犬 里親 トイ プードル。 トイプードルの子犬を探す|ブリーダーナビ

トイプードルの里親募集|ジモティー

犬 里親 トイ プードル

(158)• (114)• (52)• (42)• (25)• (18) もっと見る• (17)• (15)• (12)• (12)• (9)• (5)• (5)• (4)• (3)• (3)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• ブリタニースパニエル (0)• ブルテリア (0)• フラットコーテッドレトリーバー (0)• ブリュッセルグリフォン (0)• ビアデッドコリー (0)• パグ (0)• バセットハウンド (0)• バーニーズマウンテンドッグ (0)• ノーリッチテリア (0)• ノーフォークテリア (0)• バセンジー (0)• ブルマスティフ (0)• プーリー (0)• ブービエデフランダース (0)• ファラオハウンド (0)• ビションフリーゼ (0)• プチバセットグリフォンバンデーン (0)• ボクサー (0)• ラサアプソ (0)• ラフコリー (0)• ミニチュアブルテリア (0)• ミディアムプードル (0)• 豆柴 (0)• レークランドテリア (0)• レオンベルガー (0)• ワイマラナー (0)• ワイアーフォックステリア (0)• ロットワイラー (0)• ロシアントイテリア (0)• マスティフ (0)• ホワイトスイスシェパードドッグ (0)• アイリッシュウルフハウンド (0)• ボーダーコリー (0)• ベルジアンシェパードドッグ (0)• ベルジアングリフォン (0)• ニューファンドランド (0)• 北海道犬 (0)• ボロニーズ (0)• ボルドーマスティフ (0)• ボルゾイ (0)• ポリッシュローランドシープドッグ (0)• ベドリントンテリア (0)• ティーカッププードル (0)• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ (0)• 紀州犬 (0)• カニンヘンダックスフンド (0)• 甲斐犬 (0)• オールドイングリッシュシープドッグ (0)• クランバースパニエル (0)• グレートデン (0)• コーイケルホンディエ (0)• ゴールデンレトリーバー (0)• ケリーブルーテリア (0)• ケアーンテリア (0)• グレートピレニーズ (0)• オーストラリアンシェパード (0)• オーストラリアンキャトルドッグ (0)• アラスカンマラミュート (0)• イングリッシュコッカースパニエル (0)• アメリカンピットブルテリア (0)• アメリカンスタッフォードシャーテリア (0)• アフガンハウンド (0)• イングリッシュスプリンガースパニエル (0)• イングリッシュセッター (0)• ウェルシュテリア (0)• エアデールテリア (0)• ウェルシュコーギーカーディガン (0)• ウィペット (0)• イングリッシュポインター (0)• サモエド (0)• サルーキ (0)• チベタンテリア (0)• チャイニーズクレステッドドッグ (0)• チベタンスパニエル (0)• チェサピークベイレトリバー (0)• ダンディディンモントテリア (0)• チャウチャウ (0)• アーフェンピンシャー (0)• 土佐犬 (0)• ナポリタンマスティフ (0)• ドーベルマン (0)• トイマンチェスターテリア (0)• アイリッシュテリア (0)• ダルメシアン (0)• セントバーナード (0)• シャーペイ (0)• ジャーマンシェパードドッグ (0)• 四国犬 (0)• シェットランドシープドッグ (0)• シーリハムテリア (0)• ジャーマンポインター (0)• ジャイアントシュナウザー (0)• スタンダードプードル (0)• タイニープードル (0)• スタンダードシュナウザー (0)• スコティッシュテリア (0)• スキッパーキ (0)• 日本テリア (0)• (4).

次の

トイプードルの里親探しにすぐれたサイト5選!2020年更新里親になる際の注意点は?

