっています。 これがある程度正しければ、どこの国でも、(症状のない感染者のほうが多いということから)実際の感染者数を完全に把握するのは不可能なはずで、検査数を増やせば増やすほど、アメリカやイタリアやスペインのように「泥沼」になっていくはずです。 2020年3月23日までの24時間の新たな感染確認数の推移 ・ Confirmed Cases and Deaths by Country 1日に検査できる数には物理的に上限がありますので、これ以上、指数関数的に増加することはないでしょうけれど、同じような率でどんどん増え続けると思われます。 こうなってくると、対策なんてないようにも響きまして、だからもう「起きてしまったパンデミック」として、封鎖とか自粛とかはやめて、普通に過ごしていく方向に移行していき、少しずつ抗体を持つ人たちを増やしていくしかないのではないかと思うのですけれど、これは間違った考えなのですかねえ。 なお、ヨーロッパは広範囲でパニックそのものですけれど、そんな中で、クロアチアの首都ザグレブでは、マグニチュード 5. 3の地震が発生しまして、これはクロアチアの地震としては、 過去 140年で最大の地震でした。 3月22日 都市封鎖の中で1880年以来の大地震に見舞われたクロアチアの首都 ・ クロアチアも感染者が急増していまして(3月23日現在、306人が感染確認)、実は、この地震は、 「クロアチアの首都の一部が閉鎖されている中で発生した」 のでした。 パニックはパニックを呼ぶのか何なのか、他にも、いろいろなことが報じられていまして、アフリカでは、 「またも新たなイナゴ(サバクトビバッタ)の大群が次々と発生している」といます。 以下は、国連食糧農業機関(FAO)による「 3月以降のイナゴの群れの動きの予想図」です。 国連による6月までの予測 ・ FAO パキスタンでは、すでに、過去最大級の被害を受けているのですけれど、6月に向けて、さらにやってくるのですかね。 その後、これらのイナゴが中国に入ってくるかどうかが、注目されていることを、以下の記事に記しました。 いろいろ世界はムチャクチャなことになってきていますけれど、新型コロナウイルスに関しては、「 その感染拡大の現実は、どんなものなのか」というのは、中国のデータが正確であれば、もう少し詳しくわかったものだと思います。 今の欧米みたいにパニックに陥るようなものなのか、そんな必要がないものなのか。 しかし、中国の統計は不透明であり、そして、そこに冒頭のほうで書きましたような「携帯契約数の異常な急落」などを見ますと、真実はわからないにしても、この新型コロナウイルスの感染拡大は、 「突然、携帯の契約数が減少するような状況に結びつく」 という可能性があるのだなあと知りました。 それが病気そのものの影響であろうと、多くの人に経済的な問題が急速に拡大することによってのものであろうと、どちらにしても、「経験したことのないような混乱」が起きる可能性がある事象ではあるのかもしれません。 経験したことのないような混乱はもう起きていますけれど、大部分は、ウイルスではなく、人が起こしているだけだとは感じます。 しかし、それでも、混乱はさらに極まっていきそうです。 ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。 お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。 されるか以下のバナーからご登録できます。

次の

携帯大量解約の謎!今中国で起きていること

中国 携帯解約

はじめに 皆さんごきげんよう、マンゴーフリマSNSマーケティング部コンサルティングアドバイサー兼マンゴー製作所BSL1バイオ研究室長のアーウィンです。 今回は、新型コロナウイルスによって、医療廃棄物が大量に発生したのでそれの焼却について、こちらのマガジンでは、リサーチしてきたわけですがそれについて進展がありましたのでご紹介します。 その前に、医療廃棄物焼却の噂についてご紹介します。 今回は、文字読みたくないという人のためにわかりやすいTwitterと動画資料を用意しました。 医療廃棄物を焼いているかどうかについてはご自分で判断してください。 火葬した時に出る二酸化硫黄の濃度で焼却遺体数を算出 こちらの記事では、毎日2000人フル稼働で医療廃棄物を焼却していたという情報が出ています。 その数の予想は、二酸化硫黄換算で14000柱ほどになると推測しています。 Some of 14. 5 million missing mobile phones are found in 1 Wuhan crematorium. — Solomon Yue SolomonYue 日本のマスゴミは、この事件について一切報道しませんちなみに中共の科学力で完成した移動式焼却炉は、医療廃棄物を二秒で粉砕し焼却することができるという。 さすが中共の科学技術ですね。 こういうのほんと得意ですよねあちらはwちなみに、捌ききれないので野焼きを行ったわけですが、三峡ダムのせいで長江が干上がり平原が乾燥し野焼きによる火災が発生しています。 災難続き!北京・天津・河北など複数の地域で強風&火事 30数か所【3月18日】 それでは中国全土が燃えているさまご覧いただいて今日の記事は終わりにします。 それではまた次回! 1マスクはできればN95マスクを使用する。 武漢で働いてる人民解放軍は、感染者0人ですよ!これはもうマスクする必要があると言えるでしょう。 N99やN100などもありますが呼吸が難しいのでお勧めできません。 普通のマスクでも予防効果はあります。 内海が警告するところによるとSARSで多い死亡例は、四十代以上で、持病がある人(免疫力が低下している人)は特に重症になり死亡する確率が高い。 (糖尿病、飲酒、喫煙など) ほかの感染症にかからない事が需要であるという。 それはなぜかというと、ウイルスに感染しているとほかのウイルスにかかる確率が10倍に上がるという。 さらにストレスなどは免疫力を低下させるのでストレス対策も必要になるという。 5もういらないと思うけど一応、目から感染するという噂を聞きつけたのでウイルス対策に防塵ゴーグルも必要です 密閉された空間や空気の悪い場所や乾いた空気で感染するらしいのでバス、電車、タクシーなどは乗らないようにする。 自分の車は入り口と取っ手にマンゴー製作所が紹介していたアメリカ製のウイルス殺菌スプレーをかけた後に載る。 あのスプレー売り切れたので買えなかったという人は、アルコール除菌スプレーを使ってください。 手洗いができない場合は殺菌スプレーか除菌液をつかって除菌する。 バイクや自転車の移動は、バスや電車よりは安全であるということです。 また、タクシーに乗る際には、防塵マスクか抗ウイルスマスクを着用し防塵メガネをかけて窓を全開にするとよいでしょう。 外から帰宅したら、ウイルス殺菌スプレーで殺菌した後速やかに風呂場で着替えて前進シャワーを浴び湯船に浸かった方が良いです。

次の