犬 里親 トイ プードル

都道府県 :• 全国の犬• 石川 0• 鳥取 0• 高知 0• 13 ジャンル :• 437• 1,464• 139• 192• プードル 709• 262• 885• 233• 1,051• 116• 7,821 投稿者 :• プードルの全て• 全国以外の都道府県から探す :• 全国の犬• 石川 0• 鳥取 0• 高知 0•

次の

トイプードル × 犬の里親募集情報|OMUSUBI【審査制の保護犬猫マッチングサイト】

犬 里親 トイ プードル

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハールクイン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 カットの頻度や料金は?カットスタイルにはどんなものがある? 毛が伸び続けるトイプードルは、月に1回のペースでカットが必要です。 伸ばし続けると毛玉ができやすくなり、皮膚トラブルの原因にもなってしまいます。 特に洋服を着たり、静電気が多くなったりする冬場は毛玉ができやすいため、注意が必要です。 サロンやメニューによっても異なりますが、カット料金の目安は5,000~13,000円ほど。 カットスタイルにもよりますが、カット時間は2~3時間ほどです。 また、トイプードルといえばさまざまなカットスタイルで飼い主を楽しませてくれる人気の犬種ですよね。 代表的なものでいえば、くまのぬいぐるみのような「テディベアカット」。 頭部や口周りに丸みを持たせ、体はすっきりと整えた人気のスタイルです。 そのほかにも、毛量の多い子におすすめの、頭部にボリュームを持たせた「アフロカット」や、鶏冠のように頭の毛に高さを出した、男の子に人気の「モヒカンカット」など面白要素のあるユニークなカットも人気です。 毛量の多いトイプードルは散歩後の汚れも気になりますよね。 お手入れをラクにしつつ、可愛いヘアスタイルを楽しみたい方には、足の毛を短く剃り込み、ボディや頭部のみをふわふわに残した「子羊ちゃんカット」もおすすめですよ。 ほかにもピーナッツカット、マッシュルームカット、ライオンカット、マイアミカットなどさまざまなカットスタイルがあります。 どのスタイルを行うにも、元々の毛の状態がとても大切ですので、毎日のブラッシングで良い状態を保ちましょう。 トイプードルを迎える予定の人は、定期的にカット代の出費があることも頭に入れておくといいですね。 甘やかし厳禁!賢いトイプードルのしつけのポイント・注意点 小型で可愛らしい容姿をしたトイプードルですが、基礎となっているのは水中回収犬や鳥獣猟犬として生まれたプードルです。 プードルは数多くいる犬種の中でも高い知能を持つ賢い犬種です。 トイプードルもこの血筋であるため、利口で高い知能を持ちます。 子犬の頃から明確な主従関係を築くことで、しつけがスムーズになりますよ。 遊びを切り上げるタイミングは飼い主が決め、食事やドアを出るとき、散歩をするときなども飼い主が先に行動し、主従関係を認識させましょう。 しつけは基本的に褒めて伸ばすことを心掛け、表情をつけて大袈裟なくらい褒めるようにします。 おやつを使ってご褒美を与えると、ワンちゃんも褒められていることを認識しやすく、しつけを覚えるのも早いでしょう。 いけないことをしたときはその行為の最中や直後のタイミング(最中や直後)できちんと叱ることが大切です。 長々と怒鳴るのではなく、緊張感を保ち、低い声で端的に叱ります。 可愛いからと甘やかしすぎてはいけません。 また、トイプードルはエネルギッシュで運動能力も高い犬種のため、散歩は毎日必要となります。 遊び好きでもあるため、きちんと遊び、散歩に行き、欲求を満たしてあげましょう。 とはいえ、トイプードルを運動させるときは休憩する時間を設けることをおすすめします。 無理に運動をさせて、ワンちゃんが拒否感を抱いてしまわないようにしましょう。 運動後にはマッサージやストレッチをしてあげるのも良いですよ。 トイプードルの性格は毛色によって違う傾向がある 基本的にトイプードルは賢く、主従関係を大事にする利口な犬種です。 活発で社交性もあり、非常に飼いやすい家庭犬としても知られています。 ただ、毛色によって性格に異なる傾向が見られるところがトイプードルの特徴です。 性格はその子が元々持つ性質や飼育環境によっても変わりますが、子犬選びの参考のためにも、毛色ごとにどのような違いがあるのか見てみましょう。 レッド(赤寄りの茶色) レッドはとても人気の高い毛色ですよね。 人懐っこく活発で、元気な子が多い傾向があります。 また、レッドの毛色は自己主張が強くマイペースな傾向も見られるため、しつけでは特にしっかりと主従関係を築いていく必要があります。 他の毛色に比べて甘えん坊な子も多いようで、非常にさまざまな表情を見せてくれますよ。 ブラック 性格が安定しているといわれるブラックの毛色は、トイプードルらしく賢く、飼い主に従順で、運動能力に優れています。 他の人やワンちゃんには控えめなところがありますが、飼い主には絶大なる信頼を置きます。 飼い主のことが大好きですが、ひとりで過ごす時間も大事にする独立心の強さも特徴です。 ホワイト ブラック同様に安定した性格の子が多いホワイトは、知らない人やワンちゃんとも打ち解けるのが早く、友好的で明るい性格です。 また、甘えん坊な一面や、気の強い一面を持つ感情の豊かさもホワイトの特徴。 賢く、飼い主に従順なため、ブラックとホワイトは同じくらいしつけやすいといわれています。 ブラウン(黒寄りの茶色) ブラウンの毛色はマイペースで独立心が強く、飼い主にも依存しすぎない子が多いです。 陽気な性格でフレンドリーな一面も見られますが、周りと同じことを好まないため協調性が欠けるといわれることも。 こうした性格もあり、特にブラウンはしつけが重要といわれています。 ただし、賢い頭脳を持つため、きちんとしつければ応えてくれますよ。 アプリコット アプリコットはブラウンに似て独立心が強く、臆病でやや神経質な一面を持つところが大きな特長です。 人見知りをしたり、散歩中や留守番中によく吠えたりしやすいため、社会化期の過ごし方や普段のしつけがとても重要となります。 ただ、愛嬌があり、活発で明るい性格で愛されているのも事実。 とても人気のある毛色ですよ。 シルバー シルバーの毛色はちょっぴりシャイで、大人しい性格の子が多い傾向にあります。 甘えん坊で可愛らしいところもありますが、自分が納得するまでアクションを起こさないところや、一度信頼した飼い主には忠誠を尽くすところなど、少し頑固で強い芯を持っているところがシルバーの特徴です。 飼い主には従順なので、きちんと主従関係を築くことが大切です。 上記はあくまでも傾向ですので、子犬選びや子犬を迎えたあとのしつけなどの参考にしてみてください。 子犬をブリーダーから迎えると良い理由は?ブリーダーの見分け方・注意点 そもそもブリーダーとは、ワンちゃんを繁殖し、生まれてきた子犬を育てて販売することをお仕事にしている方たちのことです。 ブリーダーは大きく分けると2種類のタイプがいます。 ブリーダーは子犬の繁殖や犬種の知識について精通しています。 繁殖を行う環境をきちんと整え、血統を管理し、健康面でも性格面でも良質な子犬の繁殖・育成に力を注いでいるのがブリーダーです。 ブリーダーからの購入はペットショップとは異なり、ブリーダーの顔や親犬の顔、育った環境を自分の目で確認できるところも大きな特長です。 ブリーダーから子犬を購入することは、安心してお迎えできるなどのメリットがありますよ。 では、良質なブリーダーの見分け方とは?また、注意すべき点とは?ブリーダーから子犬を迎える際に重要なことを確認していきましょう。 繁殖経験・犬種の知識・ブリーダーの人柄を見極めよう! 長期に渡り一犬種の繁殖を行っている 良質なブリーダーを見分けるには、その犬種専門でブリーディングを行っているブリーダーであるかどうかがポイントとなります。 経験が長く実績があることは、ブリーダーとしての知識の深さにもつながります。 また、子犬を販売する上で必要な動物取扱業の登録がされているかどうかも念のため確認しましょう。 悪質なブリーダーは、流行によってブリーディングする犬種を頻繁に変更する傾向にあります。 支払いを済ませればすぐに渡してくれる場合や、途切れることなくいつでも子犬が産まれている場合は、お金儲けのための乱繁殖ではないか一旦疑ったほうがいいでしょう。 冷静にリサーチすれば、本当に子犬に愛情を注いでいるか、親犬の体調を考慮して繁殖を行っているか、犬種に定められた基準に近づけようと努力しているかどうかがわかりますよ。 犬舎を見学できる 犬の販売は「対面販売」でなければならないと、法律でも義務づけられています。 ブリーダーから子犬を迎える際には、犬舎を見学できるか、ブリーダーに直接会って話を聞けるかどうかを確認しましょう。 見学する際、犬舎が綺麗であるかどうか、子犬は元気かどうかなどを確認します。 ブリーダーが親身になって話してくれる より多くの知識や情報を教えてくれるブリーダーであるかどうかもきちんと見極める必要があります。 例えば・・・ ・ワクチン接種について、進捗など ・感染症や遺伝性疾患の知識 ・繁殖の頻度、方針(ワンちゃんは繁殖期が決まっており、いつでも子犬がたくさんいる状態ではないため) ・しつけの状況 ・子犬や親犬の健康状態 ・トイプードルについての専門知識 ・どんな人に販売しているのか ・引き渡し時期が適切か 質問したことに関しては、基本的に包み隠さず話してくれるブリーダーが望ましいでしょう。 良質なブリーダーは、愛情を注いで育てた子犬と、その飼い主のことを心から思っています。 本当に良いブリーダーは購入後も気にかけてくれる人ばかりです。 ブリーダーと良い信頼関係が築けるかどうか、人柄を見分けることもポイントのひとつです。 それでは犬舎見学での注意点や良い子犬を見分けるポイントについて確認していきましょう。 元気に動き回っているか 活発で人懐っこいトイプードルは、犬舎の中でも元気に動き回っています。 人が来ると喜んで尻尾を振る子もいるでしょう。 大人しい子や、活気が感じられない子は病気の疑いも考えられます。 個体の性格にもより元々大人しい子もいるかもしれませんが、病気的な大人しさはぐったりしているなど、見て分かることが多いです。 体重が極端に軽くないか トイプードルは運動神経にも優れた犬種です。 小型犬ではありますが、極端に華奢な訳ではありません。 子犬とはいえ極端に体重が軽く感じられた場合は疾患の疑いがあります。 他の子犬と抱き比べしてみて、体重を簡単にチェックしましょう。 分からない場合はブリーダーに確認しましょう。 頭の割れはトイプードルなどの小型犬に多く見られ、てんかんを発症する可能性があるため注意が必要です。 生まれたばかりの頃は泉門が開いた状態ですが、成長と共に閉じていきます。 しかし、中には泉門が開いたままのケース(泉門開存)があります。 泉門開存だと、脳の病気になりやすい、ストレスに弱いなどのリスクがあります。 また、頭蓋骨が閉じていないため、頭への衝撃が命取りとなってしまう危険もあります。 トイプードルについて下調べして行く トイプードルの性格やしつけ方、かかりやすい病気など、最低限トイプードルの基本情報だけでも下調べしておくことをおすすめします。 犬種について全く知識がないと、ブリーダーの言葉を全て鵜呑みにしてしまうことになります。 良質なブリーダーであれば心配ありませんが、万が一悪質なブリーダーであった場合、嘘の情報を正としてしまうこともあるのです。 また、トイプードルについて勉強しておくと、「ブラウンの毛色は本当にしつけが難しいの?」など、ブリーダーに聞いてみたいことも出てくるため、より良い子犬選びができるようになりますよ。 疑問点はなんでもブリーダーに確認する 大人しくしている子犬を見て心配になった、吠えるときはどうしつけたらいいか、健康診断やワクチン接種はどうなっているか、食事はどんなものが良いかなど……疑問に思ったことは、ブリーダーに何でも質問するようにしましょう。 子犬のことを思い、飼い主のことを心から思うブリーダーなら、親身になって応えてくれるはずです。 まとめ トイプードルにとって月に1回のカットはとても大事なこと。 責任を持って定期的にカットをしてあげられるかどうか、今一度確認しましょう。 また、トイプードルとの理想の生活を送るためにも、しつけの注意点や毛色による性格の違いなども確認しておくといいでしょう。 良質なブリーダーを見極め、健康なトイプードルの子犬を迎え入れてくださいね。

次の